東京リベンジャーズ

【東京リベンジャーズネタバレ最新話224話】エマがドラケンを引き戻す?

【東京リベンジャーズネタバレ最新話224話】エマがドラケンを引き戻す

2021年9月29日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京リベンジャーズ」本誌224話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

東京リベンジャーズ前話223話では、救急車に運び込まれるドラケンが東京卍會のみんなと過ごした2005年の初日の出暴走を思い出します。

ドラケンはバイクに乗り、バジと千冬、スマイリー、アングリー、三ツ谷、八戒、パーちん、ペーやんとともにマイキーの背中を追いかけ、海を目指しました。

海につき、昇る初日の出を眺めながらドラケンとマイキーは天下を獲ろうと約束。

ドラケンはそんな思い出を懐かしく思い、つづいて亡き最愛の人エマに呼びかけます。

するとドラケンの目の前にエマが現れ、ドラケンの手を引きました。

ドラケンはこれからどうなるのでしょうか!?

「【東京リベンジャーズネタバレ最新話224話】エマがドラケンを引き戻す?」と題してお届けします。

 

今後の東京リベンジャーズ最終章がどうなっていくのかも気になるところですが、これまでの流れも復習したくなりますよね?

またアニメで見ていて漫画は読んでない場合は、どんな感じになるのか漫画で読みたくなるのではないでしょうか?

そこで探していたら東京リベンジャーズの最新刊の漫画を無料で読めるサイトを見つけました!

そのサイトとはU-NEXTというサイトです。

現在31日間無料お試しキャンペーン実施中で漫画が無料で1冊読めてしまうポイントをもらうことができます。

このポイントを使って東京リベンジャーズの最新巻を読めてしまうというわけです。

またこの期間内でしたら東京リベンジャーズのアニメを始め無料で見られる映画やドラマなどもありますので、ついでに1か月楽しめるのではないでしょうか?

もし使いにくかった場合は、期間内に解約すれば1円もかかりませんので、ご安心ください。

現在登録者がどんどん増えていて、いつこのキャンペーンが改悪されるのかわかりませんので、今の内にお試ししてみませんか?

この機会に東京リベンジャーズを復習してみてください。

\東京リベンジャーズアニメも無料でイッキ見!/

本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

目次

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察

今後の東京リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京リベンジャーズ最新話223話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|エマがドラケンを引き戻す?

ドラケンが走馬灯のようなものを見ました。

自分でも「最後に思い出すのは」と言っていたことから死が迫っていることを実感しているのでしょう。

さらに亡き想い人エマに対し「今行くぜ…エマ」と語りかけています。

ドラケンの意識が死に傾いています。

しかし、ドラケンの手を取ったエマはこのままドラケンを連れて行くでしょうか。

エマは強くて優しい女性です。

ドラケンとマイキーを心配し、最近もドラケンの夢に出て「マイキーを助けて」と言っています。

そのためドラケンには会えてうれしいと言うかもしれませんが、マイキーのことを考えて「まだ来ちゃダメ」だと言ってくれそうな感じもします。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|ドラケンにとって三途とは?

そこまで深く関わっていないようだったドラケンと三途。

ただドラケンが見た走馬灯の東卍の仲間たちの中にいました。

メインとはいかないけれどサブくらいのポジションに三途の画がありました。

確認できるだけで2か所ですが、どちらの三途も笑顔でした。

三途はマイキーに心酔しているようです。

そのためマイキーに近いドラケンとは良好な関係だったのかもしれません。

あるいは良好に見せて水面下では嫉妬していたとか?

今後、ドラケンが撃たれたことを知った三途の反応でその答えがわかりそうです。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|千咒が責任を感じて弱気になる?

ドラケンが救急車に運ばれるのを千咒が見ていましたが、涙を流し、とても弱々しい感じでした。

普段の勝気な雰囲気とは全然違います。

自分たちを守ったせいで仲間が傷ついたとショックを受けているのでしょうか。

あるいは似たような状況があったとも考えられます。

千咒が顔見せした話で、千咒は雨を嫌がっていました。

もしかしたら雨に何らかのトラウマがあるのかもしれません。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|ドラケンが助かる可能性はある?

