炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話】ハウメアと天照が選ぶ未来

【炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話】ハウメアと天照が選ぶ未来

2022年2月2日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「炎炎ノ消防隊」本誌301話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

炎炎ノ消防隊前話300話では、シンラはハウメアに向かって、新世界では命の価値を軽くした、死を身近にしたと告げます。

死んだはずの人間が復活していたのはそのためでした。

ハウメアはショックを受けたのかベールの中に閉じこもります。

するとシンラはこの世界をつづけるかどうかはハウメアが決めろ、嫌なら世界を壊すと言い、カロンを復活させました。

カロンはハウメアに自身の心残りを話します。

それはいつも心の中で泣いていたハウメアの笑った顔が見たいということ。

そして今一度ハウメアに会いたいと伝えます。

ハウメアは絶望聖女から元に戻り、愛らしい顔で「ずるい…」と言いました。

絶望聖女の絶望が祓われた今、世界はどうなるのでしょうか…?

「【炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話確定速報】ハウメアと天照が選ぶ未来」と題してお届けします。

 

今後の炎炎ノ消防隊の最終決戦がどうなっていくのかも気になるところですが、これまでの流れも復習したくなりますよね?

またアニメで見ていて漫画は読んでない場合は、どんな感じになるのか漫画で読みたくなるのではないでしょうか?

そこでお得に読めるサイトを探していたところピッタリのところを見つけました!

それはAmebaマンガというサイト!

サイバーエージェントが運営するアメブロでもお馴染みのサイトです。

聞いたことがある会社のサイトというのは安心できますよね。

このAmebaマンガの最大のおすすめポイントは、新規登録キャンペーンにあります!

なんと登録すれば100冊までどの漫画でも最大半額で購入できてしまうキャンペーンなのです。

さらには支払い金額の1%のポイント還元や、「ミッション」をクリアするとポイントが獲得できるなど、お得なサービスもあります。

半額クーポンがゲットできるのも今だけの可能性もあるので、早めの登録がおすすめです。

この機会に炎炎ノ消防隊を復習してみてくださいね。

\新規登録キャンペーン実施中/

 

目次

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察

今後の炎炎ノ消防隊はどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

炎炎ノ消防隊最新話300話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|ハウメアが選ぶ未来

炎炎ノ消防隊300話では、ハウメアが絶望聖女から元の姿に戻りました。

カロンやシンラたちの総意「かわいい」のシーン、とてもかわいかったですね…。

そのページの煽り文には「この可愛さが世界を救えた証明!聖女の絶望は祓われた!!」とありました。

つまり今のハウメアは絶望していないということ。

予告にも「選び取る未来」とあったので、ここからハウメアが選びたい未来を選ぶ展開となりそうです。

カロンとともに生きるという未来を選んでほしいですね。

2022年1月25日、作者である大久保篤先生が最終話を入稿したことをツイッター上で明らかにされました。

最終回ももうすぐですね。

300話の終わり方を見ると良い方向に流れているように見えますが、もうひと悶着くるのでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|天照の望みとは?

炎炎ノ消防隊300話では、ハウメアに共鳴した柱たち(天照、インカ、アイリス、スミレ)が描かれました。

インカはハウメアの選んだ道を見守ると話していましたが、その道を支持するとは言っていません。

命の価値が軽くなり、絶望が生まれなくなっても生きていたくないと考える柱はいるかもしれません。

その有力候補は天照。

天照は前回の大災害後から今回の大災害まで発電装置の中に閉じ込められていて、人を強く憎んでいるようでした。

シンラは天照が炎の中で泣いているようなビジョンも見ています。

シンラは万物を創造し直しましたが、そこに灰島関係者が登場していません。

それはハウメアに聞いたように天照の意思も聞くためではないでしょうか。

人々のために利用され憎しみを募らせてきた天照、その望みが明らかになる日は近いはず。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|狂気の世界の変遷

シンラが世界を創り直したため描写が変わりました。

このことを鑑みると、前回の大災害前の写実的な世界が今の感じになったのも大災害のせいではないのかもしれませんね。

救世主が世界を救うために変えたのかも?

