呪術廻戦

【呪術廻戦ネタバレ最新話206話】天元の大誤算と張相の再降臨!

【呪術廻戦ネタバレ最新話206話】羂索vs天元の領域展開対決となるのか?
Pocket
LINEで送る

2022年12月5日(月)発売号の週刊少年ジャンプに「呪術廻戦」本誌206話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦205話では、九十九と羂索との戦いが始まりました。

羂索は、九十九の術式を把握できてないことから近距離戦は避けようとしますが、九十九自ら術式を明かします。

九十九の術式は「質量」で対する羂索の術式は「重力」だという事がわかりました。

お互い似た特性を持っている為、面倒だと感じてる様子。

九十九は羂索を削ることを優先に考えますが、先に仕掛けてきたのは羂索で領域展開を発動させます。

これに天元が対抗する素振りが見えましたが…次回はどうなるのでしょうか?

呪術廻戦205話以降どうなっていくのか考察、呪術廻戦205話の内容がわかり次第ネタバレしていきます。

今回は「【呪術廻戦ネタバレ最新話206話】 羂索vs天元の領域展開対決となるのか? 」と題してお届けします。

 

激化する死滅回游やクセと呪力の強い新キャラ登場など、映画公開もあってますます盛り上がる呪術廻戦。

これまでの戦いもおさらいしたくなりませんか?

違法サイトで読むのも一つの手ですが、「Manga Raw(漫画ロウ、漫画Raw)」のように違法サイトは次々閉鎖されたり更新されなくなっていて困っている人も多いそうです。

やはりManga Rawや漫画村のような違法ダウンロードサイトをいつまでも使うわけにはいきません。

利用しただけで逮捕されたり、個人情報が盗まれたり、スマホのウィルス感染など様々なリスクもあります。

正規の電子書籍配信サイトでお得に安全に読んだ方が賢明です。

そこで呪術廻戦をお得に読めるサイトを色々探したところ、ピッタリな優良サイトを見つけました!

それはAmebaマンガという、アメブロでもお馴染みのサイバーエージェントが運営するサイトです。

聞いたことがある会社のサイトというのは安心ですよね。

このAmebaマンガでは、現在新規登録キャンペーンが実施中なんです!

なんと登録すればどの漫画でも100冊40%OFFのクーポンがもらえるキャンペーンなんです。

呪術廻戦の既刊19巻まで全巻そろえようと思うと、7,942円もします。

でもAmebaマンガでこのキャンペーンを利用すると、4,769円で購入でき、3,173円もお得に読めてしまうんです。

さらには支払い金額の1%のポイント還元や、「ミッション」をクリアするとポイントが獲得できるなどのサービスもあります。

一度に100冊まで40%OFFにできるため、映画の原作となった呪術廻戦0や書店で売り切れが続出したファンブック、その他の気になる漫画もこの機会に一緒に購入してみてはいかがでしょうか。

40%OFFクーポンがゲットできるのも今だけの可能性もあるので、早めの登録がおすすめです。

この機会に呪術廻戦を復習してみてくださいね。

\新規登録キャンペーン実施中/

 

目次

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察

今後の呪術廻戦はどうなっていくのでしょうか。

次回以降の呪術廻戦で考えられる展開を紹介していきます。

呪術廻戦最新話205話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|羂索vs天元?

本来の作戦は、九十九が羂索の領域展開を脆くするため極限まで削るというものでした。

ですが、やはり機転の利く羂索ですがら早い段階で領域展開をされてしまいました。

領域展開には領域展開を!

いつか五条先生が言っていましたよね?

となると、ここからは領域の押し合いの勝負で九十九が天元の名を叫んだことから、天元が領域展開するという流れになりそうです。

羂索は自身の領域展開に自信をみせていましたが、天元と羂索の領域の押し合いはどうなるのでしょうか?!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|羂索は領域展開後も戦える?

