僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカネタバレ327話最新話】死柄木との決戦は一か月以内?

【ヒロアカネタバレ327話最新話】オールマイトにステインが再び火をつける!

2021年9月27日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌327話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ326話では、ステインがついに姿を現しました。

自分の命に代えてでも守らねばならない弟子を止めることができず、結局子供たちの手でデクを連れ戻してもらったことにオールマイトは気落ちしていました。

かつて銅像が立つほどの英雄だったオールマイトはもはや見る影もなく、失意のどん底にいました。

しかしそんなオールマイトの前にステインが現れ、オールマイトを通して見てきた真の英雄について語りました。

オールマイトがいなくなっても、彼の残した埋め火はずっと人々の心の中に残り、今大火になりつつあると諭します。

タルタロスでの情報を残して去るステインは、きっと平和な世の中に戻ってから最後に倒すべき敵なのでしょう。

ずっとオールマイトを見守っていた彼なりの咤激励だったのでしょうね。

オールマイトも前に向いて、これでヒーロー陣営に何の不安もわだかまりもなくなったと思われます。

準備万端のヒーロー陣営は、これからどのように巻き返すのでしょうか。

ヒロアカ327話の内容がわかり次第こちらのページで紹介していきます。

今回は「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ最新話327話】オールマイトが残した埋め火!ステイン再び火をつける!」と題しお届けします。

 

今後オールフォーワンを追うデクがどうなっていくのかも気になるところですが、これまでのオールフォーワンとの戦いも復習したくなりますよね?

またアニメで見ていて漫画は読んでない場合は、どんな感じになるのか漫画で読みたくなるのではないでしょうか?

そこでヒロアカの最新刊の漫画を無料で読めるサイトを見つけました!

そのサイトとはU-NEXTというサイトです。

現在31日間無料お試しキャンペーン実施中で漫画が無料で1冊読めてしまうポイントをもらうことができます。

このポイントを使ってヒロアカの最新巻を読めてしまうというわけです。

またこの期間内にヒロアカのアニメを始め無料で見られる映画やドラマなどもありますので、ついでに1か月楽しめるのではないでしょうか?

もし使いにくかった場合は、期間内に解約すれば1円もかかりませんので、ご安心ください。

現在登録者がどんどん増えていて、いつこのキャンペーンが改悪されるのかわかりませんので、今の内にお試ししてみませんか?

この機会にヒロアカを復習してみてください。

\ヒロアカアニメも無料でイッキ見!/

本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

目次

ヒロアカネタバレ327話最新話考察

今後のヒロアカはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ヒロアカ最新話326話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|ステインが残した情報とは?

失意の中にいるオールマイトに近寄ったのはステインでした。

英雄の矜持を失ったオールマイトに、かつてオールマイトに見た英雄の矜持を語り、その火は人々の心の中に確かに残っているのだと諭しました。

そして自分はあくまでも敵であり、最後に倒すべき相手だと告げてタルタロスで得た情報を書いたメモを残してどこかへと去って行きました。

タルタロスで収容されている間はステインも僅かな情報しか得られなかったと思われますので、メモに残された情報はタルタロス襲撃時から後の情報でしょう。

死柄木がタルタロスを襲撃し、オールフォーワンが解放されて他の凶悪なダツゴクに交渉していたと判明しています。

ステインが残した情報は、その時オールフォーワンに勧誘されデクの刺客となったダツゴクの情報ではないのでしょうか?

だとするとかなりの対策が取れるので、デクたちも動きやすくなると思われます。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|ワンフォーオール初代から二代目への継承が二代目継承者の個性の謎を解く鍵となる?

