僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカネタバレ最新話342話】先導者スピナーが敵連合の末端を率いる?

【ヒロアカネタバレ最新話342話】先導者スピナーが敵連合の末端を率いる?

2022年2月7日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌342話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ341話では、ヒーロー側と打って変わって敵側の様子が明らかになりました。

トガヒミコはかつての自分の家に戻り、過去の抑圧された自分の思い出に浸っていました。

荼毘はそんな彼女を嘲笑いながら、トガには利用価値があると言い、超常解放戦線で回収していたトゥワイスの血を差し出すのでした。

トガの進化した個性ごと相手をコピーする個性で、トゥワイスの物を増やす個性を蘇らせるつもりですね。

トゥワイスの個性はその危険性から、ホークスもやむおえなくトゥワイスを排除したのですが、ここにきてまたその危険が起こってしまう可能性が生まれました。

さらにスピナーはスケプティックによって、異形の個性を持つ暴徒たちに祀りあげられようとしています。

すでに手遅れと諦めてしまうスピナーですが、このまま暴徒を率いてスピナーが敵連合の一部を操るのでしょうか。

そして死柄木に起こっている変化は何なのでしょうか?

ヒロアカ342話の内容がわかり次第こちらのページで紹介していきます。

ヒロアカ342話は1週休載を挟み、2月7日発売の週刊少年ジャンプに掲載されますのでご注意ください。

今回は「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ最新話342話】先導者となったスピナーが敵連合の末端を率いる!?」と題しお届けします。

 

今後オールフォーワンとの最終決戦がどうなっていくのかも気になるところですが、これまでの戦いも復習したくなりますよね?

またアニメで見ていて漫画は読んでない場合は、どんな感じになるのか漫画で読みたくなるのではないでしょうか?

そこで探していたところヒロアカの漫画全巻をお得に読めるサイトを発見。

それはAmebaマンガというサイトです!

知名度抜群のブログサービス「アメブロ」のサイバーエージェントが運営しています。

聞いたことがある会社のサイトというのは安心ですよね。

このAmebaマンガの最大のおすすめポイントは、新規登録キャンペーンにあります!

なんと登録すれば100冊までどの漫画でも最大半額で購入できてしまうキャンペーンなのです。

さらには支払い金額の1%のポイント還元や、「ミッション」をクリアするとポイントが獲得できるなど、お得なサービスもあります。

半額クーポンがゲットできるのも今だけの可能性もあるので、早めの登録がおすすめです。

この機会にヒロアカを復習してみてくださいね。

\新規登録キャンペーン実施中/

 

目次

ヒロアカネタバレ最新話342話考察

今後のヒロアカはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ヒロアカ最新話341話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|オールフォーワンの言う『個性終末論』とは?

本編でも何度か登場した『個性終末論』や『個性特異点』と言う言葉があります。

ヒロアカ341話でオールフォーワンが、死柄木が個性終末論を超克しつつあると口にしました。

この個性終末論とは、個性が人類に発生し世代を重ねて交配することによって個性がより複雑化していく進化によって起こる終末論だそうです。

より複雑で強大化した個性はやがてコントロールを失う個性特異点を生み、使用者自身を破滅させると言われています。

その例として、ワンフォーオールを受け継いだデクは、その精神がブレると個性のコントロールが効かなくなり、体を壊しています。

この個性終末論、特異点を超克するということは、膨大化された個性のコントロールを完全に支配できるようになるということではないでしょうか?

死柄木はオールフォーワンとの同調によって、さらに個性が進化しているのだと思われます。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|トゥワイスの血を使って数の暴力を目論みる!?

超常解放戦線での戦いで、敵連合幹部の一人だったトゥワイスが死亡しました。

しかしその死亡直後に、荼毘はその血を回収しており、トガに提供することでトゥワイスの再来を目論んでいます。

トゥワイスの個性は『二倍』で、一つのものを二つに増やすという単純なものです。

しかし増やしたものをさらに増やすことができ、さらに人間の増加もできるので、耐久は下がりますが数の暴力を行うことができます。

敵連合の構成員は多くはなく、戦闘のプロでもないので簡単にプロヒーローに捕まってしまうでしょう。

ですが、公安のスパイであったホークスでさえ恐れたトゥワイスの個性があれば、プロヒーローの作戦も打ち破れるでしょう。

死してなおその脅威を奮うトゥワイスの個性に、プロヒーローは対処できるでしょうか?

