呪術廻戦

【呪術廻戦165話ネタバレ】虎杖に死刑判決が下される!

【呪術廻戦ネタバレ最新話165話】虎杖が素手で応戦する?

2021年11月15日(月)発売号の週刊少年ジャンプに「呪術廻戦」本誌165話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦164話では、日車の領域展開が発動。

領域内に閉じ込められた虎杖ですが、天元様の言葉から日車の領域展開に「必殺」はないと気が付きます。

しかし、その代わりにある条件の元でジャッジマンから無罪を勝ち取らなければならない状況に…。

虎杖が必死で考えを巡らし出した答えに対する判決は…「有罪」!!

これにより虎杖は呪力を没収されました。

呪力なしでどう戦う気なのでしょうか?

呪術廻戦165話以降どうなっていくのか考察、呪術廻戦165話の内容がわかり次第ネタバレしていきます。

今回は「【呪術廻戦165話ネタバレ】虎杖に死刑判決が下される!」と題してお届けします。

>>呪術廻戦の最新話ネタバレをチェック!!<<

 

呪術廻戦165話ネタバレ考察

今後の呪術廻戦はどうなっていくのでしょうか。

次回以降の呪術廻戦で考えられる展開を紹介していきます。

呪術廻戦最新話164話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

呪術廻戦165話ネタバレ考察|虎杖が素手で応戦する?

ジャッジマンにより呪力を没収された虎杖。

呪力を練れないのはだいぶ痛いですが、虎杖は普通の人間とは違います。

日車の言う「丈夫」なんてレベルではありません。

身体能力も身体も強さも一般人を凌駕していることは間違いありません。

また、ジャッジマンは判決を下す以外に何か危害を加えてくることはなさそうです。

だとするなら、呪力を持つ日車と呪力を持たない虎杖の対決ということになります。

虎杖が生身でどこまで日車の攻撃に耐えられるのかが鍵となってきそうですね。

呪力が練れないとはいえ戦闘スキルは虎杖が遥かに上です。

もしかしたら、呪力なしで日車に勝っちゃうかもですね!?

 

呪術廻戦165話ネタバレ考察|再び裁判が開かれる?

日車の領域展開により、呪力を奪われた虎杖。

気になるのは虎杖の呪力がどうなるか?という問題です。

当然、日車を倒せば虎杖の呪力は回復すると思われます。

仮に日車を倒す以外に他の方法があるとしたら、再度裁判所で戦うということぐらいでしょか?

これは日車の同意が必要ですが、交渉次第でどうにかなりそうな気もします。

日車が極悪人であるなら可能性は低いですが、そんな感じでもなさそうですし!

虎杖がどう展開させていくか注目ですね!

 

呪術廻戦165話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が呪術廻戦164話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

呪術廻戦165話ネタバレ

呪術廻戦165話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦165話ネタバレ|発売日はいつで次回は休載?

次の呪術廻戦は休載ではありません。

呪術廻戦165話は11月15日(月)発売の週刊少年ジャンプ50号掲載予定です。

 

呪術廻戦165話ネタバレ|日車の詳細

日車の経歴が明らかになります。

現在、岩手弁護士事務所に務める日車寛見(ひぐるまひろみ)は38歳。

T大法学部を受験し、法科大学院前の旧司法試験などのあらゆる難関をストレートで通過する秀才っぷり。

ただ日車にとってそれらの試験は簡単な作業でしかありませんでした。

日車を知る凡人は彼を「天才」と囁きます。

しかし日車を最も輝かすのはこんなものではありません。

 

呪術廻戦165話ネタバレ|日車の才能

日車の奥底で眠っていた原石…それは、呪術師として才能でした。

日車は術式開花からわずか12日間で1級術師と同じぐらいのレベルまで成長。

そして数多くの呪霊を退け、20人以上のプレイヤーを返り討ちにしています。

ー日車と虎杖のバトルシーンへー

日車は手に持っているガベルで何度も虎杖を攻撃します。

虎杖も反撃を試みますが、上手くいきません。

しかし呪力が練れない中で虎杖は日車と対等に渡り合えています。

これは日車にとって異例のことであり、脅威を感じる出来事でもありました。

 

呪術廻戦165話ネタバレ|第二審

日車の気持ちとは裏腹に虎杖は焦っていました。

「呪力がいつ戻るのか?」と呪力の復活を心底望んでいました。

そして日車にとって不利な要素がないかと必死で模索。

そこから導き出した答えは「裁判のやり直し」でした!

裁判には罪を認めない限り2回までやり直しを請求できる権利があるのです。

当然ジャッジマンにこれを断ることはできません。

ニ審を催促する虎杖の言葉に反応し、再びジャッジマンが日車の背後に現れます。

 

呪術廻戦165話ネタバレ|死刑判決

ジャッジマンが口を開きます。

虎杖が渋谷にて大量殺人を犯した疑いがあると…。

この言葉に虎杖はすぐに反応し「俺が殺した」と罪をあっさりと認めてしまいます。

虎杖の言葉に日車の表情が一変します。

そしてジャッジマンから下された判決は「死刑」。

死刑って!?

虎杖はどうなってしまうのでしょうか?

次回、呪術廻戦166話へつづく…。

 

呪術廻戦165話ネタバレまとめ

呪術廻戦164話では、日車に領域展開された結果、虎杖は呪力を没収されてしまいました。

最新話速報として呪術廻戦165話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦165話では、日車の力の詳細が明かされました。

元々は秀才だった日車は、呪術師としての才能も難なく開花させました。

しかし、これまで出会った術師とは明らかに違う虎杖の底力に脅威を感じます。

一方で、虎杖は呪力を奪われた焦りから二審を申し立てます。

これにより再び裁判が開かれますが、虎杖に死刑判決が下ってしまいます。

虎杖らしい回答でしたが、死刑判決の行方はどうなるのでしょうか?

呪術廻戦165話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「【呪術廻戦165話ネタバレ】虎杖に死刑判決が下される!」と題してお届けしました。

\呪術廻戦のアニメも無料でイッキ見!/