九十九たちの予想より早い段階で領域展開をした羂索。

領域展開はかなりの呪力を消耗するので普通なら、領域展開後に戦えるということはありません。

ですが、羂索は現段階で3つの術式を持っていることは確定。

更には4つ目も存在するのでは?と言われてるほどの存在です。

これだけの術式を扱うことができるということは、それだけ膨大な呪力を持っているという事になります。

だとするなら、現在の領域展開が終了しても戦えるだけの体力はありそうです。

この戦いは長期戦になるのかもしれませんね!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|九十九も領域展開する?

流れでいうと天元vs羂索の領域展開対決となりそうですが、その間九十九の動きが気になります。

3人の同時領域展開というパターンもありそうですが、九十九が天元にバトンを渡したことからこの展開はなさそう。

また乙骨が登場した仙台結界で3人同時の領域展開がされてたのでまぁ可能性は低いですね。

ですが、天元と羂索の領域展開の勝負が着いたことろで九十九が領域展開をするというパターンは考えられます。

とはいえ、九十九が領域展開できるのかは不明です。

ですが、4人しかいない特級術師なのでその可能性は十分あり得ますよね。

九十九がどんな領域展開するのか楽しみです!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|羂索が仕切り直す?

次回より、羂索と九十九の戦いがスタートしますが実力者同士の対決なので短期決戦とはいかないでしょう。

死滅回遊編に入ってから、目まぐるしいスピードで話が展開されてきましたがこのシーンにおいては時間を有しそうです。

ですが、九十九も羂索も呪術廻戦では、重要なキャラなのでここで死ぬ可能性は低いと考えられます。

だとすると、呪術廻戦でありがちなハプニングが舞い込んでくる可能性が高そうです。

とはいえ、天元様の結界の中なので誰かが容易に入ってくることは難しい。

となると羂索サイドに羂索が動かなければならない事態が起こりうるかもしれません。

そうなれば、羂索は一旦退却し仕切り直る展開になるでしょう。

天元様が羂索に渡ることだけはないようにしてもらいたいですね!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|虎杖に宿儺を取り込ませたのは羂索?

張相と羂索の会話から、羂索がこれから虎杖に何かをさせるということはないことが明らかになりました。

このことについては個人的に意外でした。

好奇心旺盛の羂索なので虎杖にもっと興味があるのかと思いきや、器としてしか見てなかったようですね。

というより、羂索は以前から虎杖が宿儺の器になり得ることを知っていたのでは?

あの手この手で1000年以上の歳月を生き長らえている羂索なので、その経験値から宿儺になり得る器を見つけ出すことも可能だったのではないでしょうか?

そして虎杖に宿儺の指を取り込ませるように仕向けたのでは?

仮に上記の仮説が本当だったなら、虎杖が術師になったのか偶然ではなく必然だったということになります。

というより、最初から羂索の掌で踊らされていたということになります…。(怖すぎ!)

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|天元の運命は?

見事に結界を破られた天元…。

このまま羂索の意のままとなってしまうのでしょうか?

天元の得意とする技と言えば、隠す結界ですよね。

この結界のおかげで、呪術高専に保管されている宿儺の指や受胎九相図などが守られているというわけです。

結界は破られてしまい窮地に陥った天元ですが、少しの間なら切り抜けられる気がしますがそう長くは持たないでしょう。

なんたって結界を破られているわけですから、もう時間の問題なのは確実です。

天元が羂索の元に渡れば、世界の終わりです。

どうにかして打開してくれることを祈るしかないですね。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|呪術師たちが一丸になる?

羂索の思惑通りにアメリカ部隊が結界内に投入される事態となりました。

そうなると、呪霊vs術師ではなく人間vs人間の戦いとなってしまいます。

術師の中には、当然呪霊とは戦えても生身の人間とは戦いたくないという人は存在するでしょう。

そうなれば、自然とそういう人たちが集まり対抗勢力となるのではないでしょうか?

