ドクターストーン

【ドクターストーン209話ネタバレ】千空が明かす月面石化計画の全貌!

【ドクターストーンネタバレ最新話209話確定速報】インド洋で千空がファミコンづくり

2021年9月6日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のドクターストーン209話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前回のドクターストーン208話では、大樹がスマホを欲しがる中、千空は一歩ずつだと返し「覚える回路」である「メモリ」を作ろうと言います。

コーンシティーに「電卓」の設計図が届き、地獄の磁石縫い3千万個が始まります。

それから数学オリンピックの開催が決定、出場者は暗算の千空とクロム、ひっ算のSAI、それから電卓を使うマグマ。

マグマは不慣れな手つきで電卓を使い、見事優勝そて科学のすごさを再度実感しました。

ドクターストーン209話では、千空がついにロケット本体の制作に着手、コーンシティーから助っ人も呼びました。

それから千空の月旅行計画について驚愕の内容が明らかになります。

千空が考えるホワイマンとの決戦とは…?

今回は「【ドクターストーン209話ネタバレ】千空が明かす月面石化計画の全貌!」と題してお届けします。

>>ドクターストーンの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ドクターストーン209話ネタバレ考察

今後のドクターストーンはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ドクターストーン最新話208話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ドクターストーン209話ネタバレ考察|アルミの街は中国?

アルミの街の候補として考えられるのは中国、オーストラリアです。

2021年の調査によるとアルミの生産量は中国がトップ。

なので順当にいくと中国で、千空たちが欲しいマンパワー的にも大本命です。

ただアルミ生産方法を考えるとオーストラリアも捨てきれないなと思いました。

調べたところアルミは天然資源からつくるパターンと、スクラップからリサイクルするという2パターンありました。

2018年時点のシェアは天然資源よりも若干リサイクルが多いといった感じです。

さらにアルミの寿命は数十年だと考えるとリサイクルは難しく、天然資源からつくる方法になると思います。

天然資源の算出が多い国の方がアルミの街としては有力なのではないでしょうか。

2017年の調査によるとアルミの原材料であるボーキサイトの産出量トップはオーストラリアです。

どちらがアルミの街となるのでしょうか。

 

ドクターストーン209話ネタバレ考察|大樹がまた農業リーダーになった?

ドクターストーン208話に大樹が採れたてコーンを掲げている描写がありました。

大樹はドーナツの配線巻きのような繊細さを要する作業よりは体力勝負の農業に向いています。

再び農業に従事することになったのでしょう。

日本で農業をやった際、農業リーダーになってリーダーの証である麦わら帽子をもらった大樹。

コーンシティーでも麦わら帽子をかぶっていました。

持ち前の裏表のないキャラクター性もあり、農業リーダーになったのかもしれませんね。

 

ドクターストーン209話ネタバレ考察|船上でチェス大会?

SAIの才能はチェスの盤上でも活かされていました。

勝負ごとにめっぽう強い龍水が圧倒的だと絶賛しています。

さらに龍水は船上で戦う敵が欲しいと言っていてペルセウス号でもチェスする気満々。

今後は船のみんなでチェスをするという話も出てくるのではないでしょうか。

通信を介せば他の街の人たちとも勝負できます。

支配欲の強いゼノは絶対負けず嫌いでしょうから、チェス勝負も乗ってくれるかもしれません。

ポーカーのときのような白熱バトルになること間違いなしですよね。

 

ドクターストーン209話ネタバレ考察|SAIがリーダーとして覚醒

ストーンワールドで計算回路をつくって見せた千空。

SAIはその事実に感動し、自分が人知を超えるまで計算回路を「繋ぐ」と約束してくれました。

今後は計算回路を発展させるために「コンピューターいじりリーダー」としてバリバリ活躍してくれるでしょう。

ゴールがパラメトロンスーパーコンピューターのロードマップでは、パラメトロンドーナツからスタートし、計算回路とディスプレイと記憶メモリをつくって電卓に発展させます。

それをファミコン、スーパーコンピューターに進化させていくようです。

SAIは出来上がってきた機械の検証、記憶メモリにマシン語を入れる仕事がメインとなるのではないでしょうか。

また、SAIに期待したいのは「七海」としての才能です。

兄弟である龍水がこれまで見せてきた見事なリーダーシップやその父の帝王らしい雰囲気から察するに、七海家の人たちはリーダーとしての素質を持っているはず。

SAIがコンピューターいじりのリーダーとなったのでその才能も開花するのではないかと予想します。

 

ドクターストーン209話ネタバレ考察|千空とゼノとジョエルの三者会談

コンピューターづくりが決まりました。

これはペルセウス号の中で完成できる話ではないと思います。

超合金の街にいるゼノやコーンの街にいる時計技師ジョエルの協力が不可欠です。

モールス信号での三者会談という展開もありそうです(ホワイマンの妨害電波も混ざってきたら四者になってしまいますが…)。

もしそうなればカセキとジョエルの初会話(モールス信号だけど)も見られるかもしれませんね。

 

ドクターストーン209話ネタバレ考察|ドクターストーンを読んだ感想や予想ツイート

ドクターストーン209話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ドクターストーン209話ネタバレ

ドクターストーン209話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ドクターストーン209話ネタバレ|目的地はオーストラリア