いまだにワンフォーオール二代目継承者の個性個性が明らかになっていません。

現在二代目継承者についてわかっているのは、人々を操って混乱を起こしていたオールフォーワンに対抗する勢力の一人であったことと監禁されていた初代を助けたことです。

初代との出会いは明らかになり、初代はオールフォーワンとの戦いの中で死亡したと思われます。

初代はオールフォーワンから無個性と思われており、「個性をストックする」個性を与えられてそこで自分が「個性を他人に与える」個性を持っていると知りました。

そしてその二つの個性が混ざり、「個性を育て上げ、譲渡する」個性へとなったと気が付いたのです。

他の継承者と同様、初代も死亡する寸前のところでその個性を発動し、二代目継承者へと継承したと思われます。

初代は二代目が自分を救ってくれたこと、そして二代目の個性が以後継承する際に有能な個性であると理解して継承したのではないのでしょうか?

まだ二代目継承者の胸の内が明らかになっていないので、その説明があるときに二代目継承者の個性が分かるかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|A組の青山は内通者が誰か知っている?

現在もヒロアカファンの中で議論が行われているのが、「誰が敵連合の内通者なのか?」ですね。

最終章に入ったこの大局面で内通者は必ず動いてくると思われますが、現在A組の中に内通者がいるのではないかという線が濃厚です。

そんな中で特に怪しいのが青山・切島・葉隠です。

しかしここで過去の話を見てみると、青山は割と早い段階で内通者を匂わせる動きをしながらそうではなさそうな動きをしていました。

時にはブロックチーズを使って「僕は知っているよ」というメッセージを残していました。

これはデクがワンフォーオールの継承者であると知っている、ということではなく、内通者が誰かということを知っているという意味ではないでしょうか?

今まで大っぴらに言い出すことができずにいるのか、はたまた根津校長には告げており、根津校長の判断で内通者を泳がせているのかは分かりません。

青山は果たして内通者を知っているのでしょうか?

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|トガヒミコは本当に雄英にいない!?

雄英に多くの市民が避難していますが、根津校長をはじめとしたプロヒーローたちは敵連合で唯一変身の個性を持ったトガヒミコを警戒しています。

トガは解放戦線の際にお茶子と遭遇して以来、行方が分かっていません。

既に雄英に市民の一人として紛れ込んでいるのでは、という考察もありましたが、校長はトガ対策として避難してきた人々をまず一定時間隔離しています。

今までにトガに遭遇した際に、血液を摂取してから変身が解けるまでの持続時間を割り出し、その時間だけ市民を隔離することで雄英に入られる前に炙り出せるようにしました。

これでトガが雄英に入ることは出来なくなったようですが、本当に潜入できないのでしょうか?

トガは超常解放軍との戦いで自身の個性を成長させ、変身した相手の個性まで完全コピーすることができるようになりました。

なので変身時間も伸びている可能性もあります。

血のストックさえあれば、既に雄英に潜り込んでいてもおかしくはありませんね。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|黒霧は白雲に戻れる?

かつて死柄木の仲間で敵連合の一員だった黒霧は、死穢八斎會捜索と同時期にグラントリノに捕まりました。

その後タルタロスに収容されましたが、取調べに答えることなくブレーカーが落ちたように無反応になってしまいます。

しかしその正体はかつてプレゼントマイクやイレイザーヘッドの親友であった白雲でした。

二人の必死の呼びかけによって、僅かに白雲の意識が戻った際にドクターに繋がるヒントを呟いて、その後はまた沈黙を貫いています。

タルタロス襲撃の際に連れて行かれたかと思いましたが、ヒロアカ325話のイレイザーヘッドこと相澤先生が今も対話を試みていることからヒーロー側で保護されているようです。

オールフォーワンはもう黒霧を必要としていない、という意味でしょう。

現在入院中の相澤先生は黒霧の中から白雲の意識を取り戻そうとしていますが、果たして黒霧は元に戻るのでしょうか?

元々の白雲は死亡した身で、黒霧はその死体を使って出来た存在なので、完全に元に戻ることはないでしょう。

しかし少しでも白雲の意識を取り戻し、何らかの形で相澤先生やプレゼントマイクと意思疎通を取れるようになってほしいですね。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|お茶子はトガヒミコも救いたいと思っている?

