ドクターストーン

【ドクターストーン214話ネタバレ】ゲンと陽は無事だった!

【ドクターストーンネタバレ最新話214話】羽京が石化爆発を仕掛けた?

2021年10月18日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のドクターストーン214話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前回のドクターストーン213話では、ダムと水力発電所が完成。

さらにコーンシティーから大樹がコンピューターを持ってやってきました。

SAIがファミコンゲームのプログラムを書き、AIも順調に進化していきます。

しかし、石化装置を真空管に入れたところ爆発、陽とゲンが石化してしまいました。

ドクターストーン214話では、石化光線は20メートルで止まり、ゲンと陽は無事復活。

しかし石化装置を動かしたのは誰なのかは分からず、徹底的に監視することになりました。

千空がとった監視方法とは!?

2号連続センターカラー!

今回は「【ドクターストーン214話ネタバレ】ゲンと陽は無事だった!」と題してお届けします。

>>ドクターストーンの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ドクターストーン214話ネタバレ考察

今後のドクターストーンはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ドクターストーン最新話213話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ドクターストーン214話ネタバレ考察|石化はゲンと陽だけでおさまる?

ドクターストーン213話では石化装置が爆発して陽が吹き飛ばされて石化。

ゲンもどうやら石化してしまったようです。

石化装置には実は真空に閉じ込められたときに作動するプログラムがあって、それが働いたのでしょうか。

こういった自己防衛プログラムだった場合、爆発と同時に地球全土を石化してエネルギーを使うよりは、脱出のための小規模な作動に留まるのではないかと思います。

そのため被害は半径数m圏内にいたゲンと陽だけに留まるのではないかと予想。

もし石化光線が地球全土に広がった場合、またしても復興はやり直しとなります。

ただ不意打ちの石化光線はいい加減対策済みではないかなとも思います。

石化光線が放たれた場合、緊急で各国に連絡、各自復活液がかかるよう対応するというマニュアルはあるのではないでしょうか。

 

ドクターストーン214話ネタバレ考察|石化装置が爆発する条件

ドクターストーンで石化装置が動き出したときビックリしました。

同時に、石化光線なんてものを放てるのなら動くくらいはできるか、とも思いました。

動き出した条件として考えられるのは3つ。

  1. ホワイマンからの遠隔操作
  2. 真空などの限定された空間に閉じ込められると作動
  3. 誰かが設定していた

3の場合は裏切り者がいるということになります。

千空たちの計画に何か不都合があるのでしょうか。

 

ドクターストーン214話ネタバレ考察|終結章「STONE TO SPACE」はどうなる?

ドクターストーンの終結章が始まりました。

どんな内容でどれくらいの長さになるのでしょうか。

 

ドクターストーン214話ネタバレ考察|これまでの章の長さ

まずは参考までにこれまでの章がどれくらいの長さだったのか見ていきましょう。

  • プロローグ…1話~12話
  • 第一部「STONE WORLD THE BEGINNING… 13話~45話(計32)
  • 第二部「STONE WARS」…46話~82話(計36)
  • 第三部「Dr.STONE」…83話~137話(計54)
  • 本章「石化の真相」138話~211話(計73)
  • 終結章「STONE TO SPACE」212話~

 

ドクターストーン214話ネタバレ考察|終結章は答え合わせ?

プロローグでストーンワールドが始まり、一部~三部が日本内での諍い、本章で石化の真相に近付きました。

終結章は答え合わせをしに月に行くという感じでしょう。

終結章のタイトルは「STONE TO SPACE」。

石神千空が宇宙へ行くとか、石と宇宙とか、いろんな解釈ができそうですね。

またロケットづくりを進めながらもホワイマンの正体について調べたり、推理したりしたあと出発すると考えます。

もしホワイマンについて全く不透明なまま行くのだとすると、実はよく知る人物だったとか既出の登場人物の関係者だった、という展開になるのかもしれません。

本章ほどは長くならないまでも、これまでの章の長さからいくと30話以上はあると予想します。

いずれにしても終わりは近そうでさみしいです。

終結章のあとはエピローグ、そのあとはアフターストーリーとかアナザーストーリー、いっそ「ドクターストーン2」とつづいていってくれてもいいのですが…。

 

ドクターストーン214話ネタバレ考察|ドクターストーンを読んだ感想や予想ツイート

ドクターストーン214話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ドクターストーン214話ネタバレ

ドクターストーン214話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ドクターストーン214話ネタバレ|石化範囲は20メートル?

封印したはずの石化装置が作動。

ゲンと陽が石化光線に包まれて石化、光は部屋の外へと広がって千空や龍水もそれを確認します。

コハクやスイカ、クロムはパニック。

ただ千空と龍水は余裕です。

あと2mほど下がるかと言い合って立ち止まります。

石化光線は二人の前で「ビタァ」と止まりました。

千空と龍水はドヤ顔で石化光線は大きいほど速い、これくらいの速度なら範囲は20mくらいだと言いました。

 

ドクターストーン214話ネタバレ|復活したゲンの状況説明

崩れた体を組み立ててゲンと陽は復活液で復活。

ちょっと髪の毛が欠けていますが無事です。

龍水が何が起こったと尋ねると、陽がテンパりながら無実を主張。

ゲンはそんな陽をかばい、起きたことを列挙すると言います。

  1. 金庫内から物音
  2. ガラスが割れる音
  3. カチッ
  4. ピカー!!

