東京リベンジャーズ

【東京リベンジャーズ227話ネタバレ】暴力に愛された男サウス!

【東京リベンジャーズネタバレ最新話227話】ワカとベンケイがサウスに敗北?

2021年10月20日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京卍リベンジャーズ」本誌227話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

東京リベンジャーズ前話226話では、関東卍會が六破羅単代におされますがマイキーはまだ様子見。

サウスとワカ、ベンケイのにらみ合いもつづいています。

千咒は武道に対し、ワカとベンケイがかつて関東を仕切っていたこと、その二人を佐野真一郎がまとめあげたという話をしました。

そんな中、サウスがかかってこいと怒鳴り、ワカとベンケイが攻撃に出ました。

東京リベンジャーズ227話では、サウスの過去が判明。

ブラジル・リオで育った寺野南(てらのみなみ)はサウスとなって暴力の道を歩み、日本にやってきました。

そして日本でも何かをしようとしています。

積み上げてきた強さでサウスは何をするのでしょうか?

「【東京リベンジャーズ227話ネタバレ】暴力に愛された男サウス!」と題してお届けします。

>>東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

東京リベンジャーズ227話ネタバレ考察

今後の東京リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京リベンジャーズ最新話226話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京リベンジャーズ227話ネタバレ考察|マイキーはいつ動く?

自身のチームである関東卍會が劣勢でも様子見をつづけるマイキー。

どこを潰すべきなのか吟味しているのでしょうか。

それとも相手にハンデを与えている感じなのでしょうか。

どちらにしてもサウスとワカたちの喧嘩に割って入るようなタイプではないため、この対決が終わるまでは動かないと予想。

東京リベンジャーズ226話では関東卍會が六破羅単代にやられ、六破羅単代が初代黒龍にやられ、初代黒龍すごい!といった雰囲気で締めくくられました。

もしサウスが彼らに勝ち、サウスもすごく強いとなったところでマイキーがサウスをあっさり倒す、なんて展開になればマイキーの現在の強さを強調することができますよね。

そのため今後は次のようになるのではないかと考えます。

  • 現在:関東卍會のモブ<六破羅単代のモブ<<<初代黒龍
  • 今後:関東卍會のモブ<六破羅単代のモブ<<<初代黒龍<サウス<<<マイキー

 

東京リベンジャーズ227話ネタバレ考察|寺野南の経歴とは?

六破羅単代の総代である寺野南(てらのサウス)はドラケンの身長185cmよりもはるかに大きかったです。

武道(165cm)とドラケン(185cm)の身長差(20cm)よりは小さいため目視から200cmオーバーだと予想します。

さらに目が黒目ではなく、「フォルテ」とか「フォルテシモ」、「グツィオーソ」といった音楽用語、イタリア語を使ったりしています。

これらの事実からハーフであり、音楽好きではないかと考えられます。

ただ特攻服に書かれている文字は漢字だったり、日本語で不自由していたりカタコトだったりする雰囲気はないため海外から来ていたとしても日本暮らしは長いのでしょう。

次々三天の経歴が明らかになる中、サウスの詳細は不明のまま。

意外な過去があるのかもしれません。

 

東京リベンジャーズ227話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が東京リベンジャーズ226話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京リベンジャーズ227話ネタバレ

東京リベンジャーズ227話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

東京リベンジャーズ227話ネタバレ|Gangster

東京リベンジャーズ227話タイトルは「Gangster」です。

これまで明らかになっていなかったサウスの過去が描かれます。

サウスが無双に至った軌跡とは?

