東京リベンジャーズ

【東京リベンジャーズ254話ネタバレ】武道とカクチョーが三途を止める

【東京リベンジャーズネタバレ最新話254話】武道が三途を止める?

2022年5月25日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京卍リベンジャーズ」本誌254話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

 

東京リベンジャーズ前話253話では、半間が千冬と三ツ谷と八戒とアッくんを撃破。

マイキーのところにはペーやんと河田兄弟が集結しますがアングリー以外はやられてしまいました。

一方、イヌピーとココもワカとベンケイに倒されます。

カクチョーに手こずる武道は戦況が劣勢になっていくことに焦りますが、自身の無力さを痛感したとき、再び未来視が発動。

それは三途が貨物列車を暴走させて東卍幹部を死に至らしめるビジョンでした。

東京リベンジャーズ最新話254話では、武道が三途を止めるために走り出します。

タイマン相手のカクチョーは武道を追いかけて捕まえ、事情を尋ねます。

話しても信じてもらえないと思う武道ですが、話を聞いたカクチョーは意外な行動を取って…?

「【東京リベンジャーズ254話ネタバレ】武道とカクチョーが三途を止める」と題してお届けします。

>>東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

東京リベンジャーズ254話ネタバレ考察

今後の東京リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京リベンジャーズ最新話253話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京リベンジャーズ254話ネタバレ考察|武道は三途の計画を阻止できる?

これまでいくつもの最悪の未来を変えてきた武道。

三途の暴挙も防いでくれると信じたいですよね。

現在はカクチョー相手に苦戦していますが、カクチョーに吹っ飛ばされたおかげで少し距離ができました。

未来を阻止するためカクチョーは一旦放置して三途(もしくは電車)を探すという展開もあるかもしれません。

一人で三途や電車を探す、止めることは大変なのでカクチョーにも協力してほしいですが、説明が難しそうです。

マイキーは武道が未来から来たことを知っている人の中で唯一意識がありますが、こちらも協力は期待できません。

それとも仲間と戦い、その想いに触れたマイキーが土壇場で我に返り、助けようとしてくれるのでしょうか?

 

東京リベンジャーズ254話ネタバレ考察|死神半間の道化への想い

マイキーが半間に「後片付け」を命じました。

その後、戦闘後の三ツ谷たちに喧嘩を吹っ掛けたことから、後片付けとは消耗している相手を潰せということなのでしょう。

これまで半間が出てこなかったのは温存だったようです。

いくらなんでも一人では難しいかと思れた戦いは半間圧勝。

半間はかつて「歌舞伎町の死神」と呼ばれていて10人相手に一人で圧勝したというエピソードもありました。

vs多数は慣れたものであり、弱っている奴から狙う、仲間をかばわせて崩す等のセオリーを持っていたのかもしれません。

ちなみに死神半間のエピソードが描かれたのは週刊少年マガジン2021年24号。

ちょうど1年前なので、1年ぶりに半間無双再び!という展開でしたね。

また、物語の中で半間は稀咲から、何で自分についてくるのだと問われ、稀咲の墓の前でその理由を話したとされています。

この理由も今後の戦いの中で明言され、何でマイキーにつくことになったのかに繋がるのかもしれません。

半間と稀咲二人だけの秘密というのもエモいですが教えてくれるなら知りたいですよね。

 

東京リベンジャーズ254話ネタバレ考察|カクチョーと武道の再戦の行方

カクチョーが再び武道に向かっていきました。

イザナへの想いを再認識したカクチョーはさらなる強さを見せるでしょう。

喧嘩屋としての腕力、タフさといった本領を発揮し、武道を圧倒しようとするのではないかと思いますが、それでも武道が負けるとは思えません。

武道は東京卍會みんなの想いを背負い、マイキーを救うという目的があります。

それに対してカクチョーには武道に匹敵する目的がまだ不明。

イザナを負かした東卍に勝ちたいとか、イザナにもらった命を活かしたいといった気持ちなのだとしたら、想いの強さで武道が勝ちそうです。

しかしイザナからもらった命に恥じない男になるといった気持ち、ヒーロー武道を超える男になるといった本人の確固たる決意があるとしたら再びいい勝負に発展しそうです。

ただそれだと武道がマイキー戦の前にすごく消耗してしまいますよね。

それを見越した仲間が代わることもあるかもしれません。

 

東京リベンジャーズ254話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が東京リベンジャーズ253話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京リベンジャーズ254話ネタバレ