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|雄英高校を内部から攻撃するのは異形の個性保持者たち!?

最終決戦にむけてヒーロー側も敵連合側も着実に動きはじめています。

そんな中で、ヒーロー側はなんとか市民を守ろうと可能な限り雄英高校に避難させ、さらに鉄壁の守りで敵に手を出させないつもりです。

しかしここで内部から攻撃される恐れがあるのではないのかと思われます。

スケプティックによって、スピナーは全国の異形の個性保持者にとっての先駆者のような存在に祭り上げられてしまいました。

最終章開始にも、狐の容姿をした女性がほかの市民から襲われていたため、まだ市民の中には異形の姿をする個性保持者を心のどこかで差別しているのでしょう。

雄英に避難している市民の中でも、異形というだけで恐れられ、差別され、不遇を受けたことにより異形の個性保持者の優遇を願う人々はいるはずです。

そしてその人々の中に、スケプティックと繋がっている人物がいるのではないでしょうか?

その場合内部攻撃を受けることとなるので、ヒーロー側にとってとても不利な状況になると思われます。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|心操が作戦の要となる!?

敵連合との最終決戦にむけて、プロヒーローたちに混じってヒーロー科の生徒たちが動く中、作戦本部も動き始めていました。

会議に参加したオールマイトは、死柄木やオールフォーワン、荼毘などの敵をそれぞれ引き離さなければならないと言いました。

しかし主戦力の死柄木やオールフォーワンを単独行動にしたとしても、他の敵が固まって行動してはヒーローも苦戦します。

なんとか散り散りにしたいところですが、ヒーロー達は解決策が思い浮かばない様子です。

ここで、ヒーロー科に編入予定の心操が活躍するのではないでしょうか。

心操の個性は『洗脳』です。

彼特注のボイスチェンジャーを使って敵を惑わし、洗脳した敵を操って同士討ちや誘き寄せることができます。

敵を拡散させて各自撃破することができるので、心操の個性が活躍するでしょう。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|ミルコは最終決戦に参加する?

プロヒーローの中でもトップ5に入るのがウサギの個性を持つミルコです。

その強さは折り紙付きで、超常解放戦線では博士の地下工房に蔓延っていたハイエンド達を何体も相手取っていました。

しかしその際に大怪我を負い、片腕が千切れてしまいました。

そんな彼女は最終決戦に参加するのでしょうか?

負傷した彼女は、なくなった片腕を義手に変えたようです。

ミルコの最大の武器は兎特有の強力なキックなので、それを繰り広げられる足が無事ならばまだまだ戦えるでしょう。

ミルコはエンデヴァー達に並ぶ最高戦力に数えられるはずです。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|雄英システムは本当に破れない?

現在雄英高校では生徒達だけではなく、多くの避難市民を受け入れています。

確実に襲いかかってくるであろう敵連合のために、雄英の校長は私財を投資して強固な雄英防衛システムを開発しました。

いざとなれば地下に潜り、関西にある士傑高校などへ逃げることもできます。

さらに防衛システムはサポート科によって更なる進化をし続けている途中です。

そんな防衛システムですが、本当に敵に対して有効なのでしょうか?

現在の雄英に入るには厳重な身分証明をクリアして入るのですが、敵の一人が内部潜入してしまえば中から瓦解してしまいます。

また、解放軍に所属していたスケプティックなどの情報操作によって市民を密かに扇動してしまう可能性もあります。

内部からシステムを壊されないよう、もしもに備えてサポート科が改善してほしいですね。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|田舎でも増えた敵はオールフォーワンの指示?

デクたちがプロヒーローと合流した頃、雄英の三年生ビッグ3のうち二人が大阪でヒーロー活動をしていました。

超常解放戦線での被害は関東だけでなく、関西にも広がっているようです。

ファットガムやリューキュウたちは田舎でも敵が活性化していることをに気がつき、さらに田舎から逃げてきた人々に憂いていました。

田舎で活性化している敵はオールフォーワンの指示で動いているのではないでしょうか?