ここら辺で、虎杖たちの勢力が一気に拡大すればいいですね。

とはいえ、羂索曰く非術師のならしは終了した模様で、ここで足掻くことに意味があるのか疑問ですが…。

全く読めない展開にハラハラさせられますね!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|天元のピンチに救世主は現れるのか?

羂索の侵入を許してしまった天元。

ここで天元が羂索の元に渡ってしまえば、本当に最悪のシナリオが動き出してしまいます。

ここで打開策があるとすれば、羂索を蹴散らせるほどの実力者の登場です。

打開できるとしたら乙骨ぐらいしか思い浮かびませんが、乙骨は少し前に活躍済みでしばらく登場しない可能性が高そう。

また秤も鹿紫雲一との戦いで大ダメージを受けています。(登場するのは難しそう…)

現在、登場している有力キャラは手一杯の状況なのでもしかすると新キャラの登場があるかも知れませんね!

天元は何があっても渡してほしくないですね!

救世主の存在に期待です。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|次に羂索が現れる場所は?

中国に続いて、アメリカに現れた羂索!

鮮やかな交渉術で見事大国であるアメリカと手を組むことに成功しました。

これで大国を2つ手の内に治めたわけですが、これで終わりのはずがありませんよね…。

となると次に羂索が現れるとしたらロシア辺りではないでしょうか?

ロシアは石油や天然ガスなどの資源も豊富で面積でいうと世界位一の大国です。

そんな大国を羂索が見逃すはずもありません。

次の国で羂索はどんな交渉術をみせるのか楽しみです!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|堕天の暗殺は先延ばしに?

羂索の計画通りコロニー内にアメリカの部隊が投入されたとなれば、これから呪術師狩りが始まるは確実です。

これを虎杖たちが放置できるはずもなく巻き込まれる形となるでしょう。

そうなれば、天使の強力を得る為の条件である「堕天殺し」どころではなくなる可能性が高いです。

とりあえず「呪術師狩り」が落ち着くまで堕天が解明されることはないでしょう。

伏黒が「順調すぎて怖い」と呟いていましたが、やっぱり順調にはいかせてくれないようですね…。

羂索の策に翻弄される伏黒たちですが、頑張ってほしいです!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|虎杖一行vsアメリカ部隊

呪術師狩りが始まったようです!

虎杖たちも動き出しているようですし、これからアメリカ部隊とバトルになることは確実です。

呪霊でなく世界一の部隊と戦うことになるとは夢にも思っていなかったでしょう。

というより、虎杖たちは人と戦うこと抵抗を感じそう。

とはいえ部隊も大統領の命令で動いているので、話し合いでどうにかできるものでもなさそうです。(国を背負っているわけだし)

戦う以外に方法が見つかりません。

世界一の極秘任務部隊と呪術師とのバトルはどう展開されていくのでしょうか?

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|虎杖は本当に死ぬ気があるのか?

堕天が宿儺だと知った虎杖ですが、宿儺はなぜ虎杖にわざわざこのことを伝えたのかが気になります。

以前宿儺は虎杖に自死する度胸はないと断言していましたが、その根拠が気になりますね。

現に虎杖は1度死んでしますし、現段階で”生”への執着は感じられません。

ただ、少年院で特級呪霊と戦闘になった時に死を感じ「死にたくない!」と心で何度も叫んでいました。

これが虎杖の本音であることは間違いありませんが、その時とは状況が変わっています。

ですが、切羽詰まらないと本音なんて表に現れないもの。

その点宿儺は、人の感情をよく理解しているようなので、もしかすると虎杖以上に虎杖のことを理解してこの言葉を言ったのかも知れませんね。

虎杖の覚悟はどれほどのものなのでしょうか?!

どんな展開になるのか楽しみです。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|堕天討伐はどうなる?

