呪術廻戦

【呪術廻戦180話ネタバレ】仙台結界の勝者は乙骨!

【呪術廻戦ネタバレ最新話180話】乙骨たちの得点の行方は?

2022年4月4日(月)発売号の週刊少年ジャンプに「呪術廻戦」本誌180話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦179話では、黒沐死の再登場により3名の領域展開は無効化されてしまいました。

結界は崩壊し、振出しに…。

しかし、そんなアクシデントの中でも乙骨は冷静に状況を分析します。

黒沐死に気をとられている烏鷺に狙いを定め攻撃に出る乙骨。

そこへ黒沐死も加わり、2人によって烏鷺の腕が切り落とされる事態となります。

また、石流が烏鷺と黒沐死に向かって「グラニテブラスト」を放つと黒沐死と烏鷺は戦闘不能となりました。

ついに乙骨と石流の一騎打ち!

次回決着となるのでしょうか?

今回は「【呪術廻戦180話ネタバレ】仙台結界の勝者は乙骨!」と題してお届けします。

>>呪術廻戦の最新話ネタバレをチェック!!<<

 

呪術廻戦180話ネタバレ考察

今後の呪術廻戦はどうなっていくのでしょうか。

次回以降の呪術廻戦で考えられる展開を紹介していきます。

呪術廻戦最新話179話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

呪術廻戦180話ネタバレ考察|乙骨vs石流

黒沐死は再度乙骨より消され、烏鷺は石流のグラニテブラストにやられ戦闘不能になりました。

そして残ったのが乙骨と石流の2名。

ようやくここで最終決戦となりそうですね!

この対決は一体どうなるのでしょうか?

乙骨の術式は未だ回復していない状態のようですが、石流の方も領域展開後なので同じ状況ではないでしょうか?

しかし、石流は術式を使用しようとしなくても「グラニテブラスト」を放つことができるという強みがあります。

この威力はハンパではないので脅威といえるでしょう。

とはいえ、乙骨にはリカちゃんが付いています。

乙骨がリカちゃんとどう連携して石流に挑むのかが、カギになりそうですね。

石流はリカちゃん&乙骨との戦いをデザートとして楽しむつもりのようなので、どう展開していくのかが楽しみですね!

 

呪術廻戦180話ネタバレ考察|乙骨が更に進化を遂げる?

ここで乙骨の術式が明らかとなりました。

乙骨は指輪を通してリカちゃんと接続することができ術式は模倣。

倒した相手の術式をコピーできるということでしょうか?

だとしたら、この仙台結界で仮に乙骨が勝者となった場合、石流や烏鷺の術式もコピー可能という事になりますね。

制限時間が5分という縛りがありますが、5分間あればあらゆる術式を駆使できます。

底なしの呪力量があってこそ模倣が活かされるというわけですね!

この仙台結界を切り抜ければ、乙骨が更なる進化を遂げることは間違いなさそうです。

乙骨がどこまで強くなるのかにも注目ですね!

 

呪術廻戦180話ネタバレ考察|石流のデザートはリカちゃん?

呪術廻戦177話の冒頭で石流が自身の渇きについて嘆いていました。

石流は自分の人生にデザートがなかったと言っていました。

そして乙骨との戦いの中で「乙骨がデザートなのかも!?」と胸躍らせるシーンがありました。

しかし、乙骨の底が見えた時点でこの期待は消えてしまいました。

ですが、ここからが乙骨の見せ場です!

リカちゃんの登場により石流の胸の高鳴りがもう一度戻ってくるものと思われます。

リカちゃんが石流の渇きを満たしてくれるのではないでしょうか?

リカちゃんと石流がどんな戦いをするのか必見です!

