僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカネタバレ最新話368話】遠距離攻撃で攻めていく緑谷

遠距離攻撃で攻めていく緑谷
Pocket
LINEで送る

2022年10月3日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌368話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ前話367話では、緑谷はアメリカの戦闘機を発見し、それと黒鞭を利用して戦いの場へと来ることが出来ました。

しかし、倒れている皆を見て、罪悪感を覚える緑谷を見て、ここぞとばかりにオール・フォー・ワンは挑発させて彼を怒らせ、蹴りをつけようとします。

実際、緑谷は怒ったのだがミリオが何とか諭した事で、緑谷は我に返ってワン・フォー・オールの力をフルに発動し始めたのです。

ヒロアカ368話の内容がわかり次第こちらのページで紹介していきます。

今回は「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ最新話368話】遠距離攻撃で攻めていく緑谷」と題しお届けします。

 

今後オールフォーワンとの最終決戦がどうなっていくのかも気になるところですが、これまでの戦いも復習したくなりますよね?

またアニメで見ていて漫画は読んでない場合は、どんな感じになるのか漫画で読みたくなるのではないでしょうか?

違法サイトで読むのも一つの手ですが、Manga Rawのように違法サイトは次々閉鎖されたり更新されなくなります。

困っている人も多いと聞きます。

やはりManga Rawや漫画村のような違法ダウンロードサイトをいつまでも使うわけにはいきません。

利用しただけで逮捕されたり、個人情報が抜かれたり、スマホのウィルス感染など様々なリスクがあるからです。

それを考えると正規の電子書籍配信サイトでお得に安全に読んだ方がいいですよね。

そこで色々探してみたところ、安心安全にヒロアカの漫画全巻をお得に読めるサイトを発見。

それはAmebaマンガというサイトです!

アメブロでもお馴染みのサイバーエージェントが運営するサイト、聞いたことがある会社のサイトというのは安心ですよね。

このAmebaマンガでは、現在新規登録キャンペーンが実施中なんです!

なんと登録すればどの漫画でも100冊40%OFFのクーポンがもらえるキャンペーンなんです。

今ヒロアカの既刊34巻まで全巻そろえようと思うと、14,250円もします。

でもAmebaマンガでこのキャンペーンを利用すると、8,558円で購入でき、5,692円も

お得に読めてしまうんです。

100冊まで40%OFFになるので、この機会にファンブックやスピンオフ作品なども一緒にチェックしてみてはいかがでしょうか。

この40%OFFクーポンがゲットできるキャンペーンがいつ終わるのかは未定です。

今だけの可能性もあるので、早めの登録をおすすめします!

\新規登録キャンペーン実施中/

 

目次

ヒロアカネタバレ最新話368話考察

今後のヒロアカはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ヒロアカ最新話367話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|遠距離攻撃を仕掛けていく

緑谷は弔とぶつかる事になると思いますが、近距離では攻めないと思います。

近距離で攻撃をする事になると、明らかに弔に有利となります。

それ故に遠距離攻撃で着実にダメージを与えていくんじゃないでしょうか。

そうする事で意識を確実に自分の方に向けさせ、爆豪を安全な状態で治療させられるのもあるのでしょう。

そして弱ってから、近距離に切り替えていくのかなと思います。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|オール・フォー・ワンが弔の元に向かう

368話では間違いなく緑谷と弔が戦いあう事になると思います。

エンデヴァー達と対峙しているオール・フォー・ワンもそれに気づくんじゃないでしょうか。

今の弔なら負けないと思うが、ワン・フォー・オールが相手だと予測不能の事態が起こると考える筈です。

オール・フォー・ワンは慎重に事を進める性格でもあるため、万が一の事も考えるんじゃないでしょうか。

その万が一を無くすために、自ら向かうのではないかと思います。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|戦闘機が参戦する

緑谷を助けてくれたアメリカの戦闘機ですが、本格的に参加するのではないでしょうか。

戦闘機はこれまで緑谷が来るのを待っていて、その為だけに本来の役割を放棄している状態でした。

緑谷を送り届けましたが、それだけでは終わらないと思います。

スターを始末したヴィランが目の前にいるのですから、攻撃したいと言う思いがあると思います。

ずっとと言うわけではありませんが、一時的に攻撃を仕掛ける可能性は十分にあるでしょう。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|別のヒーローが加勢してくる?

