ドクターストーン

【ドクターストーン227話ネタバレ】ホワイマンの正体判明!

【ドクターストーン227話ネタバレ】ホワイマンの正体判明!

2022年1月31日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のドクターストーン227話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前回のドクターストーン226話では、龍水が持ってきてくれた配電回路のおかげで無線も復活、改めて月を目指します。

石化して生命維持資源を節約すること3日…千空たちは無事月面に接近。

龍水はストーンワールド科学者代表として千空は月に行けと言って司令船に残り、千空とコハクとスタンリーの三人が月へ赴きます。

月面に降り立つ千空は、人類の未来を賭けた戦いの始まる、新科学に足を踏み入れる第一歩、「唆るぜこれは…!!!」という第一声を残しました。

ドクターストーン227話では、千空たちが月面探査を開始。

新アイテム「カプセル石化装置」を持って星条旗近くにあるホワイマンの基地に近付きますが、コハクに謎の通信が…。

そして千空がついに全ての謎を解く!?

今回は「【ドクターストーン227話ネタバレ】ホワイマンの正体判明!」と題してお届けします。

>>ドクターストーンの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ドクターストーン227話ネタバレ考察

今後のドクターストーンはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ドクターストーン最新話226話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ドクターストーン227話ネタバレ考察|ホワイマンの基地攻略

とうとう月面に降り立った千空。

ここからホワイマンの月面基地らしき場所に行くのでしょう。

ホワイマン側に見つかっては大変なので少し離れた場所に着陸したはずです。

なのでちょっとムーンウォークする描写は入るかもしれませんね。

それから基地を発見次第、スタンリーが外観から内部構造を予想し、潜入ルートを特定するという流れではないでしょうか。

入り口が複数あるなら個別に侵入し、各々が衝撃の何かを発見するというパターンはSFでもありがちですよね。

スターウォーズ的に行くならダースベイダー(ホワイマン)は千空の親という感じでしょうか。

ただ戦闘力のない千空は単独で行かせるのはちょっと不安…。

潜入時は三人まとまって行く、もしくは千空にはスタンリーかコハクが同行すると予想します。

 

ドクターストーン227話ネタバレ考察|形を変えるホワイマンとは?

コハクがホワイマンらしき動く影を月面に発見、ゼノも自然物ではないと保証。

つまり動く人工物が月面にあるということです。

動いている理由としては月面を移動している、基地などで何かを作っているなどが考えられます。

設置されたソーラーパネルが太陽の動きに合わせて動いているとかもありそう。

 

ドクターストーン227話ネタバレ考察|ドクターストーンを読んだ感想や予想ツイート

ドクターストーン227話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ドクターストーン227話ネタバレ

ドクターストーン227話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ドクターストーン227話ネタバレ|カプセルメデューサ

千空たちは原始世界から一歩ずつ刻み、ついに月面に到着。

ゼノが正体不明なホワイマンとの決戦に際しこちらの武器は少ないと言うと、クロムはまずネットを飛ばすネットガングレネードがあるなと返します。

つづけて司が挙げたのが「カプセル石化装置(メデューサ)」。

龍水が仕組みを説明します。

月面は真空なので声が伝わらない、だから空気を詰めたカプセルにインカムを入れ、通信音声で起動させると言いました。

 

ドクターストーン227話ネタバレ|ゴールデン最速トリオ出発

コハクがいざとなれば自分がこれを投げつけて起動させると言って、「例えば10m1seco…」と言いかけます。

千空とスタンリーは慌てて制止。

地球にいる人たちも青ざめ、ゲンは不安しかないと言います。

しかしスタンリーが座談会は後でやろうと言い、千空も酸素がもったいないと応じ、コハクもソッコー出発だと言うと、三人は早速月面ローバーで走り出しました。

南が月のロマンもへったくれもないと言います。

するとゲンは「軍人」「効率中」「ソッコー屋」のゴールデン最速トリオだからと返しました。

 

