呪術廻戦

【呪術廻戦158話ネタバレ】津美紀の救出に動き出す?

【呪術廻戦158話最新話ネタバレ確定速報】秤との取引きは成功する?

2021年9月13日(月)発売号の週刊少年ジャンプに「呪術廻戦」本誌158話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦157話では、伏黒が綺羅羅に土下座!

話を聞いてほしいと頼み込むと綺羅羅は渋々了承しました。

その時、モニタールームから吹き飛ばされるように姿を見せた虎杖。

その後に秤が現れて再度虎杖を攻撃します。

虎杖はノーガードに徹し3発まともに秤の拳を受けます。

一度はノックダウンした虎杖ですが、立ちあがって秤に「お前の役割は何だ」と問います。

この虎杖に”熱”を感じた秤は話を聞くことを了承します。

これで目的に一歩近づきましたね!

このまま無事に秤を引き込むことができるのでしょうか?

呪術廻戦157話以降どうなっていくのか考察、呪術廻戦158話の内容がわかり次第ネタバレしていきます。

今回は「【呪術廻戦158話ネタバレ】津美紀の救出に動き出す?」と題してお届けします。

>>呪術廻戦の最新話ネタバレをチェック!!<<

 

呪術廻戦158話ネタバレ考察

今後の呪術廻戦はどうなっていくのでしょうか。

次回以降の呪術廻戦で考えられる展開を紹介していきます。

呪術廻戦最新話157話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

呪術廻戦158話ネタバレ考察|取引は成功する?

虎杖の決死の覚悟が伝わりようやく話を聞いてもらえることに。

秤の言った「取引き」の意味が気になりますね。

何か交換条件を出してくることは間違いないと思いますが、虎杖が秤の熱を引き出せた時点で成功したも同然!

本来の「秤に協力をあおぐ」という目的は達成されましたよね。

綺羅羅に関して言えば、秤が熱くなっている姿を見れればオッケーな感じですしね。

ここで秤と綺羅羅を引き込むことができればだいぶチームの強化が計れます。

死滅回遊に向けていいスタートが切れそうです!

このまますんなりと取引きが成功することを祈ります。

 

呪術廻戦158話ネタバレ考察|パンダが夜蛾の死を伝える?

呪術廻戦157話では、秤が夜蛾学長の名前を出すシーンがありましたね。

ということは、夜蛾が死んだことはまだ伝わっていないということになります。

夜蛾と秤の関係がどういったものかはわかりませんが、名前を上げるぐらいですからそれなりの思い入れはあったのでしょう。

夜蛾の最後を看取ったのはパンダ。

パンダにとっては思い出したくない出来事の1つでしょうが、現状を把握してもらうためにも夜蛾の一件は話しておくべきところだと思います。

五条悟の封印…夜蛾の死…

秤と綺羅羅は一体どんな反応を示すのでしょうか?

2人の反応にも注目ですね。

 

呪術廻戦158話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が呪術廻戦157話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

呪術廻戦158話ネタバレ

呪術廻戦158話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦158話ネタバレ|秤の協力

無事、秤に話を聞いてもらえることになった虎杖たち。

伏黒が秤に五条悟が封印されたことを伝えます。

続いてパンダにより学長が死んだことも…。

Wパンチで驚く秤ですが、伏黒たちも学長のことは知りませんでした。

伏黒や虎杖がパンダを気遣う素振りを見せるとパンダは「大丈夫だ」と答えます。

秤たちはお前がそういうなら何も言えないと返しました。

その後、秤が死滅回游の平定に協力することを表明。

 

呪術廻戦158話ネタバレ|伏黒の暴露

秤の協力が得られたところでその後の具体策について話が進みます。

秤が目指すは呪術規定の改訂…

ここで伏黒が禪院家当主ということを打ち明けてまたもや秤を驚かせます。

御三家がバックにつけば呪術規定の改定も楽に進むだろうと予想する秤。

秤はこの事実を聞き伏黒と仲良くすることを決意します。

ちなみに禪院家はこの翌日、壊滅状態に。

 

呪術廻戦158話ネタバレ|ルール追加

秤との話がまとまり、残すは各々が出向くコロニーの割り振りへ。

パンダが憂太は宮城だと言います。

その時、けたたましい音と共に虎杖の頭上に呪霊のようなものが現れます。

その呪霊は「コガネ」と言い死滅回游へのルールが追加されたことを告げます。

ルール9、プレイヤーは他プレイヤーの名前と特典とルール追加回数と滞留コロニーを参照できるという内容。

 

呪術廻戦158話ネタバレ|ルール追加経緯

ルール変更が周知される少し前、一人のプレイヤーが別のプレイヤーを殺害していました。

コガネがプレイヤーに5点追加されたと告げます。

するとそのプレイヤーは400年前の方がマシだった、宿儺はどこだと呟きます。

コガネが200得点を超えた、100得点を消費してルールを追加するかと聞くと、ルールを追加すると返しました。

プレイヤー名、鹿紫雲 一(かしも はじめ)。

 

呪術廻戦158話ネタバレ|コガネ

再び現在。

コガネは虎杖たちに対し、自分はプレイヤーと死滅回游を繋ぐ役割で、今はプレイヤー虎杖個人に憑いていると説明。

伏黒は虎杖がもうプレイヤーとしてカウントされていることを疑問視。

虎杖は、宿儺は羂索と契約して呪物に成った術師の1人、だからすでにプレイヤーにカウントされるのではないかと言います。

伏黒は納得がいかず宿儺の指を取り込んだのは虎杖の意志だと反論。

ただ虎杖が何も言わずにいると「後にしよう」と言い、一旦話を流します。

 

呪術廻戦158話ネタバレ|目的が決定

伏黒がコガネにプレイヤーの情報開示を提案します。

そこで「鹿紫雲一」の得点・変更・滞留結界の情報が開示されました。

得点100、変更1、滞留結界は東京第2でした。

更に伏黒は得点が100点以上のプレイヤーだけをリストアップしてほしいとコガネに頼みます。

ここで100点以上の得点を持っていてルールの追加をする気がない奴を伸して、死滅回游を抜ける穴を作らせることを思いついたのです。

さらにプレイヤー間で得点の移動を可能にし、得点に動きのない者から術式をはく奪させるルール8を防ぐ案も出します。

これが可能になれば津美紀を無事抜けさせることができます。

100点以上持っているプレイヤーは「鹿紫雲一」以外に「日車寛見」。

これにより目的が決定します。

獄門彊の封印を解ける”天使”を探しながら「鹿紫雲一」と「日車寛見」を狩ること。

いよいよ死滅回游および津美紀救出に向けて動き出しましたね!

次回、呪術廻戦159話へつづく…

 

呪術廻戦158話ネタバレまとめ

呪術廻戦前話157話では、虎杖の熱が秤に伝わり、話を聞いてもらえることに。

最新話速報として呪術廻戦158話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦158話では、秤に呪術界の現状が伝わります。

これにより秤が協力してくれることとなりました。

そこへコガネが現れ新たなルールの追加を知らせます。

このルールにより、得点100点以上のプレイヤーを見つけることが可能になりました。

ここで伏黒が津美紀を助ける方法を思いつきます。

天使を探しつつ、得点100点以上を持つ「鹿紫雲一」と「日車寛見」を狩ることを目的として動き出すことに…。

伏黒の策は成功するのでしょうか?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「【呪術廻戦158話ネタバレ】津美紀の救出に動き出す?」と題してお届けしました。

\呪術廻戦のアニメも無料でイッキ見!/