お茶子がヒーローを目指した理由は、両親を笑顔にするためでした。

その笑顔にする対象が両親から周りの人々、そして市民の人々になり、今もずっとその行動理念は変わっていません。

その為、お茶子は324話で市民の人々に向かって「みんなで笑うためにデクを雄英高校で休ませてほしい」と叫びました。

そんなお茶子ですが、デクを雄英高校で休ませてほしいと叫んだ際にトガヒミコのことが脳裏に過ぎりました。

解放戦線の混乱の中でトガヒミコと応戦したお茶子は、彼女の心の一端を知り、そして自分たちは分かり合えないと拒絶しました。

しかしお茶子の中では、それでもトガヒミコのことを気にしているのでしょう。

自分が望む世界ではトガヒミコは笑顔になれず、『みんな』の中に入れないことになります。

どこかでお茶子はトガヒミコを救いたいと思っているのかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|デクの装備が新しくなる?

ボロボロの状態でデクはようやく雄英高校に帰ることができました。

市民には拒絶されましたが、お茶子の説得によって「また戦えるように」とやっと雄英高校で休むことを受け入れてもらえそうです。

リカバリーガールもいるので、デクの負った小さな怪我や疲労はすぐに取れるでしょう。

しかし装備はボロボロの状態なので、どうにかして直さねばなりません。

ここでデクの装備が心機一転で新品に変えてもらえるのではないでしょうか。

雄英高校を飛び出したときに、ワンフォーオールの力を制御できる手袋などの装備をもらえたので、さらに改良を加えた装備がつきそうですね。

装備が新しくなったデクはより敵と戦いやすくなると思われます。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|オールフォーワンはもう刺客を送ってこない?

デクを次のターゲットに決めたオールフォーワンは、デクに多くの刺客を差し向けてきました。

単にワンフォーオールを狙ってのことですが、しかしオールフォーワンは人の心に付け入ったり心を折るのが得意です。

まだ人としてもヒーローとしても未成熟なデクの心を折ろうとして、レディ・ナガンから立て続けに刺客を送り続けました。

凶悪ダツゴクとの連戦とレディ・ナガンの一件、そしてオールフォーワンからの言葉にデクは目論見通りにボロボロになってしまいました。

しかし爆豪をはじめとしたA組の仲間たちがデクの心を引き戻したので、デクの消耗は一旦解消されそうです。

ここでオールフォーワンはいくら刺客を送っても、デクに協力する仲間たちが出てきたことによりあまり効果がないと悟ると思われます。

まだ死柄木の完全回復はできていないと思われますので、新たな策を考えてデクを翻弄してくるはずです。

果たしてどんな策を練り、ダツゴクを使ってデク達を苦しめるつもりなのでしょうか?

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|デクの情報はどこから洩れた?

超常解放戦線のときにある程度オールフォーワンとワンフォーオールの話は戦いの後でマスコミにバレていまします。

しかし作戦中、デクが狙われているという情報はその時点では洩れてはいませんでした。

なのにデクが雄英高校に戻ってきた際にはその事実もバレていました。

さらには『デクがワンフォーオールを持っている』、『ワンフォーオールは脳無である』というデマも入り混じった情報が市民の中に伝わっていたのです。

ネット上のデマなどに踊らされたようで、何が真実かどうかがわからない様子です。

そもそも作戦でのワンフォーオールの件はエンデヴァーが無意識に口から出てしまったことで露見しました。

しかしそのワンフォーオールをデクが持っているということは、超常解放戦線に出て無線を聞いていた限られたヒーローしか知りえません。

心が折れて辞めてしまった元ヒーローが情報を洩らしたのかもしれませんが、そもそも主要ヒーロー以外は作戦の要にはなっていませんでした。

描写からはネットに上がっていた動画に陰謀論のように上がっていましたが、その情報もどこから漏れたのかもわかりません。

市民に情報を洩らしたのは敵連合、もしくは内通者かもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|デクが本格的に死柄木捜索を行う!?

