東京リベンジャーズ

【東京リベンジャーズ230話ネタバレ】明司を救った千咒の心

【東京リベンジャーズネタバレ最新話230話】覚醒した千咒!

2021年11月10日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京卍リベンジャーズ」本誌230話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

東京リベンジャーズ前話229話では、マイキーの前にカクチョーがたどり着きタイマンを申し込みます。

一方、千咒は驚異的な格闘センスを発揮。

サウスを3発の蹴りで倒し、自らが梵のトップだと宣言しました。

東京リベンジャーズ230話では、明司が自身の過去と罪を思いました。

佐野真一郎の横で過ごした日々、千咒が梵を作った理由も明らかに…。

二人のトップを間近で見てきた明司の真実とは!?

「【東京リベンジャーズ230話ネタバレ】明司を救った千咒の心」と題してお届けします。

>>東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ考察

今後の東京リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京リベンジャーズ最新話229話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ考察|覚醒した千咒

東京リベンジャーズ229話では千咒が秘めたる力を解放。

三天の一人でありギャングスターでもあるサウスを3発の蹴りでノしてしまいました。

ワカが228話で似たような技を使っていましたが、そのときはベンケイの援護があってもちょっとしたダウンにしかなりませんでした。

しかし千咒の蹴りは相当キいたようで、サウスは白目をむいて昏倒。

このことから千咒の蹴りが初代黒龍の連携プレーを上回っていることが分かります。

意図せずレベルの違いを見せつけた形となりました。

見た感じ、黒い衝動に突き動かされたとかではなく、守りたいもののために力を解放したという感じでした。

このままサウスが起き上がってこなければ、黒い衝動を持つ者にも勝つことができるという前例ができます。

マイキーを倒そうとしている武道にも希望が見えてきますね。

まだまだ覚醒した千咒の見せ場はありそうです。

サウスが起き上がってきて闘うのか、マイキーとの闘いに発展するのか、楽しみです。

あとビックリしていた明司が何を思うのかも気になります。

圧倒的オーラを放つ千咒を見て同じようなオーラを持っていた佐野真一郎を思い出す、なんて展開もアツイですよね。

その光景を三途が見たらまたしても気に入らないと機嫌を損ねてしまうかも?

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ考察|明司が変わったきっかけ

東京リベンジャーズ229話の中で千咒は、自分の力が明司を悪くさせていると考えていました。

千咒は以前武道にも、明司が梵をデカくしたがっていると不安を口にしています。

この口ぶりからいくと前は違ったのでしょう。

おそらく梵をつくったころ、少なくとも初代黒龍にいたころは今とは違う明司だったはず。

明司が変わり始めたのは佐野真一郎の死がきっかけではないでしょうか。

明司は初登場時にも佐野真一郎のことを口にしているし、弟であるマイキーのことも気にかけていました。

佐野真一郎の存在は大きなものだったろうし、その死が価値観を揺るがしてもおかしくありません。

チームはなくなっていたとはいえ、守れなかったことで後悔したのではないでしょうか。

それからトップを支えるためにはこれまで以上に強い力がいると考えるようになり、それを突き詰めていった結果、「武力は金」に辿りついたのかもしれません。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ考察|佐野真一郎の存在感

初代黒龍がすごければすごいほど、総長だった佐野真一郎の存在感が増します。

東京リベンジャーズ226話では久しぶりに1コマだけ登場。

とても存在感がありました。

闇堕ち前のマイキーそっくりの優しい眼差しも印象的です。

男気のある初代黒龍メンバーがヤクザに近い組織「梵」を作ってしまったのも、やはり佐野真一郎がいなくなったことが大きいのかもしれないと感じました。

支えを失ったという点がマイキーと同じです。

初代黒龍たちの考え方を知ることで、マイキーを救うヒントも見つけられるかもしれません。

今後、初代黒龍メンバーが佐野真一郎を今どう思っているのかが描かれるでしょう。

注目です。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ考察|千咒はマイキーに対抗心を持っている?

明司が千咒をたしなめる際、マイキーを引き合いに出しました。

千咒がマイキーを嫌っているのならお手本としての名前に出さないはず。

マイキーを意識していると見て間違いないでしょう。

初代黒龍に属していた兄がいるという共通点を持つ千咒とマイキー。

以前からライバルのような関係だったとしてもおかしくはありません。

兄の明司がトップに立てないのなら自分が立つとか、もう一人の兄である三途に自分を認めさせるにはマイキーを超えるしかないとか考えているのかも。

暴力団ともめることも辞さない千咒。

そういえば武道のビジョンと暴力団とのもめ事は関係ないのでしょうか。

抗争を制しても暴力団に消されるという展開もあるかもしれません。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ考察|明司は千咒を助けるために梵を売った?

初代黒龍のメンバーであり、異名は軍神、千咒や三途の兄、ドラケンも何だかんだ信頼を寄せている男・明司。

しかし武道が帰った未来ではマイキー率いる犯罪組織・梵天の相談役となっています。

関東卍會を潰そうとしていた明司が逆にマイキーの相談役になっているなんて違和感ありますよね。

東京リベンジャーズ215話までは寝返ったのか、それとも元から組織を売るつもりだったのかと考えていました。

動機は初代の身内であるマイキーの黒い魅力に惹かれた、もしくは軍神としての力を発揮したくなったとかだと予想。

しかし216話の千咒を通してみる明司は、何だかとっても面倒見のいい兄!

