キングダム

【キングダム719話ネタバレ】李信vs上和龍

【キングダムネタバレ最新話718話】蒙恬の才能も開花

2022年5月12日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム719話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

キングダム718話では、飛信隊の将軍李信がこのままでは戦場の火が消えてしまうという事で火の付け所を探し、飛信隊全軍が蒙恬のいる左翼へ移動しました。

飛信隊が移動した左翼は一時的ではありますが、趙国を上回る戦力を手に入れました。

しかし秦国の右翼がないため桓騎軍本陣は剥き出しとなり、当然李牧はその隙を見逃す訳もなく直接狙うように指示。

桓騎軍の軍師、摩論は慌てていますが、将軍の桓騎は慌てず対応しています。

飛信隊が抜けた穴を秦国北東軍の残党の風范率いる5万で対抗するよう指示を出しました。

今後飛信隊と楽華隊はどのように趙国軍に対抗していくでしょうか?

今回は「【キングダム719話ネタバレ】李信vs上和龍」題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム719話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム718話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム719話ネタバレ考察|楽華隊と飛信隊の共同戦線

飛信隊は右翼の守りを捨てて楽華隊の左翼に合流。

結果一時的ではありますが趙国の右翼を上回る戦力を手に入れました。

趙国軍は秦国の右翼がなくなった事で桓騎本陣を狙う事になり奥に入りがちになり縦長の斜めの配置となります。

結果として趙国本陣の守りが今よりは薄くなるのではないでしょうか?

その事を李信は直感で感じ取り、これが最も李牧を狙うのに適してると感じたのではないでしょうか?

李信は一切勝利を諦めてません。

それに応えるよう同期の楽華隊と協力しあい趙国軍本陣を狙いに行くのではないでしょうか

 

キングダム719話ネタバレ考察|李信が活路を開く

秦国と趙国の宣安の戦いは、圧倒的な戦力差で始まりました。

李牧が半年以上前から行ってきた準備で成り立った戦いに秦国側は絶望的な雰囲気が流れています。

戦力数の差は勿論の事、武将としても有能な武将が趙国には沢山控えています。

この李牧が作った狩場と言える場所で秦国は間違いなく壊滅的打撃を受けるでしょう。

そしてその戦いの中で、飛信隊も他の隊同様に大打撃を受ける事となります。

隊長の李信は一騎当千ぶりを発揮し活躍する事は間違いないでしょうがやはり数の有利には敵わず、苦戦を強いられると思われます。

そうは言っても宿敵、李牧を前にした李信はこの死地で李牧を見つけ、この戦いの活路を見出し蒙恬と協力し奮戦するのではないでしょうか?

そこに現れるジ・アガ将軍を相手にそれすら阻まれる事もありそうです。

 

キングダム719話ネタバレ考察|蒙恬の焦り

キングダム715話で遂に李牧の戦略の全容が見えてきました。

それに気づいた蒙恬ですが、既に時は遅すぎました。

逃げるには、その数で背中を討たれ、半数以上が犠牲になる事は間違いないでしょう。

戦うにも、趙国軍の一斉攻撃を受け、横陣がすぐに崩れ隊がすぐにでもバラバラになってしまいます。

李牧が詰んだ盤上において隙など見つけれないでしょう。

しかしそれでも今まで柔軟な戦略、戦いで活路を見出してきた蒙恬です。

今回の戦いではどうなるでしょうか?

蒙恬は焦りを感じながらも、この死地から活路を見出し行動するでしょう。

冷静に戦力差を分析し、劣勢を素直に受入れ、今何をすべきかを判断するはずです。

 

キングダム719話ネタバレ考察|赤麗を無血開城させた理由

李牧は宣安から最も近い城の赤麗を秦国に明け渡しました。

実質、赤麗城にいたのは、老人と病人のみで戦える兵は一人もいませんでした。

何故李牧は赤麗に兵を配備させなかったのでしょうか?

それは李牧が宣安にて秦国兵を一気に討ちたかったからでしょう。

もし、赤麗でも閼与城みたいに籠城し戦えば、秦国軍の兵力が少なくなり、宣安を攻める時に戦力不足を否めずに増援をして王翦が来るのが待つかまたは、兵力不足で撤退されても困ると考えたのでしょう。

北東軍と桓騎軍ら合わせて14万という絶妙な兵力数も李牧が狙っていた事でしょう。

だからこそ、北東軍への奇襲もやりすぎないようにしたのではないでしょうか?

李牧は自国の兵力、秦国の兵力をきちんと計り策を練っているのでしょう。

 

キングダム719話ネタバレ考察|北東軍への奇襲の余韻

秦国軍が宣安を攻めて北上をするにあたり、河了貂ら軍師は趙国軍が奇襲を仕掛けてくるのではないかと警戒しながら行軍。

何故なら、北東軍21万がカン・サロ将軍率いる狼孟軍の奇襲に遭いほぼ壊滅状態に追い込まれたという事実があったからです。

21万もの軍勢が5万ほどになってしまう程です。

もしこの軍を謄将軍や蒙武将軍など秦国の六大将軍が率いてたら、また別の展開だったかもしれません。

誰が率いてるかわからないのにも関わらず奇襲を仕掛けてきた狙いは、この北東軍の戦力減が狙いだったのでしょう。

北東軍半数以下というここまで戦力を削れたのはおそらく趙国軍にとっても想像以上の戦果。

この北東軍への奇襲は、桓騎軍らが北上する事に対して強く影響が出ているでしょう。

いつ敵国が攻めてくるかわからないという中で進軍し続けるのは精神的な披露は半端ないはずです。

 

キングダム719話ネタバレ考察|籠城してる趙国軍

桓騎軍らが宣安に向けて北上する際、趙国軍の大小の城がありました。

趙国軍は軍を配備する訳でもなく、矢を打ってくる訳でもなくただただ籠城をして攻めてきませんでした。

そのおかげで秦国軍は犠牲を無く宣安まで攻める事が出来ました。

では、何故趙国軍は自国への侵攻をそのまま見過ごしたのでしょうか?

