ワールドトリガー

【ワールドトリガー212話ネタバレ】古寺の訊きたいこととは?

【ワールドトリガー212話最新話ネタバレ確定速報】古寺の違和感の正体とは?

2021年9月3日(金)発売号のジャンプSQ掲載の「ワールドトリガー」本誌212話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ワールドトリガー前話211話では冒頭にて初日の全チームの順位が発表され、諏訪7番隊は11チーム中11位という結果になりました。

そこから歌川1番隊・若村11番隊・二宮8番隊・柿崎3番隊・古寺6番隊と視点が移っていき、各チームそれぞれのリアクションや夕食の話題になっていきます。

明確な採点基準が分からない中、各チームどのように動くのか?

ワールドトリガー212話以降どうなっていくのか考察、ネタバレしていきます。

今回は「【ワールドトリガー212話ネタバレ】古寺の違和感の正体とは?」と題してお届けします。

>>ワールドトリガーの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ワールドトリガー212話ネタバレ考察

今後のワールドトリガーはどうなっていくのでしょうか。

次回以降のワールドトリガーで考えられる展開を紹介していきます。

ワールドトリガー最新話212話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

ワールドトリガー212話ネタバレ考察|若村11番隊はどう出るか

若村11番隊は初日10位、明確な挽回策のある諏訪7番隊を抜けば実質最下位となっています。

ヒュースの「共通課題の遅れを取り戻す方法」を採用すればある程度巻き返せるかもしれませんが、採点基準が不明な以上カンニングとして減点される恐れもあります。

メタ的に見れば若村は現状成長株として出番に恵まれているので、恐らくはヒュース案を採用という流れになるでしょう。

2日目に4人でやってみて様子を見るか、もしくは人数を2人などに抑えて慎重に事を進めるか、といったところでしょうか。

 

ワールドトリガー212話ネタバレ考察|その他描写のある隊は夕食の準備へ

それぞれの隊で夕食の準備をしていくようです。

夕食ではどのような展開となっていくのでしょうか?

 

二宮8番隊

二宮8番隊のメニューは千佳の『持ち込み』の米とスープ、炒め物となるようです。

あの個人コンテナに入る量ならば米は5kg前後、多く見積もっても10kgあるかどうかといったところでしょうか。

米は5kgならば約33合、茶碗80杯分ほどになるようです。

日中はトリオン体なので諏訪7番隊と同じく1日2食かつ控えめに見て千佳3杯、他1杯ならば1食7杯、1日で14杯。

1週間の消費量は98杯なので、小麦粉などの備蓄と合わせればかなりの余裕が見込めます。

千佳がどれだけ食べるかは焼肉回を鑑みると少々不安ですが、食糧問題はまず起こらないと見るべきでしょう。

 

柿崎3番隊

柿崎3番隊はののさんが夕食、男性陣が朝食の担当になっています。

公式で爆弾と書かれた「本物の悪」こと太一ですが、具が全部死ぬのか小麦粉でお馴染みの粉塵爆発が起こるのか、トラブルが怖いところです。

R7前の「よそんとこのオペレーターに毒を盛る」という台詞もあるので、トラブル回避の手腕が問われる展開になるでしょう。

 

古寺6番隊

古寺6番隊は奥寺・六田が調理中。

六田が考え込んで鍋が噴き出す描写があり、普段から漆間1人だけのオペレーターとして動いていると考えられるので、パラメーターの並列処理の項目は低めだと思われます。

そして最後の引きでは、古寺が個人成績表を見た後諏訪に「ちょっと訊きたいことがある」と電話をかけています。

ここから考えられるのは個人成績表の特別課題欄の評価が全員同じであることについて。

読者視点での情報を絡めれば個人成績表のみで全体の成績表が無い可能性に感付いたため、辺りでしょうか。

試験中に他部隊に電話を掛けられるというのは盲点でしたが、読み返すと閉鎖環境試験の説明の時点で「充電池式の通信デバイス」として支給されています。

こういった伏線回収には定評があるので、今後も「遅効性SF」の名の通りに物語が進んでいく事が期待できますね。

 