緑谷は弔と戦い始める事になりますが、もしかしたら別のヒーローも投入する事になるかもしれません。

本来は緑谷と爆豪達で弔相手に戦う予定でしたが、トガヒミコの介入のせいでそれが出来ませんでした。

しかし、万が一のために待機していたヒーロー達がいる筈です。

彼らを投入して緑谷のサポートに回らせるんじゃないでしょうか。

今の弔相手にまともに戦えるヒーローはかなり少ないので、緑谷のサポートに回らせる事で勝機を作らせると思いますね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|緑谷と弔が戦い始める

366話で緑谷は弔に攻撃を叩き込みました。

緑谷は完全に弔相手に戦う気満々でしょう。

弔も最初は一度壊した爆豪を再び壊そうと動き出したところを緑谷に一撃を貰いましたが、狙いを彼に定めると思います。

緑谷がヒーロー達の希望だと分かっているので、ここで叩きのめして絶望させた方が効果的だと考えると思いますね。

それ故に両者は相対して戦うんじゃないでしょうか。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|ミリオ達が後退する

緑谷と弔がぶつかるのは間違いないでしょう。

そうなって来るとここまで負傷しているミリオ達は完全に足手まといとなると思います。

それ故に負傷している者達を助けるために、一度後退するんじゃないでしょうか。

そして負傷している者達を手当てしながら、緑谷の戦いを見届けるんじゃないかと思います。

助太刀は無粋と考え、しないでしょうね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|オール・フォー・ワンが弔の強化に気づく

前回の話で、全ての世界の未来の可能性を全て詰む事が夢だと語ったオール・フォー・ワン。

そのオール・フォー・ワンが弔の強化に気づくんじゃないでしょうか。

遠くにいるとはいえ、弔の凄まじい怒りや憎しみはオール・フォー・ワンは感じそうな気がします。

もし感じたとすれば、かなり歓喜するんじゃないでしょうか。

これで自分が命を落とす事になっても、夢は弔が確実に継いでくれるだろうと言うのではないかなと思います。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|エッジショットが疲弊していく

爆豪の体内に入り込んで、止血や心臓蘇生を行っていくエッジショット。

同時に精神もかなり疲弊していく事が分かりました。

本来は心臓蘇生だけを行うと思いますが、止血までしているので余計に疲弊していくと思います。

ただでさえ、エッジショットは蜘蛛の糸になる前から満身創痍の状態にありました。

下手すれば、体内にいる状態で命を落とす危険性も十分あるのではないでしょうか。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|オール・フォー・ワンが行動を起こす!

一時的とはいえ、全盛期の力を取り戻したオール・フォー・ワン。

やがて命を落とす事になるとはいえ、その超絶的な力は疲弊しているエンデヴァー達にとっては厳しいです。

未来の可能性を消す事を目的としているオール・フォー・ワンは、目の前にいるエンデヴァー達が弔の未来の可能性を消そうとしていると思っているでしょう。

それ故にまずはエンデヴァー達を始末するでしょうが、エンデヴァーの事は燈矢の事があるので満身創痍にすると思います。

それから弔がいる場所に向かい、檻を破壊して彼を解放してあげるのでしょう。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|アメリカのヒーロー達が大統領に戦いたいと訴える

スターを失ったアメリカはアグパーが説得しているものの、降伏に傾こうとしています。

しかし、アメリカにはスター以外にもヒーローが沢山います。

全員ではないにしても、スターがオールマイトを見てきてヒーローになったように、他のアメリカのヒーロー達もスターの背中を見てヒーローになってきた筈です。

それ故にアメリカの大統領の下に乗り込み、日本に向かわせるように頼むのではないでしょうか。

アメリカでもヴィランが暴れる可能性があるので、大統領は渋々最低限の戦力と言う妥協案を出すんじゃないかなと思います。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|世界各国の様子が明らかになる

今回の話でアメリカが弔に対して弱気になり、降伏しようとしていました。

他の国でも似たような事が起こっていると大統領は言っていたのです。

この事からも他の国の首相が降伏に傾こうとしているのでしょうね。

弔の力を前にしてしまえば、それも当然かもしれませんが、下手すれば無法地帯になると思います。

それ故にアグパーみたいな軍人が何とか説得しているんじゃないかなと思いますね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|ベストジーニストとエッジショットの過去が明らかに!

