炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊277話ネタバレ】ドッペルゲンガーを倒した黒野が愛を語る

【炎炎ノ消防隊ネタバレ277話最新話確定速報】ドッペルゲンガー黒野との戦いが決着!

2021年7月28日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「炎炎ノ消防隊」本誌277話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

炎炎ノ消防隊前話276話では、ナタクの前に現れた黒野のドッペルゲンガー。

本物の黒野を殺すと脅して六柱目であるナタクを絶望させようとしますが、そこに本物の黒野と大黒がやってきました。

黒野はドッペルゲンガーに立ち向かい、成り代わることを拒否。

炎炎ノ消防隊277話では、本物の黒野とドッペルゲンガー黒野の戦いが本格化!

黒野は何とドッペルゲンガーと代わってやってもいいと言いました。

その真意とは!?

「【炎炎ノ消防隊277話ネタバレ】ドッペルゲンガーを倒した黒野が愛を語る」と題してお届けします。

>>炎炎ノ消防隊の最新話ネタバレをチェック!!<<

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ考察

今後の炎炎ノ消防隊はどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

炎炎ノ消防隊最新話276話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ考察|ナタクも黒野を守るために戦う?

ナタクは黒野の強さを信じているため「黒野さん!!そんな奴やっつけてよ!!」と言っていました。

実際は六柱目であるナタクもかなり強いはずです。

もし黒野が倒れそうになった場合、ナタクが倒すと思います。

黒野は能力の使い過ぎで灰病を患っていますが、それでも構わずに能力を使い続けてきました。

自分と同等の力を持つドッペルゲンガーを倒すためにこれまで以上の力を使うはずです。

となると灰病が一気に進行、トドメを刺す前に倒れるという展開はあると思うのです。

いつもは自信満々な大黒が「なんとかなるだろう」と言っていました。

その微妙に自信なさそうなニュアンスがまた不安です。

ナタクは以前放射能を含んだ炎を暴走させた過去がありますが、灰島で黒野と一緒に能力を使いこなそうとしていました。

その成果をぜひみせてほしいですね。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ考察|確立された自己を持つ黒野の強さ

ドッペルゲンガー黒野が大暴れしています。

見た目がそっくりな分、猟奇的な面が引き立って怖いです。

ただ黒野がその様子を見てちょっとショックを受けている感じが面白かったです。

あと黒野が強い力を持っていると自覚していて、人の道を外れたいとは思っていないと言ったところが意外でした。

弱い者虐めはあってはならないことですが、その嗜好自体は批判できません。

何を思うかは個人の自由なわけですから。

黒野がその嗜好と向き合い、社会で生きていくために現実世界に落とし込んでいたなんて…。

これが確立者の思考というものなのですね。

自己があり、協調性も持ち合わせている、炎炎ノ消防隊の中で「モブ」とされているものとは違います。

これならドッペルゲンガー黒野の煽りに負けることはないと思います。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ考察|バーンズとジョーカーが戦う?

本物のバーンズを殺したドッペルゲンガーがアドラからやってきました。

このドッペルゲンガーと戦うのはジョーカーだと予想します。

ジョーカーは暗部にいたときからバーンズに世話になっていて、第1の消防隊員たちくらい思い入れがあるはずです。

そのため仇であるドッペルゲンガーに対する怒りから、ドッペルゲンガーバーンズと戦うことになるのではないでしょうか。

アドラが近づいたことでジョーカーの力も増しているはずですし、バーンズと同じ技を使うのなら対策も立てやすいでしょう。

府中での経験が活きるはずです。

戦いはかなり白熱しそうですね。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ考察|紅丸VSドッペルゲンガー紅丸

炎炎ノ消防隊275話冒頭で紅丸がいち早く自身のドッペルゲンガー出現に気づきました。

両者が戦った場合、地球が無事で済む気がしません。

紅丸の師である火鉢のドッペルゲンガーとの戦いでは海が割れたり、月が変化したりしましたが、それどころではなくなるでしょう。

ただ紅丸は気配を察知したあと笑っていたし、本気をぶつけられる唯一の相手でもあるのでしょうから、楽しんで戦ってくれそうです。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ考察|シンラがアドラへ戻る

シンラも確立者のドッペルゲンガーと戦うのかと思っていましたが、ショウがハウメアたちのところに行くべきだと導きました。

アドラへと戻るようです。

さらにショウは母もアドラにいると言ったことから母との再会展開もきそうです。

ハウメアとの戦いは初めてではありませんが、伝導者の加護があるハウメアはさらに強くなっていそうです。

ただ最愛の人カロンを亡くした直後でもあるため、絶望の苦しさに耐えかねて希望を求めるという決着の仕方もあるのではないでしょうか。

伝導者についてはまだまだ考察材料が少ないです。

ハウメアとの戦いでヒントくらいもらえるといいのですが…。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ考察|災害隊が呼んだ確率者たち

災害隊は命と引き換えに強力な確立者のドッペルゲンガーを呼びました。

自害したであろう災害隊の人数は6人です。

ただシルエットとして現れたのは5人でした。

シルエットから想像できる確立者は3人です。

第7の紅丸、灰島の黒野、第1のバーンズです。

もう一人は髪を立てている感じがアサルトかナタクに見えます。

最後の一人は小さくて判別ができないのですが第8の桜備ではないかと予想します。

桜備の絶望は世界にすさまじい影響を与えることでしょうから。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ考察|宇宙空間に投げ出されたアーサーの安否

