炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊の最終話のその後を考察!ソウルイーターとの繋がりや海外の反応感想も紹介

炎炎ノ消防隊の最終話のその後を考察!ソウルイーターとの繋がりや海外の反応感想も紹介
Pocket
LINEで送る

週刊少年マガジンの人気漫画「炎炎ノ消防隊」がついに最終話を迎えました。

多くは語られないまま物語はハッピーエンドと言える終わり方でした。

ただ語られなかったからこそ、その後がどうなったのかが気になりますよね。

シンラやアーサー、紅丸といった人気キャラはもちろん、敵キャラや新しく創られた世界の行方などについても考察します。

また、炎炎ノ消防隊の最終話やソウルイーターついての感想や考察、海外の反応などもご紹介!

今回は「炎炎炎ノ消防隊の最終話のその後を考察!ソウルイーターとの繋がりや海外の反応感想も紹介」と題してお届けします。

 

炎炎ノ消防隊の最終話がどうなるかも気になるところですが、これまでの流れも復習したくなりますよね?

またアニメで見ていて漫画を読んでない場合は、どんな感じになのか漫画で読みたくなるのではないでしょうか?

もし炎炎ノ消防隊読むのなら、お得に読めた方がいいですよね。

お得に読むのにピッタリなサイトをご紹介します。

それはAmebaマンガというサイト!

サイバーエージェントが運営するアメブロでもお馴染みのサイトです。

聞いたことがある会社のサイトというのは安心できますよね。

このAmebaマンガの最大のおすすめポイントは、新規登録キャンペーンにあります!

なんと登録すればどの漫画でも100冊まで40%OFFで購入できてしまうキャンペーンなのです。

さらには支払い金額の1%のポイント還元や、「ミッション」をクリアするとポイントが獲得できるなど、お得なサービスもあります。

クーポンがゲットできるのも今だけの可能性もあるので、早めの登録がおすすめです。

この機会に炎炎ノ消防隊を最初から最後まで楽しんでみてくださいね。

\新規登録キャンペーン実施中/

 

炎炎ノ消防隊の最終話のその後を考察!

炎炎ノ消防隊最終話304話は、エピローグ前編である303話のつづき、人体発火がなくなった世界について描かれます。

さらにそこからはるか先の未来で死神が登場、作者である大久保篤先生の前作「ソウルイーター」に物語が引き継がれるという形で幕を閉じました。

しかし語られなかったところももちろんあって、キャラたちがどうなったのか、この演出はどういう意味なのかなど気になるところはありました。

そのためエピローグを主に4つのことに分けます。

  • 世界英雄隊
  • 他の道に進んだ人たち
  • 恋愛模様
  • ソウルイーターとの繋がり

この4つについて整理し、その後はどうなったかを考察していきます。

 

炎炎ノ消防隊の最終話のその後|世界英雄隊

人体発火がなくなったことで「特殊消防隊」は解散となり、代わりに「世界英雄隊」という組織が結成され、世界の治安維持に動いているようでした。

組織体系としては本隊と別部隊があるようです。

桜備、紅丸、紺炉、火縄、ヴァルカン、リヒト、シンラ、アーサー、オグンなどが本隊。

カリムとフォイェンは別部隊。

第8の男性陣はほとんど入っていますが、タマキやジャガーノートの語り口から察するに、力を失ったことで英雄隊以外の道を選ぶ人は多いようです。

それから25年後の世界ではシンラと隊員1人とシンラの子たちしか描かれていません。

シンラが「英雄」と呼ばれていて「極隊長」になっていること、桜備が「大統領」になっていることから、世界英雄隊は長きにわたり活躍したようです。

また、最後まで灰島について触れず、シンラが原国主義の使っていた姓名の順「日下部 森羅」になっていたことから、灰島と聖陽教の文化は消滅したと予想します。

 

炎炎ノ消防隊の最終話のその後|他の道に進んだ人たち

世界英雄隊に入っていない人たちについて見ていきます。

まず武を極めるため世界に出たレッカ。

後に死神が創る「ブラックスター」と同じ位置(肩と目)に星があることから、死神に覚えられるほどの成果を武道で残したのではないかと考えます。

つづいてヒカヒナと火鉢。

仲睦まじく暮らしていることが窺えますが、三人の周りに馬券のようなものが舞っていたことに着目します。

これは紅丸が忙しくて浅草にいられない分、火鉢が浅草を守り、ヒカヒナに構い、博打もやっていることを示唆しているのかもしれません。

あとはバーンズとジョーカーが一緒にいました。

ジョーカーがスーツを着ているので、二人はまた同じ仕事をしているのかもしれません。

前よりも柔らかい笑顔なので今度は「表」の仕事ではないでしょうか。

それからショウとナタクがイヤホンを片方ずつつけて何かを聴いていて、黒野がたしなめているような描写がありました。

ナタクとショウは同じ制服、黒野が日誌のようなものを持っていました。

3人は同じ学校で生徒と先生の関係かもしれません。

ショウとナタクはようやく年相応の生活を手に入れ、それを満喫していくのでしょう。

 

