キングダム

【キングダム724話ネタバレ】桓騎も李牧を知っている

【キングダムネタバレ最新話724話】羌瘣が戦線離脱

2022年6月23日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム724話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

キングダム723話では、飛信隊の隊長李信と、副隊長の羌瘣の活躍により見事挟撃を成功させました。

上和龍軍の副長の豪座公を羌瘣は瞬殺。

ただ呼吸をギリギリまで使った羌瘣が落馬しそうになると李信が腕を掴み、支えました。

羌瘣の作った道によって飛信隊が抜け出す事は出来ましたが、李信は楽華隊を助けに行きます。

楽華隊、愛閃はなんとか耐えていて、飛信隊が作った道を目指せと指示を出すと、そこに青歌軍の将軍の楽章将軍とフーオンが立ち塞がります。

苦戦する愛閃、そこに李信と羌礼が現れて愛閃の窮地を救い出しました。

フーオンと楽章を退けた事により楽華隊も李牧の包囲網から抜け出す事が出来ました。

今回は「【キングダム724話ネタバレ】桓騎も李牧を知っている」と題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム724話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム723話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム724話ネタバレ考察|上和龍の両腕の実力

キングダム720話では、飛信隊の古参の麃公軍より加わった岳雷が上和龍によって討たれことで逆上した李信と我呂が上和龍に襲いかかりました。

李信が攻めて、我呂も攻めて上和龍の武器を抑え込んでました。

我呂にそのまま抑えてろと言った李信が上和龍に追い討ちをかけました。

しかしその瞬間に上和龍の両腕と称される、雲玄と雲慶が現れ李信と我呂をはねのけました。

上和龍が信頼するこの雲玄と雲慶も相当な実力を持ってる事が窺われます。

趙国軍の三大天の龐煖や岳白公を倒した飛信隊の将軍の李信の刃を抑えうる程です。

おそらく、上和龍の元についてなければ将軍クラスになっていてもおかしくなさそうです。

少なくとも青歌軍の5千人将フーオンと同等の実力を兼ね備えている事でしょう。

蒙恬の閃きのこの大錐の陣の戦術もこの青歌軍の盤石の戦力によって塞がれてしまうでしょう。

 

キングダム724話ネタバレ考察|李信vs上和龍

飛信隊の中でも古参で且つ実力者であった、岳雷が討たれた事により我呂は悔しくて、攻めようとしますが、目の前に現れた李信によって止められてしまいます。

李信は本能で上和龍の強さを見抜いたのでしょう。

我呂ではこの上和龍に勝てないと思い、割って入りました。

歴戦の猛者と思われる上和龍将軍、このままでは勢いでも負けてしまうと思った李信は先に上和龍を討とうとしたのでしょう。

趙国北部で匈奴相手に戦って数々の勝利を収めてきたと思われる、青歌軍。

ジ・アガ将軍やカン・サロ将軍のようにその武力を奮ってきたと思われる上和龍将軍。

その見た目から青歌軍の中では秦国の蒙武将軍らと同じぐらいの年齢でしょうか?

蒙恬隊からしたら、自分の父親達と戦うような感覚ではないでしょうか?

単純の武力だけで言えば、李信に軍杯が上がるでしょうが、上和龍将軍はおそらく長年の経験という物があり、単純な武力だけでは勝てなく苦戦が強いられる事が予想されます。

 

 

キングダム724話ネタバレ考察|桓騎が次にどう動く

秦国軍の総大将の桓騎は一体現状の戦況をどう読んでいるのでしょうか?

おそらく桓騎が考えているのは扈輒将軍の時と同様、趙国の総大将の李牧を討つ事のみ。

いくら秦国軍に犠牲が出ようと李牧さえ倒せば勝利は間違いないと踏んでいるでしょう。

しかし現状は李牧の策略によって、圧倒的な数の暴力に敗戦濃厚な状態です。

飛信隊が動き出す事によって剥き出しになった本陣。

そこに北東軍をぶつけ壁として守りに当てますが、この5万の軍の守りもそんなにもたないでしょう。

この間に桓騎は一体に何を行うのでしょうか?

ただ守りずっと徹する事はないはず、おそらく次の一手を静かに見据えて動き始めるでしょう。

本陣を丸ごと解体し趙国軍の本陣を狙いに行くのではないでしょうか?

