ドクターストーン

【ドクターストーン230話ネタバレ】千空とホワイマンの密談

【ドクターストーン230話ネタバレ】千空とホワイマンの密談

2022年2月21日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のドクターストーン230話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前回のドクターストーン229話では、ホワイマンの襲来の経緯と疑念が描かれました。

寄生先を求めて宇宙を漂うホワイマンの先発隊は、地球から発せられる電波を探知。

まず星で一番知性のある生物を見つけるために手ごろな生物スズメを石化し、その現象に反応した人類を寄生先に選びます。

それから本隊であるおびただしい数の石化装置群が地球へやってきて人類を石化。

ホワイマンは、人類が自力で石化から復活した暁には永遠の命を求めて石化装置を育てると考えていました。

ただ宝島の人々は石化装置を巡って争い、千空やゼノを始めとした復活者たちも石化を求めません。

永遠の命に価値があると考えていたホワイマンはそのことが理解できず、「WHY」と問いかけたのでした…。

また、ホワイマンが他の生物と交渉するのは初だということも判明。

緊張感高まる交渉の行方とは…!?

今回は「【ドクターストーン230話ネタバレ】千空とホワイマンの密談」と題してお届けします。

>>ドクターストーンの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ドクターストーン230話ネタバレ考察

今後のドクターストーンはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ドクターストーン最新話229話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ドクターストーン230話ネタバレ考察|人に死が必要な理由

交渉を成功させるために必要なのは敵意がないと示すこと。

ゲンが最初に贈り物をすべきだと言ったのはそのためでしょう。

ただダイヤ電池の供給がそれに見合うとは限りません。

相手は姿形も人類とは全く異なり、永遠の命が喜ばしいものだという価値観を持っています。

どうしても相いれない部分はありそうです。

ホワイマンもまた人類との価値観の違いに気づいています。

ただ「WHY」と言っているので理解はしたいのでしょう。

つまり、ホワイマンが納得できる「人類が永遠の命を求めない理由」があれば、交渉が成功する可能性はあると考えます。

そのため今後は千空が「人類には死が必要」だということを話すと予想。

数千年の石化や大切な人との別れを経験した千空および人類がどんな想いを抱いてきたのか、明かされるのではないでしょうか。

 

ドクターストーン230話ネタバレ考察|ドクターストーンを読んだ感想や予想ツイート

ドクターストーン230話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ドクターストーン230話ネタバレ

ドクターストーン230話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ドクターストーン230話ネタバレ|ホワイマンにとって酸素は毒

ホワイマンにも「死」はありました。

死因は酸素による錆びです。

ホワイマンにとって体を錆びさせる酸素は毒であり、地球で石化光線を放った石化装置(メデューサ)は酸化によって死にました。

ホワイマンはだからこそ思います。

生命の目的は生きること、石化していれば死を逃れられるのに石化を拒むのは何故かと…。

 

ドクターストーン230話ネタバレ|ホワイマンがたどり着いた仮説

千空たちが宝島でイバラと戦ったとき、ホワイマンは千空が電波の音声で装置を起動したことを知ります。

そのときホワイマンは、石化装置の起動の仕方を変えれば、千空と同じやり方で石化すれば、石化のメリットに気づくかもしれないと考えます。

だから千空の声色を真似て、周波数を同じにして「12800000m1second」と伝え続けることにしたのです。

それからしばらくしてゼノたちとの戦いが始まりました。

ジョエルが腕時計を通してホワイマンの声を石化装置に届けたことで、石化光線が地球を包みます。

ホワイマンは成功した、これで人間は石化状態のすばらしさに気づいただろうと考えます。

ただやはり石化から復活した人間たちは石化を求めません。

ホワイマンはそこで一つの仮説を立てます。

彼らは死を望んでいるのかもしれないという仮説です。

そして確認するために「DO YOU WANNA DIE?(死にたいのか?)」と聞いたのでした。

 

ドクターストーン230話ネタバレ|買いかぶられた人類

さらに少しの時が経ち、千空たちは劣化を防ぐため石化装置を真空状態にしました。

石化装置は毒である酸素が消えたことで動けるようになります。

なので自分の存在を知らしめるために石化波を出します。

これがゲンと陽を襲った石化光線でした。

ホワイマンの説明はここでひと段落します。

千空が一つだけ分からない、どうして何千年も石化させた、それでは科学文明が滅びるだろうと聞きます。

すると石化装置は買いかぶっていたと答えます。

ホワイマンは月に辿り着いたときに星間飛行の痕跡を見つけていました。

そのため地球にいる知的生命体の知能はもっと高いだろうと予想していて、何千年も石化するのは予想外だったのです。

 

ドクターストーン230話ネタバレ|カッチーン

地球でそれを聞いていたクロムはカチーン。

ゲンはなだめ、ゼノも彼らなりに考えているのだと擁護。

しかしゼノの顔は明らかにムッとしていました。

一方、千空も自分たちは遅れているのかもしれないと認めます。

ただこれからだとつづけます。

人類の科学文明の歴史はたかが数千年、寿命があっても70億人で継いでいける、そうやって進化していけるのだと言います。

 

ドクターストーン230話ネタバレ|千空のとんでもない提案

そして千空はサシで交渉がしたいと言い出しました。

地球の人々が聞かれたくないことがあるのかと戸惑い、ゼノがどうやって通信を止めるか考えます。

そこで石化装置群が動き出しました。

膨大な数の石化装置が千空の周囲に集まります。

石化装置は以前ステルス艦にするために使ったとおり、電波を遮断する効果があります。

電波でやりとりし合うホワイマンたちは体表が電波吸収体なのです。

コハクとスタンリーの眼前に大きなドームができました。

その中にいる千空はホワイマンに対し、体を預けろと言います。

ホワイマンはその発言の意図を掴めません。

しかし千空はつづけて、そうすれば宇宙中が唆るようなとんでもないことが起きると言いました。

 

ドクターストーン230話ネタバレまとめ

ドクターストーン前話229話では、機械生物ホワイマンの襲来と「WHYMAN」となるまでが描かれました。

宇宙からやってきたホワイマンは知的生命体をあぶりだすためスズメを石化、結果として人類をターゲットにしました。

ただホワイマンは石化こそエサになると思っていたのに、復活した人類は石化を求めません。

理解できないホワイマンは、それは何故だと問いました。

最新話速報としてドクターストーン230話のネタバレを紹介してきました。

ドクターストーン230話では、ホワイマンの説明がひと段落付き、千空がサシでの交渉に臨むところが描かれました。

千空はホワイマンに体を預けろと言います。

さらに体を預けることでとんでもなく唆ることが起きると言いますが、千空の狙いとは…?

今後のドクターストーンの展開も気になりますね。

以上「【ドクターストーン230話ネタバレ】千空とホワイマンの密談」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/

>>ドクターストーン最新刊を無料で読む方法はこちら<<