宿儺が堕天だと知った伏黒ですが、当然虎杖を死なせる選択はとりたくないでしょう。

何としても回避する作戦を考え出すはずです。

もしかすると天使に”堕天の死”ではなく、それに近いものか別の代案を立てるのではないでしょうか?

伏黒と虎杖って親友というより、長年連れ添った老夫婦のような絆がみえますもんね。

あえて口には出しませんが、想いあっていることは明白。

伏黒の機転により、堕天討伐の案は変更されることになるかもですね。

それに、虎杖が死んでしまったら、鹿紫雲を宿儺と戦わすという約束も果たせません。

それはそれで問題なので、しばらく虎杖が死ぬということはなさそうです。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|五条悟の復活は織り込み済み?

久々の登場となった羂索ですが、やはり裏で動いていましたね。

というより、呪力がエネルギー源になり得るということを交渉に使う羂索の着眼点に感服です。

そして、五条先生の呪力だけで一国の電力を賄えるって凄過ぎじゃないですか?!

その五条先生は現在、封印されていますがもしかすると封印が解かれることも織り込んで羂索は動いているのではないか?とすら思わされます。

もしずーと封印させたままなら、五条先生の存在をここで明かす必要なんてないのでは?

五条先生の力を欲する人なんていくらでも出てくるでしょうし。

羂索がどこまで先を読んで行動しているかが気になりますね!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|栗栖華は伏黒に好意を持っていた?

天使の口から、伏黒を助けた理由について説明しようとすると栗栖がそれを慌てて阻止しました。

この慌てようから、栗栖が以前から伏黒を知っていたことが伺えます。

伏黒サイドからは全くその気配を感じなかったので、栗栖が一方的に伏黒を知っている感じか、もしくは伏黒が忘れているだけか?の2択になりそうです。

とはいえ、助けた理由を隠す理由ってないですよね?(悪意があれば別ですが。)

もしかすると以前に栗栖と伏黒は接点があり、伏黒に好意を抱いていたのかもしれませんね。

それに伏黒が目覚めた時に栗栖が「運命の人」と言っていた点も気になりますよね。

今後の2人の関係に注目です!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|憲紀の思い込みは晴れる?

重傷を負いながらもなんとか生き延びた憲紀。

真希からの「らしくない」の一言が印象的でした。

憲紀は当主になれなかった自分に価値はないと判断していますが、母親サイドは早く帰ってきてほしいという意味でつけた忌み名。

双方の感情にズレが生じていますが、ちきんと話し合えば修復できる問題です。

真希のアドバイスが素敵でしたね。

どのかのタイミングで憲紀がきちんと母親と話し合える機会を作れるといいですね。

当主になれなければ価値がないなんて悲しすぎますもんね。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|野薔薇の復活が濃厚?

渋谷事変で真人によって重傷を負った野薔薇。

頭部を吹っ飛ばれてたことにより、死亡したのでは?と言われていましたが実際に死亡したという報告はされていません。

ですが、ここ最近で野薔薇の復活が濃厚だという噂を耳にしました。

私自身、野薔薇は好きなキャラの1人ですし生きていてほしいと思っています。

ですので、復活劇を期待している1人です。

それぞれのキャラが進化を遂げているので、野薔薇も何らかの力を得て登場するかもしれませんね。

野薔薇の復活に期待です!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|秤と鹿紫雲の約束は成立するのか?

鹿紫雲の目的は”宿儺と戦うこと”の1点のみです。

そこを利用して秤は鹿紫雲を仲間に引き入れましたが、この取引は本当に行われるのでしょうか?

秤の性格を考えると口約束で終わるようなことはまずないと思います。

それに秤の口から「後輩は絶対服従」という発言があったことから、虎杖と鹿紫雲を引き合わせ虎杖に宿儺と変わるように促す作戦のようです。

そのタイミングがいつになるのか?ということですが、鹿紫雲は宿儺と戦えれば目的は達成されるわけです。

なので近々この2人が接触することはなさそうです。

少なくとも秤サイドの目的が達成されてからになると予想されるので死滅回遊編の終盤となりそうですね。

虎杖は秤の申し出をうけるのでしょうか?