今回の話でベストジーニストとエッジショットが学生時代からの知り合いなのが発覚しました。

それ故に彼らの出会いや交流が明らかになっていくのではないでしょうか。

彼らは手芸同好会に属していた事も分かりました。

彼らの個性から考えても、おあつらえ向きの同好会だったんじゃないでしょうか。

後々ヒーローになっている事から、この同好会は普通に楽しむと共に個性の質を高めるための訓練になっていたのだと思います。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|燈矢がエンデヴァーの元に向かう

燈矢はスケプティックに連絡を取り、オール・フォー・ワンとエンデヴァーが戦っている事を知ります。

戦いからそれなりに時間が経過しているので、オール・フォー・ワンがエンデヴァーを追い詰めていると考えているでしょう。

しかし、彼をもっと苦しめたいと考えている燈矢からすれば、このままだと倒されると踏んで彼の元に向かうのだと思います。

轟達は何時でも倒せるから、敢えて放置するかもしれません。

そしてオール・フォー・ワンの元へと向かって、倒しても始末だけはするなと釘を刺すと思います。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|サポート科の戦いが始まる

スケプティックは雄英システムに干渉しようとフル稼働しています。

実際、システムにも影響が出始めている状態です。

もしシステムが完全に突破されれば、非常にまずい展開になっていくでしょう。

そうなって来るとサポート科の出番となって来ると思います。

サポート科はヒーローに関する道具を作成を主にしていますが、どんなヴィランにも対抗できる武器を造れると言う事です。

今回のようなケースに対抗するための武器を造っていて、それを生かして阻止しようと奮闘するのではないでしょうか。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|雄英のヴィランが動き出す

ヒロアカの364話では謎の男女が登場していて、何者かから指令を受けている感じがしました。

その男女はスケプティックの部下のヴィランで、内部の情報を探るために一般人として送り込まれたのでしょう。

そしてスケプティックが動き出していて、自分の手によってシステムを突破したら暴れるように命令されているのだと思います。

今はまだシステムを突破していないので、大人しくしている状態です。

やがて突破したと共に動き出し、人々を恐怖に陥らせるのではないでしょうか。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|回想の人物は誰?

弔が爆豪の動きに焦りを感じていました。

そんな中、一人の人物の姿を思い浮かべていました。

その人物が爆豪並みに弔をと言うか、オール・フォー・ワンを追い詰めていたのかなと思います。

しかし、何者かまでは分かっていない状態です。

遠目から見たら男性なのは間違いなさそうですが、それ以外の情報はありません。

こうして登場した事から、いずれ回想かなんかで出てくるでしょう。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|転弧が抵抗する

オール・フォー・ワンは自分の体内の中に転弧がいる事に気づきます。

今は何ともありませんが、時間が経過すれば厄介になると考えて現在早めに蹴りをつけようとしています。

しかし、粘られることも想定して、何とか取り込もうと目論むと思います。

転弧は元々ヒーローになりたく、ヴィランになりたかったわけではありません。

そういう思いを持っているため、オール・フォー・ワンに抵抗して取り込まれないようにするのではないでしょうか。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|物間に限界が来る?

イレイザーヘッドの個性をコピーし、弔の個性を無効化している物間。

彼の個性であるコピーはとても強力な能力です。

そしてコピーできる時間が切れても、何度も抹消をコピーして発動させている状態です。

これまで物間はこういう個性の使い方を今までしてきたことが無いと思いますし、していたとしても長い時間した事はないでしょう。

それ故に体が限界が来るのではないかなと思います。

限界が来てしまい、個性の効果が切れてしまうのではないでしょうか。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|オールフォーワンの変異は死柄木にも作用する?

357話で、エンデヴァーに追い詰められたオールフォーワンは、壊理の個性を使った個性消失弾を用いた実験を己の体に仕込んでいたことを明かします。

そしてその作用で、オールフォーワンの体は何らかの変異を起こしたと、オールフォーワンと繋がっている初代ワンフォーオールは感じ取りました。

このオールフォーワンの異変は、同じ『オールフォーワン』という個性を共有する死柄木にも作用しているのでしょうか?

死柄木は爆豪たちと戦い、己の個性に合わせた身体の深化を使いながら攻撃を加えてきています。

さらに358話はオールフォーワンの変異が起こる少し前の状況です。

もしかしたら358話以降の物語の進行で死柄木にもオールフォーワンの異変が起きていることが明らかになるでしょう。

果たして『オールフォーワン』という個性はどんな異変が起き、オールフォーワン自身と死柄木にどんな影響を及ぼすのでしょうか?