シンラに後を託して宇宙空間で目を閉じたアーサー。

騎士の命ともいえる剣を手放したことから死んでしまったのではという意見がネット上では多かったです。

しかし登場人物たちはアーサーの死を想像していません。

想いが実現する世界となった炎炎ノ消防隊の中でそれは希望です。

さらに炎炎ノ消防隊275話ではシンラが「アーサーが帰ってくる場所を無くす訳にはいかない」と発言。

シンラが信じているのなら帰ってくるでしょう。

復活の日も近いのではないでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ考察|月が地球に近付いてしまった影響

災害隊のフェアリーが地球に月を引き寄せてしまいました。

シンラが止めたものの月はかなり近づいてしまいました。

その直後、リヒトが意味ありげに「随分地球から近いようだけどね」と言ったため何か影響があるのかと思い、影響を調べてみました。

月が地球に近付いた場合、地球の自転に影響するとか地震を引き起こすという説はありました。

ただ月にそこまでのパワーはないとする説もあったため、すぐに何かがどうこうするということはなさそうです。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が炎炎ノ消防隊276話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ

炎炎ノ消防隊277話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ|テンプレサイコ野郎なドッペルゲンガー

ドッペルゲンガー黒野は高笑いをつづけます。

それから罵詈雑言を吐きますが「ピーをピーにしてピーしてやらァ」と言うと、本物の黒野が第4のパーンかとツッコみます。

黒野は本当に周りからこんな人間だと思われているのかと呟き、ちらっと大黒を見ます。

大黒はそういうものだ、人を記号的なキャラクターとしてカテゴライズして理解した気になるのだと言いました。

黒野はため息をつきます。

ドッペルゲンガーを「テンプレサイコ野郎」だとし、自分だって給与査定に繋がるから他人の評価は気になると言いました。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ|黒野負傷

ドッペルゲンガー黒野は刃物を舐めます。

黒野はいちいち舐めるなとツッコみ、突進してきたドッペルゲンガーの攻撃を大鎌で受けます。

ドッペルゲンガーは見え方が違うだけで自分は本物とそう変わらないと言います。

それから黒野を黒煙で包み、煙を無数の刃に変えました。

黒野は飛び上がって避けますが傷を負います。

ナタクが心配そうに見ています。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ|プロのサラリーマン黒野

ドッペルゲンガーは、自分は社会的地位に興味がない、遠慮を知らないから強いと言います。

黒野はあまりにも強かったら社会的地位を捨てて逃げようかと思ったけれどそうでもないと返します。

さらに偽物と自分は根本的に違うと言うと、鎌の先を巨大な手に変えてきたドッペルゲンガーが襲い掛かります。

黒野も同様の手を生み出し、黒い手がぶつかり合います。

黒野は自身も身勝手だけれど一人で戦っているわけではないと言います。

そこでドッペルゲンガーの手に捕まりますが、話をつづけます。

自分の強さはイカれたサイコからくるものではない、「俺はプロのサラリーマンだ」と言い、部長の大黒に指示を仰ぎます。

大黒が「やりたまえ」と言った瞬間、黒野は巨大な黒煙を出現させました。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ|俺のこと好きか?

黒煙はドッペルゲンガーが出した手よりもさらに巨大な手となり、ドッペルゲンガーを壁に押し付けます。

それでも薄ら笑いを浮かべるドッペルゲンガー。

目の前には煙を龍へと変えた本物の黒野がいます。

「責任を上司に押し付けられるから俺は戦える」と言い切ります。

ドッペルゲンガーはそんな不自由な生き方から解放してやると言いますが、黒野はそこで質問をします。

本物の自分が好きかという質問です。

ドッペルゲンガーは否定し、成り代わる利益が欲しいのだと言いました。

ドッペルゲンガーは黒野の黒煙でぐしゃっと潰されました。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレ|黒野がナタクに笑顔を見せる

黒野はドッペルゲンガーの消し炭に向かって話しかけます。

自分だけのために成り代わるのなら代われない、何かを得ようともしていない、「愛があるなら代わってやってもよかったが…」と呟きました。

ナタクが黒野の傍に駆け寄ります。

じっと黒野を見つめた後、本物だと胸をなでおろします。

黒野はナタクの頭を拳でグリグリしました。

そして「これからもタッんをいたぶるのはこっちのおじさんだ」と言って笑います。

これまでにない自然な笑顔だったのでナタクは少し驚いたようです。

ただ黒野は、この世界があればだと付け加えました。

 

炎炎ノ消防隊277話ネタバレまとめ

炎炎ノ消防隊前話276話では、本物の黒野とドッペルゲンガーの黒野の戦闘が開始されました。

見た目はそっくりでも性格がサイコ野郎なドッペルゲンガーに本物の黒野はドン引き。

成り代わることを許可しないといって大きな鎌を振り上げました。

今度は黒野の反撃やナタクの助太刀などが描かれると予想。

最新話速報として炎炎ノ消防隊277話のネタバレを紹介してきました。

炎炎ノ消防隊277話では、ドッペルゲンガー黒野との戦いに決着。

黒野は自分のポリシーを貫き見事ドッペルゲンガーを撃破しました。

しかし大災害の危機はまだ終わっていません…。

炎炎ノ消防隊のつづきが気になりますね。

以上「【炎炎ノ消防隊277話ネタバレ】ドッペルゲンガーを倒した黒野が愛を語る」と題してお届けしました。

\炎炎ノ消防隊アニメも無料でイッキ見!/