炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊295話ネタバレ】シンラたちがヒーローに変身

【炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話295話】シンラが魂の共鳴連鎖

2021年12月8日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「炎炎ノ消防隊」本誌295話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

炎炎ノ消防隊前話294話では、シンラがマリに対し、これまで出会った人たちのことを話してマリに会わせたいと言います。

それからアーサーのことを友達だと言い、アイツと肩を並べたいから諦めないと決意。

一方、ハウメアはシスターアイリスやアマテラスの技を使い、シンラたちの攻撃を徹底的に防ごうとします。

シンラは家族の力を借りるため、心を、魂を一つにしようと言って手を差し出しました。

炎炎ノ消防隊295話は、シンラはマリとショウと手を繋ぎ、何をしようかと悩みます。

しかしマリが伝導者のドッペルゲンガーであること、ハウメアが絶望を背負っているという事実からヒントを得ます。

そしてシンラたちが心を一つにすると、まさかの最終形態に…!?

「【炎炎ノ消防隊295話ネタバレ】シンラが森羅万象マンに変身」と題してお届けします。

>>炎炎ノ消防隊の最新話ネタバレをチェック!!<<

 

炎炎ノ消防隊295話ネタバレ考察

今後の炎炎ノ消防隊はどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

炎炎ノ消防隊最新話294話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

炎炎ノ消防隊295話ネタバレ考察|ハウメアは焦っている?

ハウメアが少し焦っているように見えます。

シンラの攻撃ではそよ風しか起こせないのに、念のためそれすらもガードしたのです。

ハウメアはインカの予知の力を持っているため未来を視ることができます。

そよ風もガードしなくてはダメだと察知したのでしょう。

焦っているということは、シンラにも勝機があるということ。

ハウメアが救われるのも近いのかもしれません。

 

炎炎ノ消防隊295話ネタバレ考察|救世主シンラには何ができる?

ショウは「伝導者」について「人類が密かに望む願いを実現する」イメージの具現化だと判明。

となるとシンラがそれだとされている「救世主」も同じようなものではないでしょうか。

人々が絶望の最中にあっても何か救いがあるのではないかという期待の具現化。

そのためシンラには人々の救いになるとイメージしたものを実現できる力があると考えます。

火は消化できるし、ハウメアは他人の邪心を受信しなくていいし、人は死を恐れながらも自ら希望を見つけて生きていけると心から信じる、するとそれが現実になるのではないでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊295話ネタバレ考察|大災害は弱まる?

強者のドッペルゲンガーを倒し、市民たちの絶望ムードを変えました。

さらに確立者や世界のルールをリヒトが解明しつつあります。

偽アサルトとの戦いで名もなきモブから確立者になれることも分かりました。

これって結構大きい発見だと思います。

モブがいくら希望を持っても強者の絶望があったら大災害は止められないという話でしたが、モブから確立者になって希望を持てば巻き返しもできるはずです。

ここから確立者を増やすことで少しは大災害の進行が止まるのではないでしょうか。

リヒトあたりが一気に確立者を増やす方法を考えるかもしれませんね。

 

炎炎ノ消防隊295話ネタバレ考察|確立者は名前と思考があるかどうか

タツトは自分のことを「モブの中から名前を与えられ考えることができる確立者になった」と言いました。

モブから脱却するためには名前と思考が必要なのでしょう。

確かに個を確立する上でそれらは必要なものです。

これまでのリヒトたちの発言から、大災害を止めるためには強い確立者の影響が不可欠だと分かっています。

タツトのように名前を明確にして自分で考える人を増やすことも大災害を止めることに繋がるかもしれません。

 

炎炎ノ消防隊295話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が炎炎ノ消防隊294話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

炎炎ノ消防隊295話ネタバレ

炎炎ノ消防隊295話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

炎炎ノ消防隊295話ネタバレ|絶望の星に希望を持つ3人

青い水の星だった地球は今、第二の太陽となっています。

あるのは黒い炎と絶望だけのはずでした。

聖女ハウメアは髪の啓示が最後まで全うされるのを見届けようと考えていました。

ただ目の前には希望を失わない3人がいます。

 

炎炎ノ消防隊295話ネタバレ|希望は残されている

シンラとマリとショウは手をつないで輪になります。

シンラが「奇跡を起こす」と言うと、ハウメアは神の啓示である無意識に反するのか、嘆かわしい、やはりシンラは悪魔だと言います。

ショウはシンラに何をする気だと問います。

するとシンラはまだ何をしたらいいか分かっていないようで、何をしようかと問い返します。

ショウはよく考えなくても状況は絶望的だと言い切ります。

シンラはマリを見て、ハウメアがマリのことを伝導者のドッペルゲンガーだと言っていた、絶望の伝導者と希望の母さんがいる、希望はあるということだと言います。

 

炎炎ノ消防隊295話ネタバレ|魂の共鳴連鎖

ショウは再び何ができるのだろうと問います。

シンラは今度伝導者を見つめます。

ハウメアの後ろにいる伝導者は何をしているのだと聞きます。

ショウは少し考え、聖女は伝導者と一体化して絶望を背負っているのだと答えます。

シンラはそこでひらめきました。

「ショウ!!母さん!!だったら俺たちは!!“希望を胸に”だ!!」と言い切ります。

天使のショウ、ヒーローのシンラ、希望のマリの3人の心、魂を一つにしようと言いました。

 

炎炎ノ消防隊295話ネタバレ|森羅万象マン見参!

次の瞬間、3人の魂が共鳴しあいます。

それからズンという音のあと、ギザギザな口をした巨大な球体が登場。

ハウメアはその球体をただ見つめます。

球体からは角が2本生え、その中心部にはシンラらしき人物。

その人物は悪魔のようなヒーローに変身、「黒き絶望の星に!!希望を胸にずずいと見参!!」と叫びます。

その名も「森羅万象マン」。

森羅万象マンは自らの手を眺め、希望が止まらない、笑顔になると言います。

それからハウメアに近付き、「決めようか“希望”か“絶望(しょんぼり)”か」と言いました。

ハウメアは涙を流し、森羅万象マンを見据えます。

炎炎ノ消防隊295話はここで終了です。

 

炎炎ノ消防隊295話ネタバレまとめ

炎炎ノ消防隊前話294話では、シンラがマリに対し、会わせたい人たちがたくさんいると話し、マリはシンラならできると励ましました。

ハウメアはインカだけでなくアイリスやアマテラスの技も使ってシンラたちを攻撃。

するとシンラはマリとショウに手を差し出し、心を一つにしようと言いました。

最新話速報として炎炎ノ消防隊295話のネタバレを紹介してきました。

炎炎ノ消防隊295話では、シンラがショウと母マリと魂を共鳴させます。

そして森羅万象マンになり、ハウメアとの決戦に挑みました。

森羅万象マンは何ができるのでしょうか!?

今後の炎炎ノ消防隊も楽しみですね!

以上「【炎炎ノ消防隊295話ネタバレ】シンラが森羅万象マンに変身」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/