呪術廻戦

【呪術廻戦206話ネタバレ】天元の大誤算と張相の再降臨!

【呪術廻戦ネタバレ最新話206話】羂索vs天元の領域展開対決となるのか?
Pocket
LINEで送る

2022年12月5日(月)発売号の週刊少年ジャンプに「呪術廻戦」本誌206話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦205話では、九十九と羂索との戦いが始まりました。

羂索は、九十九の術式を把握できてないことから近距離戦は避けようとしますが、九十九自ら術式を明かします。

九十九の術式は「質量」で対する羂索の術式は「重力」だという事がわかりました。

お互い似た特性を持っている為、面倒だと感じてる様子。

九十九は羂索を削ることを優先に考えますが、先に仕掛けてきたのは羂索で領域展開を発動させます。

これに天元が対抗する素振りが見えましたが…次回はどうなるのでしょうか?

呪術廻戦205話以降どうなっていくのか考察、呪術廻戦205話の内容がわかり次第ネタバレしていきます。

今回は「【呪術廻戦206話ネタバレ】 羂索vs天元の領域展開対決となるのか? 」と題してお届けします。

>>呪術廻戦最新話ネタバレはこちら<<

 

呪術廻戦206話ネタバレ考察

今後の呪術廻戦はどうなっていくのでしょうか。

次回以降の呪術廻戦で考えられる展開を紹介していきます。

呪術廻戦最新話205話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

呪術廻戦206話ネタバレ考察|羂索vs天元?

本来の作戦は、九十九が羂索の領域展開を脆くするため極限まで削るというものでした。

ですが、やはり機転の利く羂索ですがら早い段階で領域展開をされてしまいました。

領域展開には領域展開を!

いつか五条先生が言っていましたよね?

となると、ここからは領域の押し合いの勝負で九十九が天元の名を叫んだことから、天元が領域展開するという流れになりそうです。

羂索は自身の領域展開に自信をみせていましたが、天元と羂索の領域の押し合いはどうなるのでしょうか?!

 

呪術廻戦206話ネタバレ考察|羂索は領域展開後も戦える?

九十九たちの予想より早い段階で領域展開をした羂索。

領域展開はかなりの呪力を消耗するので普通なら、領域展開後に戦えるということはありません。

ですが、羂索は現段階で3つの術式を持っていることは確定。

更には4つ目も存在するのでは?と言われてるほどの存在です。

これだけの術式を扱うことができるということは、それだけ膨大な呪力を持っているという事になります。

だとするなら、現在の領域展開が終了しても戦えるだけの体力はありそうです。

この戦いは長期戦になるのかもしれませんね!

 

呪術廻戦206話ネタバレ考察|九十九も領域展開する?

流れでいうと天元vs羂索の領域展開対決となりそうですが、その間九十九の動きが気になります。

3人の同時領域展開というパターンもありそうですが、九十九が天元にバトンを渡したことからこの展開はなさそう。

また乙骨が登場した仙台結界で3人同時の領域展開がされてたのでまぁ可能性は低いですね。

ですが、天元と羂索の領域展開の勝負が着いたことろで九十九が領域展開をするというパターンは考えられます。

とはいえ、九十九が領域展開できるのかは不明です。

ですが、4人しかいない特級術師なのでその可能性は十分あり得ますよね。

九十九がどんな領域展開するのか楽しみです!

 

 

 

呪術廻戦206話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が呪術廻戦205話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

呪術廻戦206話ネタバレ

呪術廻戦206話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦206話ネタバレ|天元の作戦

領域展開した羂索に対し、天元には何か策がありました。

天元と九十九の話し合いの中で天元は羂索の領域を解体する策を伝えます。

天元曰く、現在九十九たちが戦っている場所は”空性結界”と言われるところでこの結界内では結界術を得意とするものならある程度構造を設定できるらしい。

それだとこちら側が不利になるのでは?と九十九が口にします。

羂索がある程度結界内をいじれるということなので九十九の言葉はごもっともです。

これに対して天元は、羂索にそう思ってもらうことが大切だと言います。

空性結界内の主はあくまでも天元であり、その結界内で起こったことは天元に筒抜けになるということなので、羂索が領域展開をすればそれを中和させることが可能なんだとか。

仕組みはよくわかりませんが、羂索の領域展開を消すことができるらしいのです。

 

呪術廻戦206話ネタバレ|誤算

天元が羂索の領域展開を打ち消すのにかかる所要時間は10秒…。

この10秒間を九十九が耐えることができれはよいということでした。

しかしここで大きな誤算が発生します。

羂索が行った領域展開「胎蔵編野」は渋谷で宿儺がみせた領域展開と同じものでした。

つまり、結界を閉じずに領域展開するという離れ業を繰り出してきたのです。

ということは、結界の外殻がないため解体できないということになってしまいました…。

結界を閉じると想定していた天元からすると大誤算もいいところです。

っていうか領域展開ってほぼほぼ領域を閉じるもんでしょう!普通!!

なんでそんな大技ここで繰り出してきちゃうの?!って感じですよね…。w

 

呪術廻戦206話ネタバレ|九十九が瀕死!?

これに九十九はシン・陰流「簡易領域」で対抗します。

しかし、胎蔵編野に簡易領域が通用するはずもなくみるみる領域が剥がされていきます。(怖すぎ!)

時間がない中で天元がとった策は、自身の空性結界ごと消すというものでした。

しかし天元があせくせしてる間に、九十九の簡易領域はすべて剥がされ、羂索の攻撃をモロにくらってしまいます。

天元の意地でようやく羂索の領域展開を消すことができましたが、九十九は血まみれで倒れていました。

これでおしまいかと思われましたが、九十九の式神が消えていないこと気づく羂索!

 

呪術廻戦206話ネタバレ|張相再降臨!

大ダメージを負っているにも関わらず九十九は立ちあがり凰輪(ガルダ)で攻撃を仕掛けます。

羂索は九十九が凰輪(ガルダ)で時間を稼ぎ、反転術式で治癒するつもりだと推測し、その間に自分も術式の回復をしようと企んでいました。

しかし九十九が易々と羂索に術式の回復をさせるはずもなく大ダメージを負った身体で肉弾戦に持ち込みます。

この時の九十九はホントに怖い…。w

ですが、身体はもうボロボロで血を吐いてしゃがみ込んでしまいます。

ここまでかと思われたその時、背後から張相が現れます!

張相はすでに何かを仕掛けている様子…逆転劇はあるのでしょうか?!

次回、呪術廻戦207話へつづく…

 

呪術廻戦206話ネタバレまとめ

最新話速報として呪術廻戦206話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦206話では、天元の秘策が明かされました。

それは羂索の領域展開を無効化するというものでしたが、羂索の領域展開には外殻がないという誤算をはらんでいました。

そこで急遽、天元は自身の空性結界ごと消すことに切り替え見事にそれを成功させます。

しかし、当初考えてた所要時間を大幅に超えてしまった為、九十九が大ダメージを負うことに…。

それでも九十九は立ちあがりボロボロの身体で羂索と肉弾戦を行いますが、そう長くはもちません。

ここまでかと思われたそのとき羂索の背後から、張相が現れました!

張相の渾身の一撃は羂索を捉えることができるのでしょうか?!

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「【呪術廻戦206話ネタバレ】天元の大誤算と張相の再降臨!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/

Pocket
LINEで送る