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|エンデヴァーの右腕はもう元には戻らない?

個性たちの反抗を食らい退けたオールフォーワンは、第一次決戦の時に死柄木も使っていた黒い棘を使用し、攻撃を行いました。

そしてその攻撃を打ち破りながらエンデヴァーはオールフォーワンに挑みます。

しかしその黒い棘の一部がエンデヴァーの右腕に突き刺さり、エンデヴァーの推進力と棘が伸びる速さによって、右腕が切断されてしまいます。

エンデヴァーは炎によって右腕を形成し、オールフォーワンに殴りかかりましたが、この右腕は元に戻るのでしょうか?

リカバリーガールがいるとはいえ、第一次決戦の時に足を欠損したミルコやイレイザーヘッドは現在義足を使用しています。

なので四肢欠損はリカバリーガールの回復をもってしてもできないのだと思われます。

この戦いが終わった時には、エンデヴァーも右腕が義手になっていそうですね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|切島は誰の護衛をしていた?

ヒロアカ353話にて、轟焦凍の荼毘撃破の知らせが他の戦場にも届けられましたね。

その際に蛇腔病院跡にて交戦中のA組の芦戸のもとに同じくクラスメイトの切島が合流します。

切島は「護衛は無事に完了した」といい、攻防戦に参加しましたが、切島は誰もしくは何の護衛をしていたのでしょうか。

芦戸やMt.レディたちが戦っていた蛇腔病院跡では、活動を止めたギガントマキアが収容されていました。

敵はギガントマキアを解放させ、再び戦わせるために蛇腔病院跡を狙ってきて、そしてそれを事前に理解していたからこそ、対策としてヒーロー達を配置していたと思われます。

そしてそこにギガントマキアがいれば、万が一敵に突破されてしまった場合元も子もないので、確実にギガントマキアは別の場所に移されているでしょう。

切島はそのギガントマキア、もしくはギガントマキアに関連したものの護送に関わった可能性が高いですね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|オールフォーワンの異常は死柄木にも繋がっている?

ホークスや常闇、耳郎による攻撃を、オールフォーワンはいともたやすく捌き、逆に攻撃に転じようとしました。

しかしその時、スターアンドストライプや耳郎の叫びが影響したのか、オールフォーワンの中にある個性が使えなくなってしまいます。

またオールフォーワンの精神世界では、個性の元所有者たちがオールフォーワンの体にまとわりつき、その動きを止めていました。

オールフォーワンの中で眠る個性の反逆とも言えるでしょうが、この現象は同じ『オールフォーワン』という個性で繋がっている死柄木にも作用したのでしょうか?

デクがワンフォーオール内で歴代継承者達と会っている時や、オールフォーワンや死柄木と精神世界で繋がった時、先代所有者のオールマイトも少なからず影響を感じ取っていました。

なので死柄木にも何らかの影響が出ているか、師であるオールフォーワンの異常を感じ取っているはずです。

果たして同じ現象が別のエリアで戦う死柄木にも起き、爆豪たちは形勢逆転出来るのでしょうか。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|耳郎の左耳のイヤホンは元に戻る?

対オールフォーワン戦の最中、離脱したエンデヴァーの穴を埋めようと耳郎が常闇の背中に乗って参戦しました。

音による衝撃波を使い次々に攻撃をしかけバリアを張りますが、やはり百戦錬磨のオールフォーワンによって爆撃を受けてしまいます。

負傷した耳郎でしたが、その爆撃の一つはまともに左耳付近で喰らい、彼女のトレードマークである左のイヤホンがちぎれてしまいました。

ですが右のイヤホンが残っており、そちらを使って見事オールフォーワンに一矢報いることができたのです。

しかし戦いの後、このちぎれてしまった左のイヤホンは元に戻るのでしょうか?

彼女の一部であるので、ヒーロー陣営にいるサポート役のリカバリーガールに頼めば重傷も治してくれるでしょう。

ですが先の戦いで左足を欠損した相澤はそのままだったので、耳郎のイヤホンも元に戻るかどうかわかりませんね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|瀬呂の沈黙の意味とは

焦凍による荼毘撃破の知らせは他の場所で戦うヒーロー達にも伝えられました。

その中には国立多古場競技場で戦う佐藤や尾白達にも伝わります。

しかし佐藤や尾白達と共に戦う瀬呂だけは喜ぶことなく、バイザーのようなもので表情が隠れて読めない状況で、一人沈黙を貫いていました。

彼は一体何を思っているのでしょうか?

