少年のアビス

【少年のアビス90話ネタバレ】似非森の告解が始まる

【少年のアビスネタバレ最新話90話】夕子と柴沢の一夜

2022年4月7日(木)発売号のヤングジャンプ掲載の「少年のアビス」本誌90話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

少年のアビス89話では、似非森と令児が再会。

ガンのために入院中の似非森は令児の話を冷静に聞いてくれました。

3人で逃げたこと、チャコと玄はいなくなったこと、チャコは似非森の小説の主人公に憧れていたこと。

一通り聞き終わった似非森は令児の瞳をのぞき込み、令児と夕子は人を落とすアビス、深淵だと言いました。

そのころ夕子は、令児の居所を聞きにきた柴沢に対し、令児は東京にいると言って動揺させ、柴沢の恋心や望みを言い当てます。

そして赤面して涙ぐむ柴沢を優しく抱きしめると、協力してあげると言いました。

夕子は柴沢をどう落とすのでしょうか?

今回は「【少年のアビス90話ネタバレ】似非森の告解が始まる」と題してお届けします。

>>少年のアビスの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

少年のアビス90話ネタバレ考察

今後の少年のアビスはどうなっていくのでしょうか。

次回以降の少年のアビスで考えられる展開を紹介していきます。

少年のアビス最新話89話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

少年のアビス90話ネタバレ考察|夕子と柴沢の一夜

玄や玄の父、似非森、令児の兄などを次々操る夕子。

今度は柴沢を篭絡しようとしています。

少年のアビス89話では夕子が柴沢の嘘と本音をあっさり見抜き、図星をついて動揺させ、優しく包み込みました。

さらにラストの予告には「次号、母親と先生」とあります。

ここから百合展開、来るのではないでしょうか?

今後は夕子の手練手管によって柴沢が心身ともに陥落、夕子の都合のいいように柴沢が動くことになるのだと予想します。

 

少年のアビス90話ネタバレ考察|呪縛から逃れられない令児

似非森のいる病院に行った令児はこれからどうするのでしょうか。

チャコからの連絡待ちをするとしてもずっと病院にはいられません。

ありそうな行き先の順番としては似非森の家、マンガ喫茶、青江ナギのところでしょう。

できれば似非森の家に行っていい暮らしを体感してほしいですよね。

ただ令児の場合、夕子の呪縛がありますからいい暮らしをしてもやはり他人事であり、この生活をつづけたいとかは思わなさってくれなさそうです。

 

少年のアビス90話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が少年のアビス90話にまつわる感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

少年のアビス90話ネタバレ

少年のアビス90話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

少年のアビス90話ネタバレ|妊娠は?

令児が東京に行ったと聞いて、夕子に本心を見抜かれて、柴沢の心の中は乱れます。

涙がとめどなく溢れます。

それから夕子にのぞき込まれた瞳を見つめ返し、令児は母親似なのだなと思いました。

夕子は柴沢を抱きしめたあとお腹を触って妊娠はしていないのと尋ねます。

思いもよらないことを言われた柴沢は驚き、していないと答えます。

すると夕子は残念だと言って横になりました。

 

少年のアビス90話ネタバレ|家族になろう

つづけて夕子は柴沢に、令児からは信頼されているのかと聞きます。

柴沢は少しムキになって信頼されていると答え、謝罪をしたときには令児も巻き込んだことを謝ってくれたと言います。

笑顔になる夕子。

令児は優しい、だからこの町から出してはいけない、それは「悲劇」だと言います。

令児はその優しさから父親の願いに応えようとする、でも家族を捨てられるはずがない、だからこの町で幸せにするべきだと言います。

そしてその役目は柴沢がやればいい、令児を愛してみんなで家族になろうと言いました。

柴沢の目に夕子、アビスが宿りました。

 

少年のアビス90話ネタバレ|令児と似非森の一夜

令児は似非森の病室を出て行こうとします。

チャコを探しに行くと言うと、似非森は一人で死なれたくないだけだろう、死にたいのならここの屋上から飛び降りればいいと返します。

令児が睨みつけると似非森は苦笑。

自分はもってあと数週間、自分より早く死ぬなと言いました。

さらにチャコが今夜どんな風に過ごすのか、それはチャコの自由、だからここで自分と話をして待とうとつづけます。

令児は踵を返しました。

 

少年のアビス90話ネタバレ|始まり

似非森は自身の治療について、苦痛を和らげてもらっているだけと言います。

延命しない理由は昔、恋人と違法ドラッグをやって死なせたことの負い目だとします。

令児はチャコから聞いたことがある、リアルで会っちゃダメなクズだと言っていたと伝えます。

似非森は声を出して小さく笑います。

令児は、似非森がナギを連れてあの町に戻らなければ何も起こらなかったと言います。

すると似非森はその方が良かったかと質問。

令児は答えず、代わりに戻ってきた理由を聞きます。

 

少年のアビス90話ネタバレ|似非森の告解

似非森は自身の母との確執を語ります。

折り合いが悪く、葬式にすら出なかったけれど、古い知人から気持ちの整理のために線香をあげることを勧められたから戻ったと言います。

そしてそこで令児を見かけた、玄に「レイジ」と呼ばれていて驚いた、その名前は将来つけようと夕子と話していた名前だったからと言いました。

令児は似非森に、本当に自身の父親なのか聞きます。

今度は似非森が答えず、罪と後悔を聞いてくれと言いました。

ここで少年のアビス90話は終了です。

 

少年のアビス90話ネタバレまとめ

少年のアビス89話では、似非森が令児と夕子の本質は「アビス」だと言いました。

ガンでやつれた似非森はチャコの行方は知らないと言い、令児と夕子は出会ったものを落とす深淵(アビス)だとしました。

一方、夕子は柴沢の企みや令児への執着、柴沢の望みを全て言い当てて柴沢を圧倒します。

そして自分は味方であることを示しました。

最新話速報として少年のアビス90話のネタバレを紹介してきました。

少年のアビス90話では、夕子が柴沢をそそのかし、令児は似非森と話しました。

似非森は自身が町に戻った経緯を語り、自分の罪と後悔を聞いて欲しいと言いました。

あの町であったこととは?

今後の少年のアビスの展開も気になりますね。

以上「【少年のアビス90話ネタバレ】似非森の告解が始まる」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/