東京リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ】武道をかばったドラケン死亡!

東京卍リベンジャーズネタバレ最新話221話

2021年9月8日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京卍リベンジャーズ」本誌221話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

東京卍リベンジャーズ前話220話では、千咒と別行動を取った武道が襲撃されます。

襲撃者は六破羅単代、ただしサウスの命令ではないようで、震える手で銃を構えます。

襲撃に気づいた千咒は武道を守ろうと駆け寄りますが、武道は逆に千咒をかばいます。

そこにドラケンがやってきて襲撃者を一蹴。

東京リベンジャーズ221話では、マイキーが冒頭で登場、嫌な予感がすると言いました。

一方、遊園地では襲撃犯が撤退。

ドラケンはイヌピーから情報をもらって来たことを明かし、武道も未来がちょっとだけ見えるようになったと言います。

するとそこでドラケンに異変が起こり…!?

「【東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ】武道をかばったドラケン死亡!」と題してお届けします。

>>東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ考察

今後の東京卍リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京卍リベンジャーズ最新話220話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ考察|千咒が死ぬ未来は変わっていない?

ドラケンが来てくれたことで銃撃からは逃れられたようです。

ただ雨の日の遊園地にいるという状況は変わっていません。

武道が視たビジョンで頭から血を流していたからといって銃で頭を撃たれたとは限りません。

ここから角材や金属バッドで殴られるという可能性だってあります。

雨が止む、あるいは遊園地を出るまでは注意する必要がありそうです。

 

東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ考察|最悪の未来を選んで視ただけ?

千咒が死ぬビジョンを視たのは原宿デートのときです。

武道はそれが未来だと思っていなかったため、特に未来を変えるための行動を取っていません。

それでもビジョン通りの未来は変えられたようです。

武道が何もしないで未来が変わるのなら、あのビジョンは何なのという話になります。

おそらく何か未来を変えるような行動を無意識ながら取ったのでしょう。

ちなみに武道がビジョンを視てから取った行動はドラケンの家に行ってマイキーの黒い衝動を話し、梵の七夕集会に参加したくらい。

黒い衝動を聞いたドラケンが動き、結果イヌピーに情報が入ったというとこでしょうか。

あるいは武道のビジョンは未来視だけれど、起こりうるいくつかの未来の内、最悪の未来を選んで視ているということなのかもしれません。

 

東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ考察|ドラケンの「やってる事」とは?

ドラケンは武道から話を聞いたあと、「オレのやってる事は間違ってねぇって」と言って笑いました。

この「やってる事」というのは梵に入ってマイキーを止めようとしていることをさすのだと思います。

ただ明司たちの武道スカウトを知らされていなかったように、ドラケンは梵の全てを聞かされているわけではありません。

マイキーを取り戻すためだと言われ、明司に怪しい仕事をさせられている可能性もあります。

ドラケンは理性的なので大きな犯罪に加担はしないと思いますが、相手は軍神の異名を持つ明司。

知らず知らずの内に利用されていた、ということもありそうです。

 

東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ考察|マイキーと三途が武道に会いに来る?

東京卍リベンジャーズ207話ではマイキーは武道が未来から来たことを察知していました。

タイムリープのトリガーとなる人物はそれが分かるようですね。

前回のトリガーのナオトもそうでした。

マイキーは黒い衝動に突き動かされているとはいえ優しいので、一回くらいは忠告にくるのではないでしょうか。

梵や六破羅単代に入ったり、自分を止めようとしたら容赦しないと言いそうです。

また、未来で武道を臭い臭いとあざ笑った三途。

三途は王であるマイキーに心酔しています。

マイキーの発言の邪魔をするなというシーンが何度かありましたので、マイキーの邪魔をしそうな武道はきっと嫌いでしょう。

こちらも武道を牽制しにきそうです。

 

