炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊288話ネタバレ】アイリス死亡でシンラが激怒!

【炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話288話】シンラがハウメアに希望を示す

2021年10月20日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「炎炎ノ消防隊」本誌288話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

炎炎ノ消防隊前話287話では、ハウメアの美しく悲しい澄んだ瞳が明らかになりました。

ハウメアはインカとスミレに手を差し伸べて、2人を焼き尽くしました。

そして人と神、救いと絶望の関係性について語り、死以外に救いはあるのかと問いかけました。

炎炎ノ消防隊288話では、ハウメアがアイリスと天照の今の姿を見せました。

それを見たシンラは怒り狂ってハウメアに襲い掛かりますが…?

「【炎炎ノ消防隊288話ネタバレ】アイリス死亡でシンラが激怒!」と題してお届けします。

>>炎炎ノ消防隊の最新話ネタバレをチェック!!<<

 

炎炎ノ消防隊288話ネタバレ

今後の炎炎ノ消防隊はどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

炎炎ノ消防隊最新話287話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

炎炎ノ消防隊288話ネタバレ|シンラはハウメアに希望を示せる?

ハウメアが救いと絶望の連鎖を説き、死だけが唯一の解決法ではないかと問いかけました。

シンラは言葉に詰まっていました。

ただ素直に死を受け入れるとは思えません。

何らかの希望を提示するはずです。

例えばハウメアは想像を絶する苦しい人生を送ってきたようですが、死以外に希望はなかったかと言えばそうではないでしょう。

カロンという存在があったはずです。

死によって全てがなくなれば絶望もなくなりますが、カロンと過ごした時間もない方が良かったのでしょうか。

カロンの無償の愛も無くて良かったとは言えないはずです。

シンラはハウメアとカロンの間にあった絆を知りません。

しかしシンラ自身には大切な人がいて、生きることへの希望は持っています。

そのためハウメアにも希望はあるはずだと問いかける展開はあるのではないでしょうか。

また、かつてシンラは桜備から、死への恐れは必要だけれど臆病者になるなと言われています。

それを引用して指摘するという展開もあるかもしれません。

 

炎炎ノ消防隊288話ネタバレ|天照とアイリス

囚われた柱の内、所在不明なのはあと二人となりました。

シスターアイリスと天照です。

2人は本体とドッペルゲンガーの関係にあり、アイリスがドッペルゲンガーとなります。

アイリスはそのことを知らないはずです。

もし2人が対峙した場合、世界を憎んできた天照はそのことをアイリスに伝えるのではないでしょうか。

天照は100年以上も囚われの身でした。

自分が苦しめば苦しむほど、ドッペルゲンガーが幸せに生きる、アイリスを憎く思っていてもおかしくはありません。

 

炎炎ノ消防隊288話ネタバレ|感想や予想ツイート

以下が炎炎ノ消防隊287話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

炎炎ノ消防隊288話ネタバレ

炎炎ノ消防隊288話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

炎炎ノ消防隊288話ネタバレ|死以外に救済はない?

アドラにて、シンラとショウに向き合ったハウメア。

人が危険に遭えば救うのが当たり前、救いが強くなれば絶望も強くなる、消防官ならわかっているはずだと丁寧に話します。

さらに絶望と救済が因果関係にあって連鎖するのなら、死以外にどう救うのだと問いかけました。

シンラは死だけが救いのはずがない、みんなはそんなこと思っていないと言い返します。

するとハウメアは深層心理ではどうかと言い、衝撃の事実を見せます。

 

炎炎ノ消防隊288話ネタバレ|アイリスと天照死亡

ハウメアの背後にある天照に似た炎の柱。

ハウメアはその柱を振り返り、天照は人類の再興と繁栄を支えた、そんな彼女たちも連鎖を知って死を受け入れたと言います。

それから柱の中にある、槍に串刺しになった天照とアイリスの死骸をシンラとショウに見せました。

シンラは動揺し、そのあとで激昂。

ハウメアに襲い掛かりながらハウメアを殺してくだらない連鎖を断ち切ると言います。

ただ蹴りを入れようとしても見えない壁のようなものに阻まれます。

ハウメアは「わかっているではありませんか?死による救済しかないと」と言いました。

 

炎炎ノ消防隊288話ネタバレ|復讐の怒り

ハウメアはシンラの行動原理は「復讐の怒り」、家族を奪われた怒りは仇である私の死以外で晴れることはないと挑発。

ショウはシンラをなだめます。

シンラが怒れば神の思う壺、怒ってはいけない、自分を見ろ、家族である自分はここにいると言います。

シンラはアイリスと過ごした日々を思い出し、胸を抑えます。

ただショウに怒りに呑まれてはいけない、冷静になれと諭すと少し落ち着きます。

 

炎炎ノ消防隊288話ネタバレ|何のために戦うのか

ハウメアとショウがシンラに言葉をかけます。

ハウメアは死を与えることで得る救済を抑えることができても消えることはないと言います。

ショウはこれまでシンラは人命を守るために戦ってきた、これも復讐の戦いではなく守るために戦おうと言います。

シンラは「残された仲間のために…」とつぶやきます。

ショウが時を止めました。

 

炎炎ノ消防隊288話ネタバレ|シンラとショウの攻撃が当たらない?

シンラとショウは止めた時の中を動き、ハウメアたちに攻撃を仕掛けます。

ショウが「終わりにしよう」と言い、シンラが「仲間のために!!」と言います。

しかしショウの剣も、シンラの蹴りもハウメアに届きませんでした。

時を動かしたあと、ハウメアは何かしたかと尋ねます。

シンラとショウは何で攻撃が当たらないのだと混乱しました。

ここで炎炎ノ消防隊288話は終了です。

 

炎炎ノ消防隊288話ネタバレまとめ

炎炎ノ消防隊前話287話では、ハウメアの美しい素顔があらわになりました。

ハウメアは澄んだ瞳をシンラに向け、救いが増せば絶望も深くなるという負の連鎖について説きます。

さらにインカとスミレを燃やし、死こそが救いだと言いました。

最新話速報として炎炎ノ消防隊288話のネタバレを紹介してきました。

炎炎ノ消防隊288話では、天照とアイリスの無残な姿を見たシンラが激昂。

怒りのままにハウメアを殺そうとすると、ショウは怒り以外の感情で倒さなくてはいけないと諭しました。

ただシンラとショウが時を止めて攻撃してもハウメアに届くことはありませんでした。

一体何故!?

炎炎ノ消防隊のつづきが気になりますね。

以上「【炎炎ノ消防隊288話ネタバレ】アイリス死亡でシンラが激怒!」と題してお届けしました。

\炎炎ノ消防隊アニメも無料でイッキ見!/