東京リベンジャーズ

【東京リベンジャーズ246話ネタバレ】喧嘩屋カクチョー復活

【東京リベンジャーズネタバレ最新話246話】喧嘩屋カクチョー復活

2022年3月16日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京卍リベンジャーズ」本誌246話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

東京リベンジャーズ前話245話では、武道が目の覚めるような一撃を放ちました。

先陣を切った武道は乱闘早々カクチョーに殴られます。

しかし幼いころの自分が無敵のヒーローだったこと、不良界で挫折したけれどタイムリープして戦い抜いた日々を思い出して踏みとどまります。

それからカクチョーを殴り飛ばして撃破。

武道の雄姿を見た全員が驚きます。

そして武道はマイキーを見据え、覚悟があればマイキーにも届くのだと言いました。

マイキーは何を想うのでしょうか?

「【東京リベンジャーズ246話ネタバレ】喧嘩屋カクチョー復活」と題してお届けします。

>>東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

東京リベンジャーズ246話ネタバレ考察

今後の東京リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京リベンジャーズ最新話245話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京リベンジャーズ246話ネタバレ考察|武道vsマイキーはまだ始まらない?

武道とマイキーが向き合いました。

ここでマイキーがトドメを刺してしまえば抗争は終わってしまいます。

そのためまだ武道vsマイキーは始まらないと予想。

武道はマイキーとの間にいる雑魚、モブと呼ばれるような人たちと戦い、その間に他のトーマンメンバーのリベンジマッチが行われるのではないでしょうか。

武道の会心の一撃を見た千冬や八戒たち二代目東京卍會メンバーの士気が上がったはず。

アツい戦いが繰り広げられることでしょう。

また、カクチョーもここで終わりとは思えません。

カクチョーはここ最近、相手の強さを表すバロメーター的な扱い、「あのカクチョーが一蹴された、何て強い相手なんだ!」といった役回りでちょっと気の毒でもあります。

何らかの見せ場があるのではないでしょいうか。

できれば武道こそ自分のヒーローだと思い直し、寝返って活躍してほしいです。

 

東京リベンジャーズ246話ネタバレ考察|三途とココの不在

東京リベンジャーズ245話冒頭、乱闘が始まるシーンにココと三途の姿がありませんでした。

マイキー同様、すぐにやられるわけにはいかない上位の幹部のため当然かもしれません。

二代目東京卍會の方は人数が少ないので出し惜しみする余裕はないですが…。

ただちょっと不穏ではありますよね。

三途は武道たちのことを「ガキ」と評していました。

ガキには手に入れられない銃とか調達してこないか心配です。

ココも三天戦争の時はマイキーの傍にいましたが、今回は近くにいません。

ココはイヌピーとの因縁に決着をつけるのではないかと思っていたのですが、どこで何をしているのでしょうね。

 

東京リベンジャーズ246話ネタバレ考察|韋駄天のワカと剛力のベンケイ

東京リベンジャーズ228話にて、ワカとベンケイの別の異名が「韋駄天」のワカと「剛力」のベンケイと判明。

226話でもベンケイに「赤壁(レッドクリフ)」、ワカに「白豹」という異名があったことが判明。

ちなみにベンケイが赤壁なのは、抗争のあとに返り血で真っ赤に染まるから。

ワカが白豹なのは作中ではなく作者ツイートから分かりました。

バイクのテクニックがスゴイからだそうです。

そのツイートには佐野真一郎はもっとすごかったという記載もありました。

今回の「韋駄天」と「剛力」の由来は明かされていませんが、その字面から速さと力強さを感じます。

サウスには及ばなかったようですが、二人の異名が新たに出たことやここまでの活躍を見る限り、このまま終わるとは思えません。

物語にまだまだからんでくるのではないでしょうか。

230話では二人で「五条ボクシングジム」を営んでいたことも分かりました。

カタギになっていたのに明司と千咒に付き合って悪に身を落とす…義理堅いですね。

また「五条」なのは、やはり牛若丸と弁慶の対決が行われたのが「五条大橋」だからでしょう。

 

東京リベンジャーズ246話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が東京リベンジャーズ245話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京リベンジャーズ246話ネタバレ

東京リベンジャーズ246話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

東京リベンジャーズ246話ネタバレ|騒然

カクチョーを殴り飛ばした武道は肩で息をしながら倒れたカクチョーを見ています。

カクチョーはぼんやり空を眺めていました。

すぐに周囲が騒然とします。

千冬、パーちん、ペーやん、アッくんたちが目を丸くし、灰谷蘭やモッチー、三途もビックリしています。

ただ千咒は驚くことではない、三天戦争でマイキーとやりあった武道なのだからこれくらいできるだろうと言います。

すると三ツ谷が大寿に膝をつかせたこと、アングリーが天竺戦を引き合いに出し、武道のすごさに改めて言及しました。

 

東京リベンジャーズ246話ネタバレ|勢いづく二代目東京卍會

パーちんとペーやんに闘志がみなぎり、千冬が総長につづけと叫びます。

東京卍會が勢いづきます。

アングリーとスマイリーは大暴れ、八戒と三ツ谷も互いに背中を預けて奮闘。

イヌピーは鮮やかに戦場を駆け抜けて敵を瞬く間に倒しました。

さらに千咒も走ります。

倒した敵の数はすでに13人、一人で100人は倒すと宣言。

さすがの関東卍會のメンバーもひるみます。

化物揃い、めちゃくちゃ強いと口々に言いました。

 

東京リベンジャーズ246話ネタバレ|マイキーがイザナを語る

そんな中、マイキーはカクチョーに歩み寄ります。

しゃがんでカクチョーの顔をのぞきこみ、喧嘩屋として名をはせたカクチョーの力が見たいと言います。

カクチョーは黙っています。

マイキーは立ち上がり、今のカクチョーを「廃人」と評し、こんな男のために「アイツ」は死んだのかと言って背中を向けました。

カクチョーの目が見開きます。

それから起き上がると自分が目覚めさせてしまった熱を冷ますと言って駆け出しました。

 

東京リベンジャーズ246話ネタバレ|打倒ヒーロー

カクチョーが千冬、スマイリー、アングリーを跳ね飛ばすように倒しながら疾走。

向かった先はもちろん武道。

突進してくるカクチョーに気づいた武道はガードします。

しかしカクチョーはガードごと武道を殴り飛ばしました。

武道は拳の衝撃で後ずさりしたものの今度も倒れません。

カクチョーは改めて武道の顔を見つめます。

子供のころに憧れたヒーローが戻ってきたと言いました。

ここで東京リベンジャーズ246話は終了。

 

東京リベンジャーズ246話ネタバレまとめ

東京リベンジャーズ前話245話では、武道とカクチョーとバトルが描かれました。

特攻早々武道はカクチョーに殴られますが、これまでの戦いの日々を思い出して倒れずにこらえ、カクチョーに殴り返し、マイキーの前までぶっ飛ばしました。

そして自分のように弱くても覚悟があればマイキーに届くと堂々宣言。

最新話速報として東京リベンジャーズ246話のネタバレを紹介してきました。

東京リベンジャーズ246話では、武道の一発を見た東京卍會が勢いを増します。

ただマイキーがイザナを語ることでカクチョーが復活。

かつて憧れたヒーローを倒そうと喧嘩屋が再び牙を剥きますが、武道はどうするのでしょうか!?

東京リベンジャーズのつづきが気になりますね。

以上「【東京リベンジャーズ246話ネタバレ】喧嘩屋カクチョー復活」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/