東京リベンジャーズ

【東京リベンジャーズ225話ネタバレ】冷静なマイキーと暴走する明司

【東京リベンジャーズネタバレ最新話225話】マイキーが最終戦争を開始する?

2021年10月6日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京リベンジャーズ」本誌225話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

東京リベンジャーズ前話224話では、ドラケン死亡に呆然とする武道、それを心配する千咒。

しかし悲しむ間もなく、明司とサウスがそれぞれのチームを率いて現れ、梵と六破羅単代の最終決戦が始まりそうになります。

そしてマイキーも一人で現れました。

東京リベンジャーズ225話では、三天戦争が勃発。

3チーム入り乱れての乱戦となりました。

明司は怒り狂い、千咒の制止も聞かず、サウスに殴りかかろうとします。

一方マイキーは…?

「【東京リベンジャーズ225話ネタバレ】冷静なマイキーと暴走する明司」と題してお届けします。

>>東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ考察

今後の東京リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京リベンジャーズ最新話224話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ考察|ハルマゲドン勃発

ドラケン襲撃後に奇しくも三天のトップが揃いました。

六破羅単代のサウス、梵の千咒、そして関東卍會のマイキー。

サウスは襲撃の事実を知り、カチこまれる前に先手を取って事を有利に運ぼうとしたのでしょう。

明司はこうなると分かっていたからこそ早急に人数を集めたのかもしれません。

マイキーは単身乗り込んできたようですが、一人でチームを潰す実力があり、登場しただけで場の空気を変えるカリスマ性もあります。

マイキーが動くまでは膠着状態がつづきそうです。

そして動き出したらサウスの言う「最終決戦(ハルマゲドン)」が始まるのではないでしょうか。

ただ始まったところでここは発砲事件の起こった現場。

警察官あるいは機動隊などが登場して抗争は持ち越しとなるでしょう。

また、千咒の死の回避を100%にするためにも、雨の日の遊園地からは早く離れた方がいいですよね。

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ考察|明司はやはり怪しい?

明司が千咒のところに駆けつけてきました。

ネット上では明司がどこから襲撃の話を知ったのかとちょっと話題となりました。

千咒から連絡がいったのでなければ、襲撃犯と繋がっていた可能性が高いということですね。

できれば潔白で千咒から聞いた、あるいは六破羅単代の中に明司の息のかかったスパイがいて、そこから情報を得たという展開になってほしいところですが真偽はいかに…。

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ考察|マイキーが悲しみと怒りをぶつける?

マイキーの心中は今どうなっているのでしょうか。

遠ざけたはずの大切な仲間が死んだ現実を受け入れられているでしょうか。

武道と同様混乱している、あるいはドラケンの性格を考えればこうなるかもしれないと予想していたから妙に冷静、ということもありえます。

どちらにしても深い悲しみと怒りはあるはずです。

ただ「東京卍會」ではなく「関東卍會」の特攻服を着て駆けつけたことから、喪に服すのではなく、戦うという意思を感じます。

マイキーがかつて告白した「黒い衝動」に身を任せて大暴れ、なんて展開もあるかもしれません。

またマイキーが武道に警告したのに過去に戻ってきたことについても思うところがあるはずです。

「だから言っただろう」と言うのか、それとも問答無用で未来に戻したりするでしょうか。

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ考察|ドラケンにとって三途とは?

そこまで深く関わっていないようだったドラケンと三途。

ただドラケンが見た走馬灯の東卍の仲間たちの中にいました。

メインとはいかないけれどサブくらいのポジションに三途の画がありました。

確認できるだけで2か所ですが、どちらの三途も笑顔でした。

三途はマイキーに心酔しているようです。

そのためマイキーに近いドラケンとは良好な関係だったのかもしれません。

あるいは良好に見せて水面下では嫉妬していたとか?

今後、ドラケンが撃たれたことを知った三途の反応でその答えがわかりそうです。

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ考察|マイキーに勝つためには?

マイキーを救うためマイキーを負かす必要があると判明。

勝負といえばタイマンです。

ただ現時点で武道とマイキーが戦っても勝てないでしょう。

10年前へのタイムリープ直後(東京リベンジャーズ207話)、マイキーが一つのチームを殲滅しているシーンがありました。

近くで見ていた三途が「無敵っぷりが加速してんな」と言っています。

この発言からも強くなりつづけていることが分かります。

まともに戦っては勝てない、ドラケンの助けも期待できないということは、他の誰かの助けを借りるしかありません。

例えば三天の一人、千咒は確かに強いし、もう一人のサウスも味方にできれば心強いです。

タイマンで勝てるかどうかは不明。

ただこの二人の協力があれば組織として勝つことはできそうです。

三天の二つを統合して組織として勝つ、そこからマイキー個人に勝つという展開になるのかもしれません。

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ考察|武道の絶望を救うのは?

