ワールドトリガー

【ワールドトリガー211話ネタバレ】遠征選抜試験初日の結果と対策

【ワールドトリガー211話ネタバレ】遠征選抜試験初日の結果と対策

2021年8月4日(水)発売号のジャンプSQ掲載の「ワールドトリガー」本誌211話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ワールドトリガー210話では開幕から修がトリオン切れしますが、すぐに対応策を講じました。

その後は上層部視点から特別課題の採点をしていく流れとなっています。

最後には各隊の初日の成績表が公開され、修を擁する諏訪7番隊は最下位という結果になりました。

ここからどう立ち回って挽回を狙っていくのでしょうか?

ワールドトリガー211話以降どうなっていくのか考察、ネタバレしていきます。

今回は「【ワールドトリガー211話ネタバレ】遠征選抜試験初日の結果と対策」と題してお届けします。

>>ワールドトリガーの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ワールドトリガー211話ネタバレ考察

今後のワールドトリガーはどうなっていくのでしょうか。

次回以降のワールドトリガーで考えられる展開を紹介していきます。

ワールドトリガー最新話210話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

ワールドトリガー211話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下がワールドトリガー210話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

ワールドトリガー211話ネタバレ

ワールドトリガー最新話211話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ワールドトリガー211話ネタバレ|全チームの初日の順位が公開

全チームの初日の獲得ポイントが公開され、それを見た諏訪7番隊の面々のリアクションから話が始まっています。

順位表を見た香取が声にならない声を上げますが、歯ぎしりしながらもギリギリのところで堪えています。

ラウンド8の後のやり取りも含めて、成長のきっかけが掴めてきたと言えそうです。

修が打ち出した対応策もあり、今後の追い上げが期待できそうですね。

 

ワールドトリガー211話ネタバレ|歌川1番隊は先行き不安?

歌川1番隊は初日9位となり、漆間は遊真が原因だと指摘していきます。

遊真は特に漢字の読みに疎く、頻繁に小夜子に質問して手を止めることになっていて課題が進まない状態ですね。

それに加えて遊真が近界民であることや、「外国育ち」の設定の擦り合わせなども上手くいっていない様子です。

虎太郎もある程度質問しているようですが、虎太郎は試験参加者の中では最年少タイなので、年齢的な意味で分かりにくい問題があるのでしょうか。

小夜子に関しては挙動不審ですが、慌てながらもなんとか会話はできているので、大事にはならない程度で済むかもしれませんね。

 

ワールドトリガー211話ネタバレ|若村11番隊は挽回策を検討中

若村11番隊は初日10位となり、追い上げるアテのある諏訪7番隊を除けば実質最下位となっています。

こちらも歌川1番隊と同じく近界民であるヒュースが足を引っ張っている形ですが、そこでヒュースから遅れを取り戻す方法が提示されます。

通常の学力試験ではカンニングに相当する方法ですが、遠征選抜試験においては採点基準が不明であり、不正にならない可能性も示唆されています。

採用するかどうかの判断は若村に委ねられますが、逡巡した後明日の朝までにどうするか決める、ということで決着しました。

 

ワールドトリガー211話ネタバレ|二宮8番隊は夕食の準備へ

二宮8番隊は初日4位で安定しており、順位の話は飛ばして夕食のメニューの話から始まります。

そんな中、千佳は個人コンテナいっぱいに詰め込んだ米を差し出し、調理を担当する東さんに持参の米を使うように促します。

それを受け取った東さんは冷や汗を流しながらも米を炊くことに。

千佳のごはん(白米)が好きという発言を聞いていた二宮は焼肉の時の話を出し、ユズルが心の中で驚くという展開になっています。

 

ワールドトリガー211話ネタバレ|柿崎3番隊は危機回避

柿崎3番隊ではののさんが夕食担当、男性陣は朝食担当という取り決めになりました。

その際、爆弾こと太一が手伝いますと名乗りを上げ、ザキさんは思わず冷や汗をかきながら太一の方を見てしまいます。

しかしながら、ののさんは手伝いが必要そうなら呼ぶと言って太一を躱し、自然な流れでトラブルの可能性を回避しています。

 

ワールドトリガー211話ネタバレ|古寺6番隊は調理中

古寺6番隊では六田と奥寺が夕食担当となっているようで、奥寺が食材を切っているシーンから始まります。

奥寺は食材を切り終わってから六田に次の指示を仰ぎますが、当の六田は考えている間に目の前の鍋を吹きこぼしてしまいます。

普段は隊員1人だけの部隊のオペレーターなのもあり、並行作業は苦手なのかもしれませんね。

それを傍目に、古寺は1日目の自隊の個人成績表を見て、おもむろに支給されていた通信端末を取り出します。

連絡した先は諏訪さんで、訊きたいことがあるという話が出たところで終幕となります。

 

ワールドトリガー211話ネタバレまとめ

ワールドトリガー前話210話では、諏訪7番隊のトラブルと特別課題の審査・採点が描かれました。

まだまだ謎の多い遠征選抜試験ですが、上層部の目的の一端は見えてきています。

最新話速報としてワールドトリガー211話のネタバレを紹介してきました。

ワールドトリガー211話では、前話の採点結果を受けての各隊のリアクションなどで話が展開していきます。

主に玉狛第2のメンバーを擁する隊が難しい立場に置かれがちになっていますね。

しかし、窮地からの逆転劇という面では、ここからどう追い上げていくのかが見どころとなりそうです。

ワールドトリガーの続きが気になりますね。

以上「【ワールドトリガー211話ネタバレ】遠征選抜試験初日の結果と対策」と題してお届けしました。