キングダム

【キングダム698話ネタバレ】桓騎の虐殺の理由

【キングダムネタバレ最新話698話】嬴政の覚悟!

2021年11月4日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム698話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム697話では、趙国王都邯鄲に捕虜数万が桓騎によって首切り虐殺された事が伝わり、趙国民が非常に悲しむ場面が描かれました。

また秦国の王都咸陽にも桓騎の虐殺の報せが入っていました。

嬴政は報せを聞いて思わず頭を抱えて座りこみます。

李斯は桓騎を大将軍に任命しない方が良いと思ってたらしく、晶文君に詰め寄りました。

そして、嬴政は昌平君に直属の軍を呼ぶように命じました。

戦地にも桓騎の虐殺の事はすぐに広まり、李信はとても憤慨しています。

虐殺した数だけぶん殴ると言っていますが、そこは河了貂に止められていました。

黒羊の時とは違い、李信は将軍で桓騎は大将軍、私達が動く事でないと、動くのは嬴政だと言います。

それから突如現れる王都の軍勢、嬴政自らが桓騎の元へ現れるのでした。

今後キングダムはどのような展開になるのでしょうか?

今回は「【キングダム698話ネタバレ】桓騎の虐殺の理由」題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム698話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム697話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム698話ネタバレ考察|嬴政は何故自ら出陣?

桓騎が行ったとされる、趙国軍捕虜の大虐殺の報せを聞いた嬴政は少し考え、昌平君に直属の軍を呼べるか聞きました。

そして黒騎兵団の豹司牙、更に黄竜もだと言いました。

黄竜とは初めて聞いた軍ではありますが、周りの反応から見るに奥の手とも言える、最上級の兵士達の集まりなのでしょう。

そのような軍を引き連れて、嬴政は自ら桓騎の元へ向かいました。

その目的とは?桓騎の粛清でしょうか?

桓騎を粛清出来る程の軍勢を嬴政は引き連れています。

けれども嬴政の目的は桓騎の真意を聞く事、さらには戒めもあるでしょう。

一国の王自らが現れるのです。

流石の桓騎も嬴政の言う事を聞かざるを得ないでしょう。

 

キングダム698話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム697話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム698話ネタバレ

キングダム698話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム698話ネタバレ|嬴政を出迎える桓騎軍

キングダム697話で桓騎軍が王都の軍が押し寄せてくる事を知りました。

キングダム698話では王都軍が来てる事を知り焦っている摩論の描写から始まります。

王都の軍は押し寄せてくる中で摩論は色々考えていますが、最終的に捕虜虐殺の怒りだろうと結論付けます。

しかもただ断罪するだけなら呼びよせる筈だと、異例中の異例の事が起きてると摩論は考え、嬴政が激昂してるだろうと、相手はやる気だと判断。

王都軍から出迎えろと指示が来ると摩論は慌てて、桓騎や黒桜、厘玉、ゼノウ一家、朱摩一家等手練れの一家を呼べと指示を出します。

そして北上して西にある、平野地で出迎えると王都軍に返事をします。

この桓騎軍の返事に晶文君は桓騎軍が軍を配備しやすい位置にいる事を言いますが、嬴政は想定内だと言い、軍を展開します。

扈輒を討ったあと、秦王嬴政がその地に向かった事。

この事は史記の秦始皇本記にも記されています。

 

キングダム698話ネタバレ|キレる秦王、嬴政

桓騎は軍を配備しその中央に椅子に座り嬴政を出迎えました。

しかも机に足を置き、腕を組みです。

この態度に晶文君が激昂。

しかし嬴政は桓騎が礼を欠く事ぐらいわかっていると言います。

嬴政は桓騎に何故捕虜を虐殺したのかを聞きます。

それに桓騎は、「別に…ただやりたかったからやっただけ」と言います。

嬴政は軍律で理由なき捕虜を殺す事は禁じている、大将軍も例外でない、桓騎の態度次第でこの場で斬首にすると言います。

再度問います、何故殺したのかと。

桓騎は一言「忘れた」。

嬴政はそうかと言い、豹司牙に桓騎の首をはねろと命令しました。

 

キングダム698話ネタバレ|割って入る摩論

嬴政に命令され、桓騎の首をはねようとして剣を振りかざす豹司牙。

割って入る黒桜は剣を折られ、首元まで刃が届きそうな時、摩論が更に待ってくださいと止めに入りました。

それから必死にこの度の抹殺の理由を言います。

あの時はまだ逆転される恐れがあった事、奇襲がたまたま成功したけれど作戦がバレれば反乱を起こされ大変な事になる事や、退却した兵が戻って来るかも知れなかった事。

いつ敗れてもおかしくなかった事を摩論は必死に伝え、仕方なく敵を葬ったと言いました。

 

キングダム698話ネタバレ|桓騎が遂に口を開く

嬴政は言います。

他に方法はなかったのか、皆殺しにする必要は本当にあったのかと。

摩論の言い分はわかるけれどその道理なら半数でも良かったのではないか、一人残らず殺す必要はなかっただろうと。

更に、桓騎軍は以前から殺さなくてもいい者達を殺しすぎだと言います。

「ククク」と遂に笑いだす桓騎。

お前が殺しの人数で怒るのかよと返します。

「侵略仕掛けてるのはお前だろ、今この世で一番人を殺してるのはお前だぞ、秦王。」

ここでキングダム698話は終了。

 

キングダム698話ネタバレまとめ

キングダム前話697話では、桓騎軍の捕虜の虐殺の報せを聞き動き出した嬴政を先頭にした王都軍、豹司牙の部隊、黄竜の部隊が描かれました。

最新話速報としてキングダム698話のネタバレを紹介してきました。

キングダム698話では、王都軍は戦場につくなり、桓騎に出迎えろと指示。

慌てて主力部隊を集める摩論、そして偉そうに出迎える桓騎がいました。

桓騎の不遜な態度に晶文君は激昂、嬴政も虐殺の理由を聞くも、別に、忘れた等はぐらかす桓騎に対してキレてしまい、豹司牙に首をはねろと命令しました。

止めに入る黒桜、そして桓騎の代わりに理由を語る摩論のおかげで桓騎は一命を取りとめます。

虐殺の理由や数にキレる嬴政に対して、侵略を繰り広げ、今この世で最も人を殺してる男はお前だぞと桓騎も静かに反論。

今後のキングダムの展開も楽しみですね。

以上「【キングダムネタバレ最新話698話】桓騎の虐殺の理由」と題してお届けしました。

\ワンピースアニメも無料でイッキ見!/