東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ考察|梵と六破羅単代の今後

武道やドラケンを欲しがる梵と六破羅単代。

ただ武道は両方に入るつもりはないと言うし、カクチョーはそれで納得している感じがしました。

サウスは血の気が多そうです。

ドラケンと殴り合ったことで仲間というよりは再戦をしたいという気持ちになったのではないでしょうか。

そのため今後ドラケンが梵に入っていると知ればむしろ喜びそうです。

 

東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が東京卍リベンジャーズ220話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ221話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ|マイキーの嫌な予感

マイキーが部屋で雨を眺めていました。

パソコンに向き合っていたココが手を止めてマイキーにどうしたと尋ねます。

マイキーは「嫌な予感がする」と言いました。

一方、遊園地では銃撃のせいで騒ぎになっていました。

向こうで銃を持っている人がいた、人を撃っていた、逃げた方がいいといった会話がそこここで始まります。

武道たちはまだ襲撃者と向き合っていました。

ただドラケンが武道に大丈夫かと声をかけたタイミングで、襲撃者たちは逃げていきました。

 

東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ|襲撃者撤退後

武道がドラケンにお礼を言うと、ドラケンは「ああ…」と返し、銃を蹴飛ばして遠ざけます。

物騒なものを持ち歩いていると呟きます。

武道は千咒にケガはないかと声を掛けます。

千咒はちょっとぼーっとした感じで「う…うん」と応えました。

 

東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ|マイキーはこうなることを見越していた

武道がドラケンにここに来た理由を尋ねます。

するとドラケンはイヌピーから武道を狙っている奴がいると聞いて、武道の家に行ったらここにいると分かったと答えます。

ドラケンはつづけて犯人は六破羅単代の下っ端だと言い、武道は肩書だけみると超大物だから梵加入にビビったのだろうと笑います。

ただ武道が銃を使うなんてと言うと、真顔に戻ります。

三天戦争はガキの喧嘩じゃないってことかもしれないと言いました。

そしてみんな金や利権のせいで目の色が変わっている、マイキーはこうなることを見越していたのかもしれないと言いました。

 

東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ|未来は変わった

武道はドラケンにだけ聞こえるよう小声で、未来が少しだけ見えるようになったと伝えます。

見えた未来ではここで千咒が死ぬはずだった、ドラケンのおかげで未来が変わったと言います。

するとドラケンはほっとしたように笑顔になり「そうか…よかった」と言いました。

千咒が自分たちも逃げようと声を掛けると、武道は同意して走り出そうとします。

しかしドラケンは何故か動きません。

 

東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ|ドラケンの最期

不思議に思った武道がドラケンの背中に向かって声を掛けます。

ドラケンは振り返ることなく、マイキーへの伝言を頼みます。

途切れ途切れ「あんまり…世話…焼かせんな…ってよ」と言います。

武道が自分で伝えればいいと言いかけたとき、ドラケンは倒れました。

仰向けに倒れたドラケンの腹部から血が出ています。

銃弾はドラケンに命中していたのでした。

ドラケンは上を見据えて今度ははっきりと「オレはここまでだ」と言いました。

雨は強くなる一方です。

武道と千咒は立ち尽くしていました…。

ここで東京リベンジャーズ221話は終了です。

 

東京卍リベンジャーズ221話ネタバレまとめ

東京卍リベンジャーズ前話220話では、武道が襲撃され、千咒が武道を守ろうとしました。

しかし武道はこのままではビジョン通り千咒が死んでしまうと考え、千咒に抱きついて守ります。

さらにドラケンが助けにきてくれたので窮地は脱したようですが…。

最新話速報として東京リベンジャーズ22話のネタバレを紹介してきました。

東京リベンジャーズ221話では、武道と千咒をかばってドラケンが被弾していたことが判明。

マイキーの嫌な予感は当たり、ドラケンは倒れてしまいました…。

東京卍リベンジャーズのつづきが気になりますね。

以上「【東京卍リベンジャーズ221話ネタバレ】武道をかばったドラケン死亡!」と題してお届けしました。

\東京卍リベンジャーズアニメも無料でイッキ見!/