武道はタイムリープに加え、未来を視られるようになりました。

ただそのビジョンを変えようとした場合、ドラケンのようにイレギュラーなことも起こることも判明。

ドラケンが倒れたことで武道はショックを受けたはず。

これ以上過去を変えるのをやめようとすら思うかもしれません。

せっかく救えたヒナ、明るい未来を手に入れようとしている仲間にも被害が及ぶことを思えば躊躇するでしょう。

しかしマイキーを救おうという想いだって本物です。

となると落ち込む武道を励ましたり、叱咤したりして目を覚まさせるキャラクターが出てきそうです。

これまでだったら東京卍會の仲間、それこそドラケンとかマイキーでしたが、彼らはもう武道を助けてくれないでしょう。

となるとやはりヒナとか千冬、あとは千咒が武道の力になるのではないでしょうか。

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が東京リベンジャーズ224話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ

東京リベンジャーズ225話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ|Free-for-all

東京リベンジャーズ225話のタイトルは「Free-for-all」。

ついに始まってしまった三天戦争の大乱闘の様子を指しているようですが、音だけで見ると「フリーフォール」、自由落下とも取れます。

ドラケンの死によって落ちていってしまったものとは…?

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ|三天戦争勃発

武道が「マイキー君…」とつぶやきますが、マイキーは黙ったままです。

しばらくすると関東卍會のメンバーも続々集結してきました。

千咒が3チーム揃ってしまったと言い、サウスは面白いと笑います。

梵、六破羅単代、関東卍會の3チームが駐車場でにらみ合っています。

武道はマイキーに今戦ってはダメだと言います。

しかしその声は明司やサウス、三途の仲間を鼓舞する声、それに応じる怒号にかき消されます。

そして大乱闘が始まりました。

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ|静観するマイキー

3チーム入り混じっての大乱闘。

その中で明司は関東卍會に向かって、ドラケンを見捨てた分際ででしゃばるなと叫びます。

千咒は怒りに身を任せるなと言い、梵を止めようとします。

武道はマイキーの方を見ます。

すると、マイキーはいたって冷静でした。

ココに向かって様子を見ようと言います。

ココは驚き、動かないのか、何とも思わないのかと聞きます。

マイキーは表情を動かさず「何を?」と返しました。

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ|サウスの作戦

サウスは元天竺であるカクチョーや望月、灰谷兄弟に声を掛けます。

関東卍會を抑えるよう指示を出します。

それから明司が珍しく熱くなっている、まずは梵を潰すと言います。

望月たちは「了解!!!」と応じました。

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ|まだ死人が出る

千咒は明司に向かって落ち着くよう言い、止めに入ろうとします。

するとワカが千咒を制します。

千咒は動かない方がいい、この戦争は異常、ドラケンの死という事実はデカイ、「まだ死人が出る」と警告。

それから武道を振り返ります。

「梵(ウチ)の姫をたのむワ」と言うと、ベンケイに声を掛けて走り去りました。

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ|明司暴走

激昂した明司がサウスに駆け寄ろうとします。

六破羅単代の下っ端らしき男たちが明司の体を抑えます。

明司はその態勢のまま、何故ドラケンを殺した、あいつは正規のメンバーじゃない、殺すなら自分だろうと叫びます。

サウスはその発言を少し驚いたような顔で聞きます。

それから明司の方に歩み寄り、「それが戦争だ」とだけ言います。

サウスは拳を振り上げます。

明司は体を抑えられたままで動けません。

サウスは「フォルテシモ!!!」と叫び、拳を振り下ろしました。

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレ|サウスvsワカベンケイ

サウスの拳は明司には当たりませんでした。

間に入ったベンケイが腕で受けたからです。

ベンケイは図体の割にパンチが軽いと言います。

次の瞬間、ベンケイの後ろからワカが跳び上がります。

跳躍の勢いを利用し、サウスの首の後ろにかかと落としならぬつまさき落としを喰らわせました。

サウスはよろけますが踏みとどまります。

ワカはベンケイとともに明司の前に立ち、「テメェらの相手はオレらだ」と言います。

サウスは「情熱的だな(コーンバッショーネ)!!!初代黒龍!!」と応えました。

ここで東京リベンジャーズ225話は終了です。

今週号は以前ヤンマガに掲載されたマイキーとドラケンの出会いが描かれた読み切りも再掲載。

小学生のころからかっこよくてカワイイマイキーとドラケン、必見です!

 

東京リベンジャーズ225話ネタバレまとめ

東京リベンジャーズ前話224話では、ドラケンが亡くなったことが分かって武道は茫然とします。

そこに怒る明司が現れ、戦争だと言うと、六破羅単代を率いたサウスも現れて戦争に同意しました。

しかしそこでマイキーも登場、武道はようやく我に返りました。

最新話速報として東京リベンジャーズ225話のネタバレを紹介してきました。

東京リベンジャーズ225話では、三天戦争が勃発。

大乱闘の中、明司は怒りに身を任せて戦い、マイキーは様子見。

その姿は大切な幼なじみを亡くした直後とは思えないほど冷静でした。

明司がサウスに向かっていったことがきっかけで、サウスvs初代黒龍の構図となります。

戦争の行方とは!?

東京リベンジャーズのつづきが気になりますね。

以上「【東京リベンジャーズ225話ネタバレ】冷静なマイキーと暴走する明司」と題してお届けしました。

\東京リベンジャーズアニメも無料でイッキ見!/