雄英高校に戻ることのできたデクは、現在の世間の情報をプロヒーローの13号から聞きました。

現在は避難者の誘導もかなり終わっており、雄英高校周辺の街にはヒーローを拒む自警団とダツゴクしか徘徊していないようです。

そして避難誘導に人手を割いていた分を、デクが今まで行っていた人助けやダツゴクの捕縛へと当てることができるそうです。

少し休養が必要なデクはしばらくは活動はしないかもしれませんが、一時的な休養が終わればまた動き出すと思われます。

その時デクは今までしがらみとしてあったヒーロー活動をいったん休止し、最大の敵である死柄木捜索に乗り出すと思われます。

現状オールフォーワンと繋がっているワンフォーオール、それを持つデクにしか死柄木を探すことができません。

デクが死柄木を探す方が先でしょうか、もしくは死柄木がデクを探す方が先か、どちらになるのでしょうか?

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|死柄木の体は既にオールフォーワンに乗っ取られている?

超常解放戦線後の死柄木はタルタロスなどの監獄をいくつか襲った後、その行方を眩ませています。

かなりの重傷を負った死柄木は体を完全に元に戻すために休養していると思われますが、最後に物語に出た時には死柄木自身の意識はありませんでした。

その代わりに死柄木の体を動かしていたのは、死柄木を敵として育てたオールフォーワンでした。

元々オールフォーワンは不自由となった自分の体を捨て、死柄木の体を乗っ取ろうとしていたのでしょう。

そんな死柄木自身の意識が現在戻っているのかどうかが分かりませんが、もしかしたら既に死柄木の意識はなく、オールフォーワンに体を乗っ取られてしまっているかもしれません。

そうなればデクと死柄木の戦いは実質オールフォーワンとの戦いとなります。

死柄木をも救いたいと思っているデクは、死柄木をオールフォーワンから救い出せるのでしょうか?

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|内通者は三人の中にいる!?

A組の仲間たちのほとんどはデク確保のために動いています。

しかし直前まで戦っていて確保したディクテイターをエンデヴァーに引き渡すべく、三人の生徒が残っていました。

切島鋭児郎と葉隠透、そして青山優雅の三名です。

ほかの仲間たちはデクに対し思い思いの言葉を告げていますが、この三人はまだ言えていません。

もし内通者がいるのならば、ここでネタバラシをしてくるでしょう。

初期の頃から怪しいとされている青山がかなり気になりますが、葉隠も怪しいとされています。

切島は解放戦線のときにかなりの雄姿を魅せてくれたのでネット上での疑いの声は少ないですが、まだはっきりと否定できる段階ではないと思われます。

果たしてこの三人の中に内通者がいるのでしょうか?

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|オールフォーワンはまだギガントマキアを諦めていない?

オールフォーワンの奥の手の一つであったギガントマキアでした。

しかし超常開放戦線でギガントマキアはヒーローに捕らえられてしまいます。

現在はオールフォーワンがギガントマキアを収監するはずだった監獄『タルタロス』も破壊してしまい、囚人を脱獄させてしました。

さらに様々な町が被害を受けたことにより、ギガントマキアの処遇がどうなっているかは明らかになっていません。

タルタロスは壊滅状態であり、日本一の監獄であるとも言えたので、ギガントマキアを完全に収容できる場所はほぼないでしょう。

勿論警護はしているでしょうが、オールフォーワンは完全復活した際にはギガントマキアを解放させようとするのではないでしょうか。

ギガントマキアほどの戦力は存在しないでしょう。

手に入れれる範囲であり、自分に忠実であるギガントマキアをオールフォーワンは手元に置いておきたいと思われます。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|爆豪がワンフォーオール二代目継承者の個性発動の鍵!?