東京リベンジャーズ223話ラスト時点でドラケンはまだ生きています。

あれだけ自分で何とかしようとしていたマイキーのことを託したということは、ここからの復活はないのかもしれません。

ただ救急車やタンカは手配済み、ラストシーンで目が開いていて生きているということは、ここから病院に運ばれて助かる、あるいは蘇生することもありえます。

すぐに復活はできなくても昏睡状態で生存、後に復活というストーリーに繋がるかもしれません。

マイキーを救うためにもドラケンは必要に思えます。

生きていて欲しいです。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|ドラケンが示した道

自分は死ぬと悟ったドラケンは、一番の気がかりだったマイキーのことを武道に託しました。

その際、自身が敗北したときの話を出しました。

小学生のころは自分より年上に挑んで負けていた、這いつくばって空を見上げたときに気持ちが晴れたと言っていました。

これがマイキーを救うための条件になるのでしょう。

武道はこれまで「マイキーをぶん殴って救う」といった考えでした。

しかしドラケンは敗北の体験を語ることで、ぶん殴るだけでは足りないと示したように思えます。

ドラケンが味わったような、全てを出し切って負けたときの感覚がマイキーには必要なのではないでしょうか。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|マイキーに勝つためには?

マイキーを救うためマイキーを負かす必要があると判明。

勝負といえばタイマンです。

ただ現時点で武道とマイキーが戦っても勝てないでしょう。

10年前へのタイムリープ直後(東京リベンジャーズ207話)、マイキーが一つのチームを殲滅しているシーンがありました。

近くで見ていた三途が「無敵っぷりが加速してんな」と言っています。

この発言からも強くなりつづけていることが分かります。

まともに戦っては勝てない、ドラケンの助けも期待できないということは、他の誰かの助けを借りるしかありません。

例えば三天の一人、千咒は確かに強いし、もう一人のサウスも味方にできれば心強いです。

タイマンで勝てるかどうかは不明。

ただこの二人の協力があれば組織として勝つことはできそうです。

三天の二つを統合して組織として勝つ、そこからマイキー個人に勝つという展開になるのかもしれません。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|ドラケン死亡で何が起こる?

武道たちを助けたドラケンが倒れてしまいました。

未来はタイムリープで変えられても、タイムリープした先で起こったことはどうにもなりません。

ここからドラケンと握手、さらに過去に戻ることが可能ならいいのですが、さすがに無理がありそう…。

武道たち東卍の仲間はきっと悲しむでしょう。

中でもマイキーはひときわ悲しみ、怒るのではないでしょうか。

マイキーは仲間が大切だからこそ遠ざけたのでしょう。

ドラケンもこうなるのを予測していたのだろうと言っていましたし。

マイキーにとって大事な仲間、その中でもドラケンは特別な幼なじみです。

未来でマイキーは自殺する直前、兄の真一郎やエマ、バジの顔と一緒にドラケンの顔も思い浮かべていました。

今考えると、ドラケン以外は故人…あれも一つの伏線だったのかもしれませんね。

襲撃犯を調べ上げてマイキーが襲撃犯を潰す、あるいは殺すという展開もありそうです。

また、ドラケンは梵に所属していました。

そのドラケンが襲われた以上、梵に六破羅単代を叩く大義名分ができました。

三天戦争はさらに激化する、あるいは梵が六破羅単代を吸収するなんて展開もあるかも?