炎炎ノ消防隊の最終話のその後|恋愛模様

エピローグでは多くの恋愛模様も描かれました。

シンラとアイリス、火縄とマキ、タマキとジャガーノート、ハウメアとカロンが結ばれたようです。

結婚したかは不明ですが、リサとマキが服屋のようなところで談笑していたためウェディングドレスを選んでいるのではと予想。

火華は逆で、シンラを恋愛対象ではなく「推し」として見るようになっていました。

この心境の変化はアイリスへの気遣いもあるかもしれませんが、喪ったはずの大切なシスターたちが戻ってきたことで、火華の心が満たされたことにも由来するのだと思います。

そしてインカは片思いを拗らせました。

シンラに子種を求めるも拒否され、OKを得るため魔女として世界を荒らすようになります。

世界英雄隊が活躍したということは世界を襲う脅威も健在だったということ。

インカは世界を荒らすという宣言通りに大暴れしたのでしょう。

インカはシンラを退屈と評していましたが、この執着も立派な恋に思えます。

25年後のところで、シンラの子らしき人物が二人描かれました。

一人がアイリス(アーサーにも似ているけれど)に面差しが似ていて、一人はインカに似ている気がします。

シンラはどっちかを選んだのか、どっちも選んだのか…色々な方向に取れる演出が面白いですよね。

 

炎炎ノ消防隊とソウルイーターとの繋がり

炎炎ノ消防隊は大災害が近づくにつれて作者の前作「ソウルイーター」との繋がりが見えてきました。

共通する点としては笑う月や喋るエクスカリバー、魂の共鳴連鎖などです。

そしてとうとう最後、シンラたちが生きた世界の未来にソウルイーターの世界があると描写されました。

死神は世界を救った少年を元に神の子を創ると言ってシンラに似たソウルイーターを創り、レッカに似たブラックスターも誕生させました。

極めつけはソウルイーターの主人公マカの登場と「NEXT IS SOUL WORLD」というモノローグ。

繋がっていると分かると、炎炎ノ消防隊とソウルイーターという作品の見方が変わります。

今後は誰が誰の子孫だと予想したり、ソウルイーターの世界で魔女が鎌の錆びにされるきっかけはインカだったのかと納得したりといった楽しみ方ができそうですね。

 

炎炎ノ消防隊の最終話の感想や海外の反応も紹介

炎炎ノ消防隊の最終話をファンの方々はどのように受け取ったのでしょうか。

感想の一部や海外の反応などもまとめました。

 

炎炎ノ消防隊の最終話を見た読者の感想ツイート

炎炎ノ消防隊の最終話やエピローグを読んだ人たちの感想考察の一部をご紹介。

著名人の方々の感想もたくさんありました!

 

炎炎ノ消防隊の最終話を読んだ海外の反応

炎炎ノ消防隊は連載が始まって早い段階から海外でも出版されていました。

そのため海外にもたくさんのファンがいます。

最終話を読んだ海外ファンはどのような反応だったのか調べてみました。

大まかにまとめると次のとおり。

  • シンラの子の母親は誰?アーサーにも似ている??
  • 魂が燃える最終話だ!
  • ソウルイーターと繋がるなんて驚いた
  • ソウルワールドって何?
  • これが魂の共鳴連鎖か…
  • 炎炎ノ消防隊もソウルイーターも読み直したい!

SNS上では多くの人がソウルイーターの世界に繋がると知って驚いていました。

ただソウルイーターを読んだことのない人もいて、炎炎ノ消防隊のラストを理解するためにソウルイーターを読むという人もいました。

大久保篤先生の両作品が世界中に広がっていきそうですね!

 

炎炎ノ消防隊の最終話のその後を考察まとめ

最終話を迎えた炎炎ノ消防隊。

キャラたちのその後や世界がどうなっていくのかの考察をしました。

また、海外ファンも含めた読者の方たちの感想や考察もご紹介しました。

みなさん炎炎ノ消防隊という作品が終わることを惜しんでいました。

しかし炎炎ノ消防隊の考察はソウルイーターとの繋がりも明らかになりまだまだ活発、これからも読者の中で物語がつづいていくのだと思えました。

ちなみに2022年5月17日に炎炎ノ消防隊34巻が発売されましたが巻末にはアニメ3期の放送決定が明記されました。

今後も炎炎ノ消防隊を応援していきましょう!

以上、「炎炎ノ消防隊の最終話のその後を考察!感想や海外の反応も紹介」と題してお届けしました。

 

炎炎ノ消防隊の最終話で明らかとなったソウルイーターとの繋がり。

これを知ってはソウルイーターも復習するしかないですよね。

ただ読み返すにしてもお得に読みたいものです。

そこでいいサイトを見つけたんです。

そのサイトはAmebaマンガというサイバーエージェントが運営するアメブロでもお馴染みのサイトです。

Amebaマンガでは新規登録キャンペーンが実施中です。

なんと登録すればどの漫画でも100冊まで40%OFFで購入できてしまうんです。

ソウルイーターが25巻までで、炎炎ノ消防隊が34巻までだと思われます。

2つ合わせても59巻で全て40%OFFで購入できるというわけなんです。

合計で24,590円なんですが、14,794円で炎炎ノ消防隊とソウルイーターが全部読めてしまいます。

9,796円と1万円近くの値引きとなるので、だいぶお得じゃないですか?

このキャンペーンもいつ終わってしまうのかわかりません。

この機会に炎炎ノ消防隊とソウルイーターを読み返してみませんか?

\新規登録キャンペーン実施中/

Pocket
LINEで送る