キングダム

【キングダム710話ネタバレ】李牧の策が明らかに

【キングダム710話ネタバレ】李牧の策が明らかに

2022年2月24日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム710話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム709話では、閼与城で王翦、桓騎、蒙恬、李信、壁、田里弥達が集い急遽軍議を開く事になりました。

何故かと言うと、閼与城を落とすのに想定の3倍日数がかかった事、つまり3倍の犠牲が出てしまったからでした。

このまま攻め上がるには本来の軍の数で攻められない事もあり、留まらないといけないと田里弥将軍は説明していました。

それに対して河了貂は、それじゃ本来の数で攻め切れないと判断し反論しますが、田里弥が再度説明すると同時に、口の利き方がなっていないと怒られました。

本来の数で攻められなくても、北東軍と合流する事で宣安を攻められると指示します。

河了貂がその数を聞くと、田里弥将軍は北東軍は21万と伝えました。

それを聞いた河了貂らは、安心し、戦術的に問題ないと判断し攻める決意が出来ました。

そして桓騎将軍も先に攻めると言って…。

今回は「【キングダム710話ネタバレ】李牧の策が明らかに」と題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム710話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム709話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム710話ネタバレ考察|桓騎軍の井闌車

年が明け、秦国軍の平陽、武城攻めが本格的に行われていました。

桓騎軍が扈輒将軍を討ったとしても、邯鄲への道のりは厳しく、容易に攻略出来る訳ではないようです。

そこに現れたのが、桓騎軍の井闌車でした。

紅春と名付けられた井闌車は、高さはあるけれどとても不安定でグラグラとしていました。

今にも崩れてしまいそうな雰囲気でしたが、なんとか城壁まで辿り着きました。

桓騎はこの井闌車を見て鼻で笑っていました。

この井闌車で桓騎軍は平陽をなんとか攻略するでしょう。

そして、その先の邯鄲を守る長城まで攻め入ろうとするでしょう。

しかし、流石にこの長城は李牧が3年前に設計し建てた物。

おそらく李牧は合従軍戦で呉鳳明が作った巨大井闌車を見てその威力も把握しています。

だからこそ、それに対応するべく高さ長さも設計された長城には、巨大な井闌車はおろか、紅春などでは攻略は不可能となるでしょう。

 

キングダム710話ネタバレ考察|郭開の危機管理の高さ

この度の動きを見てわかった郭開の危機管理能力の高さに驚きを隠せません。

以前に李牧を投獄した時も、攻めてくる秦国軍に対しての対策を李牧の進言通りに、さも自分が閃いた策かのように、指示、命令していました。

結果、攻めてくる秦国の王翦軍に対していち早く防衛線引き対応し、それ以上攻め込まれずに済みました。

そしてこの度の扈輒将軍が討たれ動揺する大臣達が多い中、未だ極めて冷静に保身を優先出来るのです。

廉頗将軍が来ては自分の立場が危うくなる、それならと嘘の情報を平然と流し王を騙しました。

更にこのままでは秦国に対応出来ないのもわかっているので、三大天の李牧を呼び戻すという判断。

郭開のこの保身の為の危機管理能力の高さが、今後の戦いにどう影響するのでしょうか?

 

キングダム710話ネタバレ考察|三大天の李牧が復活

趙国に危機が訪れて、郭開の最終判断として遂に李牧を呼び戻す事にしたのです。

そして趙国の青歌に早馬を走らせ、李牧の呼び戻しを決めたのです。

李牧は二年ぶりに邯鄲に戻り、再度三大天として復活を遂げました。

李牧が戻った事で平陽一帯の戦いは一度落ち着き停滞し始めました。

侵略を続ける桓騎との史記にも残る大戦が始まろうとしてます。

李牧はカイネや傅抵(ふてい)の他に新たな戦力を身につけているように見えます。

司馬尚以外にも他の武将を配下に加えているように思えます。

立派な兜をつけた武将、凛々しい顔の武将の姿も見えます。

今後新たな戦力を手に入れた李牧がどのような戦いを繰り広げてくるのか気になりますね。

 

キングダム710話ネタバレ考察|救いを求める桓騎

キングダム699話で嬴政と桓騎の言い分に決着はつきました。

今回桓騎は嬴政に対して、一切許しを請うていませんでした。

むしろ、わざわざ来るんじゃねーよと言わんばかりの態度で、俺を断罪してもいいがお前死ぬぞというくらいの態度。

この度の功績がたまたま認めざるを得なかっただけで、本当は嬴政は桓騎を断罪したかったでしょう。

あんなに怒った嬴政はかつて見た事ないぐらいです。

桓騎は今回の事を不問とされた事に感謝や喜びは一切なく、むしろ不問とされても嬴政に信頼されていないと不信感を抱いてる程です。

自国の王に信頼されてない事、夢や希望などある訳なく、絶望に淵にいる桓騎は一体何を感じているのでしょうか?

嬴政は桓騎を人に絶望してると同時に人に救いを求めてるのでは?と思い、言葉を詰まらせたのではないでしょうか?

 

キングダム710話ネタバレ考察|桓騎が信頼する仲間

キングダム698話で桓騎は嬴政の命令で豹司牙に処刑されそうになりました。

そこに割って入る黒桜、そっちも生きて返さないぞと脅しました。

しかし嬴政はそんな脅しでこの断罪は止まらないと言い切りました。

その時の桓騎の表情が、今まで嬴政に対して、舐めた態度をとってたのと変わり、一瞬とても悲しい表情を浮かべてました。

おそらく雷土の事を思っていたのではないでしょうか?