そのため寝返るでもスパイでもなく、千咒や仲間を助けるために組織や自分を売って梵天の相談役になったというパターンもあるかもしれないと考えました。

この流れでいくと三途にもちゃんと情がありそうです。

いずれにしてもマイキーと三途の暴走を防ぎ、千咒の死を防ぐためには明司がキーマンとなりそうです。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が東京リベンジャーズ229話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ

東京リベンジャーズ230話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ|Get stuck-up

東京リベンジャーズ230話のタイトルは「Get stuck-up」。

意味は「つけあがる」です。

つけあがっていたあの人が過去を振り返り、ついに罪を認めます。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ|明司が過去を振り返る

明司武臣は過去を想います。

天下統一を果たした伝説のチーム「初代黒龍(ブラックドラゴン)」の副総長だったころの自分。

周囲からは明司の采配で戦況が決まると恐れられ、「軍神」の異名がつくほどでした。

ただ明司は自分自身をそんな器ではなかったと考え、つづけて幼なじみだった佐野真一郎と過ごした日々を思い出します。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ|明司が見た佐野真一郎

ジャングルジムのテッペンにのぼった幼き日の佐野真一郎が目を閉じます。

それから時代の風が吹いているなと言います。

明司はジャングルジムの下からよくそんなところに立っていられるなと声を掛け、真一郎を見上げます。

勉強もスポーツもそこそこで取り柄のない明司。

一方、真一郎は不思議と人が集まる特別さを持っていました。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ|最弱王と呼ばれたワケ

真一郎は横暴な態度を取らず、優しく、自分よりも強い奴としかケンカをしないから全敗で泣き虫、異名は“最弱王”、喧嘩した相手にすら好かれました。

ベンケイとワカもその中の一人でした。

真一郎は成長しても相変わらず傷だらけで、そんな真一郎の頭をベンケイがわしゃわしゃなでます。

ワカは「喧嘩も恋も最弱王!!」と茶化し、真一郎は笑顔で恋は余計だと返しました。

明司はその光景を思い出し、自分は明司の横にいただけだと思いました。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ|増長する明司

真一郎が初代黒龍を立ち上げると言ったとき、同時に明司を副総長に任命しました。

明司は驚いたものの、日本一のチーム№2となり、「軍神」と呼ばれるようになるころには増長していました。

真一郎がチームの解散を決めると、明司は解散理由は何だと真一郎に詰め寄ります。

真一郎は笑顔で「もう黒龍より上がねぇならこの先は弱い者イジメになっちまうだろ」と言いました。

明司は焦ったものの、解散後も威光は衰えることはなく、それを利用して遊びまわりました。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ|真一郎が死んだころ

5年が経った頃、威光はついに消え失せ明司のメッキは剥がれます。

莫大な借金を抱え、家のドアには「金を返せ」の張り紙だらけ。

無精ひげを生やし荒んでいた明司ですがいよいよ危機感を抱き、このままでは命が危ないと金策に走ります。

真一郎が死んだのはこのころ。

しかし明司は金の工面でそれどころではありませんでした。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ|梵の目的

さらに5年が経った2006年。

ベンケイやワカが営むボクシングジムで汗をかいた千咒は、「東京卍會の無敵のマイキーと戦(や)ってみたい!」と笑顔で言います。

そのためにチームを作ろうと思うとつづけます。

明司はその発言に驚きますが、ワカやベンケイは千咒の強さに太鼓判を押します。

自分たちのジムで勝てる奴はいないと言います。

千咒は明司を見つめ、「信頼できるニンゲンにチームの舵取りを任せたい」、頼まれてくれるかと言います。

明司は言葉を失ったあと、涙します。

金も威光もなく落ちぶれていた自分を迎え入れてくれるのかと思い、こいつらに全てを尽くそうと強く想いました。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ|明司の懺悔

今、明司はひざまずき、再び涙を流します。

千咒に向かって、これまで手加減していたのか、そこまでさせるほど信頼を失っていたのだな、梵の方針を見誤ったと言います。

そのせいで千咒の信頼、それから誘い入れたドラケンまで失ったとつづけました。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレ|無双、立ち上がる

千咒がそれは違うと言います。

明司が顔を上げます。

千咒は明司を止められなかったのもドラケンが死んだのも、自分が梵の首領として不甲斐なかったからだと言います。

それから前を見据えたまま「ジブンにできるのはコイツを倒す事だけ」と言いました。

そこでサウスがむくっと起き上がります。

サウスは闘志をみなぎらせ、「久しぶりに本気になれそうだ“無比”の千咒」と言いました。

ここで東京リベンジャーズ230話は終了です。

 

東京リベンジャーズ230話ネタバレまとめ

東京リベンジャーズ前話229話では、マイキーとカクチョーの闘いが始まりそうになります。

そして始まったサウスと千咒の闘い。

明司は千咒にはまだ早いと言いましたが、本気を出した千咒の前にサウスは倒されました。

最新話速報として東京リベンジャーズ230話のネタバレを紹介してきました。

東京リベンジャーズ230話では、明司が自身の過去を振り返り、間違っていたと認めました。

その中で佐野真一郎のことや千咒が梵を作った理由が描かれました。

そしてサウスが起き上がり、本気になると宣言。

闘いはまだ終わらないようです!

東京リベンジャーズのつづきが気になりますね。

以上「【東京リベンジャーズ230話ネタバレ】明司を救った千咒の心」と題してお届けしました。

\東京リベンジャーズアニメも無料でイッキ見!/