インド洋を進む千空たち。

千空はエンジン作りをゼノたち、コンピューター作りは杠たちに任せた、自分たちはいよいよ月旅行ロケット本体を作ろうと言います。

コハクが材料は鉄かと聞くと、千空は重過ぎる、アルミニウムだと答えます。

龍水はそこで目的地を明かしました。

アルミの原石ボーキサイト世界最大の産地「オーストラリア」です。

 

ドクターストーン209話ネタバレ|アルミを掘るエクスカリバー

オーストラリアに上陸早々、クロムは石探しなら負けないとチェルシーに勝負を挑みます。

ただチェルシーは腕を組んで「んー」とうなったあと、足元の石を拾って、ここの地面全部ボーキサイトだと言いました。

ゲンやクロムは驚愕、龍水の隣に立つSAIが笑顔で「そりゃあ世界一の産地にもなるねー」と言いました。

龍水は「バケットホイールエクスカベーター」が今すぐ欲しいと言います。

超大型露天掘りマシン、人類史上最大の重機です。

ゲンが「エクスカリバー」のようだ、龍水なら近所の買い物用に一台持っていたかもしれないけどと冗談っぽく言います。

すると龍水は七海財閥所有のものを運転したけれど壮観だったと言い、思い出し笑いでニヤニヤします。

ゲンが「ホントに持ってた!!」とツッコみました。

 

ドクターストーン209話ネタバレ|コーン便の到着

千空はボーキサイト堀りは当面人海戦術の露天掘りだと言います。

するとゲンやコハク、スイカが無理ではないかと言い合います。

何人必要になるのか、食料は足りるのか、復活液もあまりないと心配します。

そこでエプロンをつけたフランソワが心配ご無用だと言いました。

直後、コーンシティーから潜水艦でやってきた羽京と陽が登場。

陽はいつものように「ウェエエエエエイ」と叫び、「アメリカコーンシティからよーコーン便到着~!!」と言ってコーンを取り出しました。

 

ドクターストーン209話ネタバレ|石化装置も到着

フランソワが手早くコーン料理を作ってくれました。

宴会の始まりです。

スイカが陽に向かって羽京はレーダー使いだからいいとして、陽はどうして一緒に来たのと尋ねます。

陽はスイカの成長と可愛さに驚いたあと、重要な物を運ぶらしいからその護衛だと言いました。

羽京と千空が目配せをして笑います。

羽京が千空に渡したのは、完全体の石化装置メデューサでした。

 

ドクターストーン209話ネタバレ|完全体の石化装置メデューサ

甲板に出た一同。

千空が「1m3second」と言ってメデューサを投げます。

すると3秒後に石化装置が光りだしました。

カセキがさすがジョエルのダイヤ電池だと言うと、羽京は「いや」と否定します。

千空は、これは宝島のメデューサにカセキの電池を入れたものだと返しました。

一同が驚く中、羽京は爆心地で拾ったメデューサにジョエルの電池を入れても動かなかった、数千年前のメデューサは劣化していたと説明しました。

 

ドクターストーン209話ネタバレ|月旅行は片道切符?

クロムがこれで自由に石化ができるのだなと言います。

千空は「あ゛ぁ」と同意したあと、鋭い目になります。

使える石化装置が手に入った、これで月に特攻できると言います。

クロムとスイカはその言葉の意味が掴めません。

千空はつづけてホワイマンが再び人類石化総攻撃をするのなら一日でも早く月に行ってガチ勝負するべきと言います。

そして「月世界旅行のんびりワクワク帰りの便までクラフトしているヒマはねえ」と言い切りました。

龍水が察します。

つまり月行きメンバーはホワイマンと戦ったあと結果はどうあれ地球には戻らないということかと確認を入れると、全員が言葉を失います。

しかし千空だけは力強く一歩前に踏み出し、語り始めました。

 

ドクターストーン209話ネタバレ|千空の計画

千空は月に降り立つのは3人、「科学者」「戦闘員」「パイロット」だと言います。

そしてその3人はメデューサの力で全員石化する、石化後は人類が月と地球を往復できるようになるまで未来永劫月面で救助を待ち続けるとつづけます。

その脳裏には月面で石化している千空、司、龍水の姿が浮かんでいます。

千空はさらに「石化装置で完成する俺らの月旅行ロケットは片道切符なんだよ」とつづけました。

クロムは信じられないという顔でその言葉を聞きました…。

ここでドクターストーン209話は終了です。

 

ドクターストーン209話ネタバレまとめ

ドクターストーン前話208話では、電卓づくり、数学オリンピックが開かれました。

計算回路につづき、今度はメモリづくりに着手した千空たち。

コーンシティーのみんなが組み立て電卓が完成します。

そして開かれた数学オリンピックでは電卓を使ったマグマが優勝。

最新話速報としてドクターストーン209話のネタバレを紹介してきました。

ドクターストーン209話では、オーストラリアでアルミを掘るためにコーンシティーから羽京と陽が助っ人にきました。

さらに千空が月面石化計画の全貌を明らかにしました。

千空は月に行ったメンバーはホワイマンもろとも石化する、それから人類の救助を待つのだと言いました。

今後のドクターストーンの展開も気になりますね。

以上「【ドクターストーン209話ネタバレ】千空が明かす月面石化計画の全貌!」と題してお届けしました。

\ドクターストーンアニメも無料でイッキ見!/