東京リベンジャーズ

【東京リベンジャーズ245話ネタバレ】ヒーロー武道vsカクチョー

【東京リベンジャーズ245話ネタバレ】ヒーロー武道vsカクチョー

2022年3月9日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京卍リベンジャーズ」本誌245話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

東京リベンジャーズ前話244話では、旧湾岸貨物操車場(ヤード)にて東京卍會50人と関東卍會500人が集結。

マイキーがトーマンは2ついらないと言うと、三途もガキの抗争はウンザリと言います。

すると武道は関東卍會を潰して自分たちがトーマンを継ぐ、絶対に折れないと決死の覚悟を示しました。

そして特攻する武道に対し、マイキーは受けて立つ姿勢を見せました。

それぞれの因縁の相手の前に立った東京卍會。

東京リベンジャーズ245話では、武道とカクチョーが激突。

武道の特攻早々、カクチョーが武道に殴りかかります。

しかしこれまでの武道とはちょっと違うようで…?

「【東京リベンジャーズ245話ネタバレ】ヒーロー武道vsカクチョー」と題してお届けします。

>>東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

東京リベンジャーズ245話ネタバレ考察

今後の東京リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京リベンジャーズ最新話244話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京リベンジャーズ245話ネタバレ考察|まずは元六破羅単代から撃破?

2つのトーマンの大激突で締めくくられた東京リベンジャーズ244話。

死を覚悟した武道、すでに人が何人も死んでいる物語…死相が見えますね。

ぶつかる直前の画を見る限り、正面にいる相手は次のとおりです。

手前からいきます。

左が関東卍會・右が東京卍會

  • 灰谷蘭・三ツ谷
  • モッチー&灰谷竜胆・千冬
  • カクチョー・武道
  • 半間・イヌピー
  • ベンケイ&ワカ・千咒&スマイリー

前に出ている幹部は元六破羅単代が多めです。

マイキーとココは三天戦争のときと同様、最初は様子見でしょう(ここでマイキーも出て来たらすべてが終わってしまうし…)。

まずは元六破羅単代の幹部たちを撃破し、そこから半間、ワカ、ベンケイへと進むのではないでしょうか。

関東卍會の幹部を一人でも野放しにしておくとそれだけで数十人やられそうです。

なのでとにかく幹部を押さえつつ、500人を減らしていくって感じで進めないといけませんよね。

武道は正面にいるカクチョーを相手にするのではないでしょうか。

マイキーを倒すと宣言している以上、ここでつまずくわけにはいきません。

対カクチョー戦で以前とは違うというところを見せてくれるのではないでしょうか。

 

東京リベンジャーズ245話ネタバレ考察|双龍の真意

三ツ谷の作品テーマは「双龍」でした。

舞うような飾り(フリンジ?)は三ツ谷がかつて描いてドラケンにあげたドラゴンを見事に表現していました。

白い方が「天に駆け上がり名声を求める龍」で、黒い方が「地に落ち愛を求めさまよう龍」とのこと。

この双龍は三ツ谷とドラケンのことだと思いますが、他にも意味があるように見えます。

まずは武道とマイキーの対立構図、あとはマイキー自身。

マイキーは東卍でテッペンを獲ったあと仲間を突き放して悪の道に堕ちました。

双龍とは相反する行動を取るマイキーを象徴しているとも言えるでしょう。

三ツ谷もかつてのボスの変貌に思うところがあるはずです。

作品にその想いを込めていたとしても不思議ではありません。

あと三ツ谷は意図していないかと思いますが、武道が見たみんなが夢を叶えた未来が白い龍で、マイキーを求めて夢を投げ出す今が黒い龍とも取れます。

さらに言えば、白い龍の衣装とモデルの雰囲気が若干三途をほうふつとさせました。

マイキーの現在の相棒である三途の動機が実は「名声」だと示唆している…というのは少し考えすぎでしょうか。

 

東京リベンジャーズ245話ネタバレ考察|終結時に三途がいなかったワケ

サウスの死亡確認後、ココが抗争終結と解散を宣言。

幹部を含む多くの人々がその宣言に従ってその場から離れました。

千咒がマイキーに土下座しているシーンを見る限り、三途もいませんでした。

マイキーへの忠誠心が篤く、梵天では№2となる三途が、マイキーを置いて撤退するというのには少し違和感があります。

抗争後にやるべきことがあって離れたのではないでしょうか。

死人が二人も出た抗争なので幹部としてはやることがたくさんあるでしょう。

あるいは実は三途が武道襲撃の黒幕で、もみ消しに走ったという展開もありえるのではないでしょうか。

 

東京リベンジャーズ245話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が東京リベンジャーズ244話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京リベンジャーズ245話ネタバレ

東京リベンジャーズ245話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

東京リベンジャーズ245話ネタバレ|トップの愚行?