現在デクはワンフォーオール継承者達の個性をほとんど使いこなせています。

が、二代目の個性が発動している描写はまだ出てきてはいません。

もしかするともう獲得はできているのかもしれませんが、恐らくまだ発動できないのだと思われます。

そんな二代目は見た目が爆豪にとてもよく似ています。

ヒロアカ318話では二代目がデクを支える存在が足りないとでもいうような描写を見せた途端に、デクの危機に爆豪が駆けつけました。

二代目継承者の個性を発動させる鍵は、爆豪にあるのではないのでしょうか。

彼はオールフォーワンが支配していた暗黒時代に、三代目達と共に活動していたので、仲間のいる強さを知っています。

その強さをデクを知った時、二代目はまだ個性を発現させようとしているのではないのでしょうか。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|心操はA組に入った?

雄英高校の普通科の生徒であり、デクと同学年である心操人使は元々はヒーロー科志望でした。

しかし『洗脳』という個性ゆえに入試試験で活躍することができませんでした。

しかし雄英体育祭でその才能を見せつけ、イレイザーヘッドにも認められ、ヒーロー科の編入試験を受ける機会も勝ち取れました。

そして編入試験に合格したので、二年生からはヒーロー科に編入することに決まりました。

しかしヒーロー科はA組とB組の二つあり、二年生になるまではどちらに入るかは分かりません。

そして心操の編入は4月であり、デクは4月現在雄英高校を飛び出してしまいました。

デクが再びA組のメンバーと再会する時に、心操が混ざっているかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|まだ出ていないデクの父親とは

作中でデクの家族は母親しか確認されていません。

しかし存在しないわけではなく、デクが無個性だと分かった時に病院にかかった時に父親の久の話は少し出てきました。

現時点で分かっているのは「火を吹く個性である」ことと、デクの母親の口振りから「海外赴任している」ということです。

そして原作者の堀越先生の話では、デクの父親の久については「作中に出せる時が来たら出す」と話しています。

ヒロアカ最終章に入った今こそ、デクの父親についての話が出るのではないのでしょうか。

そして海外ヒーローが出てきそうな気配があるので、ますます海外赴任のデクの父親が出てきやすい状況ですね。

もしかするとデクは知らないのかもしれませんが、デクの父親である久は海外でヒーロー活動をしているのかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話考察|ヒロアカを読んだ感想や予想ツイート

ヒロアカ326話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話確定速報

ヒロアカ327話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話確定速報|久しぶりのA組の生徒たちとの団らん

雄英に戻ってこれたデクは、いの一番にA組の男子たちにお風呂場へと担がれていきます。

ドロドロに汚れたデクをまずは洗おうと次々服を脱がし、A組の男子たち全員でデクを洗いながら湯船につかります。

その中には和解した爆豪の姿もあり、態度は今までと変わらないとツッコまれながらも、一番になるのは変わらずデクを含めたみんながライバルだと爆豪は宣言しました。

風呂上がりには寮の団らん室で、ほとんどのA組の生徒たちがくたくたになって寝てしまい、デクはそんなみんなを見ながら「ありがとう」「ごめん」と口にします。

起きている常闇はホークスから連絡がない事に怒ったり、まだ起きてデクに話しかける仲間にデクが一番疲れているから寝かせてやれと諭す轟がいたりとくつろいでいます。

しかしデクはまだ眠らないと首を振ります。

あの日オールマイトの手を振り払ってしまったことを悔やんでいました。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話確定速報|和解するオールマイトとデク