 

東京リベンジャーズ227話ネタバレ|初めての暴力

サウスこと寺野南(てらのみなみ)はブラジル・リオの貧困街で育ちました。

病弱な母と貧しい二人暮らしをしていて、幼いサウスの娯楽は調律の狂ったピアノだけです。

サウスの母を気にかけていたイカツい男・ディノはサウスに生きる術を教えてくれました。

5歳になったころ、サウスはディノの敵を殺すよう命じられます。

サウスは言われるがまま拳銃で標的を殺害。

するとディノはよくやったと褒め、「今日からオマエはサウスと名乗れ」と言いました。

ディノは街の王でギャングスター。

報酬をもらったサウスは初めて良い靴を買い、暴力には価値があると知りました。

 

東京リベンジャーズ227話ネタバレ|暴君の完成

サウスが暴君として完成したのは12歳。

サウスは12歳でディノを殴り殺します。

ディノの死体を見下ろすサウスの目には涙がありました。

その後、12歳にしてギャングチーム「ディノ・サウス」のボスとなります。

イカツい男たちを従えたサウス。

ディノと同じ右胸に入れ墨が入っていて、服には無造作に拳銃が突っ込んであり、とても12歳とは思えぬ迫力をたたえていました。

14歳になったころ転機が訪れます。

サウスの家を敵対チームが襲撃、母を殺害されたのです。

両親を亡くしたサウスは、祖父母の住む日本へと移住することになりました。

 

東京リベンジャーズ227話ネタバレ|天竺幹部を倒す

2006年2月24日、少年鑑別所に横浜天竺の幹部たちが入所してきました。

当時、鑑別所を仕切っていたサウスは彼らが関東事変の立役者だと知って興味を持ちます。

灰谷兄弟、斑目獅音、武藤、望月たちを殺せば関東一になれるのだなと言って「ヴィーヴォ」と笑います。

さらに日本でも自分の時代を創ってみるかと言うと、手始めに灰谷たち天竺幹部を全員倒しました。

サウスは2007年に出所。

先に出所していた灰谷たちが出迎えます。

そしてその年、六破羅単代を設立したのでした。

 

東京リベンジャーズ227話ネタバレ|無双のサウス誕生

サウスは蘭に向かって天竺最強だったカクチョーをチームに入れたいと言います。

蘭は無理だ、群れが嫌いなカクチョーはイザナだから従ったのだと返します。

するとサウスは笑って、自分は「交渉上手」だと請け負いました。

その後、サウスはカクチョーを圧倒的強さで倒し、負けを認めさせてチームに入れました。

こうしてサウスは異名「無双のサウス」を確固たるものにしました。

 

東京リベンジャーズ227話ネタバレ|ワカとベンケイ苦戦

現在、サウスと向き合ったワカとベンケイは肩で息をしています。

サウスは余裕の表情を浮かべ、もう終わりかと挑発します。

ベンケイはまだこんなバケモンがいたのか、世の中は広いと笑います。

関東卍會の下っ端を倒し続けるカクチョーがその様子を遠目で見つめ、思います。

初代黒龍の最強コンビでも勝てない、サウスは「暴力に愛された男」だと。

ここで東京リベンジャーズ227話は終了です。

 

東京リベンジャーズ227話ネタバレまとめ

東京リベンジャーズ前話226話では、引き続き三天たちによる大乱闘が描かれます。

六破羅単代の幹部は強く、関東卍會は若干押され気味。

またサウスとベンケイ、ワカはにらみ合っています。

千咒の口からはワカとベンケイ、そして佐野真一郎の逸話も話されました。

そしてサウスは伝説の人物たちと喧嘩ができることを心から喜んでいました。

次回はマイキー級のサウスの強さが明らかになるかもしれないと考えました。

最新話速報として東京リベンジャーズ227話のネタバレを紹介してきました。

東京リベンジャーズ227話では、サウスがブラジルでギャングスターになり、日本でのし上がった経緯が描かれました。

恩人ディノを殺し、母を殺されたサウスは日本で伝説をつくると言って六破羅単代を設立。

圧倒的な強さは初代黒龍のワカとベンケイを上回るようです。

このままサウスが独り勝ちとなるのでしょうか?

東京リベンジャーズのつづきが気になりますね。

以上「【東京リベンジャーズ227話ネタバレ】暴力に愛された男サウス!」と題してお届けしました。

\東京リベンジャーズアニメも無料でイッキ見!/