ドクターストーン

【ドクターストーン229話ネタバレ】ホワイマンの襲来と誤算

【ドクターストーン229話ネタバレ】ホワイマンの襲来と誤算

2022年2月14日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のドクターストーン229話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前回のドクターストーン228話では、千空が月面にある無数の石化装置メデューサ、それこそがホワイマンだと言いました。

さらに千空がカプセル入り石化装置に話しかけると返事をするため、交渉を開始しました。

石化装置が欲しいであろうダイヤ電池の供給を提案し、もう勝手に石化光線を放つなと言いました。

また、ゼノがホワイマンの目的を推察します。

人類に永遠の命をちらつかせることで人類の手を借り、自己の成長を図りたいのではないかと言うと、ホワイマンは肯定。

全てを話すと言って人類を石化した日の話を始めました。

ドクターストーン229話では、ホワイマンが地球の外からやってきたことが分かります。

星で一番知性のある生物を見つけるためにスズメを石化し、その反応を見て人類を寄生先に選んだのでした。

しかし人類はホワイマンの思惑通りには動きません。

ホワイマンの誤算とは…?

今回は「【ドクターストーン229話ネタバレ】ホワイマンの襲来と誤算」と題してお届けします。

>>ドクターストーンの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ドクターストーン229話ネタバレ考察

今後のドクターストーンはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ドクターストーン最新話228話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ドクターストーン229話ネタバレ考察|石化装置=ホワイマンが語る真実

ホワイマンがゼノの見解である「機械の寄生生物(パラサイト)」だということを肯定。

情報の共有をすると言うと、人類石化時の話を始めました。

人類に自らを育てさせたいのにいきなり石化するというのはおかしな話だし、あれだけ大量の石化装置があるのに複製ができないというのもちょっと違和感ありますよね。

今のところ人類を石化した理由として考えられることは次のとおり。

  • 人類の数を脅威に思った
  • 人類を牽制したかった
  • 必要なのは石化から復活できるレベルの知的生命体だけだから
  • 一部の石化装置の暴走

どんな事情があるのでしょうね。

 

ドクターストーン229話ネタバレ考察|ホワイマンには創造主がいる?

石化装置メデューサがどこかの機械から偶然誕生したものとは思えません。

千空が昔飛ばしたロケットに搭載されていたAIの自己進化したとかいう可能性もジャンプ的にあるかもしれませんが…。

それよりも「誰かの研究や装置などがベースにある」という方が自然に思えます。

その人物こそが真のホワイマンとも言えるかもしれません。

星条旗近くに石化装置があったことがヒントであるのなら、NASA関係者の可能性が高いです。

ゼノに心当たりがあるかもしれませんね。

NASA所属だったからということもありますが、ゼノは独裁者志望だったためか優秀な人材にアンテナを張っていた節がありますよね。

千空、チェルシー、ゼノ王国メンバー等。

そのためホワイマンの正体を知り、寄生生物だと当たりをつけたところらへんでピンときている展開もあるのではと考えます。

 

ドクターストーン229話ネタバレ考察|千空の一度目の復活の謎

千空がゼノの計らいによって宇宙で一人目覚めました。

地球で一人目覚めたときとは全く別の感情だったに違いありません。

宇宙空間を見た時の瞳に映る煌めきの美しい描写、とても印象的でした。

この描写からも幼いころから宇宙を夢見てきた千空にとっても格別な体験だったことが窺えます。

また、ゲンはこの一人の時間について「涙してもいい時間」と考えていて、千空の目元は隠れていました。

様々な感情が押し寄せてきてさすがの千空も涙したかもしれません。

ただ「この時間差で千空だけが目覚める」ということが宇宙でも起こると、初めて千空が石化から目覚めた際も人為的な助けがあったのではないかと穿った見方をしてしまいます。

千空は石化中も考えつづけた結果、ゼノと同じタイミングで目覚めたはずですが、真相は他にもあるのかもしれません。

そういえば復活した千空の顔のヒビが消えていました。

以前、風化したせいでヒビは残ってしまったと言っていたはずです。

これにも何か意図があるかもしれません。

宇宙空間で石化から復活することで何か作用が変わる…?

