東京リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ214話ネタバレ】武道が打倒マイキーを宣言!

【東京卍リベンジャーズネタバレ214話最新話確定速報】ドラケン暴走直前で止められる?
Pocket
LINEで送る

2021年7月14日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京卍リベンジャーズ」本誌214話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

東京卍リベンジャーズ前話213話では、梵の幹部たちはかつて初代黒龍を日本一のチームに率いた創設メンバーだと判明。

そんな彼らを現在率いているのは素性不明な千咒の二つ名は「無比」だと分かりました。

一触即発の雰囲気の中、目をギラギラさせたドラケンが大乱闘をしようと提案します。

東京卍リベンジャーズ214話では、梵の千咒と六破羅単代のサウスがそれぞれ目的を語ります。

それを聞いた武道は自分がこの時代にきた理由を思い出し、自らの意思を叫びます。

武道がしたいこととは!?

「【東京卍リベンジャーズ214話ネタバレ】武道が打倒マイキーを宣言!」と題してお届けします。

>>東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

東京卍リベンジャーズ214話ネタバレ考察

今後の東京卍リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京卍リベンジャーズ最新話213話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京卍リベンジャーズ214話ネタバレ考察|ドラケン参戦の大乱闘始まる?

東京卍リベンジャーズ211話でサウスに殴られて膝をついたドラケン。

213話ではスイッチが入っていました。

目をギラギラさせてエンジンが温まってきた、つづきをやろうとサウスを挑発し、「はじめようか大乱闘」と言いました。

サウスや千咒は乗ってくれるかもしれません。

ベンケイやカクチョー、明司はスカウトという目的を重視しそうです。

チームのトップと幹部たちの意見対立、これをどう治めるかでチーム内での力関係がわかりそうです。

もちろん六破羅単代の「北」、関東卍會、警察といった第三者の仲裁が入る可能性もあります。

また人数が結構いるため、乱闘が始まればさらに目立ちます。

この邂逅も長引きはしないでしょう。

 

東京卍リベンジャーズ214話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が東京卍リベンジャーズ213話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京卍リベンジャーズ214話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ214話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

東京卍リベンジャーズ214話ネタバレ|六破羅単代と梵の目的

六破羅単代と梵が街中に集結しているせいで、渋滞が起こっていました。

しかし両チームはまだにらみ合っていて動きません。

そんな中トップ二人が口を開きます。

サウスはドラケンを入れて梵を潰すつもりだったけれど手間が省けた、ここでカタをつけると言います。

千咒は六破羅単代なんて眼中にない、関東卍會とぶつかる前に武道を仲間にすると言いました。

するとドラケンも叫びます。

勝手なことを言うな、言いなりになるつもりはないと言って武道にも同意を求めます。

 

東京卍リベンジャーズ214話ネタバレ|武道の打倒マイキー宣言

武道は未来で聞いたマイキーの最初で最後のSOSを思い出します。

それから梵にも六破羅単代にも興味はないと言います。

そして「オレは関東卍會 総長 佐野万次郎をぶっ飛ばしたい!!」と叫びました。

千咒は少し驚いた顔をし、カクチョーは「なるほど」と言い、ドラケンは「ふっ」と笑います。

六破羅単代や梵の幹部以外のメンバーたちはザワついています。

 

東京卍リベンジャーズ214話ネタバレ|ドラケンVSサウス再び?

一人、サウスだけは激怒しています。

武道のような三下が三天に割って入れるかと凄みます。

武道は臆せず睨み返します。

直後、ドラケンの右フックがサウスにさく裂。

サウスは直前で気づいてガードしようとしますが吹っ飛ばされました。

ドラケンは武道に用があるなら自分を通せ、第2ラウンドだと言います。

サウスは「ヴィィィヴォ!!(あがるせぇぇ)」と応じました。

 

東京卍リベンジャーズ214話ネタバレ|撤収

そこで警察のサイレンが響きます。

サウスは舌打ちをして退こうとします。

するとドラケンがサウスの背中に向かって叫びます。

自分の全ては東京卍會に置いてきた、六破羅単代には入らないと言います。

サウスは振り向かず、六破羅単代のメンバーに撤収だと言いました。

武道はドラケンはやっぱり変わっていない、心は東京卍會にあるのだと嬉しく思いました。

 

東京卍リベンジャーズ214話ネタバレ|千咒が武道を認知

明司がドラケンを呼びます。

何かを言ったあと「黙っててすまなかった」とつづけ、ドラケンの肩を叩きます。

それから梵のメンバーに撤収だと声を掛けました。

武道はドラケンと明司のやりとりを見て知り合いなのかと驚きます。

そんな武道の横顔を千咒が見つめ、「あれが花垣か…」と呟きました。

 

東京卍リベンジャーズ214話ネタバレ|ドラケンは梵のメンバー

ドラケンが武道とイヌピーに自分たちもバックレようと声を掛けます。

武道はドラケンのバイクの後ろに乗り込みました。

走り始めたあと、武道はデカイことを言ってしまったとドラケンに謝ります。

ドラケンは武道らしくていいと笑います。

武道はそれから「ドラケン君も変わってなくて安心しました」と言います。

するとドラケンも謝り、言っておきたいことがある、「オレは今梵のメンバーだ」と言いました。

 

東京卍リベンジャーズ214話ネタバレまとめ

東京卍リベンジャーズ前話213話では、梵幹部が初代黒龍の創設メンバーで、彼らの頭となっているのは「無比」の千咒だと判明。

武道が彼らを見ていると、ドラケンがあったまってきた、大乱闘を始めようとサウスを振り返って言いました。

最新話速報として東京卍リベンジャーズ214話のネタバレを紹介してきました。

東京卍リベンジャーズ214話では、サウスや千咒が自らの考えを明かし、武道も自分の意思を叫びました。

しかしドラケンがサウスをぶっ飛ばしたところで警察がきて、全員撤収となりました。

そして帰路についた武道はドラケンが梵のメンバーだと知らされました。

梵に入ったドラケンの気持ちとは!?

今後の東京卍リベンジャーズの展開も気になりますね。

以上「【東京卍リベンジャーズ214話ネタバレ】武道が打倒マイキーを宣言!」と題してお届けしました。

\東京卍リベンジャーズアニメも無料でイッキ見!/

Pocket
LINEで送る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。