キングダム

【キングダム723話ネタバレ】桓騎の弱点が明らかに

【キングダムネタバレ最新話723話】飛信隊と上和龍軍の総力戦

2022年6月16日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム723話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

キングダム722話では、飛信隊の副将羌瘣が単騎で李牧の青歌軍の包囲網を抜け出しました。

それに続けと、羌礼らもなんとかついて行きました。

当然この事に李牧も気づいていて楽章も気づきますが、少数で抜けた所でたかが知れていると、また飛信隊や楽華隊が本隊が抜けた訳ではないと冷静に見ています。

羌瘣もギリギリで戦っています。

そして合わせる時が来ると羌礼に言い戦場から姿をくらまします。

羌瘣は李信と挟撃に備え出しました。

飛信隊もなんとか包囲網を抜けようとしていますが、依然上和龍と側近の雲慶と雲玄に足止め。

李信から上和龍達を引き離そうとしますが、手強く簡単にはいかず、両軍の騎馬が激突している間に歩兵隊も到着しました。

飛信隊と上和龍軍の総力戦が展開されています。

キングダム723話についての考察、ネタバレをお伝えしていきます。

今回は「【キングダム723話ネタバレ】桓騎の弱点が明らかに」と題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム723話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム722話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム723話ネタバレ考察|桓騎が消える

李信と羌瘣がまるで、お互いの動きがわかっていたかのように、前後で挟撃の形をとる事が出来ました。

上和龍軍の副将もいますが、この二人を相手にすればひとたまりもないでしょう。

李牧も注視していた戦いもこの挟撃により、このままでは飛信隊に軍杯が上がるでしょう。

李牧も当然この展開をこのまま見過ごす訳もなく、近くの楽章軍に指示を出し、飛信隊に攻撃を仕掛けるように指示を出すでしょう。

そしてひたたび飛信隊が苦戦を強いられてる時に、戦場を全体を見渡すと桓騎軍本体が姿を晦ましてるのではないでしょうか?

今までも桓騎は敵国に姿を掴ませずに、敵国の将軍を討ってきました。

李牧が飛信隊に気をとられた状態こそ、桓騎が待ち望んだ状態だったのです。

 

キングダム723話ネタバレ考察|蒙武元側近、灼熱の愛閃

蒙恬の窮地をなんとか救い出した楽華隊の副長愛閃。

蒙恬を馬に乗せて逃す事はどうやら成功しそうです。

しかし、愛閃の前には青歌軍の将軍、楽章と五千人将軍のフーオンが立ち塞がります。

楽章も蒙恬は諦めたようですが、副長の愛閃は仕留める事を決めたようでした。

それに対して愛閃も覚悟をして戦う事を決めました。

愛閃は言います、自分は蒙武の元側近の灼熱の愛閃だと。

蒙武大将軍は元より、激しい戦いを繰り広げる事で有名で、その蒙武に若くして側近として認められた実力は相当なものでしょう。

愛閃はどちらかと言えば、李信みたく本能タイプとして、追い込まれれば、追い込まれる程、敵の返り血を浴びて、より燃えて実力を発揮するタイプでしょう。

果たして愛閃はこの包囲網を突破出来るでしょうか?

 

キングダム723話ネタバレ考察|羌瘣が向かう先

キングダム721話では、羌瘣は同郷の羌礼が心配する程、深く巫舞に入りこんでいました。

屈強な青歌軍を前にして、どんどん切り倒し突き進んで行きます。

羌礼はあんなに普通息が続かない、限界を超えてるのでは?と心配しています。

羌瘣は目が充血して、血を吐きながらも戦っていました。

そして遂に青歌軍の包囲網を単騎突破しました。

この後、羌瘣は一体どこへ向かうのでしょうか?

単騎でどんなに優れていても、数の暴力の前には無力と化してしまいます。

羌瘣は、単騎で上和龍を討ちに行くのではないでしょうか?

飛信隊の副長が、李信の元に加われば上和龍を首をとる事も可能となるかもしれません。

 

キングダム723話ネタバレ考察|李牧の更なる才能が開花

現在李牧は準備に準備を重ねて秦国軍圧倒しようとしてます。

元から春秋戦国時代の中でも智略型の最高峰と言われる、趙国三大天の李牧。

李牧の智略に右に出れる物がいるとしたら、現在では秦国の大将軍の王翦将軍ぐらいかも知れません。

その李牧は本来智略型と言われてますが、以前合従軍戦で秦国の大将軍の麃公と戦った事で本能型の戦い方すら学んでしまったと言われてます。

麃公将軍と言えば、本能型の極みと言われてます、それを直で見た事は李牧にとって多大な刺激を与えました。

智略型、そして本能型の戦い方を学び両方が出来るようになった異種混合型の李牧を止める事は出来るのでしょうか?

