キングダム

【キングダム695話ネタバレ】桓騎の冷酷な覚悟

【キングダムネタバレ最新話695話】桓騎の正しい判断

2021年10月7日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム695話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム694話では、桓騎軍に囲まれた扈輒の死に様が描かれました。

扈輒は桓騎軍に側近の精鋭100名を殺され、一人残されて、このままでは絶対勝ち目がないと判断して自害しようとしました。

それを阻止すべく朱摩一家が扈輒を取り押さえようとしますが、必死に抵抗、その後ようやく扈輒は捕まりますが自害。

扈輒討死の報せはあっという間に広がり、趙国軍の士気はどんどん下がります。

そこに加えて、王翦、楊端和軍の10万物大軍が押し寄せてくると知り、戦意もどんどん削がれていきます。

桓騎に捕まるぐらいなら王翦軍の捕虜になった方が良いと判断する兵が続出。

そして趙国軍の数万単位の捕虜が生まれました。

今後キングダムはどのような展開になるのでしょうか?

今回は「【キングダム695話ネタバレ】桓騎の正しい判断」と題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム695話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム694話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム695話ネタバレ考察|雷土の犠牲も計算済み?

桓騎がここまで計算し尽くしていたのは本当に驚くばかりです。

そしていよいよ扈輒のいる天幕に戦いを挑む事になるのですが、やはり気になるのは雷土との対面はなるか、と言った所でしょう。

考えたくはないのですが、雷土の犠牲は桓騎の指示かもしれません。

雷土を趙国に捕まえさせる事で、その後を配下に尾行させて本陣を暴く…そんな作戦です。

この桓騎の作戦は散り散りなる兵だけでは、相手を騙すのは物足りない、だからこそ自分の側近すら駒として使ったのではないでしょうか?

桓騎がわざわざオギコを呼び出し必ず伝えたかった伝言とは一体?

もし桓騎が雷土の犠牲ありきでこの計略を計っていたとしたらと本当に恐ろしい将軍です。

桓騎のオギコを使った伝言が気になります。

 

キングダム695話ネタバレ考察|羌瘣の躍進

影丘攻略戦にて、岳白公が討たれた後も勢いが衰えない趙国軍でしたが、そこに颯爽と現れた羌瘣隊。

羌瘣と羌礼が同じ馬に乗り現れました。

とても絵になる二人の登場に読者の心も躍った事でしょう。

そして円錐型の陣で趙国軍を撃退しました。

この瞬時の判断が出来る、智略の武将型こそ、羌瘣の強みの一つですね。

今後の羌瘣は、更に扈輒本陣に攻撃を仕掛けて行くでしょう。

そしてここで虎白公が現れるのでは?と思います。

虎白公と羌瘣の戦いはあり得るのではないでしょうか?

智勇兼ね備えてる羌瘣が趙国軍の武将、虎白公相手に立ち回る姿、是非見てみたいです。

 

キングダム695話ネタバレ考察|竜布が龍白公として戦場へ

父親の龍白公が殺された竜布は、扈輒将軍の命令により、趙国軍の左翼の将を任される事になりました。

また父親が亡くなった事もあり、龍白公名乗るように言われました。

竜布は雷土を捕らえた将でもあります。

その実力は父親に勝るとも劣る事はないように感じます。

趙国軍の中では、一番バランスの取れた武将のような気がします。

今はまだ若さもありますが、李牧の下についてればもっと成長し活躍を期待されていてもおかしくありません。

しかし今回の相手はあの桓騎軍です。

いくら潜在能力が高くても桓騎軍を相手では、活躍は見込めそうにありません。

このまま戦場で指揮をとる事になりますが、おそらく桓騎の手に落ちるでしょう。

願わくば、龍白公を相手に桓騎個人の武も見てみたいですね。

 

キングダム695話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム694話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です.

 

キングダム695話ネタバレ

キングダム695話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム695話ネタバレ|桓騎と落ち合う幹部達

桓騎軍の周りは捕虜となった趙国軍の兵士達で溢れかえっています。

どこもかしこも大量の捕虜、既に管理しきれなくなってきています。

それはそうです。

元は桓騎軍8万と扈輒軍24万で始まった戦いで、扈輒軍が圧倒的有利で進んでいたのですから、桓騎軍にやられたと言えども捕虜の数の方が多いのです。

史実では10万もの兵士の首を切ったとされています。

元の桓騎軍より捕虜の数の方が多いのです。

そして、桓騎の元に摩論、黒桜、厘玉が集い合流を果たしました。

黒桜の報告によると、龍白公とは戦い、いい所まで追い込んだが、取り逃してしまったとの事。

しかし、手傷を追わせてる、途中で死んだのではと予想しているみたいです。

勝利するのはほぼ無理、負け戦だろうと思えた戦いに勝利した桓騎軍は大変喜んでいます。

厘玉や黒桜は再三桓騎を賞賛し、尊敬の意を明らかにしています。

 

