東京リベンジャーズ

【東京リベンジャーズ224話ネタバレ】マイキーがドラケン死亡を知る!

【東京リベンジャーズネタバレ最新話224話】エマがドラケンを引き戻す

2021年9月29日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京リベンジャーズ」本誌224話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

東京リベンジャーズ前話223話では、救急車に運び込まれるドラケンが東京卍會の仲間と過ごした2005年の初日の出暴走を思い出します。

海に到着後、昇る初日の出を眺めながらドラケンとマイキーは天下を獲ろうと約束。

ドラケンはそんな思い出を懐かしく思い、つづいて亡き最愛の人エマに呼びかけました。

東京リベンジャーズ224話では、ドラケン死亡が確認されました。

呆然とする武道。

しかし悲しむ間もなく、明司とサウスがチームを率いて現れ、最終戦争が始まりそうになります。

そこに一台のバイクが現れました…。

「【東京リベンジャーズ224話ネタバレ】マイキーがドラケン死亡を知る!」と題してお届けします。

>>東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

東京リベンジャーズ224話ネタバレ考察

今後の東京リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京リベンジャーズ最新話223話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京リベンジャーズ224話ネタバレ考察|エマがドラケンを引き戻す?

ドラケンが走馬灯のようなものを見ました。

自分でも「最後に思い出すのは」と言っていたことから死が迫っていることを実感しているのでしょう。

さらに亡き想い人エマに対し「今行くぜ…エマ」と語りかけています。

ドラケンの意識が死に傾いています。

しかし、ドラケンの手を取ったエマはこのままドラケンを連れて行くでしょうか。

エマは強くて優しい女性です。

ドラケンとマイキーを心配し、最近もドラケンの夢に出て「マイキーを助けて」と言っています。

そのためドラケンに会えてうれしいとは言うかもしれませんが、マイキーのことを考えて「まだ来ちゃダメ」だと言ってくれそうな感じもします。

 

東京リベンジャーズ224話ネタバレ考察|千咒が責任を感じて弱気になる?

ドラケンが救急車に運ばれるのを千咒が見ていましたが、涙を流し、とても弱々しい感じでした。

普段の勝気な雰囲気とは全然違います。

自分たちを守ったせいで仲間が傷ついたとショックを受けているのでしょうか。

あるいは似たような状況があったとも考えられます。

千咒が顔見せした話で、千咒は雨を嫌がっていました。

もしかしたら雨に何らかのトラウマがあるのかもしれません。

 

東京リベンジャーズ224話ネタバレ考察|ドラケンが助かる可能性はある?

東京リベンジャーズ223話ラスト時点でドラケンはまだ生きています。

あれだけ自分で何とかしようとしていたマイキーのことを託したということは、ここからの復活はないのかもしれません。

ただ救急車やタンカは手配済み、ラストシーンで目が開いていて生きているということは、ここから病院に運ばれて助かる、あるいは蘇生することもありえます。

すぐに復活はできなくても昏睡状態で生存、後に復活というストーリーに繋がるかもしれません。

マイキーを救うためにもドラケンは必要に思えます。

生きていて欲しいです。

 

東京リベンジャーズ224話ネタバレ考察|ドラケン死亡で何が起こる?

武道たちを助けたドラケンが倒れてしまいました。

未来はタイムリープで変えられても、タイムリープした先で起こったことはどうにもなりません。

ここからドラケンと握手、さらに過去に戻ることが可能ならいいのですが、さすがに無理がありそう…。

武道たち東卍の仲間はきっと悲しむでしょう。

中でもマイキーはひときわ悲しみ、怒るのではないでしょうか。

マイキーは仲間が大切だからこそ遠ざけたのでしょう。

ドラケンもこうなるのを予測していたのだろうと言っていましたし。

マイキーにとって大事な仲間、その中でもドラケンは特別な幼なじみです。

未来でマイキーは自殺する直前、兄の真一郎やエマ、バジの顔と一緒にドラケンの顔も思い浮かべていました。

今考えると、ドラケン以外は故人…あれも一つの伏線だったのかもしれませんね。

襲撃犯を調べ上げてマイキーが襲撃犯を潰す、あるいは殺すという展開もありそうです。

また、ドラケンは梵に所属していました。

そのドラケンが襲われた以上、梵に六破羅単代を叩く大義名分ができました。

三天戦争はさらに激化する、あるいは梵が六破羅単代を吸収するなんて展開もあるかも?