ダツゴクや治安の悪化、解放軍の残党で世の中が荒れていることは間違いありません。

ですがそれすら予想していたオールフォーワンは、一見統率の取れていない敵たちを誘導しているのではないでしょうか。

活発化した敵は陽動で、オールフォーワンはわざと田舎の市民を都市に集めて何かをしようとしているのかもしれません。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|海外のプロヒーローは最終決戦に間に合う!?

日本にいまだ根を張り活動するオールフォーワンは、海外にも影響力を持っています。

オールフォーワンが復活した時、世界中のプロヒーローたちが日本に集結しようとしました。

しかし、それを察知していたオールフォーワンが海外の敵を煽ったのです。

それにより、海外のプロヒーローは日本に来ることが出来なくなっています。

日本のプロヒーローたちは、超常解放戦線で多くの被害が出たり、ヒーローをやめたりと数が減っています。

ここで戦力を増やすためにも、世界中のプロヒーローが日本に来て欲しいところです。

果たして彼らは間に合うでしょうか?

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|デクの情報を流したのは元異能解放軍の残党?

超常解放戦線との戦いの後、デクは雄英を飛び出しました。

そしてA組のみんなの説得によって、デクは雄英に無事に戻ることができました。

しかしその際、避難していた人々はデクがオールフォーワンに狙われているなどの情報が流れていたのです。

デクやオールマイトが隠していた情報は、描写的には動画サイトに陰謀論として上がっており、それが伝播したと思われます。

その情報を動画サイトに流したのは元異能解放軍の残党ではないでしょうか?

元々異能解放軍に所属していた、参謀の一人であるスケプティックは情報通です。

個性で作った人形にパソコンから指示を出しており、超常解放戦線後もヒーローから逃れて残党に支持を出していました。

デクの情報漏洩も、彼の企てた策の一つかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|葉隠は本当は透明化を解除できる?

A組の女子生徒である葉隠透の個性は『透明化』です。

自らの体を透明化させ、隠密行動ができるようになっています。

しかしいまだに彼女が透明化しかなれない異形型なのか、透明化を解除できる変化型なのかがわかっていません。

青山の内通者バレの時に、青山のビームを反射させて軌道を変えることが出来ました。

葉隠曰く、光の屈折によって体を発光させ目眩ししたり、ビームを防御できるのだと言いました。

その屈折を最小限にまで抑えれば、葉隠は自身の透明化の解除が可能なのではないでしょうか。

しかしその解除ができていたら、学校生活を送る上で透明化を解除して過ごしていると思われるので、まだわかりませんね。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|イレイザーヘッドは最終決戦に参加できる?

超常解放戦線で死柄木との交戦中、イレイザーヘッドは個性消失弾撃たれてしまいました。

『抹消』という他人の個性を一時的に封じ込める、稀有な個性をイレイザーヘッドは持っています。

そんな個性を消されればヒーロー側に大きな損失になると考え、自分自身で弾を撃ち込まれた足を切り落としました。

片足を失くしたイレイザーヘッドは、ヒーローとしての復帰が絶望的と思われましたが、義足をつけたようです。

まだ超常解放戦線からあまり月日は立っておらず、イレイザーヘッドは入院中の扱いです。

果たして彼は生徒たちとともに最終決戦に挑むのでしょうか。

義足は慣れるのに相当な時間がかかるので、普段の生活を送るリハビリだけでも大変なので、戦うための動きは出来ないと思われます。

しかしプロヒーローとしての矜持で、イレイザーヘッドはなんとしても戦いに参加すると思われます。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|相澤の作戦で黒霧が復帰?

敵連合との最終決戦でヒーロー側は先手を打とうとしています。

その為に、相澤は青山が内通者であることを逆手に取った作戦を立てました。

おそらくはオールフォーワンの指示通り、青山がデクを一人にした状態で誘き出すという囮作戦に出るでしょう。

しかし敵連合には、元プロヒーローのラグドールから奪った『サーチ』の個性があり、デクの近くに潜んでいてはバレてしまいます。

そこで相澤は、なんとかして意識の戻った白雲こと黒霧の個性『ワープゲート』を使うのではないでしょうか?