キングダム695話ネタバレ|桓騎の策は幹部にすら伝えてなかった

桓騎はこの度の戦の策を幹部の黒桜や厘玉にも伝えていませんでした。

敵を騙すのは味方からとは桓騎らしいですが、信用されてないのでは?と少し拗ねてるように見える黒桜がいました。

摩論は最初から策を知ってましたが、それでも不安で不安で逃げ腰だったのです。

更に今回の作戦は雷土は知っていたという事で、雷土と比べてしまって更にショックを受ける黒桜。

桓騎軍の内情が見て取れるシーンでした。

一方その頃、飛信隊は扈輒討ち取り、戦いの勝利を知らずにまだ戦いを繰り広げていました。

集まり続ける捕虜達に、摩論はなんとも言えない高揚感と動揺が隠しきれない表情になっています。

 

キングダム695話ネタバレ|桓騎軍の勝利を知る飛信隊

飛信隊は戦い勝利を知らないまま、中央から移動してきた虎白公の軍5000と戦っていました。

しかし、突然乱戦を解いて、虎白公の軍は引き返していきます。

何事かと思ってる最中に桓騎軍の伝令がようやく届き、扈輒を討ち取った事、戦いに勝利した事を聞くのでした。

突然の戦いの勝利宣言の知らせに飛信隊は歓喜、ただ那貴は冷静です。

どうやって勝利したのかを聞こうとしますが、桓騎兵に冷たい態度で裏切り者には教えないと言われてしまいます。

そして飛信隊はしばらくこの地で残党の対応する事になりました。

 

キングダム695話ネタバレ|雷土の真実を知る桓騎と幹部

桓騎の元に集まるように言われた厘玉、摩論、黒桜達。

この時既に、雷土が行方不明で見つかってないと言う事は聞かされている状態でした。

扈輒本陣天幕にて、雷土一家の首が棚に並べられていました。

しかし、雷土の姿はありません。

桓騎は首が並んだ中央にある箱を指差します。

摩論、厘玉、黒桜らが中央の箱を開けると、バラバラに刻まれた雷土の死体が詰め込まれていました。

箱の中は血溜まりの中に身体のパーツが切り刻まれ、詰まっていました。

あまりにも残酷な仕打ちに三人は大変衝撃を受けますが、桓騎は未だに冷静に振る舞っています。

そして砂鬼一家から雷土の拷問方法を聞きます。

生きたま身体を粉々に刻まれている事がわかりました。

 

キングダム695話ネタバレ|桓騎が冷酷な覚悟を決める

摩論はもし雷土が口を割っていれば、この戦いの勝利はなかったと、改めて雷土を褒め認めます。

桓騎は血だらけの箱の中から、雷土の首を引きあげます。

「俺が言った通り無謀な戦いはせずに、適当に戦っていればこんな事にならなかった」と桓騎は呟きます。

桓騎は雷土の顔に触れながら、馬鹿野郎と一言こぼします。

砂鬼一家は、誰がやったと聞きますが、扈輒将軍は討死、拷問官も恐れて自殺したとの事。

残ったのは一人だけの様子です。

この報告に対して、桓騎は何人だと聞きます。

そして一人だけと言われてるのに、冷酷な覚悟を決めた桓騎はもう一度「何人だ?」と聞きました。

このやりとりのあと、趙国軍10万の首切りが始まってしまうのでしょう。

ここでキングダム695話は終わりとなります。

 

キングダム695話ネタバレまとめ

キングダム前話694話では、桓騎軍の勝利が確定、桓騎の見事すぎる計略により、続々と趙国兵が投降して捕虜の海原が出来ました。

最新話速報としてキングダム695話のネタバレを紹介してきました。

キングダム695話では桓騎の元に厘玉、黒桜、摩論ら幹部達が集結。

桓騎らしい大胆な作戦により見事に勝利を収めましたが、黒桜らは、雷土や摩論が策を知っていて、自分が知らされてない事に軽くショックを受けていました。

桓騎軍の勝利を知らず未だに戦っていた飛信隊の元にもようやく伝令が届き、勝利を知る事が出来ました。

那貴はどうやって勝ったか聞こうとしますが、裏切り者に教えないと冷たくあしらわれてしまいます。

そして、扈輒本陣の天幕では雷土一家の首が棚に並べられていました。

しかし雷土の首はなく、箱の中にバラバラに切り刻まれ詰められていました。

幹部達はあまりの凄惨さに言葉を失います。

桓騎は雷土の首を持ち、静かに冷酷な覚悟を決めるのでした。

今後のキングダムの展開も気になります。

以上「【キングダムネタバレ最新話695話】桓騎の冷酷な覚悟」と題してお届けしました。

\ワンピースアニメも無料でイッキ見!/