東京リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ220話ネタバレ】武道襲撃をドラケンが阻止!

【東京リベンジャーズネタバレ最新話220話】武道を守ろうとして千咒負傷?

2021年9月1日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京卍リベンジャーズ」本誌220話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

東京卍リベンジャーズ前話219話では、千咒は武道に相談があると言って夜の遊園地へと連れ出しました。

千咒は遊園地を楽しみながら、明司が組織をデカくしようとしていること、三天戦争での武道の役割について話します。

武道は千咒をまっすぐな奴だと思い、その後友達として握手しますが、そこで再びビジョンを視てしまいます。

一方、イヌピーが六破羅単代のことで武道と連絡を取りたがっています。

武道は七夕の今日、ビジョン通りの未来を迎えてしまうのでしょうか。

「【東京卍リベンジャーズ220話ネタバレ】武道を守ろうとして千咒負傷?」と題してお届けします。

>>東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

東京卍リベンジャーズ220話ネタバレ考察

今後の東京卍リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京卍リベンジャーズ最新話219話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京卍リベンジャーズ220話ネタバレ考察|千咒は遊園地で襲撃される?

武道の未来視によって七夕の日に襲撃される可能性が出てきました。

東京リベンジャーズ219話の内容から、新たに千咒が倒れる未来は遊園地、千咒は武道を守る約束をしたということが判明。

さらにイヌピーが六破羅単代の件で武道に連絡を取りたがっていました。

これらが繋がるとすると、六破羅単代が武道を襲おうとする、千咒が武道をかばう、千咒倒れるという未来になるのではないでしょうか。

イヌピーが武道に連絡を取ろうとしていたことから、ギリギリで防げるのか、電話を受けてしまったがゆえに隙ができて襲われてしまうのか…。

 

東京卍リベンジャーズ220話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が東京卍リベンジャーズ219話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京卍リベンジャーズ220話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ220話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

東京卍リベンジャーズ220話ネタバレ|千咒離席

武道と千咒はレストランのようなところで雨宿りをしています。

千咒は雨がやまないとボヤいたあと、武道が食べていないことに気づきます。

武道の頭の中はビジョンでいっぱいです。

千咒がトイレにいくと言って席を外します。

武道は考えに夢中だったので普通に送り出してしまいます。

そのあとすぐ目を離すべきじゃなかったと気づき、急いで追いかけます。

 

東京卍リベンジャーズ220話ネタバレ|襲撃されるのは武道

トイレを見つけた武道は、その脇に飾ってあった七夕の短冊に目がいきます。

千咒の短冊「武道を守る」と、未来視で視た「約束守ったぞ」が繋がっているのかもしれないと思います。

それなら狙われるのはもしや自分かと思ったところで襲撃者が現れました。

黒ずくめの集団が武道に駆け寄ります。

いきなり攻撃はせず、弱そうだ、でも千咒と一緒にいたから本人だ、本当にやるのかと言い合います。

先頭に立った襲撃者が首謀者らしく、自分たちみたいな小物が上にいくにはこれぐらいしないといけないと仲間を鼓舞します。

隣にいる男がサウスに相談した方がいいと言っても聞く耳を持ちません。

それから命がけで「コレ」を手に入れたから大丈夫、「サウスさんならわかってくれる」と言うと「コレ」を武道に向けました。

拳銃です。

 

東京卍リベンジャーズ220話ネタバレ|襲撃者、発砲

武道は銃に驚いたものの、千咒はこの襲撃から自分を守ろうとして死ぬのだと納得。

そこで千咒が武道襲撃に気づいて走りだしました。

武道は千咒に止まるよう叫びます。

すると襲撃者がその大声で興奮したのか動くなと叫び返し、千咒はさらに加速。

武道は襲撃者に背中を向けて千咒へと走ります。

それから千咒を銃からかばうため抱きついて押し倒しました。

次の瞬間、襲撃者が発砲しました。

 

東京卍リベンジャーズ220話ネタバレ|武道と千咒にドクンフラグが立つ

狙撃手はガタガタ震えながらぶっ殺してやったと笑います。

しかし武道はむくっと起き上がり、千咒に大丈夫かと声を掛けます。

千咒は心配されたことに驚きます。

つづけて武道が「オマエは死んじゃダメだ」と言うと、千咒の顔が赤くなりました。

狙撃手が再び銃を向けます。

武道はまずい、避けられないと思います。

 

東京卍リベンジャーズ220話ネタバレ|ドラケン間に合う!

狙撃手は再び武道に向けて発砲。

武道は思わず目を閉じます。

ドンドンドンという音が遊園地中に響きます。

しかし、武道に痛みはありません。

つづけて誰かが狙撃者を殴った音、拳銃が転がってくる音が聞こえてきました。

武道がおそるおそる目を開けると目の前には「D&D MOTORS」のつなぎを着た男が立っていました。

ドラケンです。

武道と六破羅単代の間に入ったドラケンは、武道を振り返ります。

そして「大丈夫か?タケミっち」と言いました。

ここで東京リベンジャーズ220話は終了です。

 

東京卍リベンジャーズ220話ネタバレまとめ

東京卍リベンジャーズ前話219話では、

千咒と武道が夜の遊園地に行きました。

ジェットコースター上で千咒は明司の行動を不安がり、三天戦争のときは武道とドラケンに関東卍會を任せると言いました。

その後、武道を守ると約束して二人が握手した瞬間、武道が再び千咒が倒れるビジョンを視で、それが起こるのは「今日」だと判明。

最新話速報として東京リベンジャーズ220話のネタバレを紹介してきました。

東京リベンジャーズ220話では、千咒と武道が別行動を取った隙に武道が襲われます。

襲撃者はどうやら六破羅単代のメンバーで、サウスは襲撃を知らないようです。

千咒は武道襲撃を知って武道をかばおうとしますが、武道が逆にかばい、ドラケンが間一髪で守ってくれました。

未来はこれで変わったのでしょうか!?

東京卍リベンジャーズのつづきが気になりますね。

以上「【東京卍リベンジャーズ220話ネタバレ】武道襲撃をドラケンが阻止!」と題してお届けしました。

\東京卍リベンジャーズアニメも無料でイッキ見!/