ワールドトリガー212話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下がワールドトリガー211話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

ワールドトリガー212話ネタバレ

ワールドトリガー212話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ワールドトリガー212話ネタバレ|知りたかったのはA級評価の点数

前話211話で古寺が違和感を持ったのは、自分のチームのA級評価の点数に極端に偏りがあるという部分でした。

その疑問を解消するべく、通信デバイスを用いて諏訪7番隊・来馬5番隊・柿崎3番隊・若村11番隊・村上10番隊へと連絡をしていきます。

メモは上記5隊のみなので、それ以外の隊に連絡を取ったかどうかは不明ですね。

その結果、共通課題などとは違う評価基準があるのではないか、という仮説が立てられましたが、あくまで仮説止まりとなっています。

最終的にはA級評価を意識して発言を増やしていく方針になったので、今後の結果が気になるところですね。

 

ワールドトリガー212話ネタバレ|夕食はあっさりと

食事に関しては古寺6番隊・王子2番隊・村上10番隊の様子が描写されています。

主に映されたのは王子2番隊で、イコさんが料理の腕を振るった形ですね。

回想で迅に料理を趣味にするといいと勧められていますが、イコさんは単行本18巻のカバー裏で料理を趣味にするかどうか悩んでいると書かれています。

これらから、悩みを迅やザキさんに相談した結果料理をするようになったと考えられます。

単行本のカバー裏や幕間で出した設定を本編に出してくるというパターンもままあるので、こういった小ネタを探してみるのも面白いですね。

その他、古寺6番隊・村上10番隊は料理や調理中の風景が数コマ映るくらいのあっさりした描写となっています。

それらの合間に食糧管理の話も入ってくるので、この辺りもA級評価に響いてくるかもしれません。

 

ワールドトリガー212話ネタバレ|入浴時には服を謎の機械へIN

閉鎖環境試験で着ている支給品の服は、トリオンで出来ているということが判明しました。

トリオン製の服を謎の機械に入れてボタンを押すと服を分解・再構築され、新品の服として出てくるとのことで、トリオンの万能性には驚かされますね。

着替えた後はTシャツの模様も変わっているので、これが何かの課題に紐づいているかもしれません。

 

ワールドトリガー212話ネタバレ|ヒュースは正体バレを回避するため個室希望

ヒュースは生身に戻ると角が生えているので、それを見られると正体がばれるという話が206話で出ていましたが、今回の212話でその回答が示されています。

上層部に問い合わせたところ、試験中のトリオン体は角無しのモデルを用意するとのことですが、就寝時はトリオン回復の為生身に戻る必要があります。

就寝時に関しては自力で対応しろとのことで、ヒュースは冗談を交えてうまく1人きりで生身に戻れる個室orカプセルベッドを使うという形で話が付いています。

 

ワールドトリガー212話ネタバレ|諏訪7番隊は就寝へ

諸々片付いた後、諏訪7番隊は解散し各自寝室へ向かいます。

208話での事前の割り振りの通り、諏訪さんと修はツイン部屋、他3人はそれぞれ1人部屋となっています。

そしていざ就寝となった時、諏訪さんは修に言っておくことがある、と声をかけてきています。

 

ワールドトリガー212話ネタバレまとめ

ワールドトリガー前話211話では、玉狛第2メンバーが所属するチームを中心に初日の結果を受けてのリアクションなどが描かれました。

そして最新話速報としてワールドトリガー212話のネタバレを紹介してきました。

ワールドトリガー最新話212話では、1日目終了後の古寺6番隊での考察から夕食、入浴、就寝前までが描かれました。

古寺が気にしているA級評価はどういった意味を持っているのか?

ヒュースは正体を隠しきれるのか?

相変わらずいくつかの懸案事項が見られますが、どう料理していくのでしょうか。

今後のワールドトリガーの展開も気になりますね。

以上「【ワールドトリガー212話ネタバレ】古寺の訊きたいこととは?」と題してお届けしました。

\ワールドトリガーアニメも無料でイッキ見!/