桓騎は雷土の事を思い出しながら目の前の嬴政や、自分の命なんて全く気にしてないように見えます。

自分の事はどこか、側近達が守ってくれると信頼してるからでしょう。

最近のキングダムはただただ桓騎がカッコよくしか見えない回が続いてます。

仲間への信頼、思いだけで言えば、桓騎は相当強い仲間への思いがあり、優しい人間に見えます。

 

キングダム710話ネタバレ考察|桓騎の正しい判断

桓騎の策が見事に嵌り大量の捕虜が出来てしまいました。

その捕虜達の運命を史実から読みとくと、この戦いで桓騎は趙国軍の兵10万を首切るという事でした。

桓騎は雷土の事は、扈輒が口走ってた事で死を悟っているように見えます。

部下達に雷土の事を聞かれたりしますが、それより先にやる事があると言い、指示を出し行動してます。

これが、飛信隊や他の軍であれば、先にそれを調べに行ってしまいそうなシーンですが、桓騎はそれより作戦遂行を優先しました。

本当に桓騎がカッコよく見えます。

この冷静な桓騎がこの大量の捕虜を見た時に下す判断が敵国の捕虜全員の首切りです。

きっとこれは、雷土への思い以上に、この戦地でこれだけの捕虜を養えない事、また管理出来ない事を冷静に判断した結果ではないでしょうか?

非道、残虐である事は変わりませんが、管理、抵抗されるかも知れないというリスク、兵糧問題を考えると、秦国全体を考えれば正しい判断だっと言わざるを得ないでしょう。

 

キングダム710話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム709話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム710話ネタバレ

キングダム710話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム710話ネタバレ|北東軍21万の正体

キングダム709話で秦国軍の北東軍の兵力が21万もの軍勢だという事がわかりました。

当初河了貂は、王翦軍が閼与城に留まる事を聞いて、残っている兵力、桓騎軍、飛信隊、楽華隊だけで戦いに臨むと聞くと強く反対しました。

しかし、北東軍が21万もいると聞きそれなら大丈夫と納得し攻める事になりました。

ではこの21万という数はどこから集まってきたのか?

それは、秦国の全土、小さな村や集落からも集めてきた、正に烏合の衆と言っても過言ではありませんでした。

そしてそれを率いるのは、おそらく血筋などや家柄を理由に将軍になった蒼波広という将軍です。

大した戦の経験の少ない兵達に、ただのお山の大将の蒼波広。

有能な武将が率いない限り、この力は発揮する事はないでしょう。

 

キングダム710話ネタバレ|奇襲を仕掛ける、狼孟軍

秦国軍の北東軍に対して崖の上から奇襲を仕掛けようと狼孟軍が待機していました。

そして、タイミング的に良かったのか、攻めるに当たり場所が良かったのか、遂に奇襲を仕掛けてきました。

始まりはジ・アガ将軍からでした。

突如として攻めてきた趙国軍に北東軍は驚きまともに陣形も組めぬまま対応していました。

やはり今の趙国内において、ジ・アガ将軍とカン・サロ将軍は相当な上位の武力を持っている事がわかる戦いぶりです。

ジ・アガ将軍の奇襲だけでも対応に追われて散り散りになってる所に更に崖の上から、カン・サロ将軍が追い討ちをかけてきます。

もう数で勝る北東軍もこの趙国の精鋭にやられては、圧倒されるように追い込まれていきます。

 

キングダム710話ネタバレ|蒼波広の喉元に届く、李牧の牙

北東軍は、バラバラになっていました。

こうも見事に奇襲を仕掛けられては、蒼波広の力ではどうにもなりません。

気づけば、蒼波広の前にカン・サロ将軍が現れていました。

とてつもない速さで攻めてきて、いくら烏合の衆と言えど物凄い突破力です。

そして語られる李牧の策。

閼与城の戦い、王翦が想定以上の日数、被害も李牧の計算済みの策でした。

更にこの北東軍に対しての奇襲、これに関しても半年前から準備していたとの事でした。

秦国がこの地に攻めて来る事、北東から軍を集めてくる事、それに対して青歌から援軍呼び、練兵を重ねてきたのです。

蒼波広が李牧の恐ろしさを知った時には時は既に遅かったです。

ここでキングダム710話は終了となりました。

 

キングダム710話ネタバレまとめ

キングダム前話709話では、王翦将軍は閼与城に残り、桓騎将軍を大将として、北東軍と合流を目指す事になりました。

最新話速報としてキングダム710話のネタバレを紹介してきました。

キングダム710話では、北東軍は烏合の衆と言わんばかりの寄せ集めだと判明。

21万の軍勢と言っても秦国内の全土から集めた、実戦経験も少ない軍団でした。

それに対して遂に奇襲を仕掛けてきたジ・アガ将軍、寄せ集めの北東軍など相手になる訳もなくバラバラになっていきました。

そこに追い討ちをかけるように崖の上からカン・サロ将軍に攻めてきました。

蒼波広などと言う大した実力もない将軍の指揮系統では、太刀打ちも出来る筈もなく、どんどんやられていきます。

遂に蒼波広の前にカン・サロ将軍が現れ、今回の戦いの李牧の策が明らかになっていきます。

李牧は更に策を仕掛けてくるのは間違いないでしょう。

守りに入った李牧に太刀打ち出来る将軍相当はいないでしょう。

今後のキングダムの展開も楽しみですね。

以上「【キングダム710話ネタバレ】李牧の策が明らかに」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/