ドクターストーン227話ネタバレ|ホワイマン基地は星条旗近く

ゼノが目的地を「タウルス・リットロウ渓谷」だと言います。

月で餅つきしているように見えるうさぎの首あたりの場所。

スタンリーは、もし敵がいるならこんなド派手な月面移動車は丸見えだなと言ったとき、視力のいいコハクが白い旗が立っているのを発見。

それはかつてアメリカが月に降り立ったときに立てた星条旗でした。

宇宙線を浴びたため白くなっています。

コハクは「図らずもホワイマンの居所は人類が立てた旗の側だったということか」と言うと、千空はクククと笑い、この偶然には合理的な理由がありそうだと言います。

しかしスタンリーは敵を想像すると思い込みでやられるといさめ、「行って現物見んしかねえのよー」と言いました。

 

ドクターストーン227話ネタバレ|偽通信

広い月面を走り抜けていく千空たち。

そんな中、コハクに千空から「カプセルメデューサを開封してください」という通信が入ります。

コハクはその口調や唐突なお願いに違和感を抱きつつもカプセルを開けようとします。

「キュ」と音が出た瞬間、スタンリーがコハクの腕を掴みます。

前方を歩いていた千空も異変に気づいて振り返ります。

スタンリーは「今千空はなんも言ってねえよ」と言いました。

コハクの脳裏にメデューサを真空にして暴発したときのことがよぎり、通信を聞いた羽京は「千空のマイクの周波数と声色を使った偽通信」だと気づきます。

カプセルから「シュウウウ」という空気が漏れ出す音がします。

「開いてくれてありがとう」、その声が聞こえた直後、「カチ」と音がしました。

 

ドクターストーン227話ネタバレ|禍々しき黒い染み

千空がコハクに投げろと言いかけます。

ただコハクはすでに跳びあがって投げる態勢に入っていました。

コハクの超絶体術による完璧なスローイング、地球の重力の1/6しかない月面、つまり遠投距離は6倍!

高く放り投げられた石化装置は宇宙空間で禍々しく輝きます。

その輝きを見たコハクは、ついにお目にかかれた、これが禍々しき黒い染みの正体なのだなと言います。

 

ドクターストーン227話ネタバレ|テメーだったのかホワイマンは

千空も気が付きました。

数千年前の光、地球人類を石化させた犯人、全部の謎が繋がったと言います。

千空は、ずっと傍にいたんだなと言います。

その通信を信じられないという顔で聞く大樹や杠、ゼノ、龍水、ゲン、南、カセキ、羽京…。

つづけて千空は、「テメーだったのかホワイマンは…!!!」と言いました。

ドクターストーンのホワイマンの正体は機械生物メデューサ?黒幕が千空かレイなのか考察
ドクターストーンのホワイマンの正体は機械生物メデューサ?黒幕が千空かレイなのか考察https://youtu.be/jpZGAh2AWPg 週刊少年ジャンプにて大人気連載中のDr.STONE(ドクターストーン)。...

 

ドクターストーン227話ネタバレまとめ

ドクターストーン前話226話では、龍水と千空たちが合流し、月への旅が改めてスタート。

3日後に月に到着すると、龍水が司令船に残り、千空とコハクとスタンリーが月着陸船に乗ることになりました。

千空は月に降り立つ際、この戦いに勝てば人類は石化の秘密を手に入れる、新科学に足を踏み入れる第一歩、「唆るぜこれは」という第一声を言い放ちました。

最新話速報としてドクターストーン227話のネタバレを紹介してきました。

ドクターストーン227話では、千空とコハクとスタンリーが月面を走り抜けます。

持っている武器はネットガングレネード、それからコハクが持つカプセル石化装置。

しかしコハクが偽通信に騙されてカプセルを開けてしまい石化装置は起動。

千空たちは石化こそしなかったものの、信じがたいホワイマンの正体に気づいてしまいました。

その正体はまさかの身内。

一体誰!?

今後のドクターストーンの展開も気になりますね。

以上「【ドクターストーン227話ネタバレ】ホワイマンの正体判明!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/

>>ドクターストーン最新刊を無料で読む方法はこちら<<