千空はガラスが割れた音は「真空パックの容器が割れただけかもしんねぇが」と思います。

ゲンは悪い顔をしてつづけます。

金庫にも石化装置にも触っていない、喋りかけてもいないと言いました。

 

ドクターストーン214話ネタバレ|石化装置は危険すぎる

各々自分の考えを話します。

勝手に光ったのか、ホワイマンが遠隔操作してきたのか、電波でできるなら最初からやるはずだ、地球全土を包まないのは優しいなどなど。

「ソッコー」大好きコハクがやはり宇宙に行くしかないなと言います。

密かにロケット準備中のクロムは焦り、月のどこに行くんだよと反論。

龍水もクロムに同意。

羽京は石化装置が危険すぎる、電池だけはギリギリまで抜いておこうと言いました。

 

ドクターストーン214話ネタバレ|犯人はホワイマンではない?

ゲンが密かに動き出します。

まずは陽が一人になるタイミングを狙って話しかけます。

アメリカから石化装置を運んでくる間、石化装置を誰か触ったと尋ねると、羽京が一人で持っていたと答えます。

それから千空とチェルシーの二人に可能性の話をします。

ゲンが「事前に」と言った瞬間、ぶっこみチェルシーが察します。

大きな声で「3ヶ月後20m」とか言っていたということかとぶっこみ、ゲンは「しー!しー!!」となだめます。

千空はメリットが分からない、とりあえず石化装置を監視下に置こうと言いました。

 

ドクターストーン214話ネタバレ|監視カメラ完成

千空は石化装置監視のためにまずは鹿児島で素材集め。

コハクがゴリゴリ「セレン銀」を取り、スカルン鉱床でゲットした「ヒ素」「テルル」を取り出します。

全部毒です。

それから毒を塗り合わせた光電面をつくります。

これをレンズの後ろに置くことでレンズが見たものを電気信号に変えられます。

その信号をテレビに飛ばすことでできるのが「テレビカメラ」。

千空はリアルタイムで石化装置を監視するカメラを作り出しました。

また、石化装置を入れた金庫の前には監視員の格好をした陽が配備されました。

千空が録画はできないけれど十分だと言うと、龍水が嬉しそうに「生放送になら使えるというわけか!!!」と言いました。

 

ドクターストーン214話ネタバレ|ドラゴンTV開局

メディアを牛耳るものが新世界でも全てを手に入れられる、以前龍水が言った言葉です。

テレビはアメリカにも運ばれました。

南がキャスターを務める野球中継が流れると、人々は熱狂しながら観戦。

ちなみに「LEE TEAM vs XENO TEAM」です。

ブロディはこの世界にTV局なんて作れば誰も裏切らないなと笑います。

 

ドクターストーン214話ネタバレ|人工衛星をつくる!

龍水とフランソワは嬉々として「DRAGON TV」の社屋を完成させます。

すると千空は龍水の遊びのためのカメラではないんだと言います。

ゲンが監視用だもんねと言うと、千空はその100億倍アホほど重要な使い道があると返します。

そしていつもの思考ポーズを取り、ホワイマンが月のどこにいるのかを調べるのに使うと言いました。

望遠鏡を使っても地球から月はよく見えない、ただ宇宙からリアルタイムで映像を流せば月面の様子が調べられるとつづけます。

チェルシーとゲンがその先を察します。

千空はストーンワールドで人工衛星を打ち上げると宣言。

カセキとチェルシーは歓喜、他のほとんどの人が驚愕する中、千空はいつもの「唆るぜこれは…!!!」を言いました。

 

ドクターストーン214話ネタバレまとめ

ドクターストーン前話213話では、ダムや水力発電所が完成し、大樹がコーンシティーからコンピューターを届けました。

SAIがプログラムを書き、ファミコンゲームもできるようになります。

しかし全てが順調に進んでいく中、石化装置が突然爆発、ゲンと陽は石化してしまったのです。

最新話速報としてドクターストーン214話のネタバレを紹介してきました。

ドクターストーン214話では、ゲンと陽が復活、石化装置をもっと厳重に監視することに。

そこで千空がとったのは監視カメラを作るという方法。

カメラはテレビ中継に使われてスポーツ番組が放送されました。

千空はさらに人工衛星でホワイマンを見つけようといいました。

今後のドクターストーンの展開も気になりますね。

以上「【ドクターストーン214話ネタバレ】ゲンと陽は無事だった!」と題してお届けしました。

\ドクターストーンアニメも無料でイッキ見!/