考えられるとすれば、兄である荼毘を結果的に完膚なきまでに叩きのめした焦凍の複雑な気持ちを想って素直に喜べないのかもしれません。

もしくは、瀬呂は荼毘がそんなに簡単に撃破されないと思い、何か仕掛けてくると思っているのではないでしょうか。

実際、荼毘の胸に謎の光が灯っている描写があったので、これで終わりとは思えませんが、このことを瀬呂は予期していたのでしょうか。

瀬呂は何を知って、何を考えて沈黙を貫いたのでしょうか。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|スピナーが正気を失ったのはオールフォーワンの仕業!?

各地で分断した敵や奇襲をかけてきた敵と戦うヒーロー達の元に、荼毘撃破の知らせが届き、沸き立ちました。

しかしその知らせは敵の耳にも入り、少なからず動揺を与えているようで、中でもスピナーは激しく狼狽していました。

そんなスピナーですが、何故か普通の人よりも2〜3倍大きくなり、正気とは言えない様子が窺えました。

スピナーの個性は常時発動し見た目が個性である異形型で、巨大化することはありません。

ですがスピナーの回想で、洞窟に潜伏していた頃に荼毘が断りながら去っていくのを見るスピナーがオールフォーワンの影に包まれていく場面がありました。

もしかするとオールフォーワンが何らかの薬物を投与し、スピナーを巨大化&凶暴化させていると思われます。

スピンオフ作品のヴィジランテでもオールフォーワンは一般人を凶暴化させ、意図的に敵に仕立てる実験を行なっていたので、同じ薬物を使われたのでしょうね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|荼毘の胸で光ったものの正体とは?

轟焦凍が実の兄である轟燈矢こと荼毘の因縁を打ち砕くように、蒼炎すらも凍らせて荼毘を戦闘不能にしました。

凍らされているとはいえ重度の火傷を負い、四肢の欠損がみられる気絶した荼毘をヒーローが回収しますが、その時に荼毘の胸の奥で何かが光っていました。

荼毘の胸で光っていたものはなんなのでしょうか?

考えられるものとして、荼毘の今の状態は生きていることを疑うほどの大怪我で、尚且つ凍らされて活動を停止させられています。

無意識でしょうが、心臓を自身の炎で温めることで無理矢理覚醒し、再度攻撃を開始しようと思っているのではないでしょうか。

もしくはオールフォーワンが荼毘に何かを仕掛けているのかもしれません。

かつてデクを襲ったレディ・ナガンは戦いの末に裏切ろうとしたので、事前に個性で仕込んでいた爆弾でレディ・ナガンを爆発させました。

同じように、やっと戻ってきた兄を目の前で爆発させてやろうとオールフォーワンが爆弾を荼毘に仕込み、それが爆発する寸前の光かも知れませんね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|荼毘はこのまま死んでしまう?

轟焦凍は実の兄である荼毘こと轟燈矢と戦いました。

全てを焼き尽くす業火を背負った荼毘を、しかし焦凍は冷却の炎で打ち消し、荼毘を止めることに成功しました。

戦いに勝利はしましたが、荼毘は両足を欠損していました。

自分の体をも燃やしており、頬の筋肉が剥き出しになる程のダメージを自分にも与えていたので、荼毘の両足は燃え尽きてしまったのでしょう。

全身に大火傷を負っているので、よほど高い医療技術でなければ命を落とす可能性もあります。

焦凍も荼毘に死んでほしいわけではなく、生きて罪を償ってほしいと思っているでしょう。

果たして荼毘は生きてその罪を償えるのでしょうか?

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|デクと死柄木はまたシンクロしてしまう?

第一次決戦の時に、覚醒した死柄木と対峙したデクは、深層意識の中で死柄木とシンクロしました。

その時死柄木はオールフォーワンに乗っ取られ、デクも怒りで我を忘れた状態でした。

今回の第二次決戦でも、デクが死柄木と対峙した際に深層意識がシンクロしてしまうのでしょうか?

そもそもオールフォーワンとワンフォーオールの個性は兄弟の関係にあり、より深い繋がりが結ばれています。

その繋がりでお互いの場所なども分かり合えてしまうようですが、前回繋がってしまったのはお互いに理性が飛んでいた状態だったからでしょう。

死柄木は現在正気を保っているかどうかも怪しいのですが、デクが前回正気を失ったのは爆豪が大怪我を負って怒りで我を忘れたからです。

今回も同じことが起こってシンクロしてしまうのならば、デクと死柄木はどんな会話をするのでしょうか?