 

ドクターストーン229話ネタバレ考察|地球でクーデターが発生?

宇宙飛行士の有力候補だった司が適任者に席を譲る事態に。

これで科学王国の智将は千空と龍水以外はみんな地球に残ることになりました。

残念な反面、心強くもあります。

石化装置暴発事件の犯人も分かっていませんし、千空出発後に誰かがクーデターなどを起こしても、智将たちがみんないると思えば安心だからです。

ただクーデターを起こしてまで欲しいもの、成し遂げたい意思というのは何でしょうね。

ホワイマンの石化を支持したい人とかでしょうか。

 

ドクターストーン229話ネタバレ考察|石化装置も進化している?

千空たちが月に行ったとして、ホワイマンは数千年前と同じ手段、つまり前と変わらぬ石化装置で対抗してくるでしょうか。

石化装置も進化しているというパターンもあると考えます。

これまでは石化装置から光が球体状に広がっていくという形だったけれど、ピンポイントの位置指定が可能になったとか、復活液が効かなくなったとかあるのではないでしょうか。

月面基地に特殊な加工をしていることも考えられます。

千空たちがどんな想定していくのかも気になります。

 

ドクターストーン229話ネタバレ考察|羽京の怪しさ

暴発事件直前、石化装置をしまったとき、千空がフタをしめ、羽京がロックするためダイヤルを回しました。

このときの羽京の目元が隠れていて怪しい、という声がSNS上に出ていました。

つまり羽京が石化装置を作動させるように設定したのではないか、ということですね。

これまで羽京は科学王国の仲間としてたくさんみんなを助けてくれました。

その功績や優しい性格を考えると羽京が裏切り者だとは考えにくいです。

また、真空状態では声が届かないため、真空パック状態の石化装置に話しかけても届きません。

しかし、もし裏切り者だとすると納得できる点もあります。

羽京は千空たちの仲間になる条件として「誰も死なないこと」を出しました(ドクターストーン9巻74話)

それってホワイマンがやっていることと同じですよね。

石化することで誰も死なない世界が作れるのです。

羽京が黒幕や裏切り者とは考えたくありません。

ただ理念としてはホワイマンと似たところがあると言えるのではないでしょうか。

 

ドクターストーン229話ネタバレ考察|犯人はコーンシティーの住人?

羽京が怪しいですが犯人でない可能性は十分あります。

石化装置を真空状態にすると真空を打ち破って石化光線を放つ仕組みになっているとか、羽京を犯人に仕立てたい誰かがいるとかもありえます。

アメリカ~日本間で羽京以外しか触れていないと言うのなら、アメリカのコーンシティーの誰かが怪しいです。

ジョエルが電池をはめて以降、誰がどう保管していたのかと知ることで真犯人に辿りつくかもしれません。

ただコーンシティーの誰かだとしても真空パックされることなんて知らなかったはず…。

また、20メートルほど石化させてどんなメリットがあるのかと言えば、石化装置から電池を外させる、石化装置から距離を取らせるくらいしか思いつきません。

そうすることで電池をすり替えて作戦を失敗させたい、石化装置を使わせない内に何かをしたいとかでしょうか。

また、関係ないとは思うのですがドクターストーン213話と214話のカラー表紙も若干引っかかりました。

月に行く有力候補の司や躍進中のクロムがいない、大樹が岩を持ち上げているけれどその上に「ネズミ(?)」がいることです。

これも何か含みがあるのでしょうか。

 

ドクターストーン229話ネタバレ考察|ドクターストーンを読んだ感想や予想ツイート

ドクターストーン229話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ドクターストーン229話ネタバレ

ドクターストーン229話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ドクターストーン229話ネタバレ|地球外機械生命体の発見

約3700年以上前、機械生物は宇宙を漂っていました。

後に石化装置(メデューサ)、ホワイマンと呼ばれる彼らは、寄生するのにふさわしい知的生命体を探していました。

探す方法は電波です。

規則性のある電波を発している星を探します。

そうして発見したのが地球でした。

 