気になりますね!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|パンダの不思議

鹿紫雲との戦いで頭部のみとなったパンダですが、コンパクトサイズになって再登場しましたね。

自由に動きしっかりと話していたことから自力で回復したことがわかります。

地味にパンダの心配をしていた私としてはホッと安心できました。

とはいえ、パンダがどうやってコンパクトサイズになったのか気になるところです。

残った呪力で自分の身体を形成し直したということでしょうか?

だとすると反転術式のようなきがしますが、パンダは反転術式を使えません。

一体どうやってあのサイズになったのか謎です。

この謎は解明されるのでしょうか?

また2つの核を失ったパンダの今後についても注目です。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|乙骨の言葉の意味

そういえば秤を紹介する時に乙骨が「ノッてるときは僕より強い」的な発言がありましたよね?

あれはこの領域展開のことを言っていたんでしょう。

「坐殺博徒」は運の要素が強い領域展開なのでそりゃあノッてるときは強いよね!って感じです。

ですが、秤は運任せの戦いではなくシャルルの術式を冷静に分析し、対応する頭の回転の速さ、また身体能力の高さをこの一戦でみせてくれました。

これは東堂と同じ匂いがしますよね。

今回の戦いで秤の見方が変わった人も多いのではないでしょうか?

乙骨とはタイプの違う強さを持っている秤に今後も注目ですね!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|三輪ちゃんの目的は?

突如、現れた三輪ちゃん!

かなり気になる伏線がありましたね。

三輪ちゃんは現在どこにいるのでしょうか?

また地面が崩壊していたことや、三輪ちゃんの表情がなかったことから何かがあったことは間違いありません。

もしかしたら、戦闘後の姿だったのかも知れませんね。

または誰かを探しているのでしょうか?

京都校のメンバーで死亡したのは禪院真依です。

真依の死の真相を突き止める為、真希を探している可能性もありますね!

何にせよ三輪ちゃんに何があったのか早く知りたいですね。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|乙骨の今後…

石流とのバトルが仙台結界での最終バトルとなった乙骨。

ホントに怒涛の展開でとっても楽しませてもらいました。

そんな乙骨ですが、仙台結界を治めた後のことが気になりますよね。

ポイントを稼ぐためにすぐさま違う結界に乗り込むのか、一旦撤収するのか、それとも誰かと合流を試みるのか…様々な選択肢があります。

ただ乙骨は一般人をいち早く安全な場所に避難させたいはず。

だとすると現在の乙骨の最優先事項は、ルール追加にあると思われます。

ということでポイントを稼ぐためすぐにでも別に結界へ向かうのではないでしょうか?

今後の乙骨の動向にも引き続き注目です!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|乙骨ファンが急増?

久々の乙骨の登場に興奮した方も多いのではないでしょうか?

乙骨の良さは強さだけでなく、紳士的であるところですよね。

一般人を気遣いなから、この仙台結界で戦うってかなり不利な気がしますが、それを平然とやってのけるところが素敵すぎます。

映画の後押しもあると思いますが、今回の乙骨の言動がファンを増やしたのは確実ですね。

カリスマ的人気を誇る”五条先生”とはまた違うキャラで人気が爆発しそうです!

今後の乙骨に注目です。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|麗美の行方は?

レジィが敗北する結果となりました。

こうなると気になるのが麗美の存在です。

必死にレジィの役に立とうと頑張っていましたよね。

すがる相手を完全に間違っていますが、忠誠心の深さは感じ取れました。

というか依存体質ではないかと考えられます。

そうなるとレジィがいなくなった今、次の場所を見つけなければなりませんよね?

妥当に考えるとその場所は伏黒となると思います。

しかし、伏黒がそれを許すかは別問題。

強くない麗美の存在は伏黒にとって邪魔なだけでしょうし…。

麗美の行方も気になりますね。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|虎杖と高羽は似ている?

