弱虫ペダル

【弱虫ペダルネタバレ最新話710話】ロクちゃんのリタイアが濃厚?

【弱虫ペダルネタバレ最新話710話】ロクちゃんのリタイアが濃厚?
Pocket
LINEで送る

2022年12月1日(木)発売号の週刊少年チャンピオンに「弱虫ペダル」本誌710話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

弱虫ペダル709話では、山頂対決に決着がつきました!

最後の一踏みと称し、ギアを上げたロクちゃんは遂に木中と並ぶことができました。

並ばれた木中にも意地があり再度「真っ次直ストレート」を繰り出しますがロクちゃんを引き離すことはできませんでした。

激しいレースの最中ですが、ロクちゃんの意識はケイちゃん恭ちゃんに向き、2人にお礼を言い「往く」ことを伝えます。

その後、最後の一踏みで一気に山頂ゴールを目指します。

そして、最初にゴールを切ったのはロクちゃんでした!

両手を大きく広げ視線はまっすぐ前を向いていました。(めっちゃカッコ良かったよ!)

これでロクちゃんのインハイ入りが濃厚となりましたね!

次回の弱虫ペダルも気になります。

今回は「【弱虫ペダルネタバレ最新話710話確定速報】ロクちゃんのリタイアが濃厚? 」と題してお届けします。

 

弱虫ペダルでは坂道を主将に新制自転車競技部が始動、物語が一区切りしたところで弱虫ペダルを読み返したくなりませんか?

ただ弱虫ペダル78巻全部を揃えるとなると結構な額ですよね。

違法サイトのようなところで読むという手もありますが、近年の最大手とされたサイト「Manga Raw(漫画ロウ、漫画Raw)」は閉鎖されたそうです。

お困りの方も多いと聞きます。

しかしこのまま第2の「Manga Raw」や「漫画村」のような違法アップロードサイトで無料で読んでいては逮捕されたり、スマホがウイルス感染したりする可能性もあります。

やはり電子書籍は正規の漫画サイトで読んだ方が賢明です。

そこで数ある電子書籍サイトの中でどこがいいのかと色々と探しました。

結果、弱虫ペダルの漫画をお得に読むことができてしまうサイトを発見!

それはAmebaマンガという、アメブロでもお馴染みのサイバーエージェントが運営するサイトです。

このAmebaマンガの最大のおすすめポイントは、新規登録キャンペーンにあります!

なんと登録すれば100冊までどの漫画でも100冊まで40%OFFで購入できてしまうキャンペーンなのです。

今弱虫ペダル78巻まで全巻そろえようと思うと、31,450円もします。

でもAmebaマンガでこのキャンペーンを利用すると、18,870円で購入でき、12,580円もお得に読めてしまうんです(2022年6月現在)

さらには支払い金額の1%のポイント還元や、「ミッション」をクリアするとポイントが獲得できるなど、お得なサービスもあります。

この40%OFFクーポンがゲットできるのも今だけの可能性もあるので、早めの登録がおすすめです。

この機会に弱虫ペダルを復習してみてくださいね。

\新規登録キャンペーン実施中/

 

目次

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察

今後の弱虫ペダルはどうなっていくのでしょうか。

次回以降の弱虫ペダルで考えられる展開を紹介していきます。

弱虫ペダル709話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|ロクちゃんのインハイ入りが濃厚?

山頂のゴールを掴んだのはロクちゃんとう展開となりました。

この展開はまぁ予想通りなのですが、これでロクちゃんの存在感が一気にupしましたね。

坂道だけが出会いからロクちゃんを気にかけていましたが、その他のメンバーに関してはそんなことなかったと思います。

ですが、このクライム対決で他のレギュラーメンバーをも湧かしたことは間違いありません。

今泉と鳴子の視界に入ればレギュラーメンバーに入ることは容易いでしょう。

もちろんこれからの伸びしろも大切ですが、まず第一段階をクリアしたと思われます。

この調子で坂道の背中を追いかけてほしいですね!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|木中の1位通過は確定?

山頂のゴールを獲られてしまった木中ですが、レースはこれで終わりではありません。

ロクちゃんは残念ながらクライム対決で力を使い果たしてリタイア…という展開になりそうです。

もしロクちゃんにまだ走れる力が残っていたとしても、最終ゴールまで木中と争う体力は残っていないでしょう。

後続の経験者2人も追いかけてきているとは思いますが、クライム対決でひらいたであろう距離を詰められるとは考えにくいです。

となると、この時点で木中の1位は確定したも同然と言えます。

元々優勝候補の1人でもあったので、妥当な展開といえるでしょう。

完全勝利とはならなかった木中にとっては不服の結果となりそうですね。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|ロクちゃん力尽きる?

