ワンピース

【ワンピース1047話ネタバレ】ルフィの巨大黒拳が空を覆う

【ワンピースネタバレ最新話1047話】雷神ルフィと風神カイドウ大激突

2022年4月25日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース1047話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

ワンピース前話1046話では、ルフィがジョイボーイではないかと察したカイドウがルフィに誰だと問いますが、ルフィはやはりモンキー・D・ルフィ、海賊王になる男だと返しました。

一方、城内ではチョッパーとナミが合流するも、他のクルーはほぼバラバラ、火に追われてピンチです。

そこで雷ぞうがゾウで入れてきた水を巻き物から”奉還”し、ジンベエがその水を導き、火にあえいでいた各階を4階から順々に消火していきました。

しかしヤマトは鬼ヶ島が落下寸前だと気づき、モモの助に焔雲を大量に作るしかないと言いました。

ワンピース1047話では、ルフィが”ゴムゴムの雷”を放ちますがカイドウを倒すには至りません。

またカイドウは海賊王ロジャーが能力者でなかったことを明かし、階下ではオロチがまさかの復活。

そしてルフィはモモの助に鬼ヶ島を託し、雷につづく渾身の大技を放つ…!?

今回は「【ワンピースネタバレ最新話1047話】ルフィの巨大黒拳が空を覆う」と題してお届けします。

>>ワンピースの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ワンピース1047話ネタバレ考察

今後のワンピースはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ワンピース最新話1046話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

ワンピース1047話ネタバレ考察|雷神ルフィvs風神カイドウ

ワンピース1046話のルフィは相変わらず楽しそうで、ギア5も使いこなしていました。

カイドウの攻撃の避け方が映画「マスク」を彷彿とさせましたが、思えば1045話の目玉が飛び出すシーンもマスクっぽかったですよね。

映画のマスクは謎のマスクをつけるとイメージを現実化できる力を使えるという物語で今のルフィと似ています。

この映画をインスパイアしているのだとすると、マスクは飛び道具なんかも創作できていたので、ルフィもいずれは物を創ることもあるかもしれません。

鬼ヶ島の人や島自体を無事着地させる何かを創ってほしいですよね。

また、1046話の最後ではルフィが雷神、雷様のような姿で雷をつかんでいました。

これは絶対大技に繋がりそうです。

あとカイドウが龍で風を操るため、あの有名な「風神雷神図屛風」のような構図になったりするかもしれません。

日本や北欧の風神雷神だと風神が有利ですが、ギリシャ神話ならゼウス(強力な雷が武器)が一番な感じなのでギリシャ神話的展開でお願いしたいです。

尾田先生は手書き時代のディズニー映画の気になったシーンを模写して画力を鍛えたという経験があるそうです。

「ファンタジア」でゼウスが雷を投げるシーン、「リトルマーメイド」のトリトンが三叉槍トライデントを持つシーンとルフィの雷を掴むところは構図も似ているし、ギリシャ神話的というのあながち外れではないのかなと思います。

新技は見た感じ雷系で槍っぽい技になりそうです。

ゴムゴムの最近の大技には動物の名前が入っていますので雷獣、鵺、不死鳥、サラマンダーなどの名前が入るのではないでしょうか。

それともギア5になったので雷神や雷帝といったスケールアップが図られるかもしれません。

カイドウをゴム化してしまったせいで1045話ラストのような打撃は決定打になりませんでしたが、電撃ならひょっとしてKOできるかもと期待しています。

これが決まり手となるのか、楽しみですね。

 

ワンピース1047話ネタバレ考察|ズニーシャが期待すること

ズニーシャはルフィの鼓動の音「ドンドットット♪」を解放のドラムだと言いました。

ワンピース1046話では、ジョイボーイがそこにいるようだと懐かしみ、運命を感じ、(おそらく)ルフィに期待を寄せていることも明らかにしました。

このことから、ズニーシャにとってのジョイボーイはやはり800年前のその人一人である感じがしますね。

またこれまでの発言などから、800年前ジョイボーイとズニーシャは何かを起こしたものの達成できず、ジョイボーイはいなくなり、ズニーシャは罰を受けることとなったと考えられます。

ズニーシャの悲願、期待は何でしょうね。

具体的な事柄はまだ分かりませんが、ジョイボーイがいなくなったあと覇権を握ってきた世界政府は間違いなく敵側だと言えます。

ただ世界政府はズニーシャを殺していません。

そこを考えるともしかしたらズニーシャは、不死ではないかと疑われている五老星同様、死なない体なのかもしれません。

不死の呪いからの解放もズニーシャが期待していることの一つかも?