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|武道襲撃について

武道に対する襲撃の犯人はどうやら六破羅単代のメンバーのようです。

サウスは襲撃に無関係のようですが、トップに立つ者として知らないでは通せません。

サウスが武道のところに来る、襲撃を盾に梵が六破羅単代に何かを要求するなんてこともありそうです。

ドラケンが危惧していたように三天戦争は様々な利権なそれにまつわる思惑が絡んでいます。

関東卍會なら千咒を潰した方がよさそうですが、あえて武道を狙うあたり、武道と近しい人か梵の誰かが黒幕ということになりそうです。

襲撃者は仲間くらいしか知らないはずの千咒の顔も知っていましたしね。

扇動した犯人とその思惑を考えてみます。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|襲撃の黒幕①梵の身内

武道は不良界隈では有名人。

ただ戦力としてカウントするにはちょっと不安です。

そう考えると武道を身内に引き入れ襲わせて何かを得るという役立て方もあります。

六破羅単代に報復をしない代わりに梵と六破羅単代で手を組み、関東卍會を潰すなんてシナリオを用意しているのかもしれません。

もしそんなことを画策している人がいるとするとキレ者だけれど冷酷です。

そのイメージに当てはまるのは「軍神」明司くらいですが…。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|襲撃の黒幕②関東卍會

関東卍會側の人間が仕組んだのだとすれば、六破羅単代と梵を潰し合わせるのが目的ではないでしょうか。

マイキーの意思ではないはずですが、三途あたりはやりそう。

もし武道が未来視で千咒の死を視ていなかったら妹が死んでたんだぞと言ってやりたいところですが、証明はできませんよね。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|襲撃の黒幕③六破羅単代

襲撃者たちの会話から察するに彼らは三天の内の一つ「六破羅単代」のメンバー。

しかもトップであるサウスには何も言わずに来ていて、銃を命懸けで手に入れたとのこと。

サウス以外の誰か上の方の人にそそのかされたということもありえます。

ただ六破羅単代が武道を襲って得るメリットより、六破羅単代を陥れたい別の三天のチームの方がメリットが大きいように思えます。

そのため扇動者が六破羅単代にいる可能性は低いと予想します。

いずれにしても殺しを決意させるほどのトーク力を持つ人物なので相当危ない人物。

襲撃者と接触する際には正体を隠していたかもしれません。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|武道がドラケンの遺言を伝える

ドラケンの最期の言葉はマイキーに対してでした。

「あんまり…世話…焼かせんな…ってよ」というのがその内容です。

武道にこの言葉を伝えるよう頼んでいるため、武道はマイキーに伝えなくてはいけません。

マイキーは武道に対して怒りをぶつけるかもしれません。

マイキーは以前、ビデオレターで武道にもうタイムリープするなと警告しています。

それでも武道はタイムリープしてしまいました。

マイキーはそのことを指摘し、武道を未来に戻そうとするかもしれません。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|武道の絶望を救うのは?

武道はタイムリープに加え、未来を視られるようになりました。

ただそのビジョンを変えようとした場合、ドラケンのようにイレギュラーなことも起こることも判明。

ドラケンが倒れたことで武道はショックを受けたはず。

これ以上過去を変えるのをやめようとすら思うかもしれません。

せっかく救えたヒナ、明るい未来を手に入れようとしている仲間にも被害が及ぶことを思えば躊躇するでしょう。

しかしマイキーを救おうという想いだって本物です。

となると落ち込む武道を励ましたり、叱咤したりして目を覚まさせるキャラクターが出てきそうです。

これまでだったら東京卍會の仲間、それこそドラケンとかマイキーでしたが、彼らはもう武道を助けてくれないでしょう。

となるとやはりヒナとか千冬、あとは千咒が武道の力になるのではないでしょうか。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|千咒が武道に惚れた?

千咒が武道に守られて赤くなり、「ドクン」と胸を高鳴らせていました。

千咒は強いのでこれまで守られることが少なかったので新鮮さもあったのでしょう。

これは恋のフラグ!

千咒は武道も感じているように「まっすぐな奴」です。

好きと自覚したら「惚れた!」とストレートにアピールしてくれそうです。

そうなれば武道は彼女がいると真っ向から断れるはずです。

しかし、これが千咒の初恋だとすると恋と自覚できない、恋だと分かっても距離を縮められないという展開となって長引きそう。

長引いた先で待っているのはヒナのビンタ!?