山頂を獲ったロクちゃん!

ケイちゃんと恭ちゃんとの約束を果たせて本当に良かったです。

ロクちゃんの目的は”木中を抜くこと”で”勝つこと”ではありません。

そういえば最初から「抜く」の一点張りで「勝つ」なんて言葉は出てなかったですよね?

だとするとこのレースでの目的は達成されたということなので、ロクちゃんが力尽きたとしても問題はなさそうです。

坂道と同じ展開をなぞるかもしれませんね。w

なんにせよケイちゃんと恭ちゃんに良い報告ができることが嬉しいですね。

ロクちゃんお疲れ様でした!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|ケイちゃん・恭ちゃんは退部?

「往く」ことを決めたロクちゃん…もう後戻りはできません。

これからはケイちゃん・恭ちゃんとは別々の道を歩くことを選択しました。

どちらを選択しても受け止めると言ってくれたケイちゃんの想いに報いるため、ロクちゃんには意地でも勝ってもらわないとダメですね。

ケイちゃんと恭ちゃんが入部した理由は1つで「ロクちゃんを勝たせるため」です。

2人は鼻から自転車部に興味はなかったようですし、このレースが終わればバスケ部に行ってしまうのでしょうね。

寂しいですが、仕方ないことです。

2人の気持ちに応えるためにもロクちゃんには絶対勝ってほしいですね!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|第2の坂道はロクちゃん?

いよいよロクちゃんと木中のバトルが終盤を迎えました。

ロクちゃんの頭の中はもう木中を抜いて山頂を獲ることしか考えてません。

その後の体力は残っていないでしょう。(実質リタイア)

…この展開、坂道が1年の時ととっても良く似ています。

坂道は今泉ともう一度「一緒に走りたい」という気持ちで走っていましたが、勝利への執着は微塵もありませんでした。

状況面でも、メンタル面でも坂道とロクちゃんはとっても似ています。

それでいてクライマーときたら、もう次の総北の坂道ポジションはロクちゃんで決まりではないでしょうか?

2人共応援したくなるようなキャラですし、次の総北はぜひロクちゃんに背負ってほしいです!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|今泉の分析力が進化?

1年生レースのスタートからずっと気になっていたのですが、今泉の読みが神がかっている気がします。

ロクちゃんが取り残された時には、後ろの2人が追い上げてくると言っていました。

実際に先頭集団に追いついてくるかは半信半疑だったようですが、その可能性を示唆していました。

また今回もロクちゃん目は死んでいないと読んでいて的中させています。

レース全体の流れをしっかりと読み切っている今泉の存在感が光っていますね。

分析力が更に進化してることがうかがえますね。w

この調子で、どんどん分析力を進化させて今後のレースにも活かしてくれることを期待しています。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|ロクちゃんが坂道の弟子になる?

ロクちゃんの脚質がクライマーだということが判明しました!

坂道の嬉しそうな顔が可愛かったですね。

裏門坂の出会いからずーと坂道を追いかけてきたロクちゃんの夢がまた一歩近づいた瞬間でもあります。

坂道も密かにロクちゃんを気にかけていましたし、両想いなことは確実です。

両想いでクライマーとなると弟子にならない理由がないですよね?

この1年生レースで他の3年もうならすことができれば、ロクちゃんの弟子入りは確実になるのではないでしょうか?

勝利に執着がない点も坂道のそっくりなので、きっと良い師弟関係になれそうです。

坂道とロクちゃんの関係に注目です!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|段竹の心情は?

ロクちゃんがクライマーだという事が判明し、この短時間で急成長したロクちゃんの存在はきっと他のクライマーを驚かせたはずです。

特に段竹なんかはその1人ではないでしょうか?

段竹は峰ヶ山レースでクライマーとして開花した経歴があります。

現在もきっと坂道と一緒に入っているはずで、坂道の後継者候補でもありましたが雲行きが怪しくなってきた感じです。

なぜなら、実力はさておきロクちゃんの方が圧倒的に坂道に近いからです!