そんなデクの前にオールマイトが現れました。

謝罪するオールマイトにデクは萎縮しつつ、さらにオールマイトは決戦の日はもうすぐだと伝えます。

思い悩んでいたオールマイトの前に現れたステインによって自分のしなくてはならないことを理解し、そしてステインから情報を得たと話します。

自分も一緒に地べたを這いずると覚悟をしたと言いました。

しかしそれでもあまり力になれないかもしれないと口ごもるオールマイトの言葉をデクは遮ります。

解放戦線後、一人で活動し始めた直後のデクに差し入れとして渡したトンカツ弁当が、デクにとってはとても力になっていたと伝えました。

オールマイトから離れたから自分は道を間違えたのだと言い、これからは一緒に守っていきましょうとデクは和解を口にするのでした。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話確定速報|さらなる向こう側を目指すA組

デクと和解したオールマイトは、これからエンデヴァーと合流しようと早々にデクたちの前から去って行きました。

エンデヴァーは雄英に入らないのかという疑問に、轟はエンデヴァーは荼毘の件もあり、まだ許されたのはデクだけでそれでも避難民全員が味方になったわけではないと言います。

オールマイトと話せて安心して寝てしまったデクに轟が毛布を掛けながら、自分も荼毘の弟でエンデヴァーの息子であることに不安要素として見られていると語ります。

その言葉に怒る切島でしたが、轟はだからこそ自分やエンデヴァーは安心できる存在だと認めてもらえるように証明していくことを誓いました。

そして起きているA組の生徒たちは自分たちもやれることを最大限にやろうと心に刻むのでした。

元の日常を取り戻すだけでなく、以前よりも人々とヒーローがより良い関係を築ける社会にしようと心に刻みます。

更なるPLUS ULTRAを描きながら、眠るデクをみんなで囲んでいました。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話確定速報|決戦は一か月以内!

場面は車内のホークスとベストジーニストに変わります。

拘留中の殻木博士やセントラルの脳無の研究結果などをすり合わせていった結果、「死柄木の完全復活には最低でも二ヶ月が必要」と判明します。

さらにデクが捕らえてきたダツゴクの証言からも、オールフォーワンは完全復活より先にデクのワンフォーオール獲得を目論んでいると結論付けました。

死柄木が最後に活動したのはタルタロスの襲撃で、それから一か月経っていました。

なので死柄木に先制攻撃をかけるとすれば一か月以内しかないと思っていましたが、ステインの手に入れたタルタロス警備記録によって、違った結果になると判明しました。

紙に書かかれていたのはただのオールマイトへのラブレターで、本当の情報はナイフに隠されたSDカードに入っていたのでした。

ヒーロー殺しがヒーローを後押しするとは、と皮肉を口にしながら、エンデヴァーは空を飛び去って行くのでした。

 

ヒロアカネタバレ327話最新話確定速報まとめ

最新話速報としてヒロアカ327話のネタバレを紹介してきました。

ヒロアカ327話では、具体的に死柄木との決戦が見えてきましたね。

雄英に戻ったデクは仲間たちとくつろぎながら、やっとオールマイトと和解も果たせました。

しかしまだまだエンデヴァーへの反感や、全ての人々がデクやヒーローに対する疑心を拭い去ったわけではないと言います。

安心して眠るデクを囲みながら、A組の生徒たちは以前よりもより良い社会を作れるようにしようと決意しました。

そしてホークスとベストジーニストの調査によって、死柄木の完全回復にかかる時間が判明します。

タルタロス襲撃から一か月たった今、不意討ちで死柄木完全復活前に倒すためには一か月以内に動かなければならないという結果になりました。

しかしそこにステインの情報が持ち込まれたことで、また違った結果となってしまうようです。

果たしてステインの持ち込んだタルタロス監視記録によって何が分かったのでしょうか?

死柄木襲撃は本当に一か月以内に行われるのでしょうか?

今後のヒロアカの展開も気になりますね。

以上「【ヒロアカネタバレ327話最新話確定速報】死柄木との決戦は一か月以内!?さらに向こうを目指すA組!」と題してお届けしました。

\ヒロアカアニメも無料でイッキ見!/