僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ340話ネタバレ】相澤先生の心打つ言葉に青山が奮い立つ!

【ヒロアカ340話ネタバレ】相澤先生の心打つ言葉に青山が奮い立つ!

2022年1月17日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌340話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ339話では、発目がデクの装備を請け負いましたね。

雄英のバリアを作っていた彼女たちは、発明こそがサポート科のヒーロー活動なのだと言い切りました。

敵との戦いに全面協力するといった発目に、デクたちは頼もしいとばかりに喜びます。

そして遂にA組の生徒たちがプロヒーローに交じって敵連合捜索隊に加わります。

着々と全面戦争に向かって動き出し、プロヒーローたちも緊張感を隠せません。

果たして敵連合との最終決戦はどのように始まるのでしょうか?

そしてオールマイトが口にする策は相澤先生が口にしたものなのでしょう。

一体どんな策を披露するのでしょうか?

今回は「【ヒロアカ340話ネタバレ】相澤先生の心打つ言葉に青山が奮い立つ!」と題しお届けします。

>>ヒロアカの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ヒロアカ340話ネタバレ考察

今後のヒロアカはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ヒロアカ最新話339話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ヒロアカ340話ネタバレ考察|オールマイトが発表する計画はイレイザーヘッドの策!?

いよいよ近づいてくる敵連合との最終決戦をみんなが肌に感じています。

A組の生徒たちもプロヒーローに混じって敵連合の捜索に入りました。

そんな中、プロヒーローたちのトップが集まり、最終決戦に向けての話し合いを行っていて、その中にはオールマイトの姿もありました。

オールマイトは会議の中で敵連合との最終決戦でどのように動くのかを語り始めます。

おそらく、青山がオールフォーワンのスパイと判明した際、イレイザーヘッドこと相澤先生が口にした策を使うのでしょう。

多少は改良されていると思われますが、大まかには青山を逆スパイに仕立て上げるのでしょう。

デクと青山を使った、囮作戦を行うと思われます。

この作戦にプロヒーローたちはどのような反応をするのでしょうか?

 

ヒロアカ340話ネタバレ考察|オールフォーワンはもう一人の自分を作ろうとしていた?

オールフォーワンは死柄木の憎悪を膨らませ、死柄木を新たな体として乗っ取る気かと思われていました。

しかしオールフォーワンは、オールフォーワンと死柄木が混ざった人格を新たに死柄木に植え付けるつもりだったのでしょう。

オールフォーワンの本体が健在であるのならば、オールフォーワンはもう一人の自分を作りたかったのでしょうか。

物語の中でホークスが示唆していましたが、オールフォーワンには喜怒哀楽の欠如が見られます。

特に憎しみの感情は完全に欠落しているとも言えるでしょう。

なので、オールフォーワンは『憎しみの感情を持ったもう一人の自分』を生み出したかったのではないでしょうか。

そしてそのもう一人の自分がどの様に生きるのかを見届けるのが、本当の目的なのかもしれませんね。

 

ヒロアカ340話ネタバレ考察|ヒロアカを読んだ感想や予想ツイート

ヒロアカ340話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ヒロアカ340話ネタバレ

ヒロアカ340話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ヒロアカ340話ネタバレ|発売日はいつで次回は休載?

次回ヒロアカは休載ではありません。

ヒロアカ340話は1月17日(月)発売の週刊少年ジャンプ7号に掲載予定です。

 

ヒロアカ340話ネタバレ|死柄木とオールフォーワンの分断は必須事項!

前回に続き、オールマイトとホークスたちヒーローや敵連合と繋がっていないと確定している警察官たちなどが集まった会議から始まります。

青山の一件で、内通者がほかにもいる可能性を考えて実は行動が制限されている状況だと、ホークスは語りました。

ちなみに、エンデヴァーやベストジーニストなどの主力ヒーローたちはすでに現場で指示を取っていると報告します。

会議に顔を出していたラグドールは、自分の奪われた個性がまだ敵に悪用されていることが許せないようで、自分も全力でサポートすると意気込んでいます。

そして、いよいよオールマイトから作戦の内容が明かされました。

この最終決戦では敵の分断が重要であり、必ずやらなければならないと言い切ります。

スターとの戦いで明らかに死柄木はオールフォーワンよりも強くなっており、そのオールフォーワンとも電波を使った思考共有があり、ヒーロー側はそれも未知数な状態です。

死柄木とオールフォーワンがそろって出てくれば確実に負けるとオールマイトは宣言しました。

 

ヒロアカ340話ネタバレ|敵を各個撃破という不可能な計画!?

「最低でも10km以上二人を引き離す」と、最低条件をオールマイトは突き付けてきました。

ですが塚内はそれすら読んで、ヒーローの動きを敵側の駒も動かしてくるのではないかと指摘します。

それにオールマイトは荼毘の存在が脅威だと付け加えます。

ラグドールは今までの情報を整理し、『敵を各自分断させて撃破、そしてその為におびき寄せることが条件』であるということが判明しました。

その条件に周りは不可能だと絶望します。

しかしオールマイトは、それを可能にするためにも作戦が必要だと言います。

その為にも青山と相澤先生を信じなければならないと言い切ったのでした。

 

ヒロアカ340話ネタバレ|奮い立ち決心する青谷!

場面は変わって、とある部屋に相澤先生と青山がガラス越しに向かい合っていました。

オールフォーワンとの繋がりという疑惑がぬぐい切れず隔離されていた青山は、医者から異常も見られず脳波の異常もないと診断されました。

相澤先生は青山にむかい「怖いか?」と問いかけますが、一度ビクッと体を揺らしましたが沈黙を保ったままです。

そんな青山に、もう一度「オールフォーワンが怖いか?」と相澤先生は聞き直し、青山はやっと「はい」と話し始めました。

もうA組の生徒たちと同じようにキラめくことができず、みんながどれだけ信じてくれても自分自身が信じれないと言います。

そんな青山に相澤先生ははっきりと「罪は消えない」と言いますが、それでもオールフォーワンの恐怖を引き剝がさねばならないと決意しており、青山に戦えと言います。

葛藤し始める青山に「この先一生負い目を抱える生き方など、おれは生徒に教えない。惨めで情けなくても手を差し出してくれた友と歩め」と諭し、青山はその言葉に奮い立ちます。

青山が前向きになったところで場面は変わり、雄英高校ではスパイダーマンのごとく壁に張り付く心操の姿があったのでした。

 

ヒロアカ340話ネタバレまとめ

最新話速報としてヒロアカ340話のネタバレを紹介してきました。

ヒロアカ340話では、無理難題な作戦にみんな頭を悩ましていました。

オールフォーワンと死柄木を何とか引きはがし、その他の敵も合流させないようにしつつ撃破するという作戦は確かに難題です。

しかしオールマイトはその作戦は青山が鍵を握っていると思っており、青山の説得を相澤先生がしてくれると信じていました。

そして相澤先生はその期待に沿い、青山を奮い立たせることに成功します。

相澤先生の叱咤激励によって青山はオールフォーワンへの対立を決心できました。

このまま青山を使って、オールフォーワンたちを欺くことができるのでしょうか?

そして心操はこの状況にどうかかわっていくのでしょうか?

今後のヒロアカの展開も気になりますね。

以上「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ340話最新話確定速報】相澤先生の心打つ言葉に青山が奮い立つ!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/