 

東京リベンジャーズ224話ネタバレ考察|カクチョーが武道をスカウトする理由

カクチョーは東京リベンジャーズ212話で、武道が不良の世界に戻ってくるのなら六破羅単代だと言いました。

武道の返答は「へ!?」でしたが。

カクチョーが武道個人に思い入れがある、評価している部分はあると思います。

ただそれだけではなく、発言のニュアンスから、「マイキー率いる関東卍會や梵や他のチームではいけない」と示唆しているようにも取れます。

その理由は何でしょうか。

武道自身に何らかの危険がせまっている、あるいは武道がすべきことがあるのかもしれません。

カクチョーの発言に注意が必要ですね。

 

東京リベンジャーズ224話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が東京リベンジャーズ223話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京リベンジャーズ224話ネタバレ

東京リベンジャーズ224話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

東京リベンジャーズ224話ネタバレ|サウスがドラケン襲撃を知る

六破羅単代のアジト。

襲撃犯がサウスに暴行を受けていました。

サウスはドラケンを撃つなんて余計なことをしたと怒鳴ります。

カクチョーを含む幹部たちはその様子を厳しい目で見つめています。

サウスは舌なめずりをし、「やってくれたな」と言いました。

 

東京リベンジャーズ224話ネタバレ|ドラケン死亡

救急車は武道と千咒を残して走り去りました。

千咒が武道に声を掛けます。

武道は呆然としたまま、頭の中で救急隊員とのやりとりを反すうしています。

先程、武道は救急隊員の肩を掴み、助かるかと聞きました。

救急隊員は「残念ながら…もう…亡くなっています」と答えたのです。

 

東京リベンジャーズ224話ネタバレ|呆然とする武道

千咒の何度目かの呼びかけでようやく武道は返事をしました。

ただこれからどうすると聞かれても、少し黙って「なんだっけ?」と返します。

千咒は武道が混乱の中にいることを察します。

そこに明司が走ってきました。

ドラケンが殺されたというのは本当かと尋ねます。

千咒は肯定し、事情を説明しました。

 

東京リベンジャーズ224話ネタバレ|明司とサウス現る

事情を知った明司は怒ります。

今から六破羅単代を潰すといきり立ち、遅れてやってきたベンケイに梵全員を招集するよう命じます。

千咒は正気かと止めますが、明司はいつならいいんだと返します。

このまま引き下がるのか、これはもうガキの喧嘩じゃない、殺し合いだと怒鳴ります。

千咒はひるまず「そんなのジブンが望んでるカタチじゃねぇ」と言い返します。

そこで随分盛り上がっているなと言いながらサウスが現れました。

ドラケンの鎮魂歌(レクイエム)のためこっちから出向いてやった、サウスはそう言って両手を広げます。

後ろには六破羅単代がズラリと並んでいます。

 

東京リベンジャーズ224話ネタバレ|あのバイクに乗ったマイキー登場

サウスが最終戦争(ハルマゲドン)を始めようと言います。

明司は上等だ、ここで終わらせると応じます。

一瞬即発の雰囲気。

しかし、突如聞こえてきたバブの排気音で空気が変わります。

明司は聞き覚えがあると思います。

現れたバイクは梵と六破羅単代の間に停まりました。

バイクに乗る男の特攻服には「関東卍會」、バイクには「KAMIKAZE」。

マイキーです。

マイキーは昏い目で両者を見据えます。

武道は「…マイキー君」とつぶやきました。

ここで東京リベンジャーズ224話は終了です。

 

東京リベンジャーズ224話ネタバレまとめ

東京リベンジャーズ前話223話では、救急搬送されるドラケンが2005年の初日の出暴走を思い出しました。

夜明け前、ドラケンはマイキーの背中を追いかけ、朝日が昇るのをともに眺め、天下を掴もうと約束しました。

現在、約束を果たしたドラケンは仲間の顔を思い浮かべ、エマと再会。

最新話速報として東京リベンジャーズ224話のネタバレを紹介してきました。

東京リベンジャーズ224話では、ドラケンが亡くなったことが分かり武道は茫然自失となります。

そこに怒る明司と自ら乗り込んできたサウス率いる六破羅単代が現れます。

全面戦争は避けられないかと思われましたが、そこにマイキーも登場。

マイキーは何を言うのでしょうか。

東京リベンジャーズのつづきが気になりますね。

以上「【東京リベンジャーズ224話ネタバレ】マイキーがドラケン死亡を知る!」と題してお届けしました。

\東京リベンジャーズアニメも無料でイッキ見!/