 

ワンピース1047話ネタバレ考察|日和を傳ジローが止める

オロチにとうとう正体を明かした日和。

オロチは小紫がおでんの子である日和だと気づいたところで時すでに遅しです。

瓦礫に埋もれていても能力が使えないので、逃げ出すことが出来ません。

鬼ヶ島もいよいよ完全崩壊が目の前です。

この状況下で日和がわざわざオロチに止めを刺す必要はないでしょう。

ですが、憎んでも憎み切れない相手であるオロチです。

日和は自らの手でオロチを始末したいと考えているはず。

身動きの取れないオロチに攻撃をしようとするところへ、これまで長い間登場していなかった傳ジローが止めに入るのではないでしょうか?

おでんの仇と言っても傳ジローも日和に人を殺めてほしくないはずです。

さらに放っておいてもオロチは城に埋もれて鬼ヶ島共に崩壊するでしょう。

ルフィ側はこれまで人を殺めたことはないので、日和にも殺すまではしてほしくないですよね。

 

ワンピース1047話ネタバレ考察|ズニーシャが世界政府を撃退?

現在ロブルッチたちを始めとする世界政府がワノ国に向かっています。

しかし鬼ヶ島サイドの人たちは動けないほどの重症を負っている者ばかり。

こんな状況で世界政府が来てもすぐに全員連行されてしまうでしょう。

そこで、ズニーシャが世界政府を撃退するのではないでしょうか?

大看板であるジャックを一撃で倒したズニーシャなので、世界政府相手に逃げ切るぐらいの時間稼ぎはできるでしょう。

反対に、ズニーシャが助けてくれなければルフィたちは全員世界政府と闘うはめにはってしまいます。

ただでさえ強いロブルッチたちを相手に、動けないのであれば負けは確定です。

ズニーシャが助け出し、この場は逃げきれることを祈ります。

 

 

ワンピース1047話ネタバレ考察|アシュラ童子、傳ジロ―、イヌアラシはどこ?

崩れ始めている城内では赤鞘の侍のうちアシュラ童子、傳ジロー、イヌアラシはどこにいるのか不明です。

このまま見つからなかったり、死んでいたりなんてことはないでしょうから、自力で逃げ出すか誰かに助けられているはずです。

赤鞘を助けた10人目がまだ明確には判明していませんので、その人物によって助けられている可能性もあります。

また傳ジロ―はアシュラ童子やイヌアラシほど戦闘していないためダメージも受けていないはず。

傳ジロ―によって2人が助けられている場合もありますが、傳ジロ―は日和を助けにいく可能性が高いです。

となるとアシュラ童子とイヌアラシは無事他のメンバーと合流できるのか、心配ですね。

 

ワンピース1047話ネタバレ考察|ワンピースを読んだ感想や予想ツイート

ワンピース1047話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ワンピース1047話ネタバレ

ワンピース1047話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ワンピース1047話ネタバレ|発売日はいつで次回は休載?

ワンピース1047話は、2022年4月25日発売の週刊少年ジャンプ21・22合併号に掲載されます。

ワンピース1048話は、2022年5月9日発売の週刊少年ジャンプ23号に掲載されるようです。

 

ワンピース1047話ネタバレ|都の空

ワンピース1047話のタイトルは「都の空」です。

ジャンプ表紙は豪華連載陣による集合絵、真ん中はもちろんルフィ!

全員がスポーツにちなんだスタイルでルフィはサッカーでした。

カラーページでは麦わらの一味とドラゴンの姿のモモの助がビーチにいるところです。

 

ワンピース1047話ネタバレ|20年前のあの日

冒頭では、モモの助がヤマトに応援されながら焔雲を出そうと奮闘。

モモの助は泣きながらやはりムリだと言いますが、その脳裏に20年前、未来に行く日のことがよぎります。

トキは20年後に行って光月家を再興するよう言い、トキトキの実の力でモモの助たちを未来へ送り出しました。

モモの助はそのときもムリだと泣いていたのです。

さらにモモの助は日和やトキも未来に行こうと言いますが、錦えもんに遮られます。

錦えもんは女の覚悟に水を差すは男の恥だと一喝。

さらに自分も戦うチャンスが欲しい、燃えて死ぬくらいなら主君のために命を使いたいと涙ながらに訴えます。

それを聞いたモモの助は涙をぬぐい、未来に旅立つことを決断しました。

そして今、トキの覚悟を思い出したモモの助は、このままでは母に合わせる顔がないと思い直します。

 