初心者で入部し、クライマーとして開花、そして走りに対する考え方が坂道に軌道とそっくりです。

これから成長を見せてくれることは間違いなさそう。

そうなると段竹がソワソワしてしまいますよね。

ここから段竹も更にギアを上げて練習に励むのでははいでしょうか?

確実にライバルが増えて、今年のインハイメンバーは混戦が予想されます!(楽しみ過ぎる!)

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|段竹vsロクちゃん?

もしロクちゃんが1年生レースで優勝することができれば、インハイメンバー圏内となります。

そしてクライマーだということも判明したので、必然的にライバルは段竹となります。

ということは、どこかでロクちゃんと段竹のバトルがみれそうですね!

予想するに、次の強化合宿で2人の対決がみれるのではないでしょうか?

その頃には、段竹もロクちゃんも更に成長してるはずで白熱したバトルがみれると思われます。

段竹は絶対に次のインハイに出場したいはずですし、経験者としてロクちゃんに負けるわけにはいかないでしょう!

2人の対決が待ち遠しいです!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|木中の脚質は?

ここまで先頭を走り続ける木中。

ロードレースには相当の思い入れがあるようで、本気度はみてとれます。

ですが、ここまで木中が話題に上がっていたものの脚質まではまだ明確にされていませんでした。

木中の脚質は何でしょうか?

坂道たちと同じクライマーという線はまずなさそう。

クライマーだとしたら、現在の登り坂は大得意のはずでもう千切れていてもおかしくはありません。

そうなると、スプリンターかオールラウンダーってとこでしょうか?

脚をみるにスプリンターと言ってもよさげですが、性格的にはオールラウンダーが合ってそうです。

木中の脚質にも注目ですね!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|インハイ出場できる1年は?

1年生レースで優勝すればインハイの出場権をGETできる確率がグッと上がりますよね?

もちろん木中を含めた経験者たちはこれを狙っています。

そして、ロクちゃんも坂道を追いかけるという目標を果たすためには必要な切符となりました。

現段階でバトルが予想されるのは経験者3人とロクちゃん、ケイちゃん、恭ちゃんの6名。

ですが、ケイちゃんと恭ちゃんはロクちゃんを送り届けたら役目を終えそうです。

そもそも、2人はインハイに興味ないですしね。

ロクちゃん、ケイちゃん、恭ちゃんでインハイを目指すパターンも考えましたが、さすがに無理があります。

となると木中とロクちゃんの対決となりそうですね!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|川田のインハイ出場は絶望的?

久々に登場した川田ですが、なんとも粗末な扱いとなっていましたね。w

あれだけイキっていた川田の実力はまだ1年生にも負けるレベルだとか…。

これでは、川田の目標であるインハイ出場は夢のまた夢レベルではないでしょか?

あの川田編にどんな意味があったのかよくわかりませんが、川田がインハイに出場する可能性は低そうです。

川田を出すよりも、ロクちゃんなどの1年生を出した方が盛り上がりますもんね。w

そもそも川田の好感度は低いですし…。

とにかく川田には、いじられキャラに徹してほしいですね。w

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|後輩の指導に熱が入る?

鳴子の言葉に坂道たちの士気が一気に高まりました。

これからはインハイに向けて猛練習が行われるはずです!

そして鳴子の言葉通り、後輩たちに向けて熱のこもった指導が行われることでしょう。

坂道は段竹、鳴子は鏑木、今泉は川田?w

杉元兄弟も気になります!

どの先輩にどの後輩が当てられるかについても見どころですね。

最後のインハイということもあり、後輩との関係も一層深くなりますよね!

それぞれの役割についても気になります!

坂道たちの指導はどこまで後輩たちを成長させることができるのでしょうか?

楽しみです!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|総北の新エースは?

総北の新エースは悠人だということが総北と京都伏見に伝わりました。

となると気になるは総北のエースですよね?

総北の新エースは誰になるのでしょうか?

スプリントとクライムの両方の脚質を持った人物といったら、今のところ今泉が有力ですよね。

鏑木は自称オールラウンダーというだけで気質はスプリンターですし、相方の段竹はクライマーとして成長段階中です。

鳴子はオールラウンダーですが、スプリンターとして返り咲く気がしますし…。

エースが今泉でないとすると、あとは新キャラが登場する展開になるかもですね。

今泉と悠人の対決は今までなかったので見てみたい気もしますね!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|各キャプテンはどう動く?

