呪術廻戦

【呪術廻戦173話ネタバレ】来栖華と乙骨優太が登場!

【呪術廻戦173話ネタバレ】来栖華と乙骨優太が登場!

2022年1月31日(月)発売号の週刊少年ジャンプに「呪術廻戦」本誌172話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦172話では、伏黒vsレジィ戦に決着がつきました。

一度は伏黒の影に落ちていったレジィですが、再浮上を果たします。

そして伏黒に”とっておき”を繰り出します。

しかし伏黒は機転をきかせ、レジィを体育館下のプールに落とすことに成功します。

この後ド突き合いに突入しますが、伏黒の玉犬にレジィが噛み千切られ伏黒の勝利が決定しました。

次回は高羽戦に移るのでしょうか?

今回は「【呪術廻戦173話ネタバレ】来栖華と乙骨優太が登場!」と題してお届けします。

>>呪術廻戦の最新話ネタバレをチェック!!<<

 

呪術廻戦173話ネタバレ考察

今後の呪術廻戦はどうなっていくのでしょうか。

次回以降の呪術廻戦で考えられる展開を紹介していきます。

呪術廻戦最新話172話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

呪術廻戦173話ネタバレ考察|高羽戦へ移行

呪術廻戦172話でようやく伏黒vsレジィ戦に決着が着きました。

レジィから玉犬の存在が消えるまで待っていた伏黒の粘り勝ちといったところでしょうか?

流石ですね!

となると次回からは、高羽戦へと移りそうです。

「高羽の能力は一体なんなのか?」また「強さはどの程度なのか?」。

とっても楽しみです!

お笑い全開の戦い方を見せてくれるのでしょうか?

高羽の活躍に期待ですね!

 

呪術廻戦173話ネタバレ考察|高羽戦は早く決着する?

伏黒戦が終わり、今度は高羽戦に移ると思われますがこの勝負どうなるのでしょうか?

高羽の呪力はある一定条件を満たせば跳ね上がることが分かっています。

呪力の跳ね上がった高羽はレジィに強いと感じさせたほどです。

だとすると意外とあっさり勝負がつくケースもあり得るのではないでしょうか?

伏黒が思いのほか苦戦したので、高羽は手短に?というバランスになったりして。w

ヒーローらしく登場した高羽史彦!

ヒーローらしくちゃちゃっと片づけて帰ってきたらカッコいいですよね。

高羽vs黄檻戦はどんな展開となるのでしょうか?

 

呪術廻戦173話ネタバレ考察|高羽戦に参戦する?

現在、伏黒とレジィの戦いに焦点が当たっていますが、この間にも高羽と黄櫨の戦いも繰り広げられるはず。

レジィのもの言いから黄櫨もそれなりの実力者だという事がわかります。

両者の実力が不透明ですが、互角の戦いくらいにはなるのではないでしょうか。

とすると、高羽も伏黒と同じように苦戦すると思われます。

そこにレジィ戦を終えた伏黒が参戦するという展開もありそうですよね。

掴みどころが難しい高羽ですが、伏黒が高羽に救われたのは事実です。

このままサヨナラってことはないでしょう。

今後は伏黒がヒーローとなるかも知れません。w

 

呪術廻戦173話ネタバレ考察|高羽は滑った分だけ強くなる?

現在のところ術式を使っていない高羽。

しかし仮に術式を持っているとしたら、どういったのもなのでしょうか?

半分のヒーロー衣装も気になるところですが、呪力がいきなり跳ね上がったことも気になりますよね?

この呪力が跳ね上がる前に高羽はギャクを披露して盛大に滑っています。w

高羽は術師として覚醒する前は、売れない芸人として舞台に立っていました。

もしかしたら、滑った分だけ呪力が跳ね上がるのでは?w

そうだとしたら芸人としては相当辛い仕打ちを受けないといけませんが…。

しかし、これで命の危機から免れるなら50:50かもしれませんね。w

 

呪術廻戦173話ネタバレ考察|高羽vs黄櫨の勝負の行方は?

高羽は伏黒の指示通り、レジィと黄櫨の分断に成功しました。

登場時は戦力となるのか不安な一面がありましたが実力は確かのようですね。

なんせレジィに「強い」と思わせるほどの呪力を持っているようですから!

しかしレジィの「あいつ死んだね」という言葉が気になりますよね?

黄櫨はこれまで高羽に一方的にやられていましたが、ほとんど本気を出していないということのようです。

高羽の力も未知数という所があるので、なんとも言い難いですが簡単に勝てる相手ではなさそうです。

高羽にはヒーローらしく勝利してほしいですね!

 

呪術廻戦173話ネタバレ考察|高羽史彦の能力は?

高羽史彦の登場時は”7:3”をキーワードにしていましたよね?

このことから、ナナミンの能力と似ているのでは?と推測していました。

しかし、今回の登場時の衣装は5:5でした。

半分はほぼ裸…そしてもう半分はヒーロー的な衣装でした。

術式に何らかの割合が関わっていそうですが、ナナミンの7:3を引き継いだわけではなさそうですね。

キャラもナナミンとは全然違いますし、ナナミンファンからしたら良かったのかも…。w

新キャラの高羽の能力に注目ですね!