ドクターストーン229話ネタバレ|ホワイマンにとっての幸福

ここまで話を聞いた千空は、ツバメを先に石化したワケを尋ねます。

するとホワイマンはいつもの手順なのだと言います。

最初に到着した石化装置が手ごろで「幸運な」生物を見つけ、そのDNAを対象に石化するのだと説明。

チェルシーが、どこが幸せなのだと言いますが、ゲンが想像を交えて補足。

ホワイマンたちにとっては死なないことが幸せなのではないかと言いました。

 

ドクターストーン229話ネタバレ|ホワイマンのシナリオ

ホワイマンの説明はつづきます。

石化とは元素の位相をずらすもの、ターゲットとなった生物にしか石化波は見えないと言います。

さらにスズメが石化したあと、その石化現象について電波でやり取りする生物「人類」を観測。

ここでホワイマンは人類こそが本命の寄生相手だと認識します。

そして後からやってきた本隊、千空たちがマナウスで見たおびただしい数の石化装置が人類を石化したのでした。

つづいて寄生相手を石化した理由が明かされます。

石化というものは脳をフル回転させた個体ほど解除が早い、解除されればその個体は永遠の命をもたらす石化を求めるはず。

そうなれば寄生生物を育てるだろう、というのがホワイマンのシナリオでした。

しかし石化を逃れた人類、百夜たちが命を繋いだことで、そのシナリオが覆り始めます。

 

ドクターストーン229話ネタバレ|人類という生物

人類が石化して約3千年後の宝島。

宝島の住人が鉱石を磨いた際、偶然にも髪飾りがアンテナとなり電波を発します。

月にいるホワイマンはそれを感知。

石化漏れだと考えて月から石化装置を降らせます。

起動方法は髪飾りを通じて電波で伝えました。

その内容は「1m1second」。

髪飾りを通じて電波をキャッチした女性は、神のお告げかと思ってその内容をつぶやき、そして石化しました。

周囲にいた人たちはその光景を見て石化方法を知り、後に石化装置を巡る争いが勃発。

この戦いによって松風は主を失い、自身も石化させられたのでした。

ここでゲンはホワイマンという生物には交渉の概念がないかもしれないと不安になります。

 

ドクターストーン229話ネタバレ|WHY

宝島での出来事、石化装置を巡って争いが起きた理由がホワイマンには分かりませんでした。

さらにホワイマンの疑念を強める人々が現れます。

数百年後に目覚めた千空やゼノたちです。

千空たちは文明を復活させても石化装置を育もうとしませんでした。

そのためホワイマンは人類には知性が足りないのかもしれない、だから石化装置を育めないのかもしれないと考えます。

しかし、千空によって強大な電波が発せられたとき、そうではないと知ります。

ホワイマンは理解をするため問いかけることにしました。

どうして永遠の命をもたらす石化を望まない、「WHY?」と。

そして今、千空とホワイマンは対話するまでに至りました。

機械生物ホワイマンにとっても初となる「交渉」。

その行く末とは…?

 

ドクターストーン229話ネタバレまとめ

ドクターストーン前話228話では、千空たちが石化装置こそホワイマンの正体だと知ります。

石化装置は人類に自分たちのメンテナンスをさせるため不死にしていたのでした。

千空はダイヤ電池を補充する、だからもう石化するなと言います。

すると石化装置は、全てを話すと言い、人類を石化したあの日のことを語り始めました。

最新話速報としてドクターストーン229話のネタバレを紹介してきました。

ドクターストーン229話では、機械生物ホワイマンの襲来が描かれました。

ホワイマンは石化こそエサになると思っていたのに、人類が石化を求めない、それは何故だと言いました。

今後のドクターストーンの展開も気になりますね。

以上「【ドクターストーン229話ネタバレ】ホワイマンの襲来と誤算」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/

>>ドクターストーン最新刊を無料で読む方法はこちら<<