登場シーンでは、不安要素でしかなかった高羽史彦。

しかし、意外にも実力者であることが判明しました。

ですが、気になる点が…。

高羽は術式を使っていないんです。

今のところ高羽の攻撃といえば、基本的にはキックが中心。

身体能力の高さを匂わせる戦い方です。

これって誰かと似てませんか?

そう…虎杖悠仁です!w

虎杖は術式を持っていませんが、桁外れの身体能力があります。

もしかしたら、高羽も虎杖と似たような感じなのではないでしょうか?

とはいえ、虎杖以上の身体能力を持つキャラなんて現れないと思うので、高羽の場合はまだ術式を隠しているだけなのかも…。w

どちらにせよ高羽がどんな戦いをするのか気になりますね。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|意外と名コンビに?

伏黒のピンチに現れた高羽史彦。

ヒーローのように登場し、芸人魂を見せつけました。

言動からもどこか応援したくなるようなキャラですよね!

そして冷静沈着な伏黒とは反対の性格のようです。

また高羽の持っている雰囲気のせいか警戒心の強い伏黒の心にもすっと入ってきたような感じがしました。

短時間で伏黒とここまで打ち解けられるキャラは虎杖以来ではないでしょうか?

だとすると、意外と名コンビとなる予感がします。

当分、虎杖とは合流できなさそうなので虎杖の代行として高羽が伏黒の良き相棒になってくれるのではないでしょうか?w

意外と悪くない組み合わせですよね!

今後の2人の関係に期待です。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|過去の術師?

呪術廻戦169話では、気になる言葉がありました。

それは黄櫨が高羽に発した「お前はいつの時代の…」というセリフです。

高羽のインパクトのせいでかき消されてしまっていますが…w

このセリフを言ったということは、少なからず黄櫨とレジィは過去の術師の存在を知っているということですよね?

またレジィに関しては羂索の企みを推察しているくらいですから、羂索とは何らかの関係がありそうですし…。

そして気になった点がもう一点!

レジィと黄櫨の関係性です。

他のレジィ一派とは距離感が違うように感じます。

レジィは黄櫨のことを信頼しているような気もしますし。

もしかしてこの2人は過去から繋がりがあったのかもしれませんね。

レジィと黄櫨は過去の術師で、過去から繋がりがあった説が浮上してきました。

この2人の関係性にも注目です!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|羂索が中国にいた理由は?

羂索が突然、中国の国会議事堂(?)に姿を現しました。

ホントに一体何を考えているのでしょうね…。

日本だけでなく世界に打って出る第一歩といったところでしょうか?

気になるのはなぜ羂索が中国にいたか?ですよね。

おそらく、中国に眠る呪物を回収するために出向いたものと思われます。

中国ってなんだか年季の入った呪物をたくさん持っていそうじゃないですか?

それを頂きにいったのではないかと思います。

なんだか話が大きくなってきましたね!

羂索の今後の動向に注目ですね。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|鹿紫雲一って何者?

新たに現れたプレイヤー「鹿紫雲一」。

得点200点以上を保持しルールを追加した人物です。

宿儺を探しているようですが、この時点で穏やかでないことは確実ですね。

また宿儺と面識があるということは、鹿紫雲一も羂索と契約して呪物になった一人で400年以上前から存在していた人物ということになるのでしょうか?

とするなら相当な実力の持ち主となります。

とても手強い相手となりそうですが、探している宿儺と対峙する可能性は低そうです。

伏黒がいる現状で虎杖が絶対に出させたくないはずですし…。

そうなると秤とバトルとなる可能性が高そうです。

まだ秤の術式もはっきりと解明されていませんしね!