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|特異な力となった2代目継承者の個性とは!?

ワンフォーオールの継承と覚醒によって、デクは歴代のワンフォーオール継承者たちの個性が使えるようになりました。

現在明らかになっているのは2代目継承者以外の個性です。

まだ発現できていないのかと思われましたが、ヒロアカ349話の2代目との会話で、デクは既に全ての継承者の個性が使えることが明らかになりました。

しかし2代目の口振りから察するに、彼の個性はかなり強力で使用すればかなりの体力を消耗するようです。

さらにワンフォーオールの中に保存され、他の歴代の個性と同様に強化された結果、本来の個性とは違うものに変異したようです。

果たして2代目の個性とはどんなものなのでしょうか?

爆豪と似ている2代目ですが、もし関連があるのなら爆豪と同じ系統の爆発系の個性なのかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|お茶子とトガの戦いは物語において重要な役割がある?

第二次決戦では、お茶子は梅雨とともにトガヒミコと対峙することになりました。

林間合宿からずっと因縁の続く二人ですが、そこには原作者である堀越先生の思惑があったようです。

そしてジャンプフェスタ2022では「お茶子とトガに関しても早く描きたいシーンがある」と明言していました。

どうやらお茶子とトガは、お互いがお互いと連動するように動いてきたようなのです。

たしかに堀越先生の言う通り、お茶子とトガは表と裏のような関係性が見て取れます。

今後、お茶子とトガの対決はどのような結果になり、物語に影響を及ぼすのでしょうか?

トガの好意とその生まれ持った性格が、今後のお茶子の恋心と価値観に関わってくることは間違い無いでしょう。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|トガはお茶子にもう興味はない?

第一次決戦でトガと遭遇したお茶子は、トガの「好きな人と同じになりたいから傷つける」という気持ちを否定しました。

そしてヒロアカ347話では、「恋人になって」と言ってきたトガをデクは拒みましたね。

脳裏によぎった、過去に言われた両親の言葉を思い出したトガは、デクやお茶子に襲いかかります。

お茶子はトガのあり方を前回の遭遇から考えていましたが、それに対しトガは「お茶子のことは考えなかった」と返しました。

トガはもう本当にお茶子に興味をなくしてしまったのでしょうか?

彼女は自分の恋愛感情の表現を理解してほしくて、とりわけ大好きなデクやお茶子に肯定してほしかったのでしょう。

まだ執着がわずかでも残っているとしたら、お茶子に積極的に襲いかかってくるかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|トガはトゥワイスの個性を使って襲ってくる!?

本土から200km離れた孤島に他の敵たちと共に隔離されたトガは、お茶子と梅雨に対峙することになります。

デクへの恋心破れて、世界を拒絶したトガはもうなんの未練もなくお茶子たちにその凶刃を向けると思われます。

トガの個性は血液による『変身』ですが、超常解放軍との戦いで個性が深化し、変身した相手の個性が使えるようになりました。

そして、彼女は今回の戦いの前に荼毘から貰った、トゥワイスの血を持っています。

トゥワイスは『増殖』の個性を持っており、最終的に無限の自分を作り出し襲わせるという必殺技を使っていました。

トガもトゥワイスの血を使い、同じことを行うのでしょうか?

ただでさえ混戦状態の中で、トゥワイスの個性を使われればお茶子達含むヒーローにとって不利になるでしょうね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|死柄木の深化はデクの体にも起こる?

ドクターの手術によって、死柄木はオールフォーワンとの適合を進めてきました。

第一次決戦やスターアンドストライプとの戦いで傷付きながらも、さらに肉体が変化していっています。

その結果、左腕に無数の手が生えるなどの『個性の深化に体が順応する』という進化が起きました。

多くの個性を体にストックできる個性『オールフォーワン』のなせる技かもしれませんが、これはデクの『ワンフォーオール』にも起こるのでしょうか?

ワンフォーオールはオールフォーワンと同系統であり、デクは覚醒したことで歴代継承者の個性が使えるようになりました。

現在はまだ完全に使いこなせず、心身への負担がかかっています。

この戦いの中で、デクも深化が起こるかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|死柄木は物間を狙ってくる?