超常解放戦線後も相澤たちは、黒霧を元の白雲に戻そうとし、諦めていませんでした。

黒霧の状態で白雲の意識が戻り、少しでもその個性が使える状態ならば、敵連合に気がつかれずに囮作戦が行えますね。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|内通者はもう一人いる!?

ヒロアカ336話にて、青山がA組に紛れ込んだ内通者だと判明しました。

デクや葉隠にもバレてしまい、337話では捕獲されて雄英の教師や警察の塚内にも事情を話してしまいます。

オールフォーワンはデクを誘い出そうとして青山を使いましたが、彼自身は青山のことを『使い捨ての道具』と称しました。

ならばオールフォーワンにとって、まだ策はあるのでしょう。

もしかすると青山自体もブラフで、他の内通者がいるのかもしれません。

一番怪しいのは個性を若干偽っていた葉隠です。

彼女がもう一人のオールフォーワンの内通者でしょうか?

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|葉隠透の正体は公安所属!?

葉隠透は以前から内通者ではないかと噂されていました。

青山ほどではありませんが時折怪しい行動を起こし、透明化という個性を駆使して、何処にでも隠密行動を行うことができます。

さらにヒロアカ337話では、『葉隠は光を屈折させる性質』の個性ということが判明しました。

今までその情報は明かされていませんでしたが、ある程度奥の手を隠していたというべきでしょう。

隠密行動を行えるということは、事前にその個性を公安に見出されていたのかもしれません。

公安からの指示で内通者を探っていたのならば、青山が内通者であると一番に気がつけたのでしょう。

勿論、現在は学生なので公安の見習いだとは思いますが、内通者がいると発覚して公安から内通者探しを命令されたのかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|予想外の敵がまだ増える!?

現在、ヒーロー陣営と対立しているのは主に死柄木やオールフォーワンを代表とする敵連合です。

荼毘やトガ、ニア・ハイエンド6体に加え、超常解放軍の残党やダツゴクなども最終決戦での脅威と考えられています。

しかしA組との話し合いでオールマイトも、「恐らくそれだけではない」と言った障子に対し頷いていました。

オールマイト含むプロヒーローは、敵連合にさらなる戦力が加わると想定しているのです。

一番有力なのが他国の敵が日本に集まることだと思われます。

ですが、何人かはヒーロー陣営や雄英にいる内通者がいることを指しているのではないでしょうか?

もしかすると、内通者でいるということはもうA組の複数人が気がついていて、障子もそう言ったのかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|デクの存在が志村転弧を生かしている?

オールフォーワンと融合した死柄木の精神はかなり不安定な状態になっています。

そんな中、ヒロアカ334話でスターアンドストライプが最後に口にした「英雄の意志」という言葉に、精神世界の志村転弧が反応しました。

精神世界の転弧はオールフォーワンに飲み込まれながらも、その目に意思を宿しているように伺えます。

さらに超常解放戦線でデクは死柄木と精神世界で繋がりました。

精神世界の死柄木を見たデクは、助けを求める転弧の気配を感じ取っています。

それは死柄木こと転弧も、デクの気配を感じ取ったということでしょう。

オールフォーワンや死柄木に飲み込まれながら、無意識のうちに転弧はデクに助けを求めているのではないでしょうか?

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|残された一週間でデクは2代目の個性を覚醒させる!?

死柄木は復活しましたが、スターとの戦いでまた療養をしなければならなくなりました。

死柄木の負傷具合から、プロヒーロー達は一週間は死柄木やオールフォーワンが動けないと予想しているようです。

そしてその期間ののちに、デクたちは最終決戦に挑まなければなりません。

死柄木との戦いで万全を期すためには、デクは2代目ワンフォーオール継承者の個性の覚醒をしなければならないでしょう。

他の継承者の個性は今まで作中に出ていますが、2代目の個性はまだ出てきていません。

レディ・ナガン戦にしてもA組から逃走する時にしても、本気で戦うならば2代目の個性も使っていたはずです。

使っていなかったということはまだ2代目の個性をデクは覚醒していないと思われます。

果たしてデクは未だ明らかになっていない2代目の個性を使いこなせるのでしょうか?

