呪術廻戦

【呪術廻戦187話ネタバレ】400年前の鹿紫雲一が登場!

【呪術廻戦ネタバレ最新話187話】領域展開で2連チャンで鹿紫雲一を追い込む?

2022年6月13日(月)発売号の週刊少年ジャンプに「呪術廻戦」本誌187話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦186話では、秤と鹿紫雲一の肉弾戦となりました。

秤の強さに興味津々の鹿紫雲一は、稲妻を放ち秤の左腕を損傷させます。

しかし、秤は自身の左腕を反転術式によって回復させます。

秤はこの時、大当たり直後のボーナスステージに入っており、「4分11秒」は不死身の状態となっていました。

そしてボーナスステージ終了と同時に領域展開「坐殺博徒」を発動させます。

ここでも大当たりを引くことができるのでしょうか?

今回は「【呪術廻戦187話ネタバレ】400年前の鹿紫雲一が登場! 」と題してお届けします。

>>呪術廻戦の最新話ネタバレをチェック!!<<

 

呪術廻戦187話ネタバレ考察

今後の呪術廻戦はどうなっていくのでしょうか。

次回以降の呪術廻戦で考えられる展開を紹介していきます。

呪術廻戦最新話186話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

呪術廻戦187話ネタバレ考察|2度目の大当たりとなるのか?

ボーナスの「4分11秒」で呪力を回復させた秤は再度領域展開を行いました。

これは再度「大当たり」を引くためと考えていいでしょう。

そして不死身の4分11秒を使い確実に鹿紫雲一を仕留めるつもりでいるようですね。

また秤は現在確変状態に入っているので、大当たりを出す確率も上がっていますのでその可能性は十分に考えられます。

シャルル戦では大当たりは「取りに行くもの」というような発言もあったので、大当たりを出す算段はあるようですね。

今回のような激しいバトルが再度行われるのでしょうか?

次の4分11秒間が楽しみです!

 

呪術廻戦187話ネタバレ考察|秤vs鹿紫雲一

パンダの窮地の登場した秤!

秤の登場シーンに叫んでしまった方も多かったのではないでしょうか?w

秤の呪力量に興奮を示した鹿紫雲一と秤の強者対決の開幕となりそうです。

領域展開はしないが”稲妻”を使う鹿紫雲一とパチンコの領域展開を持つ秤。

術式だけを考えれば、鹿紫雲一に軍配が上がりそうですが、体術はほぼ互角と考えられます。

また、秤の領域展開は運の要素も強いため、ここら辺の不確定要素が加わると勝敗は五分五分といった感じでしょうか?

どのような戦いになるのかとても楽しみです!

 

呪術廻戦187話ネタバレ考察|鹿紫雲一の目的は?

鹿紫雲一は登場時から宿儺を探しています。

呪術廻戦184話でもパンダが宿儺を知っていると勘づくと、言えば殺さないでいてやると言ったほどです。

宿儺と鹿紫雲は顔見知りのようですが、血眼になって探してる辺りからして仲間だったという感じはしませんよね?

また鹿紫雲が一方的に宿儺を探している感じが見受けられます。

とすると宿儺に恨みを持っている可能性が高そうですね。

これに巻き込まれる虎杖はたまったもんじゃなさそうですが…。w

鹿紫雲は宿儺までたどり着けるのでしょうか?

 

呪術廻戦187話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が呪術廻戦186話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

呪術廻戦187話ネタバレ

呪術廻戦187話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦187話ネタバレ|2度目の領域展開

2度目の領域展開をした秤。

これに対して鹿紫雲は簡易領域の「彌虚葛籠(いやこつづら)」を発動させようとしますが、その前に「坐殺博打」のルールを理解させられます。

これにより、秤が大当たりを引くことが前提だと察します。

その後秤は確率変動に突入しますが、この時の秤はまだ不死身の状態ではなく、それを鹿紫雲に言い当てられます。

鹿紫雲の発言に対し秤は「適度に楽しむ博打なんてありえねぇ」と一喝!

その後、鹿紫雲の攻撃が開始されます。

確かにここで鹿紫雲からの強力な攻撃を受けてしまうと死んでもおかしくありません。

ですが、一か八かのドキドキ感がたまらないのでしょうね!

生粋のギャンブラーである秤らしいセリフに震えました!w

 

呪術廻戦187話ネタバレ|2連チャン大当たり!

秤は何とか鹿紫雲の攻撃をやり過ごし、6のゾロ目を出し大当たりの引き当てます。

するとあの音楽が流れ出し、再び4分11秒の不死身状態を作り出しました。

こうなると鹿紫雲の攻撃は通用しません。

どんな攻撃も反転術式によって再生されてしまうので手の打ちようがないと言えますね。

反転術式も使えないほどの威力とスピードで攻撃できれば、話は変わってくるのかもしれませんが…そんなことできるのでしょうか?

鹿紫雲からすればこんな相手と戦った経験はないはずですから、苦戦することは間違いなさそうですね。

 

呪術廻戦187話ネタバレ|伊達藩で歴代一の呪力放出者

再度4分11秒間の不死身状態が始まりましたが、ここで鹿紫雲の400年前の回想シーンが入ります。

登場した鹿紫雲は年老いていました。

そこへ羂索が戦いを終えた鹿紫雲に楽しめたかと声を掛けますが、鹿紫雲の答えはNOでした。

さらに羂索と戦うべきだったと伝えますが、その時の羂索は戦闘向きではなかったのでバトルにはなりません。

羂索は気を利かせてなのか伊達藩にいた歴代一の呪力放出者の存在を明かします。

おそらくこれが石流龍のことだと思われます。

この時はちゃんとちょんまげだったんですね。w

 

呪術廻戦187話ネタバレ|最強の術師

しかし鹿紫雲は羂索の言葉に反応せず、最強の術師は誰かと問います。

そこで羂索は宿儺の名をあげましたが、600年前の出来事なので現時点で鹿紫雲と宿儺が戦うことは叶いません。

鹿紫雲は宿儺と戦う為に羂索との取引を引き受けます。

最強と謳われた宿儺と対峙するためだけに転生した鹿紫雲。

この回想シーンで秤が勝利するという展開が怪しくなってきましたね。

鹿紫雲には宿儺と戦うという怨念じみた感情がありますので、もしかすると秤が殺られる展開もありえるのでは…?

次回、呪術廻戦188話へつづく…

 

呪術廻戦ネタバレ最新話186話確定速報まとめ

呪術廻戦186話では、秤の領域展開のすごさを実感しました。

秤はシャルルとの対戦で大当たりを引き当て、その後確変状態となっていました。

大当たりを引き当てた効果で「4分11秒」の無双モードに入った秤は、鹿紫雲一を圧倒します。

また鹿紫雲一の稲妻をくらっても反転術式で回復させるという大技も披露します。

最新話速報として呪術廻戦187話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦187話では、秤による2度目の領域展開後に再度大当たりを引き当てるという展開となりました。

これは想定通りでしたが、今回は鹿紫雲一の400年前の回想シーンが描かれていました。

400年前の鹿紫雲は年老いた姿で登場し、その現場は戦いの後だったようで近くには死体が転がっていました。

鹿紫雲は自分の実力にまだまだ満足していない様子で現れた羂索に最強の術師について尋ね、それが宿儺であると聞くと宿儺と戦う為に羂索との取引を受けました。

そして見事に転生した鹿紫雲ですが、望みは叶えらるのでしょうか?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「【呪術廻戦187話ネタバレ 】400年前の鹿紫雲一が登場!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/