弱虫ペダル

【弱虫ペダル681話ネタバレ】真波が笑顔で追走!

【弱虫ペダルネタバレ最新話681話】真波が覚醒する?

2022年4月7日(木)発売号の週刊少年チャンピオンに「弱虫ペダル」本誌681話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

弱虫ペダル680話では、真波と黒田の壮絶なバトルがスタートしていました。

黒田は自分が仕掛けるたびに反応する真波に自分が格下だと思われていると気づきます。

そしてその旨を真波に伝え終えると、鍛えあげた猫足でどんどん加速し真波を引き離していきます。

最初は黒田の核心をつく言葉と猫足による加速に唖然とする真波でしたが、我に返り本気で追いかけることを決めます。

久々に全開で追いかけるという展開にワクワクを隠せない真波。

一方で、黒田は幼少期の出来事を思い出し今度は絶対に取り返すと心に固く誓います。

黒田と真波の差は1㎞!

次回はどんな展開となるのでしょうか?

今回は「【弱虫ペダル681話ネタバレ】真波が笑顔で追走!」と題してお届けします。

>>弱虫ペダルの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

弱虫ペダル681話ネタバレ考察

今後の弱虫ペダルはどうなっていくのでしょうか。

次回以降の弱虫ペダルで考えられる展開を紹介していきます。

弱虫ペダル680話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

弱虫ペダル681話ネタバレ考察|真波が覚醒する?

黒田の仕上げられた猫足の本領発揮となりました。

これにより黒田と真波の差は1㎞!

真波は本気で追いかけるしかないという展開となりました。

黒田は命がけのでこの戦いに挑んでいるわけですが、真波にとってこの状況はワクワクでしかありません。

真波って超ド級のMですもんね…。

幼少期は病弱だった為か、苦しみの中に生きている実感を見出すというクレイジーボーイです。

そんな真波なので絶体絶命のピンチをとっても前向きに捉えることができるんですよね。

なのでこの展開は真波の大好物です。

覚醒してキラキラとした瞳で黒田を追いかけることは間違いないでしょうね…。

ここまでくると追われる黒田は怖くて仕方ないでしょうが…w

 

弱虫ペダル681話ネタバレ考察|巻島ファンが増えた?

総北の番外編は終わりとなりました。

くも太郎はやっぱり巻島からもらったものでしたね!

昔から巻ちゃんファンの私からすると回の番外編はよだれダラダラものでした。w

巻島は現在イギリス在住でレアキャラの1人でもあります。

そんな巻島と坂道の再会に心震えた人は多かったと思います。

また今回で巻島の株が更に上がったことは間違いでしょう。

カッコよさが更に増していたような気がします。(私だけ?)

今回で巻島の人気が復活するやも知れませんね!

またこれからも坂道が岐路に立ったときには出てきてほしい人物でもあります。

今後も坂道と巻島の関係性に目が離せませんね!

 

弱虫ペダル681話ネタバレ考察|黒田が全開走行を披露する?

次回からは箱根学園へ舞台は移りそうですね!

となると、現在は真波と黒田とクライム対決となっています。

スタートしたばかりのクライム対決ですが、先に仕掛けるのは間違いなく黒田だと予想します。

今回の対決は黒田の並々ならぬ決意が伝わってきます。

黒田には取り返したいものがあるようですし、ここで一気に全開走行で真波を引き離しにかかるのではないでしょうか?

黒田はすでに自分のこめかみを裂き、いつでも走り出す準備はできています。

これに真波はどう対応するのでしょうか?

黒田の全開走行に期待ですね!

 

弱虫ペダル681話ネタバレ考察|真波は風を味方につける?

黒田のリベンジマッチともいえるクライム対決が始まりました。

真波は終始黒田の動向を観察しているように見えます。

まぁ実力で言えば真波の方が上なので展開的にはどうしてもそうなってしまいますが…。

ですが、黒田の気持ちに応え真波も本気で戦う気ではいます。

真波と武器といえばなんと言っても「風を味方につける」!

これですよね?w

前回の黒田との対決も風を味方にして勝利を勝ち取りました。

今回も同等の展開となるのでしょうか?

黒田はこれに関して何か対策があったりするのでしょうか?

どちらによせ、真波が風を感じる姿をみたいですね!

 

弱虫ペダル681話ネタバレ考察|黒田の取り返したいものとは?

黒田と真波のバトルがスタートしました。

黒田は過去に真波に敗北しており、この時に何かを失ってしまったようですね。

黒田が取り返したいものとは何なのでしょうか?