武道は行くぞと宣言して50人の仲間を率いて特攻。

マイキーは来いと応じ、500人の兵隊をけしかけその場にとどまりました。

マイキーは武道の特攻をバカだと言います。

一番弱い武道が特攻してどうする、トップの武道が負けたら終わりだろうと批判。

カクチョーも同意見です。

バカだと言って武道に殴りかかろうとします。

武道はどけと叫びますが、次の瞬間、カクチョーの重い拳が武道の顔面を直撃。

これで終わりだと叫ぶカクチョー。

武道は体勢を崩しながら過去を思い出します。

 

東京リベンジャーズ245話ネタバレ|無敵から最弱へ

幼いころ、マントを羽織ってヒーローを自称し、「無敵」だと思っていた自分。

中学に入学して日本一の不良になると決意した自分。

しかし不良でトップになれず、いつのころか自分を「弱い」と思うようになります。

社会に出て何度も「すいません」と頭を下げ、戦うべきところでも戦わない日々を送るようになります。

そんな日々の中、誰かに押されて電車にひかれそうになり、ヒナの顔が浮かんだのです。

 

東京リベンジャーズ245話ネタバレ|倒れない!?

今、武道はカクチョーに殴られても倒れません。

ぐっとこらえて踏みとどまります。

カクチョーは驚き、その姿にかつての武道、自分のヒーローだったころの武道を重ねます。

武道はあの日に覚悟を決めたのだと思います。

それからタイムリープしてからの戦いの日々を思い浮かべます。

 

東京リベンジャーズ245話ネタバレ|カクチョーぶっ飛ばされる

キヨマサを締め落としたこと、柴太寿と戦い、負けなかったと堂々宣言したこと。

その経験は武道に再び勇気を与えました。

武道は拳を握りしめてカクチョーに突撃。

カクチョーは向かって来る武道に見入ります。

かつて自分のヒーローだった武道の復活に戸惑っているようです。

そして次の瞬間、武道の拳がカクチョーの顔面に入りました。

 

東京リベンジャーズ245話ネタバレ|覚悟があれば届く!

殴られたカクチョーはマイキーの眼前まで吹き飛びました。

千冬や八戒が口をあんぐりあけてビックリ。

マイキーも驚きます。

周囲の関東卍會の人たちも思わずケンカの手を止めて大の字に倒れたカクチョーを見つめます。

武道は息切れしながらも突き出した拳を再び握りしめます。

それから、覚悟を決めることでマイキーに届くと言いました。

マイキーはそんな武道をじっと見据えています。

ここで東京リベンジャーズ245話は終了です。

 

東京リベンジャーズ245話ネタバレまとめ

東京リベンジャーズ前話244話では、二つのトーマンの乱闘がスタートするところまででした。

対峙してにらみ合いが始まると、千冬はモッチーとやると言い、八戒は灰谷蘭と因縁にケリをつけると意気込みます。

そこでマイキーがトーマンは2つもいらないと言い出し、三途は武道たちを負け犬だと煽り、武道はトーマンは自分たちだと反論。

それから武道はマイキーに行くぞと言って仲間とともに特攻していきました。

最新話速報として東京リベンジャーズ245話のネタバレを紹介してきました。

東京リベンジャーズ245話では、武道が覚悟を決めた日を思い出し、カクチョーとバトル。

特攻早々武道はカクチョーに殴られます。

しかしこれまでの戦いの日々を思い出して踏ん張り、カクチョーに殴り返し、マイキーの眼前までぶっ飛ばしました。

そして弱くても覚悟があればマイキーに届くと堂々宣言。

周囲のビックリ顔が爽快!

ただマイキーの眼光は鋭く…。

東京リベンジャーズのつづきが気になりますね。

以上「【東京リベンジャーズ245話ネタバレ】ヒーロー武道vsカクチョー」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/

>>東京リベンジャーズ最新刊を無料で読む方法はこちら<<