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|死柄木の新しい人格は純粋無垢な悪?

超常解放戦線から死柄木の中にはオールフォーワンの人格が埋め込まれていると分かりました。

そしてヒロアカ331話から明確に明らかになり、その結果死柄木の中で新しい人格が生まれようとしていることも判明しましたね。

332話を見ると、死柄木とオールフォーワン、そしてかつて父親に蔑まれて初めて殺意を感じた原点である志村転弧の思考が混ざっているように見られます。

戦いに関しては知性的に回避したり攻撃しているようにも見えますが、スターアンドストライプの個性を解析して「試したい」と考えるところはどこかデクに似ているようでした。

これはかつてヒーローに憧れて様々なヒーローを見てきた転弧の感情だと思われます。

もしそれぞれの感情や思考回路が混ざったような新しい人格になるのならば、死柄木の憎悪、オールフォーワンの純粋な悪意、そして転弧の純粋さを持つのでしょう。

純粋無垢で攻撃的な人格は、まさに世界を壊そうとする敵にふさわしいと言えるでしょうね。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|スピナーはオールフォーワンを裏切る?

現在死柄木とは別行動し、オールフォーワンの護衛任務にスピナーは勤めています。

死柄木とは仲が良く、その生き方に共感して従っているようですが、無理矢理に死柄木を進ませているオールフォーワンのことはあまり好きではないようです。

理詰めで諭してくるオールフォーワンのことを苦手だと思っている節があるでしょう。

そんなスピナーは、いずれオールフォーワンを裏切るのではないでしょうか?

友達だと思っている死柄木が、自分の本来の人格すら切り捨てられて敵として活動させられていると思い、それは間違っていると気が付く可能性があります。

その時スピナーは間違いなくオールフォーワンではなく、死柄木の無事を取ると思われます。

果たして最終決戦のとき、スピナーはどのような動きをするのでしょうか?

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|荼毘は真っ先に轟焦凍を狙う!?

敵連合の荼毘の正体はエンデヴァーの息子の燈矢だと明らかになっていましたよね。

荼毘こと燈矢は父であるエンデヴァーに認められなかったことで憎悪を抱き、エンデヴァーが苦しむ様を見たいがために敵となりました。

ただ殺すのではなく、周りの人々を巻き込んでそれを見たエンデヴァーが苦しむのを目的として動いています。

そんな荼毘の次の標的は実の弟である轟焦凍ではないでしょうか?

焦凍はエンデヴァーが望み期待された半冷半燃の個性を持っています。

言わば轟燈矢の欲しかったものを全て奪っていった人間であり、エンデヴァーの中で今一番大切な人物と言えるでしょう。

そんな人間を消し去ることでエンデヴァーの夢を壊し、轟燈矢を否定した人物の抹消も行えると思っているのではないでしょうか?

だとすると最終決戦では荼毘と焦凍の一騎討ちになりそうですね。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|ワンフォーオール初代から二代目への継承が二代目継承者の個性の謎を解く鍵となる?

いまだにワンフォーオール二代目継承者の個性個性が明らかになっていません。

現在二代目継承者についてわかっているのは、人々を操って混乱を起こしていたオールフォーワンに対抗する勢力の一人であったことと監禁されていた初代を助けたことです。

初代との出会いは明らかになり、初代はオールフォーワンとの戦いの中で死亡したと思われます。

初代はオールフォーワンから無個性と思われており、「個性をストックする」個性を与えられてそこで自分が「個性を他人に与える」個性を持っていると知りました。

そしてその二つの個性が混ざり、「個性を育て上げ、譲渡する」個性へとなったと気が付いたのです。

他の継承者と同様、初代も死亡する寸前のところでその個性を発動し、二代目継承者へと継承したと思われます。

初代は二代目が自分を救ってくれたこと、そして二代目の個性が以後継承する際に有能な個性であると理解して継承したのではないのでしょうか?

まだ二代目継承者の胸の内が明らかになっていないので、その説明があるときに二代目継承者の個性が分かるかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|お茶子はトガヒミコも救いたいと思っている?

