東京リベンジャーズ

【東京リベンジャーズ243話ネタバレ】二代目東卍vs新生関卍!

【東京リベンジャーズ243話ネタバレ】二代目東卍vs新生関卍!

2022年2月22日(火)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京卍リベンジャーズ」本誌243話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

東京リベンジャーズ前話242話では、武道がチーム名を「二代目東京卍會」に決め、幹部たちを集めて決起集会を行いました。

壱番隊はイヌピー、弐番隊は三ツ谷、参番隊はパーちん、肆番隊はスマイリー、伍番隊は千咒が率いることになります。

副総長は千冬、総長はもちろん武道です。

みんなの前に立った武道は、関東卍會を潰す、マイキーに勝つ、勝って諦めていたものを取り戻すと宣言。

東京リベンジャーズ243話では、二代目東京卍會がバイクに乗り込み、関東卍會も動き出していました。

関東卍會は三天戦争を経て新体制となっています。

灰谷蘭は特攻隊長、竜胆は副長となり、カクチョーや望月、班目も幹部として迎えられている他、元梵のあの2人も加わっていました。

マイキーが歩き出し、幹部たちが後につづきます。

決戦は今日!?

「【東京リベンジャーズ243話ネタバレ】二代目東卍vs新生関卍!」と題してお届けします。

>>東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

東京リベンジャーズ243話ネタバレ考察

今後の東京リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京リベンジャーズ最新話242話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京リベンジャーズ243話ネタバレ考察|三ツ谷加入はマイキーの耳に届く?

三ツ谷が日本服飾文化新人賞の優勝を辞退しました。

会場や観客の多さなどから察するにかなり大きな賞だったようです。

これは様々な人の話題になるでしょう。

となると関東卍會側にその情報が届いてもおかしくありません。

まだ人数集めくらいしか活動していないサウザンドウィンターズですが、武道が動いていることを知ったら関東卍會も手を打ってくるのではないでしょうか。

考えられる方法としては良くて警告、悪くて刺客や仲間集めの妨害など。

ココはイヌピーとのやりとりを見る限り、武道たちが動き出すことを察していたかもしれませんが、派手な動きをするまではそっとしておいてくれたのでしょう。

しかしマイキーが知るところになれば話は別です。

ココも本格的に敵として武道たちの脅威となるかもしれません。

 

東京リベンジャーズ243話ネタバレ考察|かつての敵がチームに入り?

関東卍會と戦う上で戦力増強は重要な課題。

頼れるものは全て頼ろうというスタンスでいくのなら、これまでの敵にも声を掛ける可能性はあります。

有力候補は幼なじみだけれど敵だったカクチョー。

関東卍會の傘下になっているかもしれませんが、もしカクチョーが入ってくれたら、元天竺や六破羅単代のメンバー引き入れもできるかも。

あとは敵ではないけれど梵、歴代黒龍のメンバーなども有力でしょう。

また、聖夜決戦編のアニメが放送されるので引退した柴大寿が出てくるやも?

それから逃亡をつづけている半間修二。

東京リベンジャーズ186話では「逃亡者にも飽きてきたな(ハート)」と言っていました。

再登場、あるかもしれません。

 

東京リベンジャーズ243話ネタバレ考察|千咒が武道に惚れた?

千咒が武道に守られて赤くなり、「ドクン」と胸を高鳴らせていました。

千咒は強いのでこれまで守られることが少なかったので新鮮さもあったのでしょう。

これは恋のフラグ!

千咒は武道も感じているように「まっすぐな奴」です。

好きと自覚したら「惚れた!」とストレートにアピールしてくれそうです。

そうなれば武道は彼女がいると真っ向から断れるはずです。

しかし、これが千咒の初恋だとすると恋と自覚できない、恋だと分かっても距離を縮められないという展開となって長引きそう。

長引いた先で待っているのはヒナのビンタ!?

 

東京リベンジャーズ243話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が東京リベンジャーズ242話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京リベンジャーズ243話ネタバレ

東京リベンジャーズ243話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

東京リベンジャーズ243話ネタバレ|Wide array of

東京リベンジャーズ243話のタイトルは「Wide array of」、直訳では「幅広い配列」。

冒頭で二代目東京卍會が関東卍會に宣戦布告。

それから関東卍會の新メンバーが判明します。

そこには意外な人物がたくさんいて…?

 

東京リベンジャーズ243話ネタバレ|新体制・関東卍會

ある高級店でココが口を開きます。

二代目東京卍會による宣戦布告があったと言うと、マイキーがその名を復唱。

総長は武道だと聞くと、やはり来たかと言って顔を上げました。

同じ店では新体制となった関東卍會の幹部が揃っています。

  • 総長…マイキー
  • 副総長…三途
  • 参謀…ココ
  • 新鋭隊長…カクチョー
  • 特攻隊長…灰谷蘭
  • 特攻隊 副長…灰谷竜胆
  • 幹部…望月、班目
  • 遊撃隊 隊長…ワカ
  • 遊撃隊 副長…ベンケイ
  • 遊撃隊…半間修二

彼らに対し、二代目東京卍會の宣戦布告内容が明かされます。

決戦日は9月9日、場所は旧湾岸貨物操車場(ヤード)!

 

東京リベンジャーズ243話ネタバレ|9月9日

最終決戦日当日、ヒナの家の前には武道とヒナがいます。

武道は初めてタイムリープしたときのことを語り始めます。

最初は走馬灯だと思って、最期に最悪な日を見せるなと思ったけれど、ヒナの顔を見たくなった、現実から逃げていたと言います。

さらに今の自分は違うとつづけると、ヒナが武道の顔を両手でぶにっと挟み、言うべきことがあるだろうと促します。

ヒナは武道が感じている「怖い」という気持ちを出した方がいいと言います。

武道はそうしました。

怖い、逃げたい、死にたくないと叫びます。

それから四葉のクローバーのネックレスを手に取って握り、息を吐きます。

そしてヒナを振り返ると「行ってくる!」と言いました。

ヒナは笑顔で待っていると応えます。

 

東京リベンジャーズ243話ネタバレ|出陣

二代目東京卍會の旗を掲げ、バイクに乗り、決戦の場所に武道たち。

一方、マイキーも立ち上がります。

マイキーが行くぞというと、関東卍會の幹部一同、マイキーの後ろを歩き始めました。

バブを走らせる武道がマイキーに語りかけます。

決着をつけようと。

ここで東京リベンジャーズ243話は終了です。

 

東京リベンジャーズ243話ネタバレまとめ

東京リベンジャーズ前話242話では、チーム名が「二代目東京卍會」に決定。

幹部たちの決起集会が行われ、隊の編成や長、特攻服も明らかになりました。

総長としてみんなの前に立った武道は、マイキーに負けたけれど諦めない、関東卍會を潰してマイキーに勝つ、これはみんなのリベンジだと宣言しました。

最新話速報として東京リベンジャーズ243話のネタバレを紹介してきました。

東京リベンジャーズ243話では、関東卍會の新メンバーが判明。

元六破羅単代の灰谷兄弟やカクチョーはまだ想定内ですが、ワカとベンケイ、半間といった驚きのメンバーも加わっていました。

決戦の日は今日。

ヒナに背中を押された武道が二代目東京卍會を率いてバブで駆け抜けました。

東京リベンジャーズのつづきが気になりますね。

以上「【東京リベンジャーズ243話ネタバレ】二代目東卍vs新生関卍!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/

>>東京リベンジャーズ最新刊を無料で読む方法はこちら<<