 

呪術廻戦180話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が呪術廻戦179話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

呪術廻戦180話ネタバレ

呪術廻戦180話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦180話ネタバレ|一度だけ

遂に乙骨と石流、2人の最終接戦となりました。

乙骨はリカちゃんの完全顕現中のみ呪力の高出力指向放出が可能となります。

とはいえ、最大放出は石流と比べるとやや劣るようです…。

なので乙骨は石流が最大出力に達する前に呪力を溜め、放出する必要があります。

しかし、石流の400年余りの渇きに比例した熱いまなざしが乙骨の戦いそのものに意味を感じない心を変えます。

乙骨は一度だけと言うと真っ正面から石流に挑み、呪力の押し合いとなります。

しかし徐々に石流の呪力が上がり、最終的に吹き飛ばれてしまいました。

 

呪術廻戦180話ネタバレ|模倣(コピー)

そんな乙骨に対して賞賛の声を上げる石流。

また、爆炎の中から乙骨の気配を感じ何度でもやろうと嬉しそうな表情を浮かべます。

爆炎が晴れるとそこにはリカちゃんの姿があり、口から呪力を放出します。

これと同時に乙骨は石流の右手に回り込んで一気に距離を詰めます。

石流は片手でリカちゃんの攻撃「ブラスト」を弾き、次は乙骨に狙いを定めます。

また石流はこの時、乙骨の術式がまだ回復していないと予想し、グラニテブラストを放ちます。

その瞬間乙骨は、烏鷺の術式を模倣(コピー)してグラニテブラストの軌道を上に逸らします。

 

呪術廻戦180話ネタバレ|渾身の一撃

石流の予想は完全に外れていました。

乙骨は術式を回復させていました。

そして今度は乙骨が反撃に出ます。

石流は乙骨がなぜ烏鷺の術式を模倣できたのか思考を巡らせて答えを導き出します。

烏鷺の腕をリカが喰った光景が石流の脳裏によぎります。

石流が答えに辿り着いたと同時に乙骨の宇守羅彈(うすらび)が石流の腹部を捉えます。

さらにリカちゃんの拳が石流の頭にヒットし、石流の身体がくの字に!

しかし、石流は踏みとどまりタイムリミットを迎えようとしていたリカちゃんを殴り飛ばします。

この一撃をもらったリカちゃんは消え、戦いは乙骨と石流の肉弾戦へと持ち込まれました。

 

呪術廻戦180話ネタバレ|勝者乙骨!

乙骨と激しくぶつかる石流はこれがデザートかと嬉しそうな表情を浮かべます。

しかし乙骨は、石流の身体を掴むとここまでだと告げます。

乙骨の言葉の意味が理解できない石流。

理解が及ぶのを待つこともなく、頭上から先ほど乙骨が軌道を逸らした「グラニテブラスト」が石流の脳天目がけて降ってきました。

乙骨は軌道を逸らしただけでなく軌道を戻していました。

これに気づいた石流は満足だと礼を言い、石流の言葉に乙骨は笑顔で答えました。

仙台結界の勝者は乙骨!

次回、呪術廻戦181話へつづく…

 

呪術廻戦180話ネタバレまとめ

呪術廻戦179話では、まさかの黒沐死の復活劇がありました。

この黒沐死の登場により、3者の領域展開が無効化されることに…。

しかしそんな状況でも冷静さを失わない乙骨は烏鷺の一瞬の隙をつき攻撃を仕掛けます。

これに黒沐死も参戦し、絶体絶命の烏鷺。

更にここに石流の「グラニテブラスト」を放ち烏鷺と黒沐死は戦闘不能となりました。

そして残ったのは、乙骨と石流!!

最新話速報として呪術廻戦180話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦180話では、乙骨と石流の一騎打ちがスタートしました。

本来戦いを好まない乙骨ですが、石流の熱量に感化され今回のみ石流の戦い方に乗るという珍しい展開をみせました。

ですが、呪力の放出では石流がやや上なので、乙骨は吹き飛ばされてしまいます。

しかし、その後は乙骨の頭のキレが上回ります。

呪力を回復させた乙骨は烏鷺の術式を模倣し、それを巧みに操ります。

そして最終的に一度逸らした「グラニテブラスト」の軌道を戻し、石流の脳天にブチ当てました。

これにより乙骨の勝利が確定しました。

となると次回は、得点の譲渡が行われ仙台結界の終結となるのでしょうか?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「【呪術廻戦180話ネタバレ】仙台結界の勝者は乙骨!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/