ワンピース1047話ネタバレ|ゴムゴムの雷

一方、ルフィはカイドウに掴んだ雷を投げつけます。

新技“ゴムゴムの雷(かみなり)”です。

ただカイドウは雷撃を素早く避け、金棒でルフィを打って吹っ飛ばし、悪魔の実の能力だけが世界を支配するわけではない、海賊王ロジャーも能力者ではなかったと言います。

カイドウはさらに金棒を畳みかけ、圧倒的な覇気が何もかもを超えると叫び、“大威徳(だいいとく)雷鳴八卦”を繰り出しました。

金棒に最大級の覇気をまとわせた雷鳴八卦の上位技。

それはルフィを直撃しました。

ルフィは頭からピヨピヨひよこを出しながら雷雲に突っ込みますが、雲の中から腕を伸ばすと、カイドウをがしっと掴みます。

カイドウは金棒で腕を叩いて離そうとしますがビクともせず、腕の先にあるルフィの体に向かって“龍巻壊風”を放ちました。

ルフィは飛んでくる斬撃に慌てます。

 

ワンピース1047話ネタバレ|祭りの終わり

そのころ花の都では空船が空に放たれて、歓声が上がっていました。

人々は祭りもこれで終わり、明日から奴隷に逆戻り、次の一年も生きていられるだろうかと名残惜しみます。

おトコも空船を眺めながら父に届くよう祈り、飛徹も輝く空を見上げていました。

そこから少し離れた空ではルフィとカイドウの戦いがつづいています。

カイドウに燃やされたルフィは黒こげになりながらも手を離しません。

 

ワンピース1047話ネタバレ|落下して死ぬか

ドクロドーム内ではヒョウ五郎が子分たちと合流。

鬼ヶ島が落ちそうだと聞いたヒョウ五郎は、ルフィがカイドウを追い詰めているのだなと察します。

それからルフィがカイドウに勝てば落下して死ぬ、カイドウが勝てば自分たちが生きられるけれどどっちがいいと子分たちに尋ねます。

子分たちはルフィが勝ってくれれば家族が助かる、いい国になるだろうと笑い、ルフィへエールを送りました。

 

ワンピース1047話ネタバレ|オロチの復活、日和のピンチ

城内地下にいたウソップのところにも水が届き一安心。

ただ城内宝物殿2階、火だるまとなっているオロチにも悪い意味での異変が起こります。

日和がオロチに刺した海楼石の釘が抜けてしまったのです。

オロチは燃えながら変身し、日和も道連れだと言って襲い掛かりました。

 

ワンピース1047話ネタバレ|空を覆う黒き拳

そして屋上ではルフィが超巨大な黒い拳を創り出しました。

反対の左手はまだカイドウを掴んでいます。

拳の大きさは鬼ヶ島を凌駕していて、それを見たヤマトは鬼ヶ島を砕きそうだと言います。

ルフィはモモの助に向かって鬼ヶ島が邪魔だからどけるよう言います。

モモの助は慌てますが、ルフィはモモの助を信じている、今度こそ全てを終わらせようと言い、龍の姿となったカイドウに巨大な拳を振り下ろそうとしました。

ここでワンピース1047話は終了です。

次週は合併号の都合上、ジャンプ発売は再来週です。

 

ワンピース1047話ネタバレまとめ

ワンピース1046話では、ルフィがモンキー・D・ルフィだと宣言したのに、城内の現状が描かれます。

各階火に覆われていてピンチ!

そこに雷ぞうが準備していた消火計画を実行。

ゾウで蓄えてきた水をジンベエが城内の隅々まで届けたので、火は消すことができそうです。

そしてラスト、ルフィはカイドウ相手に雷を放とうとしています。

最新話速報としてワンピース1047話のネタバレを紹介してきました。

ワンピース1047話では、ルフィがついにゴムゴムの新技を披露。

しかしカイドウは倒しきれず、海賊王のロジャーも能力者ではなかった、世界を支配するために必要なのは力ではなく覇気と言います。

さらにオロチの復活が描かれたあと、ルフィがモモの助に鬼ヶ島をどかすよう言い、巨大パンチを繰り出しました。

花の都の空は大荒れ、そろそろ花の都の人々も異変に気づきそうですよね!

今後のワンピースの展開も気になりますね。

以上「【ワンピースネタバレ最新話1047話】ルフィの巨大黒拳が空を覆う」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/

>>ワンピース最新刊を無料で読む方法はこちら<<