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|明司は組織をデカくして何をしたい?

東京リベンジャーズ219話では千咒や明司の事情が少し明らかになり、謎も増えました。

  • 千咒が遊園地に来るのは小2以来…小2で何かあった?
  • 明司が梵をデカくしたがっている…規模にこだわる理由とは?
  • 千咒が組織をデカくすることに抵抗あり…巻き込まれて不幸になった経験あり?

千咒が小2のころといえば、初代黒龍があったころではないでしょうか。

かなり飛躍しますが、遊園地に連れてきてくれたのはマイキーの兄真一郎ということもあるかもしれません。

また、千咒は個としての強さ、明司は組織としての強さに執着していることが窺えます。

一見違うようですが、どちらの執着にも初代黒龍の存在が関係していそうです。

伝説のチーム初代黒龍。

№2である明司にも、その妹である千咒にも強い影響を与えたことでしょう。

初代黒龍は佐野真一郎のカリスマによって盛り立てられていたことが分かっています。

千咒はそんな存在になりたいと考え、明司はそんな存在は稀有だと考えて組織を大きくすることでその強さを手に入れたいのではないでしょうか。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|千咒はマイキーに対抗心を持っている?

明司が千咒をたしなめる際、マイキーを引き合いに出しました。

千咒がマイキーを嫌っているのならお手本としての名前に出さないはず。

マイキーを意識していると見て間違いないでしょう。

初代黒龍に属していた兄がいるという共通点を持つ千咒とマイキー。

以前からライバルのような関係だったとしてもおかしくはありません。

兄の明司がトップに立てないのなら自分が立つとか、もう一人の兄である三途に自分を認めさせるにはマイキーを超えるしかないとか考えているのかも。

暴力団ともめることも辞さない千咒。

そういえば武道のビジョンと暴力団とのもめ事は関係ないのでしょうか。

抗争を制しても暴力団に消されるという展開もあるかもしれません。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|明司は千咒を助けるために梵を売った?

初代黒龍のメンバーであり、異名は軍神、千咒や三途の兄、ドラケンも何だかんだ信頼を寄せている男・明司。

しかし武道が帰った未来ではマイキー率いる犯罪組織・梵天の相談役となっています。

関東卍會を潰そうとしていた明司が逆にマイキーの相談役になっているなんて違和感ありますよね。

東京リベンジャーズ215話までは寝返ったのか、それとも元から組織を売るつもりだったのかと考えていました。

動機は初代の身内であるマイキーの黒い魅力に惹かれた、もしくは軍神としての力を発揮したくなったとかだと予想。

しかし216話の千咒を通してみる明司は、何だかとっても面倒見のいい兄!

そのため寝返るでもスパイでもなく、千咒や仲間を助けるために組織や自分を売って梵天の相談役になったというパターンもあるかもしれないと考えました。

この流れでいくと三途にもちゃんと情がありそうです。

いずれにしてもマイキーと三途の暴走を防ぎ、千咒の死を防ぐためには明司がキーマンとなりそうです。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|三途は兄と妹に執着している?

三途春千夜の意外な家族構成が明らかになりました。

初代黒龍の創設メンバーである明司を兄に持ち、強くてかわいい千咒は妹でした。

千咒の不良としての源氏名を一緒に考えたりしたものの、千咒の強さや梵のトップに据えられたことは気に食わないとのこと。

三途の少年時代は東京リベンジャーズ23巻に収録されている番外編に少し描かれています。

マイキーに首根っこを押さえられ武藤に引き渡されています。

大暴れしてマイキーに取り押さえられたという感じでした。

偉大な兄や強い妹と自分を比較して荒れていた時期もあったのかもしれませんね。

番外編では一人っ子と言っていたし、三途は兄と妹に嫉妬、あるいは憎しみを抱いているのかもしれません。

明司からも話を聞きたいですね。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|六破羅単代には北がいる?