前回の大災害を経験しているスミレあたりから詳しく話を聞きたいですね。

また、死ぬような致命傷を負っても生きていられる世界となりましたが、どうやったら死ぬのでしょうね。

「命の価値を軽くした=不老不死」ではないでしょう。

「死を身近なもの」ということは弾木や桜備はやはり死んでいるのかもしれません。

でも傍にはいられるということでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|シンラの蘇らせた人と蘇らせていない人

シンラが地球の人々を復活させました。

味方だけでなく、敵もみんなです。

分かる範囲でまとめました。

災害隊・リツ・黄・5thエンジェルス・ジョヴァンニ・勘太郎・浅草のおばあさん・新平太・火鉢・ヒカゲ・ヒナタ・紺炉・紅丸・ジョーカー・バーンズ・カリム・オニャンゴ・フォイェン・コニャンゴ・ラフルス一世・ゴールド・ストリーム・火鱗・アーグ・オグン・パーン・ナターシャ・ジョナス・アントン・新しい靴が履きたかった人・弾木・ジャガーノート・本田・オロチ・リン・フッちゃん・150話で出た司祭とシスター・白装束・聖陽の影・スコップ・ヤータ・テンペ・パンダ・サンチョ・シロバー・ヴァルカンの祖父・ヴァルカンの父・浅草を襲った鬼・浅草に出た偽物・灯城・レッカ×2・ナタク・火華・聖ラフルス修道院のシスターたち・宮本・ミカコファミリー・川口夫妻・1話で焔ヒトになった人・桜備・タマキ・マキ・火縄・ヴァルカン・リヒト・リサ・ユウ…等

柱は蘇らせていないのかなと思いきやナタクはいますね。

ラフルス一世なんてかなり前の人ですよね。

時間を行き来している内にシンラの時間の概念がボヤけてしまったのかもしれません。

しかし、アイリスや天照、スミレ、インカ、カロン、ヨナ、黒木、大黒、消防長官、万里の両親なんかはいません。

もちろん全員描けるわけはないので省略した人もたくさんいるでしょう。

ただアドラで消えた人たちや灰島関係者がリヒト以外ことごとくいないのにはワケがあるような気がします。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|シンラは発火能力をなくす?

ただ全員を復活させただけでは再び大災害が起こるでしょう。

となると何かを変えなくてはいけません。

一番ありそうなのは人から発火能力を奪うということ。

これまで東京皇国は「天照」という犠牲の下に豊かな生活を得ていました。

これも元を正せば発火能力があるからです。

しかし桜備大隊長は発火能力がなくても立派に消防官をしていたし、浅草の人たちも皇国の文化を拒否して暮らしていました。

彼らをお手本に、天照で築き上げたものとは違う文化を拓いていくのではないでしょうか。

シンラは人々を復活させましたが、灰島の人たちはほとんど復活していないように見えました。

それは天照頼りの世界を変えるためなのではないでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|シンラの答えは愛?

絶望を止めることはできないし、絶望と戦えない弱者もいると知ったシンラ。

どうするべきかの答えを求められています。

絶望と対極の言葉は希望ですが、希望が大きくなる分、絶望も大きくなると言われたことからこの概念で反論することは難しいでしょう。

となると別の概念、考え方が必要です。

この場でシンラに助言できそうのはアーサー、あとは万里。

弱者の気持ちを分かるのはやはり万里ではないでしょうか。

処女受胎によって世間から白い目で見られつつも懸命に二人の子を育てていた万里。

彼女が絶望せずに頑張れたのは「強者」だからでしょうか。

それともシンラとショウに対して「希望」を持っていたからでしょうか。

一番の理由はやはり「愛」があったからではないでしょうか。

そのため今後は万里が無償の愛について説く、あるいはシンラがそのことに気づくのではないかと考えます。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|シンラには過去の記憶がある?

