キングダム

【キングダム712話ネタバレ】壁将軍の実力が試される赤麗攻城戦

【キングダム712話ネタバレ】壁将軍の実力が試される赤麗攻城戦

2022年3月10日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム712話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム711話では、秦国の北東軍の率いる大将、蒼波広の前に奇襲で攻めてきたカン・サロ将軍が現れました。

カン・サロ将軍は自分自身の実力と相手を計り、投降をおすすめしますが、蒼波広は負けるとわかっていても大将としての意地から一騎討ちを挑みます。

結果は大方の予想通りにカン・サロ将軍の一撃の前にすぐやられてしまいました。

そして残った北東軍は、前軍、中軍、後軍に別れていましたが、後軍はジ・アガ将軍に攻められボロボロ、中軍はカン・サロ将軍に攻められてボロボロになってしまいました。

後軍の生き残りはいましたが、このまま攻めてもどうなるかわからない、指揮をする大将もいないと言う事で散り散りに逃げていきます。

中軍も所詮は寄せ集めの集団、各村や、城ごとに集まっていましたがいざと不利となると逃げていくものが大半でした。

その中で唯一まともに指揮を取ったのが風范と言う将軍でした。

軍は少なくなったけど、作戦は生きていると言い残り少ない5万の兵を連れて桓騎軍と合流する事になりました。

桓騎軍は当初の予定より少ない軍勢を引き連れどのような作戦で攻めていくのでしょうか?

今回は「【キングダム712話ネタバレ】壁将軍の実力、赤麗攻城戦」と題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム712話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム711話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム712話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム711話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム712話ネタバレ

キングダム712話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム712話ネタバレ|趙北部赤麗まで戦闘なし

キングダム711話では趙国の見事なまでの奇襲が成功し、秦国の北東軍は半数以下5万の軍勢になってしまいました。

21万の軍勢を率いていた蒼波広将軍もカン・サロ将軍に討たれ、最早軍としの機能は果たしておらず、散りじりになってしまいました。

その中で風范将軍の軍勢5万のみが桓騎軍と合流。

軍議の結果、総数14万の軍勢で趙国北部の決戦の地「宣安」を攻める事にしました。

そしてキングダム712話では、その後が描かれ、趙国北部に向けて進軍し続けています。

開戦当初から何か違和感を感じて警戒しながら進軍する李信、桓騎ですが、趙国からの攻めはなく不安に感じてしまう秦国兵。

あれほどの奇襲を仕掛けてきたのに、今度はパタリと戦闘を仕掛けてこないので余計に不気味に感じます。

 

キングダム712話ネタバレ|赤嶺は壁将軍が攻める

桓騎ら北東軍を合わせた連合軍14万は合流してから無事に進軍して、趙国北部の赤麗城まで着く事が出来ました。

そしてこの赤麗城を攻めるのは飛信隊や桓騎軍でもなく、壁将軍の軍が攻める事になりました。

壁将軍の軍は山の民も加わり、軍としては飛信隊に引けを取らない戦力になっています。

また攻城戦という事で、今の連合軍を考えると適任だったのではないでしょうか?

桓騎軍、飛信隊、楽華隊と考えた時に城を攻めるという事に関しては、壁将軍がやはり頭一つ抜けてるイメージでしょうか?

桓騎軍は先の平陽の戦いで立派とは言えない井闌車を披露していました。

飛信隊や楽華隊はどちらかと言えば、騎馬と歩兵で地上戦を得意としてる部隊ではあります。

壁将軍の正攻法な戦い方はこの赤麗攻城戦において正しいと言えるでしょう。

 

キングダム712話ネタバレ|王翦将軍は様子見で援軍出さず

桓騎ら連合軍が攻めている間に閼与城で軍を休め、また守りに徹してる王翦将軍の元に情報が入ります。

それは、秦国全土から集めた北東軍21万が狼孟軍のカン・サロ将軍らの奇襲に合い、その数は半数以下になってしまった事。

そして残りの5万の軍勢が合流して、桓騎軍らが計14万で北上してるという事でした。

王翦将軍に1万の軍勢を連れて援軍に出ますかと部下が効きますが、王翦将軍は迷わずに様子見ると言い、兵を出さない事を決めました。

桓騎や李信が感じたように王翦将軍も何かを感じとっているのでしょう。

もし、李牧の罠にハマり全滅なんて事が起きれば、趙国侵攻が全て無駄になってしまいます。

王翦将軍なりに正しい秦国軍全体を考えての判断なのでしょう。

ここでキングダム712話は終わります。

 

キングダム712話ネタバレまとめ

キングダム前話711話では、北東軍21万は奇襲に狼孟軍らカン・サロ将軍の奇襲に合い軍は瓦解してバラバラになってしまいました。

大将の蒼波広も討たれ、残った前軍を風范将軍が引き連れ桓騎軍と合流しました。

最新話速報としてキングダム712話のネタバレを紹介してきました。

キングダム712話では、奇襲を警戒しながらも、北上する事を決めた桓騎ら連合軍が描かれます。

一向に趙国軍が攻めてくる気配がなく、余計不気味に感じます。

そして趙国北部の宣安に近い城の赤麗まで到着、この赤麗を攻めるのは正攻法が得意な壁将軍が任命されました。

一方その頃、閼与城で軍を休め、同時に守りも展開してる王翦将軍の元にも現在の情報が入りました。

援軍を出しましょうかという部下の提案に、今は様子見るという判断をしている王翦将軍がいました。

李牧の策は一体どのように展開されていくのでしょうか?

今後のキングダムの展開も楽しみですね。

以上「【キングダム712話ネタバレ】壁将軍の実力、赤麗攻城戦」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/