チーム「六破羅単代」の由来となっているのはおそらく鎌倉幕府の職名「六波羅探題(ろくはらたんだい)」。

この職は南方と北方の2名でやるもので、時の権力者であった北条氏一族から選任されていたようです。

このことを鑑みると総代である南(サウス)のほかに「北」とつく人物も出てきそうです。

東京リベンジャーズ212話では主要幹部が登場しましたがいませんでした。

首席から五席までは出てきたので、副長的なポジションでしょうか。

サウスが10年後の梵天にいないことを考えると、北条氏的な立場な人もいて、「北」か「北条氏」がサウスを失脚させるのかもしれませんね。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|カクチョーが武道をスカウトする理由

カクチョーは東京リベンジャーズ212話で、武道が不良の世界に戻ってくるのなら六破羅単代だと言いました。

武道の返答は「へ!?」でしたが。

カクチョーが武道個人に思い入れがある、評価している部分はあると思います。

ただそれだけではなく、発言のニュアンスから、「マイキー率いる関東卍會や梵や他のチームではいけない」と示唆しているようにも取れます。

その理由は何でしょうか。

武道自身に何らかの危険がせまっている、あるいは武道がすべきことがあるのかもしれません。

カクチョーの発言に注意が必要ですね。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|寺野南は音楽好きでハーフ?

六破羅単代の総代である寺野南(てらのサウス)はドラケンの身長185cmよりもはるかに大きかったです。

武道(165cm)とドラケン(185cm)の身長差(20cm)よりは小さいため目視から200cmオーバーだと予想します。

さらに目が黒目ではなく、「フォルテ」とか「フォルテシモ」、「グツィオーソ」といった音楽用語、イタリア語を使ったりしています。

これらの事実からハーフであり、音楽好きではないかと考えられます。

ただ特攻服に書かれている文字は漢字だったり、日本語で不自由していたりカタコトだったりする雰囲気はないため海外から来ていたとしても日本暮らしは長いのでしょう。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|未来の梵天に千咒とサウスがいない

東京リベンジャーズ196話では、新しくなった未来で幅をきかせていた悪の組織「梵天」の幹部が描かれました。

10年前から比較すると以下の通りです。

 

  • 明司武臣 梵№2→相談役
  • 三途春千夜 不明→№2
  • カクチョー 六波羅単代首席→№3
  • 望月莞爾 六波羅単代四席→幹部
  • 班目獅音 六波羅単代五席→不明
  • 灰谷蘭 六波羅単代二席→幹部
  • 灰谷竜胆 六波羅単代三席→幹部
  • 九井一 不明→幹部

 

ほとんどが梵と六波羅単代の幹部で構成されています。

ただトップである千咒とサウスはいません。

となるとこの二人は三天の抗争の末、消されてしまう可能性が高いのではないでしょうか。

あるいは梵天の幹部となる人たちはすでにマイキーについていて、梵と六波羅単代にはスパイとして潜んでいるという線もあるかもしれません。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話考察|感想や予想ツイート

以下が東京リベンジャーズ223話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話

東京リベンジャーズ224話の内容が分かりましたらネタバレ追記いたします。

週刊少年マガジン発売の前日あたりに更新いたしますのでブックマークなどしてチェックしてみてください。

 

東京リベンジャーズネタバレ最新話224話まとめ

東京リベンジャーズ前話223話では、救急搬送されるドラケンが2005年の初日の出暴走を思い出しました。

夜明け前、ドラケンはマイキーの背中を追いかけ、朝日が昇るのをともに眺め、天下を掴もうと約束しました。

現在、約束を果たしたドラケンは仲間の顔を思い浮かべ、エマと再会。

エマがこのままドラケンを連れていくとは思えません。

引き戻してくれると信じたいですね。

東京リベンジャーズ224話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

東京リベンジャーズのつづきが気になりますね。

以上「【東京リベンジャーズネタバレ最新話224話】エマがドラケンを引き戻す」と題してお届けしました。

\東京リベンジャーズアニメも無料でイッキ見!/