鹿紫雲一が誰とバトルになるのかにも注目です。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話考察|感想や予想ツイート

以下が呪術廻戦205話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話確定速報

呪術廻戦206話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話確定速報|天元の作戦

領域展開した羂索に対し、天元には何か策がありました。

天元と九十九の話し合いの中で天元は羂索の領域を解体する策を伝えます。

天元曰く、現在九十九たちが戦っている場所は”空性結界”と言われるところでこの結界内では結界術を得意とするものならある程度構造を設定できるらしい。

それだとこちら側が不利になるのでは?と九十九が口にします。

羂索がある程度結界内をいじれるということなので九十九の言葉はごもっともです。

これに対して天元は、羂索にそう思ってもらうことが大切だと言います。

空性結界内の主はあくまでも天元であり、その結界内で起こったことは天元に筒抜けになるということなので、羂索が領域展開をすればそれを中和させることが可能なんだとか。

仕組みはよくわかりませんが、羂索の領域展開を消すことができるらしいのです。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話確定速報|誤算

天元が羂索の領域展開を打ち消すのにかかる所要時間は10秒…。

この10秒間を九十九が耐えることができれはよいということでした。

しかしここで大きな誤算が発生します。

羂索が行った領域展開「胎蔵編野」は渋谷で宿儺がみせた領域展開と同じものでした。

つまり、結界を閉じずに領域展開するという離れ業を繰り出してきたのです。

ということは、結界の外殻がないため解体できないということになってしまいました…。

結界を閉じると想定していた天元からすると大誤算もいいところです。

っていうか領域展開ってほぼほぼ領域を閉じるもんでしょう!普通!!

なんでそんな大技ここで繰り出してきちゃうの?!って感じですよね…。w

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話確定速報|九十九が瀕死!?

これに九十九はシン・陰流「簡易領域」で対抗します。

しかし、胎蔵編野に簡易領域が通用するはずもなくみるみる領域が剥がされていきます。(怖すぎ!)

時間がない中で天元がとった策は、自身の空性結界ごと消すというものでした。

しかし天元があせくせしてる間に、九十九の簡易領域はすべて剥がされ、羂索の攻撃をモロにくらってしまいます。

天元の意地でようやく羂索の領域展開を消すことができましたが、九十九は血まみれで倒れていました。

これでおしまいかと思われましたが、九十九の式神が消えていないこと気づく羂索!

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話確定速報|張相再降臨!

大ダメージを負っているにも関わらず九十九は立ちあがり凰輪(ガルダ)で攻撃を仕掛けます。

羂索は九十九が凰輪(ガルダ)で時間を稼ぎ、反転術式で治癒するつもりだと推測し、その間に自分も術式の回復をしようと企んでいました。

しかし九十九が易々と羂索に術式の回復をさせるはずもなく大ダメージを負った身体で肉弾戦に持ち込みます。

この時の九十九はホントに怖い…。w

ですが、身体はもうボロボロで血を吐いてしゃがみ込んでしまいます。

ここまでかと思われたその時、背後から張相が現れます!

張相はすでに何かを仕掛けている様子…逆転劇はあるのでしょうか?!

次回、呪術廻戦207話へつづく…

 

呪術廻戦ネタバレ最新話206話確定速報まとめ

最新話速報として呪術廻戦206話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦206話では、天元の秘策が明かされました。

それは羂索の領域展開を無効化するというものでしたが、羂索の領域展開には外殻がないという誤算をはらんでいました。

そこで急遽、天元は自身の空性結界ごと消すことに切り替え見事にそれを成功させます。

しかし、当初考えてた所要時間を大幅に超えてしまった為、九十九が大ダメージを負うことに…。

それでも九十九は立ちあがりボロボロの身体で羂索と肉弾戦を行いますが、そう長くはもちません。

ここまでかと思われたそのとき羂索の背後から、張相が現れました!

張相の渾身の一撃は羂索を捉えることができるのでしょうか?!

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「【呪術廻戦ネタバレ最新話206話確定速報】天元の大誤算と張相の再降臨!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/

Pocket
LINEで送る