最後の描写に公園が描かれたことから、子供の頃に感じるドキドキやワクワクなどの素直な感情なのかもしれませんね。

真波は風を味方にできる特殊能力を持っています。

ただこれは、純粋な気持ちを持ってる人じゃないとできないことだと思います。

トトロは子供にしか見えない的なアレです。w

なので、黒田は真波とのバトルでロードレースの楽しさを初心に還って取り返したいのではないでしょうか?

 

弱虫ペダル681話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が弱虫ペダル680話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

弱虫ペダル681話ネタバレ

弱虫ペダル681話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

弱虫ペダル681話ネタバレ|黒田の全開!

天城原峠の天城原トンネル手前100m地点に立つ古い標識のポール。

歴代の箱根学園のクライマーたちはこのポールを目指して走ってきました。

そして現在一番このポールに近くにいるのが黒田です。

ゴールまで残り2㎞地点…

黒田は振り返り真波の姿を探しますが、後ろにはまだ真波の姿はありませんでした。

何度も全開で踏み、引き離した手応えを感じている黒田ですが油断はできません。

なぜなら、真波がどんな人間かを黒田が1番よく理解しているからです。

黒田は更に距離を離すため、全開でペダルを踏みます!

 

弱虫ペダル681話ネタバレ|真波の全開!

一方で真波は息を切らしながらペダルを進めます。

とても厳しい状況ですが、真波の顔は笑っていました。(さすが真波!)

真波は黒田に1000mほど引き離されていると感覚で理解していました。

ですが、身体中の細胞が全力で追えと真波の心に訴えかけてきます。

この訴えに応えるように真波は「オレ生きてる!!」と胸を叩くと一気に加速していきます。

気持ちを上げ笑顔で山を駆け上がっていきます。

こうなったらもう真波は止められません。

黒田が恐れていた真波が顔を出しましたね!w

 

弱虫ペダル681話ネタバレ|3年間を振り返る

その頃、黒田は真波をふりきるため、猫足を使い最後の追い込みに入っていました。

そして、これまでの3年間を振り返っていました。

泉田より早く登れ、クライマーとしてインハイに出場するため箱根学園へ入学。

そこで東堂と出会いその走りに魅了され、ゼッケン3をつけることを決意しました。

ですが、真波に敗れたのち泉田からアシストとしての役割を提案されます。

そして黒田はこの提案に乗り、エースアシストとしてインハイに出場しました。

ほしかったゼッケン番号ではなかったがレース内容はいいものだった。

思い通りではなかったけれど満足のいく3年間だったと言います。

 

弱虫ペダル681話ネタバレ|真波の追い上げ

しかし、もう一人の黒田が姿を現します。

心のどこかでスプリンターとして走った泉田やクライマーとして走った真波を羨んでいる自分に気が付きます。

本来の望んだ姿で走りきったメンバーを手放しで喜べなかったのです。

残り500m…黒田は再度振り返り真波の姿を探しますが、まだそこに真波の姿はありません。

残り400m…黒田は全開走行を続けながらも再度振り返るとそこに笑顔の真波が登場します!

真波は「見つけた」と笑顔で黒田に話しかけます。

このままいけると思っていた黒田ですが、そう簡単にはいかないと自分を納得させます。

そして強引に距離をあけることを真波に宣言します。

それに対して真波は「追いつきます!」と返答しました。

次回、弱虫ペダル682話へつづく…

 

弱虫ペダル681話ネタバレまとめ

弱虫ペダル680話では、真波が黒田を格下にみていることが発覚しました。

真波にその気はなかったようですが、黒田はそれを敏感に感じ取っていました。

その後は、黒田の猫足がうなりにうなりまくりました。

猫足でどんどん距離を広げていく黒田、それに触発された真波も全開走行へと突入します。

先行を行く黒田と真波の差は1㎞!

最新話速報として弱虫ペダル681話のネタバレを紹介してきました。

弱虫ペダル681話では、クライマー対決も終盤に差し掛かりました。

黒田は1ミリも油断することなくレースを展開していきます。

一方で厳しい状況下にある真波ですが、この状況が真波に火をつけます。

生きてる実感を持てた真波は驚異の速さで黒田を追いかけます。

そして、残り400m地点で黒田の背中を捉えた真波!

黒田はすんなりゴールさせてくれない展開に苦い表情を浮かべますが、このまま強引に振り切ることを宣言します。

次回、クライマー対決の決着となりそうですね!

今後の弱虫ペダルの展開も気になりますね。

以上「【弱虫ペダル681話ネタバレ】真波が笑顔で追走!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/