秦国の李信や蒙恬ら若き才能が開花してると同様に李牧も未だに成長を遂げていると言えるでしょう?

この先、秦国はこの最強の李牧にどのように立ち向かう事が出来るでしょうか?

 

キングダム723話ネタバレ考察|蒙恬の狙う先

キングダム718話で秦国の左翼も趙国相手に劣勢を強いられてましたが、右翼から李信率いる飛信隊が合流した事により一時的に秦国に対抗出来るようになりました。

同期の李信の本能型の直感に応えるように、蒙恬も戦術的才能を開花させ閃きます。

錐型の陣を持って趙国軍を攻める事を決めました。

これはただ趙国軍の兵力を減らすのが目的ではないと思います。

蒙恬はこの窮地の中でも李信同様突破口を探していたに違いありません。

趙国の右翼を相手にする中で指揮をする将軍を見つけたのでしょう。

一時的とは言え、趙国を上回る戦力で趙国の将軍を討ちに行くと思われます。

蒙恬の智略が冴えこの窮地を脱する事になるでしょう。

 

キングダム723話ネタバレ考察|李牧と匈奴の戦い

11年前に李牧は趙北部の雁門の守りの総司令をしていました。

匈奴と言えば、モンゴル付近の遊牧騎馬民族で一人一人が屈強な戦士のイメージがあります。

機動力の高い騎馬民族相手に超北部を守り抜いたのですから相当な戦術を駆使してきたのでしょう。

その匈奴からの侵攻を打ち破り、沢山の勝利を李牧はもたらしてきました。

結果李牧は趙北部の民や兵からとても好かれております。

戦いに勝利した後も驕る事なく、民や兵に得たものを還元して、李牧が総司令をしていた時が一番栄えていたと言われる程です。

李牧はこの匈奴との大戦に勝利した後に徹底的に情報封鎖を行い南下して、王騎率いる秦国を打ち破った男でもあります。

士気も高く、兵力差も倍近くある李牧率いる趙国相手にどのように戦いを繰り広げるでしょうか?

 

キングダム723話ネタバレ考察|桓騎の心の穴

キングダム708話で桓騎は丘の上から、摩論と一緒に李信が龍白公を斬る所を、そして両軍に対して自分の信念を持って一喝する場面を見てました。

摩論は将軍になってもうるさい奴ですねと言っていました。

それに対して、桓騎は李信の事には何も触れずに、雷土の事を思った発言をしていました。

やっぱりつまらないと、盛り上がりに欠けるなと。

桓騎なりに自分の部下を心から本当に思っているようです。

雷土が拷問死したという事実より、雷土がもういないという事実が桓騎にとっては大きな穴となっているのでしょう。

蒙鷲将軍の右腕の時から、更に言えば野党時代から共にしてきた雷土がいなくなったのですから、桓騎なりにショックは相当大きかったはず。

ここまで桓騎に思われる雷土が他の幹部達からしたら羨ましいのではないでしょうか。

もう既に桓騎はこの戦争の勝利に対する飢えは無くなっているように見えます。

 

キングダム723話ネタバレ考察|万里の長城は李牧の案が元になっている

キングダム702話では李牧が3年前から計画、設計した長城が登場。

李牧がいない間も郭開の手によって着実に完成されていたようです。

その距離はおよそ250里、すなわち約100Kmもあると言うのです。

王翦も流石にこれには驚きを隠せませんでした。

これだけの長城を作る労力もそうですが、そもそも設計する事がすごい事です。

実際にこれを見た王翦はこの長城を突破する事は無理だと判断して、一度北上してから、南下して邯鄲を攻めようとする程です。

この長城こそが、後に匈奴対策となる、万里の長城の発想に至ったのではないでしょうか?

それほど、李牧が設計した長城は優れているという事でしょう。

 

キングダム723話ネタバレ考察|豹司牙の実力

桓騎軍による趙国軍の捕虜大虐殺により嬴政はとても落胆し、怒りと覚悟を胸に戦場に向かいました。

引き連れたのは王都軍の最高戦力、豹司牙と黄竜でした。

そしてキングダム698話では桓騎の態度、返答にキレた嬴政は豹司牙に首をはねろと命令しました。

豹司牙は桓騎軍の幹部で側近の黒桜の剣をいとも簡単にへし折り、数センチで命に届く程の力を発揮。

秦国軍の最高司令官の昌平君が育てた部隊だけに相当の実力を秘めているのでしょう。

おそらく今の飛信隊や玉鳳隊等よりは総合的な実力は上。

余程の信頼と実績があるからこそ、今回呼ばれたのでしょう。

秦国王の嬴政を守ると同時に、最悪の場合は桓騎軍を滅ぼせると判断して同行させたのです。

 