これはおそらく全て李牧の指示の上での事でしょう。

今後秦国軍が趙国軍と激突し激しい戦いを繰り広げる事は史実からでもわかるように明白です。

李牧の絶対的な守りによって攻めきれず、秦国軍は後退を止むを得ない場面が出てきた時に、この籠城していた城から兵が出てきて更に追い討ちをかけてくるのではないでしょうか?

この事により、秦国軍は壊滅的なダメージを受ける伏線のように感じます。

 

キングダム719話ネタバレ考察|ジ将軍とカン将軍の連携

キングダム709話では遂に李牧の刺客と言える、二人の将軍が動き出しました。

北東軍の21万の兵に対して、選りすぐりの精鋭達で奇襲を今か今かと仕掛ける寸前です。

この二人の部隊は単独で動くというよりは、連携をとって動くようです。

21万の軍に対していくら奇襲と言っても無策で挑めば数の波に飲まれて太刀打ち出来ないでしょう。

しかし、そこは匈奴相手に戦ってきた騎馬隊が力を発揮する事は間違いないでしょう。

実質、北東軍は数はいますが、優秀な指揮官がいる訳ではないので、バラバラにされて統率を失えばあっという間に不利になるでしょう。

この大物感のあるジ将軍とカン将軍の実力を見てみたいですね。

 

キングダム719話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム718話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム719話ネタバレ

キングダム719話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム719話ネタバレ|飛信隊vs青歌軍

キングダム718話で飛信隊と楽華隊は共同し趙国軍の右翼に対抗しようします。

楽華隊の蒙恬の提案もあり、大錐の陣で一気に一点突破で攻めて行く事にしました。

キングダム719話はその後から描かれます。

趙国軍の右翼も飛信隊の突進に気づきます。

趙国の右翼を守ってたのは、青歌軍の楽章将軍と上和龍将軍でした。

飛信隊、楽華隊に対して真向から応戦しようと飛信隊、楽華隊と同じく大錐の陣を作ります。

相手と同じ陣を引く事で智略の戦いから、純粋な武力のぶつかり合いに切り替わりました。

青歌軍の指揮を任されてるのは、楽章将軍のようです。

 

キングダム719話ネタバレ|上和龍により岳雷討たれる

飛信隊、楽華隊連合軍vs青歌軍の構図になりました。

お互いの同じ大錐の陣で戦う事を決めた両軍、こうなってしまったら純粋に武力が強い方が勝つ事になりそうです。

青歌軍の先頭には将軍の上和龍がいます。

上和龍はどんどん飛信隊の兵士らを切り倒していきます。

凄い勢いで攻めてくるのでこのままでは良くないと判断した、元ひょうこう将軍の部下の岳雷が向かいます。

岳雷は上和龍に斬りかかろうとしますが、それよりも早く上和龍が矛で岳雷を切り倒しました。

青歌軍の実力はジ・アガ将軍らと同じく相当な物だと言う事がわかります。

司馬尚の側近らの実力は噂以上だと言えるでしょう。

 

キングダム719話ネタバレ|上和龍vs李信

飛信隊を古くから支えて来た岳雷が打たれた事で、飛信隊の古参の一人我呂が上和龍に挑もうとします。

しかし、我呂をまるで制止させるかのように飛信隊の大将李信が割って入りました。

岳雷を一撃で討ち取った事により上和龍の強さを瞬時に見抜いたのでしょう。

あのまま我呂が向かっていれば我呂も討ち取られると判断したのでしょう。

ここに来て、李信の本能型の才能がどんどん開花してるのがわかります。

楽章vs蒙恬の智力の戦い。

上和龍vs李信の武力の戦いが同時に繰り広げられようとしてます。

ここでキングダム719話は終了となります。

 

キングダム719話ネタバレまとめ

キングダム前話718話では、飛信隊と楽華隊の連合軍が蒙恬の策で大錐の陣で趙国右翼の青歌を攻めようとしました。

最新話確定速報としてキングダム719話のネタバレをご紹介してきました。

キングダム719話では、飛信隊、楽華隊の連合軍が攻めて来た事に気づいた青歌軍は同じ大錐の陣で応戦して来ました。

同じ陣で戦う事で純粋に武力が強い方が勝つ事になりそうですね。

青歌軍は楽章将軍が指揮をとっており、その攻めの要は上和龍将軍となっているようです。

青歌軍の先頭をつっきて来る、上和龍を止めようと岳雷が立ち塞がりますが、上和龍に一瞬で切り倒されてしまいました。

飛信隊で共に戦って来た我呂は、激情し上和龍に攻めていこうとします。

しかし李信が上和龍の実力を判断し、我呂を制止するように後方から一気に攻め上がって来ました。

上和龍vs李信が早くも繰り広げられようとしてます。

今後のキングダムの展開も楽しみですね。

以上「【キングダム719話ネタバレ】李信vs上和龍」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/