炎炎ノ消防隊297話ではクジラを独創的な仕上がりにしたシンラ。

298話で創った海や山、鳥などは真実に即した出来栄えでした。

シンラは前から過去に行くことができましたが、森羅万象マンになったことで過去に行かなくても過去のものを見たり、聞いたり、知ったりできるのかもしれませんね。

となるとシンラの脳内は膨大な情報が来ているわけです。

ハウメアとショウから問われていることへの答えについても、過去の情報を参考にするかもしれませんね。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|アーサーの帰還

シンラが黒い炎の一部を花やクジラへと変えました。

さらに大気を復活させて雨を降らせ、炎も消火し始めています。

人が生きていける環境が整いつつあります。

となると今地球外で待機しているアーサーの帰還できるかもしれませんよね。

アーサーが戻って来たら久しぶりの共闘が見られそうです。

シンラも森羅万象マンに変身していることですし、アーサーもより騎士王らしい姿に変身するかもしれません。

復活した白馬(シロバー)で帰還とかありそうです。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|ハウメアは自分の望みを知らない?

冠を取ったハウメアはひたすら冷静で取り乱しません。

ただシンラたちの反発には嘆き、炎炎ノ消防隊295話ではシランのことを悪魔だと非難しました。

少しずつ感情が動いているとも取れます。

絶望だけが救いと信じ切っているハウメアですが、集合的無意識が絶望という結論を出したからって本当なら従う必要はありません。

ハウメアは幼いころから聖女として生きていて、自分だけの希望を想像できていないだけではないでしょうか。

もしシンラがこのままハウメアの感情を揺さぶりつづけ、ハウメアに真の望みを認識させることができれば絶望から抜け出すことも可能だと考えます。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|シンラとアーサーの再会

マリと再会したことで、シンラが今までになく幼く、素直な表情を出しました。

さらにアーサーのことを友達と言いました。

シンラがアーサーをマリに会わせたいという望みを持った以上、アーサーがその望みに応えるため帰還する可能性はありそうです。

アーサーはシンラの守リ人ですしね。

最後の共闘、見たいですね!

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|マリが伝導者のドッペルゲンガー

炎炎ノ消防隊293話ではハウメアがマリのことを伝導者のドッペルゲンガーだと言いました。

伝導者とは「絶望を望む者」。

ドッペルゲンガーはその逆の性質を持つため、「希望を望む存在」でなくてはいけません。

それを考えると救世主シンラの母であるマリはその存在にぴったりですよね。

伝導者は集合的無意識のはずなのにドッペルゲンガーがあるのかという疑問もありますが、マリも処女受胎でシンラたちを生むといった人外な要素はありました。

以前マリの過去が描かれた際も、マリの旧姓が阿部だと分かっています。

つまり阿部万里、キリストの母を指すアヴェ・マリア、聖母マリアを意識した名前で、特別な存在だということも分かります。

しかしハウメアが疑問視した通り、今になって現れた意味も気になりますよね。

シンラが希望を大きくしたからマリが現れたのでしょうか。

ちなみに処女受胎のせいで親に縁を切られて「日下部」になったわけですが、何で「日下部」という名字になったのかもわかっていません。

マリの口からここら辺の謎も解かれるのではないでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|シンラの母マリの役目とは?

シンラとショウの前に現れたマリ。

焔ビトの姿をしていますがショウを抱きとめるあたり自我があることが見て取れます。

ショウには以前シンラが生まれた経緯を見せたこともあったし、マリは焔ビトの姿をしていても母としての記憶はあるはずです。

となるとシンラたちの前に出現したことも自らの意思なのでしょう。

マリの役目が「希望を生む」ことならば、人類が滅んだからこそできることがあると教えに来たという展開もありそうです。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|万里が人間に戻る?

シンラの母で焔ビトとなっていた万里(マリ)が登場。

以前ショウがアドラで母と記憶を共有したことがありますので、シンラとも意思疎通ができると思われます。

日下部家の3人で再会を喜ぶこともできるはず。

また、万里が登場した理由については、シンラが一番先に救いたい人物だからだと考えます。

シンラは因果を捻じ曲げると宣言したため、焔ビトとなった万里を人間に戻すこともできるのではないでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|バッドエンドはありえない?