今回の追い出しレースで影の立役者となったのが真波でした。

真波は自身でもチーム作りの面白さを感じていて、今後もっとチームの良さを引き出してくれることが期待できますね!

普段は鈍感な坂道ですが、悠人を新エースにあてたのが真波だということは気づいているはず。

となるとさすがの坂道も焦るのではないでしょうか?

自分のチームをどう設計していくのかについてこれまで以上に考えるはずです。

また京都伏見の御堂筋に関しても同じだと考えます。

御堂筋に関してはこれまでの軍隊型からどうチーム型に移行していくのかに注目したいですね!

なんにせよ各キャプテンのこれからのチーム設計が楽しみです!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|安定剤のお面は卒業?

隼人との対決の回想シーンで登場した幼い時のお面。

これはどうやら悠人の安定剤の役割を果たしている感じでした。

この回想シーン以外でもお面が何度も登場していましたし、悠人にとって大切なものであることは伝わってきます。

ですが、ネガティブな思い出からくるものではないのでないに越したことはありません。

もし、このレースで悠人が劣等感を克服することができれば今後お面は出てこない可能性が高くなるのではないでしょうか?

もしくは、狐のお面ではなくまた別のお面に変わる可能性がありそうです。

今後のお面の存在にも注目したいですね!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|箱学のキーマンは悠人?

真波の機転により託された新エースの悠人!

これは他の学校では誰も予想できないのではないでしょうか?

坂道にこの状況を読めるとは思いませんし、総北の頭脳である今泉もさすがにここまで読むことはできないと思います。

だとすると今年のインハイで勝敗を分けるのはこの悠人だったりするのではないでしょうか?

悠人の成長が箱学の優勝奪還に必要不可欠になるのでは?

となると悠人のプレッシャーは凄まじいものですが、悠人にとっては自分を認めさせるチャンスにもなりますね!

これからインハイが待ち遠しいですね!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|坂道と真波は対決しない?

今回の追い出しレースでは、予想外の展開が次々と起こりました!

  • 悠人vs隼人の兄弟対決
  • 高田城がエースアシスト
  • 悠人が新エースに抜擢

基本的には悠人が関連しているものばかりです。

こうなると最後のインハイで坂道と真波がぶつかるという構図がずれてくるのでは?と考えられます。

2年のインハイでは坂道と真波が真正面からぶつかり坂道が勝利しました。

当然3年の最後のインハイでこのリベンジマッチが行われると予想していましたが、なかなか複雑な要素が入ってきた為、この最終対決がなくなる展開もありえるなーと思ったりしました。

とはいえ、今年のインハイは更に面白い展開となりそうで今からドキドキしてしまいます!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|高田城と悠人が名コンビに?

高田城と悠人のコンビが遂に登場しましたね!

とってもドキドキさせてくれる展開で嬉しい限りです。

この2人は峰ヶ山で登場した記憶に新しいキャラですよね。

そして、その時はクライマーとして登場した高田城がまさかのアシストとは…。

波乱の予感しかないですよね?w(坂道の驚きの表情が目に浮かぶ)

次のインハイは間違いなくこの2人が台風の目になりそうです!

そうなると真波は陰の立役者的なポジションとなるのでしょか?

色々想像できて次のインハイが今から楽しみです!

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話考察|感想や予想ツイート

以下が弱虫ペダル709話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

弱虫ペダルネタバレ最新話710話確定速報

弱虫ペダル710話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

 

弱虫ペダルネタバレ最新話710話確定速報まとめ

最新話速報として弱虫ペダル710話のネタバレを紹介してきました。

弱虫ペダル709話では、山頂まで残り100mを切りロクちゃんの最終ラウンドとなりました。

ギアを上げたロクちゃんは一気に加速し、初めて木中と並ぶことに成功します。

木中も負けじと最後の一手である「真っ次直ストレート」を繰り出しますが、ロクちゃんを振り払うことはできませんでした。

ロクちゃんは木中を離さず、残り20m地点でケイちゃん・恭ちゃんにお礼を言うと”往く”と誓い最後の一踏みに入ります。

そして、両手を広げ山頂をトップで駆け抜けました!

2人との約束が果たせて本当に良かった!泣

今後の弱虫ペダルの展開も気になりますね。

以上「【弱虫ペダルネタバレ最新話710話確定速報】ロクちゃんのリタイアが濃厚?  」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/

Pocket
LINEで送る