ヒーロー側は崩壊の個性を持ち、かつオールフォーワンを継承した死柄木が一番厄介であると想定し、彼の身を隔離しました。

そしてイレイザーヘッドの『抹消』をコピーした物間により、死柄木に一切の個性を使わせずに撃破しようと試みます。

しかし死柄木は自身の個性の深化によって順応、変異させた左腕を使って襲いかかってきます。

死柄木はこのまま肉弾戦のみで戦うと思われますが、いくら変異させた体であってもそれだけではヒーローに太刀打ちできないかもしれません。

なので、死柄木からは遠く離れていますが物間たちを隙を見て攻撃し、抹消をやめさせようとしてくるはずです。

ですが、その場にいるベストジーニストやミルコ達が死柄木の行く手を阻むために奮闘するでしょうが、食い留めれるでしょうか?

抵抗する死柄木はもしかすると更なる深化で物間達に襲いかかるかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|今後雄英高校の二年生が登場する?

現在登場している雄英高校の生徒は一年A組とB組、サポート科の生徒数人と、三年生のビック3です。

本来ならば一つ上の先輩である二年生が登場していてもおかしくはないのですが、現時点で一切登場していません。

大きな理由として前年度の一年生、デク達にとって二年生の先輩達は、相澤先生によってヒーロー科を除籍されてしまいました。

しかし、コミックス26巻254話では除籍・復籍された二年生のことや、おまけページに『不和真綿』という女生徒の設定が掲載されています。

さらに紹介ページで「今後、出番はありますか!?ありますよ!!」と明言されています。

今後、雄英高校の二年生達はどのように登場し、どのような活躍をするのでしょうか?

もしかしたら相澤先生に全員除籍された理由も明らかになるかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|Mr.コンプレスが敵連合に救出される?

Mr.コンプレスは敵連合の幹部の一人でした。

超常解放戦線での戦いで、Mr.コンプレスの正体がデストロと同じ時代に暗躍していた稀代の怪盗、張間の子孫と判明しましたね。

そして自身の個性『圧縮』を使い、追い詰められた死柄木や荼毘、スピナーを離脱させました。

現在は死柄木達を逃す際に大怪我をしたので、刑務所には入らずヒーローに拘束されている状態です。

彼は最終決戦の際に死柄木達に助けられ、再び敵連合として暴れるのでしょうか?

しかし彼は治療されたとはいえ、自らの脇腹を個性で抉り重傷を負いました。

さらに圧縮の個性は非常に役立ちますが、必ずしも危険を犯して助け出し、即戦力として扱うことはないでしょう。

偶々Mr.コンプレスがいるところを襲撃して解放するか、ヒーローに勝利した後に解放するつもりかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|雄英システムは本当に破れない?

現在雄英高校では生徒達だけではなく、多くの避難市民を受け入れています。

確実に襲いかかってくるであろう敵連合のために、雄英の校長は私財を投資して強固な雄英防衛システムを開発しました。

いざとなれば地下に潜り、関西にある士傑高校などへ逃げることもできます。

さらに防衛システムはサポート科によって更なる進化をし続けている途中です。

そんな防衛システムですが、本当に敵に対して有効なのでしょうか?

現在の雄英に入るには厳重な身分証明をクリアして入るのですが、敵の一人が内部潜入してしまえば中から瓦解してしまいます。

また、解放軍に所属していたスケプティックなどの情報操作によって市民を密かに扇動してしまう可能性もあります。

内部からシステムを壊されないよう、もしもに備えてサポート科が改善してほしいですね。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話考察|ヒロアカを読んだ感想や予想ツイート

ヒロアカ367話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話確定速報

ヒロアカ368話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

 

ヒロアカネタバレ最新話368話確定速報まとめ

最新話速報としてヒロアカ368話のネタバレを紹介してきました。

ヒロアカ367話では、オール・フォー・ワンは戦いと言うのを分かっているなと思いましたね。

緑谷と戦っても勝てると思っている筈ですが、まともに戦ったら勝ったとしてもかなりのダメージを受けると踏んでいたと思います。

それ故に敢えて挑発を行って、怒りで冷静を失わせて単純な動きしか出来ない状態にして勝とうとしたのでしょう。

それを踏まえると戦いを理解している感じがしました。

今後のヒロアカの展開も気になりますね。

ヒロアカ368話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

以上「【ヒロアカネタバレ最新話368話確定速報】遠距離攻撃で攻めていく緑谷」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る