弱虫ペダル

【弱虫ペダル682話ネタバレ】黒田の猫足が限界を迎える!

【弱虫ペダルネタバレ最新話682話】真波が敗れる?

2022年4月14日(木)発売号の週刊少年チャンピオンに「弱虫ペダル」本誌682話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

弱虫ペダル681話では、黒田の葛藤が描かれました。

黒田は真波との距離を1000m引き離すことに成功しますが、気を抜くことなく前にペダルを進めます。

レース中に黒田は自分の3年間を振り返ります。

箱根学園に入学し、東堂と出会い、クライマーとしてインハイに出ることを決意しますが、真波に敗れて最後のインハイではエースアシストとして出場。

黒田自身は思い通りではなかったが満足のいく3年間だったと振り返ります。

ただ、クライマーとしてやり切れたのかと問われると納得できるものではありませんでした。

クライマーとして納得のいく結果を残すため真波にはどうしても勝たなくてはなりません。

ゴールまで残り400m地点でようやく真波が黒田の姿を捉えます。

次回でクライマー対決に決着がつきそうですね!

弱虫ペダル682話以降どうなっていくのかの考察、弱虫ペダル最新話682話の内容をネタバレしていきます。

今回は「【弱虫ペダル682話ネタバレ】黒田の猫足が限界を迎える!」と題してお届けします。

>>弱虫ペダルの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

弱虫ペダル682話ネタバレ考察

今後の弱虫ペダルはどうなっていくのでしょうか。

次回以降の弱虫ペダルで考えられる展開を紹介していきます。

弱虫ペダル681話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

弱虫ペダル682話ネタバレ考察|勝負の行方は?

次回でクライマー対決の決着が着きそうですね!

残り400m地点で黒田の背中を捉えた真波は必ず追いつくと宣言していました。

これはもう宣言通り追いつく展開となりそうですね。

ゴールギリギリラインまでもつれ込む戦いとなりそうです。

黒田の意地と真波の好奇心のどちらに軍配が上がるのか楽しみですね!

個人的には、黒田にクライマーとしての念願の勝利を手に入れてほしいところです。

勝負の行方が楽しみです。

 

弱虫ペダル682話ネタバレ考察|黒田に何か策はある?

3年の忙しい時期にバキバキに仕上げてきた黒田。

これにすぐ気づく真波もさすがと言えますね。

黒田は2年のときに真波に敗れますが、この経験を無駄にしないことは確実です。

なんせ今回の勝負は気合の入り方が違いますからね。

とするならば、頭の切れる黒田がなんの策も用意せずバトルに挑むはずはありません。

真波を破る秘策を考えているはずです!

この勝負は黒田の今後のロード人生に大きな影響を与えることになりそうです。

黒田がどう真波と勝負するのかに注目ですね。

 

弱虫ペダル682話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が弱虫ペダル681話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

弱虫ペダル682話ネタバレ

弱虫ペダル682話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

弱虫ペダル682話ネタバレ|笑顔の真波

残り400m地点で真波が黒田の背中を捉えました。

真波は息を切らしながらも、笑顔で黒田の前に登場します。

黒田は真波の登場に一瞬焦りを見せるものの、すぐ我に返りペダルを進めます。

クライマーに返り咲くことのみを考え前を向き走ります。

しかし、振り向かなくても真波が戦闘体制に入っていることを感じとる黒田!

それほど、真波のプレッシャーが跳ね上がっているということですね。

笑顔の真波はホントに怖いですね…。w

 

弱虫ペダル682話ネタバレ|限界を超える猫足

真波の戦闘モードをひしひしと感じながらもリードを保つ黒田ですが、それは自分も同じだと思い直します。

そして、2度も負けられないと自分を鼓舞し、猫足をしならせようとします。

しかし、ここで猫足に異変が…!

度重なる加速でもう限界に達している猫足。

ビキッと嫌な音を立てて動きが一瞬止まります。

ですが、ここで諦める黒田ではありませんでした。

動かない猫足に喝をいれ、無理やりに猫足を発動させ加速します。

 

弱虫ペダル682話ネタバレ|ギリギリの戦い

残り200m地点…。

加速を止めない黒田を後ろから追いかけている真波は興奮気味です。

1年の時に戦った時より断然強くなっている黒田にワクワクが隠せない様子です。

今の黒田に追いつくには本当にギリギリまで絞らないといけないと言います。

そして、限界ギリギリの身体を奮い立たせ加速!

ここで真波が黒田のすぐ後ろまで距離を縮めることに成功します。

「ギリギリの戦い好きですよ!」とキラキラとした瞳で黒田に声をかけます。

 

弱虫ペダル682話ネタバレ|ゴールまで残り60m

更に真波は黒田に話しかけます。

1年の頃とは全く意味合いが違う戦いになっていること。

お互いが限界を出し合い、互いのことを良く知った状態での超ハイレベルな戦い。

これはもう「愉しみでしかないでしょ!」とにっこりを満面の笑みで言う真波。

この笑顔に黒田もつられそうになりますが、これは勝負だと前を向き少しのリードをこれ以上の縮められないよう走ります。

真波との距離は15mまでになっていました。

残り100mで最後の力を振り絞り猫足をしならせようとする黒田ですが、もう猫足にそんな力は残っていませんでした。

ゴールまで残り60m…。

次回、弱虫ペダル683話へつづく…

 

弱虫ペダル682話ネタバレまとめ

弱虫ペダル681話では、クライマー対決が終盤となっても黒田は1ミリも油断せずにレースを展開。

一方で厳しい状況下にある真波ですが、この状況で火がつきます。

生きている実感を得た真波は驚異の速さで黒田を追いかけます。

そして、残り400m地点で黒田の背中を捉えた真波!

黒田はすんなりゴールさせてくれない展開に苦い表情を浮かべますが、このまま強引に振り切ることを宣言します。

最新話速報として弱虫ペダル682話のネタバレを紹介してきました。

弱虫ペダル682話では、黒田に前に真波が笑顔で姿を現しました。

黒田の猫足は度重なる加速で一瞬動きを止めてしまいますが、これを根性で再度走らせる黒田。

一方、真波も限界地点に達していますがアドレナリンが分泌されまくっている真波は楽しくて仕方ない様子。

更に距離を詰め黒田との差は15mほどとなりました。

残り100m地点で黒田が最後の猫足を発動させようとしますが、もう猫足が動くことはありませんでした。

次回、決着の時黒田は真波から逃げ切れたのでしょうか?

今後の弱虫ペダルの展開も気になりますね。

以上「【弱虫ペダルネタバレ最新話681話確定速報】黒田の猫足が限界を迎える!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/