東京リベンジャーズ254話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

東京リベンジャーズ254話ネタバレ|Train wreck

東京リベンジャーズ254話のサブタイトルは「Train wreck」。

意味は列車事故、電車の脱線による事故を指すようです。

武道の未来視(ビジョン)によると、三途の故意100%による列車事故が引き起こされようとしています。

ただ最初に描かれるコンテナと鉄筋が宙を舞う見開きページは、思わず見入ってしまう迫力の美しさがありました。

 

東京リベンジャーズ254話ネタバレ|最悪の未来

冒頭、武道が視たビジョンの詳細が判明。

猛スピードで突っ込んできた貨物列車が脱線、転倒。

倒れた列車がコンテナを弾き飛ばし、コンテナ群が宙を舞います。

それを見上げるのは関東卍會の兵隊、それから二代目東京卍會の千冬、八戒、三ツ谷、アッくん…。

運よく避けられた人たちもいました。

しかし三ツ谷たちは避ける間もなくコンテナの下敷きとなりました。

武道が三ツ谷に駆け寄って絶命を確認します。

つづいて千冬や八戒にも目をやり、声を掛けますが彼らもまた応えることはありません。

そしてそこに三途が現れ、面倒だからまとめて殺したとあざ笑うように言いました。

武道は泣きながら絶叫。

ここでビジョンは終わりました。

 

東京リベンジャーズ254話ネタバレ|三途はレールの先にいる?

武道はレールを握りしめながら、三途が列車を使ってみんなを殺そうとしていると理解。

立ち上がるとカクチョーに背を向けて走り出します。

驚くカクチョー。

武道は走りながら追わないでくれと叫びますが、カクチョーが聞くワケもなく、怒りながら追いかけます。

武道は構わず思考をつづけます。

三途を止めなければならない、触れたレールからビジョンが視えたのだから、そのレールの先に三途がいるのではないかと考えます。

 

東京リベンジャーズ254話ネタバレ|説明しろ!

武道は走りながらカクチョーに説明しても信じてもらえるはずがないと思います。

しかし、ついに襟首をつかまれた武道。

カクチョーは意外にも殴らず、説明をしろと怒鳴ります。

武道は目に涙を浮かべながらも強い視線をカクチョーに向けます。

それから誰も死なせたくない、自分がやらないとみんなが死ぬ、だからどけと言いました。

そのまなざしと胆力に圧倒されるカクチョー…。

 

東京リベンジャーズ254話ネタバレ|三途でGO!

一方、三途は列車の運転席にいました。

操作が中々難しかったらしく、イラつきながらアレコレ押しています。

するとついに列車が動き出しました。

三途は悪い笑みを浮かべて喜びます。

しかし次の瞬間、列車の外から三途の名を呼ぶ声。

三途が顔を出すとそこには武道とカクチョーの姿がありました。

 

東京リベンジャーズ254話ネタバレ|武道とカクチョー共同戦線

三途は二人がいることに驚き、カクチョーは武道が言ったとおりに三途がいたことに驚きます。

武道は三途に、何をしようとしているか知っているとだけ言います。

三途舌打ち。

そしてカクチョーは一時休戦を言い出し、二人で三途をぶっ飛ばすことを宣言。

武道は力強く応じました。

ここで東京リベンジャーズ254話は終了です。

 

東京リベンジャーズ254話ネタバレまとめ

東京リベンジャーズ前話253話では、千冬と三ツ谷、八戒、アッくん、イヌピー、ココ、ペーやん、スマイリーが倒されてしまいました。

東卍の幹部はもうアングリーと武道だけ。

さらに武道は未来視で三途がみんなを皆殺しにしようとしていることを知ります。

最新話速報として東京リベンジャーズ254話のネタバレを紹介してきました。

東京リベンジャーズ254話では、武道が未来を視たあと走りだし、カクチョーと追いかけっこ。

説明しても分かってもらえるはずがないと考えていた武道ですが、カクチョーは話を聞いてくれて、二人は列車を動かし始めた三途の下に到着。

カクチョーは三途を倒すまで共同戦線だと言い、武道は承知しました。

いつも敵だった幼なじみ、ついに共闘!

二人は未来を変えられるのでしょうか?

東京リベンジャーズのつづきが気になります。

以上「【東京リベンジャーズ254話ネタバレ】武道とカクチョーが三途を止める」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/

>>東京リベンジャーズ最新刊を無料で読む方法はこちら<<