キングダム723話ネタバレ考察|昌平君、直属の軍

今回また新たになった、新情報、昌平君の直属の軍、黄竜という部隊がありました。

昌平君と言えば、秦国軍の軍の総司令の立場であると同時に個人の武力としても相当な実力を有してます。

青年期はあの蒙武と互角に渡りあってもいました。

その昌平君の部隊が黒騎兵団の豹司牙です。

この豹司牙ですら、秦国の最強クラスの部隊だと思っていたのに、更にその上を行く部隊がまだいたのです。

その部隊の名は黄竜。

周りの者が驚く程の事のようです。

その驚きは「あの黄竜を連れ出すのか?」とも取れるし、「嬴政が黄竜の部隊を知っていたのか」とも取れる描写でした。

どちらにせよ、この王都を守る秦国最強クラスの部隊がいずれ去り行く昌平君と共に去らねば良いのですが…。

 

キングダム723話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム722話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム723話ネタバレ

キングダム723話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム723話ネタバレ|羌瘣は上和龍の副将を瞬殺

キングダム722話で李信と羌瘣が挟撃をなんとか成功させました。

キングダム723話ではその挟撃の瞬間が描かれます。

羌瘣は上和龍軍の背後に付き攻めて行き、その勢いのまま上和龍軍の副将、豪座公を一気に瞬殺。

羌瘣の呼吸はギリギリでした。

羌礼ですら、限界を超えてるんじゃないかと心配する程でした。

流石の羌瘣も豪座公を倒した所で息切れ、倒れこみそうになったところを、李信が来て支えました。

李信に寄り添い、羌瘣はなんとか呼吸を整えて行きます。

 

キングダム723話ネタバレ|灼熱の愛閃の底力

一方その頃、楽華隊は蒙恬は離脱しましたが、愛閃が指揮をとっていました。

愛閃を始め楽華隊は青歌軍に相手に奮闘。

しかし、この青歌軍には将軍の楽章を始め、五千人将のフーオンがいて愛閃も相当苦戦しています。

そこに現れたのが飛信隊でした。

この飛信隊の援軍のおかげで愛閃は自由に戦えるようになりました。

中でも羌礼がフーオンを相手に足止めをして、李信が楽章を抑えこんでました。

そして李信に気をとられた隙に愛閃が楽章に斬りかかり鎧の上から傷つけ落馬させました。

これにより、上和龍、楽章をなんとか戦線離脱させる事が出来ました。

 

キングダム723話ネタバレ|飛信隊の成長に驚く、李牧

飛信隊と楽華隊が青歌軍相手に奮闘し、上和龍、楽章相手にここまでやるとは思っていませんでした。

李牧は目を見開いて、飛信隊、特に李信の成長ぶりに驚いています。

龐煖を倒した事で武力自体は認めていたものの、軍として将軍としての実力も遂に認めたのです。

しかし戦場全体に関して李牧は一切焦ってはいません。

むしろ、飛信隊と楽華隊が横に抜けたおかげで桓騎を集中して攻める事が出来ると考えています。

李牧曰く、桓騎の弱点は他の武将が持ってる物を桓騎は持っていない事が弱点だと言い切ります。

一体桓騎の弱点とは?

ここでキングダム723話は終了となります。

 

キングダム723話ネタバレまとめ

キングダム前話722話では、李信と羌瘣が見事に挟撃を成功させました。

最新話速報としてキングダム723話のネタバレを紹介してきました。

キングダム723話ではその挟撃の瞬間から描かれます。

限界ギリギリで戦う羌瘣は最後の力を振り絞り一気に上和龍軍の副将の豪座公を切り捨てました。

楽華隊の愛閃も蒙恬が離脱した中でも全体の指揮をとり奮戦していましたが、青歌軍の楽章、フーオンの前に劣勢の状態でした。

そこに現れたのが飛信隊、羌礼がフーオンの足止めをして抑えます。

そして楽章も李信が現れた事により形勢逆転し、愛閃が楽章に攻撃を浴びせて落馬させました。

飛信隊、楽華隊共に副将の活躍により青歌軍をなんとか振り払う事が出来ました。

李牧も飛信隊の成長ぶりに驚いています。

しかし、李牧はあくまで桓騎を討つ事に集中しています。

今明かされる桓騎の弱点、普通の武将が持っていて桓騎が持っていない物とは?

今後のキングダムの展開も楽しみですね。

以上「【キングダム723話ネタバレ】桓騎の弱点が明らかに」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/