お茶子がヒーローを目指した理由は、両親を笑顔にするためでした。

その笑顔にする対象が両親から周りの人々、そして市民の人々になり、今もずっとその行動理念は変わっていません。

その為、お茶子は324話で市民の人々に向かって「みんなで笑うためにデクを雄英高校で休ませてほしい」と叫びました。

そんなお茶子ですが、デクを雄英高校で休ませてほしいと叫んだ際にトガヒミコのことが脳裏に過ぎりました。

解放戦線の混乱の中でトガヒミコと応戦したお茶子は、彼女の心の一端を知り、そして自分たちは分かり合えないと拒絶しました。

しかしお茶子の中では、それでもトガヒミコのことを気にしているのでしょう。

自分が望む世界ではトガヒミコは笑顔になれず、『みんな』の中に入れないことになります。

どこかでお茶子はトガヒミコを救いたいと思っているのかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|オールフォーワンはまだギガントマキアを諦めていない?

オールフォーワンの奥の手の一つであったギガントマキアでした。

しかし超常開放戦線でギガントマキアはヒーローに捕らえられてしまいます。

現在はオールフォーワンがギガントマキアを収監するはずだった監獄『タルタロス』も破壊してしまい、囚人を脱獄させてしました。

さらに様々な町が被害を受けたことにより、ギガントマキアの処遇がどうなっているかは明らかになっていません。

タルタロスは壊滅状態であり、日本一の監獄であるとも言えたので、ギガントマキアを完全に収容できる場所はほぼないでしょう。

勿論警護はしているでしょうが、オールフォーワンは完全復活した際にはギガントマキアを解放させようとするのではないでしょうか。

ギガントマキアほどの戦力は存在しないでしょう。

手に入れれる範囲であり、自分に忠実であるギガントマキアをオールフォーワンは手元に置いておきたいと思われます。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|まだ出ていないデクの父親とは

作中でデクの家族は母親しか確認されていません。

しかし存在しないわけではなく、デクが無個性だと分かった時に病院にかかった時に父親の久の話は少し出てきました。

現時点で分かっているのは「火を吹く個性である」ことと、デクの母親の口振りから「海外赴任している」ということです。

そして原作者の堀越先生の話では、デクの父親の久については「作中に出せる時が来たら出す」と話しています。

ヒロアカ最終章に入った今こそ、デクの父親についての話が出るのではないのでしょうか。

そして海外ヒーローが出てきそうな気配があるので、ますます海外赴任のデクの父親が出てきやすい状況ですね。

もしかするとデクは知らないのかもしれませんが、デクの父親である久は海外でヒーロー活動をしているのかもしれませんね。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話考察|ヒロアカを読んだ感想や予想ツイート

ヒロアカ342話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話確定速報

ヒロアカ342話の内容が分かりましたらネタバレ追記いたします。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話確定速報|発売日はいつで次回は休載?

1月31日発売の週刊少年ジャンプではヒロアカは休載となっております。

週刊少年ジャンプ発売の前週の木曜日から土曜日あたりに更新いたしますのでブックマークなどしてチェックしてみてください。

 

ヒロアカネタバレ最新話342話確定速報まとめ

最新話速報としてヒロアカ342話のネタバレを紹介してきました。

前話のヒロアカ341話では、敵連合の現状が明らかになってきました。

トガヒミコは生まれた家に戻り、過去の感傷に耽っていました。

そんな彼女に荼毘は事前に採取していたトゥワイスの血を渡し、これでプロヒーロー達の妨害をすると言います。

トゥワイスに助けられたトガが、死んだトゥワイスを再び甦らせるということですね。

そして死柄木を心配するスピナーは、スケプティックたちの扇動で異形個性保持者に祭り上げられてしまいました。

心の中ではこの状況を間違っていると考えていたようですが、既に自分一人ではどうしようもない状況だと諦めてしまいました。

このままヒーローサイドと戦う意志で加速する敵は、どのような動きをするのでしょうか。

そして苦しみ続ける死柄木は、体の中で何が起こっているのでしょうか?

今後のヒロアカの展開も気になりますね。

1月31日発売の週刊少年ジャンプではヒロアカは休載予定となっておりますので、お気を付けください。

ヒロアカ341話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

以上「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ最新話342話】先導者となったスピナーが敵連合の末端を率いる!?」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/