桓騎は今まで誰も想像出来ないような戦略で敵国の将を討ってきました。

今回も確実に敵国の将を確実に狙ってくる戦術を考えて準備し始めているのでしょう。

 

キングダム724話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム723話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム724話ネタバレ

キングダム724話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム724話ネタバレ|桓騎の弱点は正攻法を使えない事

キングダム723話で李牧は桓騎の弱点を攻めると言っておりました。

そしてキングダム724話では、遂に李牧が桓騎の弱点を明らかにしました。

桓騎の弱点を簡単にまとめると正攻法が出来ないという事でした。

それは、元野党の集まりという事もありますが基本的な戦術理解を軍全体が出来ないという事でもあります。

桓騎は今まで奇策や、相手が普通絶対考えつかないような戦いを勝利を収めてきました。

逆に普通に戦えば勝てる場合でも攻め込まない事もありました。

そこを李牧は見逃しませんでした。

それは攻めでも守りでも同じです。

桓騎は以前、廉頗四天王の介子坊(かいしぼう)と戦ってる時も本陣をあっさり落とされていました。

数で圧倒されているこの包囲戦において、奇策や心理戦などは通用しないと李牧は踏んでいます。

 

キングダム724話ネタバレ|壁将軍の中央軍も崩れる

飛信隊と楽華隊が包囲網から抜け出せたという事は、逆に中は壁将軍の中央軍と右翼の軍と桓騎軍しかいない状態です。

その壁将軍の軍も奮戦していましたが、趙国軍の総攻撃の前に崩壊しつつあります。

そうなってくると李牧の思った展開になってきます。

壁将軍も山の民、ナジャラ族と協力し戦っていたものの奮戦虚しく突破されてしまいます。

軍としての戦術理解は桓騎軍より壁将軍の軍の方がしっかり出来ますが、今の壁将軍の軍では桓騎軍を巻き込めるはずもなく、敗戦は濃厚に。

 

キングダム724話ネタバレ|桓騎は李牧の裏をとる布陣

趙国軍が遂に桓騎本陣を捉えようとしてます。

後は桓騎軍を中央軍、左翼、右翼の軍と一気に攻めて逃げ場を無くし追い込むだけとなりました。

この正攻法の前には桓騎はどうしようもないでしょう。

しかし、桓騎は自分の軍の弱点を当然理解してるし、李牧がそれを理解しそこを攻めてくる事も把握しています。

桓騎は正攻法で戦えなくともそれ以外の策で数々の敵を将軍を葬ってきた実績も自信もあります。

当然このように攻められる事を知っていた桓騎はそれに対する布陣も準備済みでした。

その布陣とは、十字型に軍を配備する事。

ただ守るのではなく、前に攻める訳でもなく、横、斜めに移動しながら軍を回転しながら風車のように戦場に風を起こし、火を起こすのです。

守る事を知らない桓騎軍は攻める事に特化し、攻める事によりお互いの一家を、背中を守るという戦いをするようです。

ここでキングダム724話で終了となります。

 

キングダム724話ネタバレまとめ

キングダム前話723話では、飛信隊と楽華隊が包囲網を抜け出しましたが、桓騎軍が剥き出しの状態となりました。

李牧は飛信隊の李信将軍を傑物の類に成長したと認めつつ、あくまで狙いはこの戦いの勝利で桓騎将軍を倒す事に変わりないと語りました。

最新話速報としてキングダム724話のネタバレを紹介してきました。

キングダム724話では遂に李牧の口から桓騎将軍の弱点が語られらました。

それは桓騎は正攻法での戦い、攻め守りが出来ないという事。

この趙国軍の圧倒的な数の包囲戦においては、下手な小細工や奇策は通用しないという事を語りました。

それは今までの戦いを見てもわかる事で、攻め時と思われる時でも攻めきれない、奇策を持って攻める事は得意だけれど、本陣の守りは弱い等、基礎の土台がないのです。

李牧がそれを見逃さず、壁将軍が奮戦していましたが限界がきます。

遂に桓騎本陣が攻め込まれようとします。

しかしそこで桓騎軍は十字型の布陣を敷き、あくまで攻めつつ守るを実施するような戦いをするようでした。

今後のキングダムの展開も楽しみですね。

以上「【キングダム724話ネタバレ】桓騎も李牧を知っている」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/