東京リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ】梵入りした武道の前に美少女千咒現る!

【東京卍リベンジャーズ215話最新話ネタバレ】ドラケンの梵入りの真相!

2021年7月21日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京卍リベンジャーズ」本誌215話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

東京卍リベンジャーズ前話214話では、梵の千咒は武道が欲しいと言い、六破羅単代のサウスはドラケンが欲しいと言いました。

それを聞いた武道は自分がこの時代にきた理由を思い出し、自分はどちらのチームにも興味はない、マイキーをぶっ飛ばしたいと宣言。

その後、武道はドラケンの梵入りを知りました。

東京卍リベンジャーズ215話では、ドラケンが梵に入った目的が明かされ、武道の今後が描かれました。

そして千咒の意外過ぎる正体も判明…!?

「【東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ】梵入りした武道の前に美少女千咒現る!」と題してお届けします。

>>東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ考察

今後の東京卍リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京卍リベンジャーズ最新話214話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ考察|ドラケンの梵入りの真相

ドラケンがまさかの梵メンバーだと判明しました。

サウスに対して自分の全ては東京卍會に置いてきたと言っていたはずなのに、これはどういうことでしょう。

人情に篤いドラケンのことです。

断われない筋から頼まれて入ったとか、マイキーのことを何とかしたくて入った、あるいはその両方といった事情があるのでしょう。

それを今武道に言ったのは巻き込みたくないからではないでしょうか。

東京卍リベンジャーズ215話以降でそれが明らかになるはずです。

 

東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ考察|武道が第四勢力となる?

武道は東京卍リベンジャーズ214話で六破羅単代にも梵にも興味がないと言いました。

そのあとで梵にはドラケンがいると知ります。

マイキーの目を覚ますためにドラケンの力が不可欠だと思えば梵に入るのは有効だと思います。

ただ武道は「自分が何とかする」と思っているため梵には入らず、単独でマイキーと接触する道を選ぶのではないでしょうか。

あるいは一時的に協力関係を結ぶという手もあります。

どちらにしても梵と武道が争う道にはならないと予想します。

 

東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ考察|「無比」の瓦城千咒とは?

初代黒龍の創設メンバーを従える千咒。

まさか初代黒龍だと知らずにチームに入れたということはないでしょうから、黒龍現役時代からの知り合いなのかもしれません。

小柄な感じ、ケンカが強いところからマイキーと血の繋がりがあるという線も捨てがたいです。

165cmの武道より小柄な感じで、200cmを超えるであろうサウスの上まで跳びました。

すごい身体能力です。

東京卍リベンジャーズ212話では「無比」という異名が強調されました。

無比とは比べるものが無い、飛びぬけて優れているといった意味です。

確かにあの身体能力は真似できるものではありませんが、速さや跳躍力だけではトップに立てないでしょう。

まだまだ秘めた強さ、頭でなければならない理由があると考えます。

 

東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が東京卍リベンジャーズ214話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ

東京卍リベンジャーズ215話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ|梵はキケンな愚連隊?

ドラケンの店に戻ってきた武道たち。

武道はドラケンの梵入り発言についてまだ考え込んでいます。

イヌピーが武道に飲み物を差し出します。

武道は飲み物を受け取ってドラケンはどこにいるのかと尋ねます。

イヌピーは外に梵が来ている、多分武道のことでモメていると答えます。

驚いた武道が様子を見に行こうとすると、イヌピーの声が追いかけてきます。

ドラケンが心配だ、梵は暴走族よりヤクザに近い愚連隊、黒いウワサも多いと言い、武道にも注意を促しました。

 

東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ|マイキーが悪い大人になるのなら

武道が外に出るとドラケンが明司に掴みかかっていました。

ドラケンは武道の勧誘なんて聞いていない、許さない、東京卍會の仲間を巻き込まない約束だろうと言います。

武道は慌てて止めに入り、説明してくれと言います。

すると物陰にいた千咒が姿を現し、ドラケンはマイキーを連れ戻したいのだと答えました。

千咒はつづけて梵はマイキー率いる関東卍會を潰したい、それが共闘の目的だと明かします。

煙草に火をつけた明司も話に加わります。

東京卍會の不良の時代を創るという志が好きだった、でも関東卍會は違うと言います。

さらにマイキーがこのまま悪い大人になるのなら悪い大人である自分たちが潰す、それが梵の目的だと言いました。

 

東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ|武道が梵天入りを決意

千咒は武道の先ほどの啖呵「佐野万次郎をぶっ飛ばす」という志が本物なら梵に入れと言いました。

武道は考えます。

仲間集めは失敗、他にアテはなし、マイキーをぶっ飛ばすにはこれが一番なのかもしれないと思います。

ドラケンは武道の前に出て、どうしても武道を入れようとするなら梵の敵になると言います。

千咒がドラケンを見据え「じゃあここで殺りあうか?」と返します。

一触即発の空気、ここで武道が答えを出しました。

このままじっとしていても状況は変わらない、それなら「梵に入ります!!」と言いました。

 

東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ|明司とドラケンの想い

明司はドラケンに諭すように語りかけます。

梵は関東卍會を潰したいけれどマイキーとモメたくはない、だからマイキーが心から信頼しているドラケンと武道の協力が必要、わかってほしいと言います。

千咒が雨がやんだと言って傘をたたみます。

ドラケンはため息をついて武道に向き合います。

自分たちは梵と利害が一致しただけの仲間、それを忘れるなと言って手を差し出します。

武道は「…はい」と答え、その手を取りました。

ドラケンがようこそと言うと、武道は絶対マイキーを悪の道から連れ戻すと言いました。

ドラケンは満足そうに「ふん!」と笑います。

 

東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ|梵天メンバー武道の役職は荷物持ち

千咒が「よし!そうと決まったら」と言って武道に傘を渡します。

武道が受け取ると千咒は満面の笑顔で「今日からお前は荷物持ちだ」と言いました。

武道は戸惑います。

しかし千咒は構わず明日の15時に原宿集合だとつづけます。

明司は気に入られたからこれから大変だぞと言いました。

武道は何のことだと思いました。

 

東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ|千咒は女の子!?

翌日、武道は指定通り15時に原宿を訪れます。

すると背後から「大分待ったぞ花垣」という声が聞こえてきました。

武道が振り返るとそこにはセーラー服を着た美少女が立っていました。

千咒です。

武道は「ン?誰?」と言いました。

 

東京卍リベンジャーズ215話ネタバレまとめ

東京卍リベンジャーズ前話214話では、ドラケンがサウスを殴り飛ばしたところ警察がきて、全員が撤収しました。

そして帰路についたとき、ドラケンは武道に自身は梵のメンバーだと打ち明けました。

最新話速報として東京卍リベンジャーズ215話のネタバレを紹介してきました。

東京卍リベンジャーズ215話では、ドラケンもマイキーを止めるために梵入りしていたことが判明、武道も梵に入ることにしました。

すると千咒は満面の笑みで武道を荷物持ちに任命。

さらに明日の昼の3時に原宿に来るよう言います。

武道がその通りにすると千咒はセーラー服姿で登場しました。

千咒はまさかの女子!?

東京卍リベンジャーズのつづきが気になりますね。

以上「【東京卍リベンジャーズ215話ネタバレ】梵入りした武道の前に美少女千咒現る!」と題してお届けしました。

\東京卍リベンジャーズアニメも無料でイッキ見!/