 

呪術廻戦173話ネタバレ考察|早々に天使と接触できる?

天元様の情報により、天使の居場所が東京の東側、第2結界にいることがわかりました。

姿は見たらわかるというあやふやな回答でしたが、頭に天使の輪がついているのでわかりますねw

パンダの鼻を頼りに天使を探し、秤は鹿紫雲とやり合うつもりらしいです。

しかし、鹿紫雲の狙いは宿儺です。

この情報は虎杖サイドは知りませんよね?

となると入れ違う可能性も考えられます。

そうなった場合、鹿紫雲と接触するより早く天使と接触することになり、パンダが天使を説得するという展開になるかもしれません。

 

呪術廻戦173話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が呪術廻戦172話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

呪術廻戦173話ネタバレ

呪術廻戦173話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦173話ネタバレ|レジィ・スターのポイント譲渡

玉犬の攻撃で倒れこんだレジィの前に立つ伏黒。

レジィは、息も絶え絶えになりながら伏黒の戦略について話し伏黒の強さを認めます。

伏黒はもしかしたら、レジィと天元が裏で繋がっているかもと考えていました。

そこでレジィと天元の関係について質問しますが、レジィの反応からその可能性は低いと判断します。

その後、レジィは伏黒に自身のポイント全て、41点を譲渡。

怪訝な反応を示す伏黒にレジィは「オマエは運命に翻弄され道化となって死んでくれよ」と言い残し息絶えます。

伏黒はさらに5点を獲得しました。

 

呪術廻戦173話ネタバレ|高羽の能力

爆炎の中から飛び出してきた黄櫨と高羽。

何度爆破しても全く死ぬ気配のない高羽に苛立つ黄櫨。

少なくとも5回の爆破をうけた高羽ですが、ダメージは髪の毛の一部がチリチリになるだけというもの。

また黄櫨は高羽に与えた始めの傷も治っていることに気づきます。

ただ反転術式を使った形跡がなく「どういうことだ」と頭を抱えます。

その時、黄櫨のコガネが現れレジィの死を伝えます。

これを聞いた黄櫨は「帰るやってられるか」とその場を後にしました。

高羽の能力「超人(コメディアン)」は高羽が”うける”と確信したイメージを実現させるというもの。

これは五条悟にも対抗できうる術式です。

しかし高羽は自身の術式のことは何も理解していません。

 

呪術廻戦173話ネタバレ|来栖華(くるすはな)登場

一方で麗美は「分かんない分かんない」とレジィたちの元を離れ逃げるように走っていました。

大人になると分かんないことがいっぱい。

男が狼って聞いたけど分かんないを何とかしてくれるのはいつも狼さん。

だから麗美はカワいいから何も考えなくていい、狼さんはいつだって…と麗美が想いを巡らせてた背後に玉犬の影が迫ります。

麗美を食べようと玉犬がゆっくりと口を開いたその時、「ダメだよ恵」と伏黒の脳裏に津美紀の声が聞こえます。

同時に玉犬は消え、伏黒の意識も途絶えその場に倒れ込みました。

そこへゆっくりと天使と呼ばれた術師・来栖華(くるすはな)が頭上から降りてきます。

 

呪術廻戦173話ネタバレ|仙台結界11月12日11:28

ー仙台結界ー

仙台結界での展開は早く東京結界を遥かに凌駕していました。

台風の目となっている術死3名と呪霊は、

  • ドルゥヴ・ラクダワラ 所持得点 91点
  • 石流龍(いしごおりりゅう) 所持得点 77点
  • 鳥鷲享子(うろたたかこ) 所持得点 70点
  • 黒沐死(くろうるし) 所持得点 54点

同盟はなく拮抗した実力と錯雑した相性によって誰も動き出せない四つ巴となっていました。

しかしその一角、ドルゥヴが堕ちます。

それを堕としたのは乙骨優太(おっこつゆうた)、所持得点35点。

百鬼夜行後三ヶ月で特級術師へと返り咲いた乙骨。

五条悟につづく現代の異能が始動しました。

次回、呪術廻戦174話へつづく…

 

呪術廻戦173話ネタバレまとめ

呪術廻戦172話では、ついに伏黒とレジィの対決に決着がつきます。

両者いつ押しつぶされてもおかしくない状況の中、影に飲み込まれたレジィ。

何とか浮上することに成功しますが、伏黒の次の一手で体育館の下のプールに落とされてしまいます。

最終的には玉犬によりレジィの左肩と左耳が食いちぎられる展開となりました。

最新話速報として呪術廻戦173話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦173話では、レジィは伏黒にポイントを与え死亡が確定しました。

そして高羽vs黄櫨ではレジィの死により黄櫨の戦闘意欲が消失、帰ってしまいました。

また、気を失った伏黒の元に来栖華が現れます。

さらに、乙骨優太は仙台結界の一角を落とす展開となっていまいた。

一角を堕とした乙骨の次なる一手は?

来栖華が現れた理由は?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「【呪術廻戦173話ネタバレ】来栖華と乙骨優太が登場!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/