東京リベンジャーズ

【東京リベンジャーズ228話ネタバレ】サウスvs千咒が始まる!

【東京リベンジャーズネタバレ最新話228話】サウスを前に軍神明司が覚醒?

2021年10月27日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京卍リベンジャーズ」本誌228話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

東京リベンジャーズ前話227話では、サウスが暴力に愛された男だと判明。

ブラジル・リオで育った寺野南(てらのみなみ)は5歳のときに「サウス」となって暴力の道を歩み、日本にやってきました。

それから日本でも自分の時代を創ると言い、天竺幹部たちを倒し、六破羅単代を設立しました。

東京リベンジャーズ228話では、ワカとベンケイがサウスに抗います。

このままサウスを倒してしまいそうな勢いですが、マイキーの見立てでは違うようです。

勝負の行方は…?

「【東京リベンジャーズ228話ネタバレ】サウスvs千咒が始まる!」と題してお届けします。

>>東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

東京リベンジャーズ228話ネタバレ考察

今後の東京リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京リベンジャーズ最新話227話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京リベンジャーズ228話ネタバレ考察|暴力至上主義サウスの価値観

東京リベンジャーズ227話でサウスの壮絶な過去が判明しました。

ブラジルで育ち、5歳で人殺しを経験。

その後も12歳で親のようなディノを殴り殺してギャングを仕切るなど、衝撃的な事実が次々と出てきました。

経験した修羅場の数がハンパな不良たちとは段違いです。

ただディノを殺したときには涙を流し、母親を喪ったときに見せた姿を見る限り、情は持ち合わせていた様子。

ディノと母親と死に別れたことで価値観がどう変化しているのかが気になります。

自身の暴力で時代を創ろうとしているくらいです。

あまり良い方に変わってはいないでしょう。

 

東京リベンジャーズ228話ネタバレ考察|サウスがディノを殺したワケ

サウスの過去で気になったのは、ディノを殺した理由です。

ディノ殺害時に涙を流したということは憎しみ100%だった訳ではないのでしょう。

ディノに手ひどい裏切りをされたのか、あるいはディノを殺すことでディノの持つ何かを得たかった、奪いたかったとかでしょうか。

例えば与えられた情報、「サウスと母親は二人暮らし」「父でもないのに母とサウスを気にかけるディノ」から想像できるのは「ディノがサウスの父を手にかけていた」という可能性です。

ディノが何らかの事情でサウスの父を殺していた、もしくは死に関わっていた、サウスがそれを知って復讐したのではないでしょうか。

そこら辺の動機が詳しく描かれなかったということは、今後戦いの最中で語るのか、番外編で出てくるのかもしれませんね。

 

東京リベンジャーズ228話ネタバレ考察|武道の今後とマイキーの心を取り戻す戦い

マイキーの心が危うい状態だと分かりました。

武道とマイキーの戦いはまずマイキーの感情を取り戻すところから始めなくてはいけません。

ただ今は三天戦争の真っただ中、その余裕はなさそうです。

ワカからは千咒を託されているし、これ以上死者が出るという場所にいてはまずいです。

また武道襲撃は失敗に終わっているため混戦に乗じて武道が再襲撃されるという可能性だってあります。

武道と千咒が選ぶかと言えば難しそうですが、撤退の話は出るのではないでしょうか。

 

東京リベンジャーズ228話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が東京リベンジャーズ227話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京リベンジャーズ228話ネタバレ

東京リベンジャーズ228話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

東京リベンジャーズ228話ネタバレ|Beat hell out of

東京リベンジャーズ228話のタイトルは「Beat hell out of」。

サウスの強さの根源が明かされます。

それはマイキーと同じようですが…。

 

東京リベンジャーズ228話ネタバレ|韋駄天のワカ

サウスがワカに殴りかかります。

ワカはサウスの拳を寸前でかわし、態勢を沈める勢いを利用してサウスの顔面に蹴りを入れます。

攻撃はそれで終わりではありません。

さらに回転、2撃の蹴りを入れました。

六破羅単代の兵隊がワカの速さと滞空時間の長さに驚きます。

 

東京リベンジャーズ228話ネタバレ|剛力のベンケイ

サウスの動きが止まった隙を見て、今度はベンケイが渾身の拳を入れました。

2mを超えるサウスの巨体が吹き飛びます。

武道は思わず「す…すげぇ」と声を漏らします。

周囲からもさすが「韋駄天のワカ」と「剛力のベンケイ」だと賞賛の声が上がりました。

本人たちはいたって冷静。

ワカが「ナイスベンケイ」と言うと、ベンケイはワカが気を逸らしたからだと返しました。

 

東京リベンジャーズ228話ネタバレ|マイキーの予感

マイキーはまだ様子見をつづけています。

隣に立つココがマイキーに、このままやらせといていいのか、梵にいいとこを持っていかれると言います。

するとマイキーは少し考え、「そうかな?」と返しました。

 

東京リベンジャーズ228話ネタバレ|サウスの黒い衝動

サウスが体を起こしました。

それからトップクの上を脱ぎ、自分の過去について語り始めます。

12歳のとき「父と呼べる男を愛を握って殴り殺した」、14歳のときに報復で母を殺されと言います。

それから自身の首にある銃痕を指さし、自身も生死を彷徨った、「なのに”衝動”は収まらない」とつづけます。

そう話すサウスの目は狂喜をはらみ、口からはよだれ。

ワカとベンケイは悪寒を感じ、武道はマイキーが以前言った「黒い衝動」について思い出します。

サウスはワカとベンケイの前に立ちはだかります。

そしてこの衝動を止められるかと問いました。

 

東京リベンジャーズ228話ネタバレ|サウスは止まらない

サウスの猛攻が始まりました。

ベンケイとワカを殴って、殴って、殴りつづけ、「ヴィイイイヴォオ!!」と叫びます。

ベンケイは白目をむいて倒れ、ワカも膝をついてせき込みます。

サウスは恍惚とした表情で、暴力に愛された者にしかこの衝動(ビート)は分からないと言います。

それからマイキーになら分かるはずだとつづけました。

 

東京リベンジャーズ228話ネタバレ|千咒vsサウス

目の前の光景を見た明司は、信じられないという顔で化物とつぶやきました。

そこで「オイ」と声がかかります。

声の主は千咒。

千咒はワカたちの前に立ち、もう見てられない、「テメェはジブンがぶっ潰す」と凄みました。

サウスは嬉しそうな顔をして「ビバーチェ(いいね)!!」。

ここで東京リベンジャーズ228話は終了です。

 

東京リベンジャーズ228話ネタバレまとめ

東京リベンジャーズ前話227話では、サウスの壮絶な過去が判明。

ブラジルでギャングスターになり、日本でのし上がった経緯が描かれました。

恩人ディノを殺し、母を敵に殺されたサウスは日本で時代をつくると言って天竺メンバーをのして六破羅単代を設立。

最新話速報として東京リベンジャーズ228話のネタバレを紹介してきました。

東京リベンジャーズ228話では、サウスも黒い衝動を抱えていることが分かり、その強さはワカとベンケイを圧倒しました。

そこで千咒がサウスの前に立ちはだかります。

千咒の秘められた強さが明らかになるのでしょうか。

東京リベンジャーズのつづきが気になりますね。

以上「【東京リベンジャーズ228話ネタバレ】サウスvs千咒が始まる!」と題してお届けしました。

\東京リベンジャーズアニメも無料でイッキ見!/