東京リベンジャーズ

【東京リベンジャーズ232話ネタバレ】マイキーがサウス圧倒

【東京リベンジャーズネタバレ最新話232話】マイキーがサウスを手にかける?

2021年11月24日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京卍リベンジャーズ」本誌232話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

東京リベンジャーズ前話231話では、カクチョーと戦うマイキーに異変が起こります。

生気のないマイキーは、ドラケンに対してカラッポだと語りかけたあと黒い衝動に支配されます。

それからカクチョーを圧倒し、千咒すら退けそうなサウスの前に立ちました。

また、武道はサウスがこの場所で死ぬビジョンを視てしまいます。

東京リベンジャーズ232話では、マイキーとサウスのタイマンがスタート。

サウスはマイキーとの激しい闘いに歓喜。

しかしそんなサウスに異変が起こり…?

「【東京リベンジャーズ232話ネタバレ】マイキーがサウス圧倒」と題してお届けします。

>>東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

東京リベンジャーズ232話ネタバレ考察

今後の東京リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京リベンジャーズ最新話231話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京リベンジャーズ232話ネタバレ考察|覚醒したマイキーの真価

ここまで生気がなかったマイキーでしたが、黒い衝動を受け入れて覚醒。

カクチョーを瞬殺してしまいました。

さらにマイキーが通ったであろう道の脇に残存兵なし。

彼らのこともまとめて制圧してしまったのかもしれません。

しかもカクチョーに何度も殴られているはずなのに無傷。

ということはまだ全力で戦っていない、全力で黒い衝動をぶつける相手を望んでサウスの前に立ったのではないでしょうか。

覚醒したマイキーの凄さはここからかもしれません。

黒い衝動を持つ者同士、凄まじい戦いが繰り広げられそうです。

 

東京リベンジャーズ232話ネタバレ考察|武道はマイキーを止められない?

このままだとサウスが死ぬかもしれないと分かった武道。

ビジョンを視てすぐにマイキーが現れたことから、武道もマイキーがサウスを殺すのかもしれないと思い至り、タイマンを止めようとするかもしれません。

ただ三天のトップ同士の戦いを武道が止められるでしょうか。

止めるためにドラケンの遺言を伝えるという展開もありそうですが、武道には止められないという展開の方がありそうです。

それくらいの気迫がマイキーから見て取れました。

 

東京リベンジャーズ232話ネタバレ考察|千咒とサウスのどちらかしか助けられない?

未来の犯罪組織「梵天」の幹部メンバーの中に千咒とサウスはいません。

武道がこれまで視た未来視などを鑑みると、二人は三天戦争で死んだと考えるのが妥当だと思います。

武道がやり直す前の未来では、おそらくドラケンか誰かが千咒と遊園地に行き、そこで千咒が殺害、三天の最終戦争が勃発。

そこでマイキーか明司あたりがサウスを手にかけ、三天は合併、梵天誕生といった流れだったのではないでしょうか。

しかし武道が介入したことでドラケンが撃たれ、千咒が明司の目を覚ましました。

さらにこのままではサウスが死ぬと分かった今、武道が行動を起こすことは明白です。

ここからドラケン以外の大きな犠牲が出ないまま乱闘が終われば、合併とはならないと考えます。

ただ千咒の動き次第では犠牲は出てしまうかもしれません。

武道が動こうとしてどうにもならなければ、千咒が手を貸そうとするでしょう。

その結果、サウスか千咒のどちらかしか助けられないという展開も起こりそうな気がします。

 

東京リベンジャーズ232話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が東京リベンジャーズ231話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京リベンジャーズ232話ネタバレ

東京リベンジャーズ232話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

東京リベンジャーズ232話ネタバレ|It takes two to tango

東京リベンジャーズ232話のタイトルは「It takes two to tango」。

直訳では「タンゴを踊るのには二人必要」、慣用句としても使われています。

「喧嘩には二人必要」「こういう状況になったのはどちらにもに悪いところがある」というような意味合いで使うようです。

二人とはマイキーとサウスを指すのか、それともマイキーと武道…?

 

東京リベンジャーズ232話ネタバレ|マイキーに千咒が気圧される

サウスは目の前に立ったマイキーを見て、嬉しそうについに動いたかと言います。

明司が何で今頃になってと言い、千咒も「ひっこんでろマイキー!!」と怒鳴ります。

するとマイキーは千咒をギロっとひと睨みし、千咒から死ぬかと静かに凄みます。

禍々しい殺気に圧された千咒は口を閉じました。

 

東京リベンジャーズ232話ネタバレ|レクイエムのフィナーレ

サウスがマイキーに殴りかかります。

これが追悼戦争(レクイエム)のフィナーレだと叫びます。

拳がマイキーの顔面に届く瞬間、マイキーも蹴りをサウスの顔面に叩き込みました。

拳と蹴りのクロスカウンター。

サウスは止まりません。

 

東京リベンジャーズ232話ネタバレ|ああああビートがっっっ

殴り合い中、サウスの興奮は収まりません。

鳥肌の立つ緊迫感、紙一重の戦いに陶酔し、求めていたものはコレだ、誰も自分たちの聖域に入れないと思います。

しかし興奮が最高潮に達し、「ああああ衝動(ビート)がっっっ溢れ出ちまうぜぇぇ」と昂った瞬間、邪魔が入りました。

サウスとマイキーの間に入ったのは武道。

武道は涙を流し、サウスをかばうように両手を広げてマイキーの前に立ちはだかります。

サウスは何で止めるのだと思います。

武道はもうやめろ、これ以上やったらサウスが死んでしまうと言いました。

 

東京リベンジャーズ232話ネタバレ|壊すしかない

サウスはそこで自分の体の異変に気づきます。

体が動かないと思います。

サウスはおびただしい量の血を流し、腕もおかしな方向に曲がっていました。

マイキーは感情のない目をサウスに向けます。

そして、サウスも壊すしか能がないのだろう、「だったらオレが壊してやるよ」と言いました。

 

東京リベンジャーズ232話ネタバレ|マイキーの最後の問い

武道は一虎のときと一緒、このままではマイキーが人殺しになってしまうと案じます。

しかしマイキーはいとも簡単に武道を退けます。

邪魔だと言って武道の右腕を掴み、膝蹴りで腕を折ったのです。

武道は痛みで悶絶。

マイキーはサウスの前に立って「さて」と言います。

つづけて「どうやって死にてぇ?」と聞くマイキーを見て、サウスは小刻みに震え出します。

武道がダメだと叫びます。

次の瞬間、グシャという音が響きました。

ここで東京リベンジャーズ232話は終了です。

 

東京リベンジャーズ232話ネタバレまとめ

東京リベンジャーズ前話231話では、サウスが全力を出したことで千咒が追い詰められます。

一方、黒い衝動で覚醒したマイキーがカクチョーを倒します。

そして武道がサウスの死を視たあと、マイキーがサウスの前に立ちはだかりました。

最新話速報として東京リベンジャーズ232話のネタバレを紹介してきました。

東京リベンジャーズ232話では、マイキーvsサウスがスタート。

苛烈な喧嘩にサウスは満足しますが武道が止めに入ります。

サウスは気が付かない内に死ぬ寸前まで追い詰められていたのです。

しかしマイキーは止まらず、サウスにどう死にたいと問いました。

東京リベンジャーズのつづきが気になりますね。

以上「【東京リベンジャーズ232話ネタバレ】マイキーがサウス圧倒」と題してお届けしました。

\東京リベンジャーズアニメも無料でイッキ見!/