炎炎ノ消防隊がラストに向かって進撃中。

炎に包まれた星の様子からは絶望の匂いがしますが、ここからでも逆転できるはずです。

炎炎ノ消防隊31巻のあとがきで作者の大久保篤先生は「テーマは一貫して“命を救う”それだけです」としていました。

さらにイメージの終着点は死なのか、死は通過点でしかないのかはシンラたちの活躍を見て欲しいとも書いてあります。

つまり死が通過点となる可能性も現時点ではあるということ。

シンラが怒りを克服し、活路を拓いてくれると信じたいです。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|最終章はどんな展開?

炎炎ノ消防隊287話冒頭で「最終章突入」という文字が入っていました。

炎炎ノ消防隊31巻のあとがき「あつし屋」でもあと数巻で終わる見通しがでてきたと書いてあり、寂しいですがもう少しで最終回となりそうです。

手こずると思われていた敵であるスミレやインカ、紅丸のドッペルゲンガーがあっさり死んでしまったことからまだまだ予想外な展開はつづきそうです。

ハウメアと伝導者を救世主シンラが納得のいく形で倒し、それが世界にどう影響するかがポイントのように思えます。

また、31巻のあとがきの中で作品のテーマは「命を救う」とありました。

そのため人命を救うことを使命としている特殊消防隊たちの見せ場もまだまだ残っているのではないかと感じました。

どんな展開になるにしろ、面白くなることは間違いないですよね。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|ハウメアの口の悪さはもはや素?

ハウメアが終始丁寧に話しています。

これまでの口の悪いハウメアが嘘のようです。

ハウメアはかつて人々の邪心を受け止めて壊れそうになり、壊れないために他者を攻撃したりそれを楽しんだりするという防衛策を取りました。

ただ生き生きしていました。

ショウは敬語のハウメアが本来の姿だと言いましたが、あの生き生きした姿を思い返すと、口の悪いハウメアも本来の姿の一部ではないかと思えます。

今後シンラが核心を突くことで、ハウメアの本音やあの口の悪い素を引き出す可能性はあるのではないでしょうか。

そうすることでハウメアを救う方法が分かりそうです。

ハウメアはシンラが人は死を望んでいないという意見に対し、深層心理では違うと反論。

ただ人の深層心理を実現してあげる必要はないはずです。

色々な気持ちがあってもいい、すぐに死一つに決める必要はない、それぞれが生きやすいように変わっていけばいいとハウメアは知るべきではないでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|第8特殊消防隊員たちの役割は何?

炎炎ノ消防隊282話ではタマキが「お色気担当」の確立者だと分かりました。

また美しい身体をアピールしながら戦うことで人々に希望を与えていました。

このことから誰がどんな役割を持っているか分かった方が人々に希望を与えやすいという話になり、それぞれが自分の役割を自覚しようとすると予想します。

桜備は導く者、リヒトは解説者、ヴァルカンは創る者とかが合いそうです。

火縄やマキはちょっと難しいです。

第8になくてはならない存在で、狙撃や掌握といった攻撃面での特徴はあります。

ただタマキのラッキースケベられほどインパクトのある個性はちょっと…。

服のセンス変わっているとか、何故かゴリラサイクロプスって聞こえちゃうとかは確立者としてどんな役割になるのでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話考察|感想や予想ツイート

以下が炎炎ノ消防隊300話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話確定速報

炎炎ノ消防隊301話の内容が分かりましたらネタバレ追記いたします。

週刊少年マガジン発売前日あたりに更新いたしますのでブックマークなどしてチェックしてみてください。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話確定速報まとめ

炎炎ノ消防隊前話300話では、シンラが世界を再生するときに命の価値を軽くしたことが判明。

弾木の頭は真っ二つになるし、桜備の首も切れ目が入ったままですが動いていて、みんなはそれをあまり気にしていません。

ハウメアはそんな世界は受け入れられず閉じこもりますが、カロンが声を掛けたことで可愛らしく出てきました。

炎炎ノ消防隊301話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

今後の炎炎ノ消防隊も楽しみですね!

以上「【炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話301話確定速報】ハウメアと天照が選ぶ未来」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/