十字架のろくにん

【十字架のろくにん81話ネタバレ】京ちゃんの楽しんだら勝ち論

【十字架のろくにんネタバレ最新話81話】漆間家の反抗開始!

2022年4月28日(木)にマガポケ配信予定の十字架のろくにん81話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

十字架のろくにん前話80話では、俊の祖父の過去が描かれました。

北山部隊の最高傑作として戦時中に活躍した祖父ですが、戦後は息子や世間から敬遠されます。

ただ孫たちだけは祖父に近付き、祖父の心に開いた穴を塞いでくれました。

そして悲劇が起き、俊が復讐を誓ったとき、祖父は俊を導くために自分がいるのだと確信しました。

修羅となった俊と祖父の反抗とは…!?

十字架のろくにん81話以降どうなっていくのか考察、十字架のろくにん81話の内容がわかり次第ネタバレしていきます。す。

今回は「【十字架のろくにん81話ネタバレ】京ちゃんの楽しんだら勝ち論」と題し紹介していきます。

>>十字架のろくにんの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

十字架のろくにん81話ネタバレ考察

今後の十字架のろくにんはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になる十字架のろくにんの今後を考察して参りたいと思います。

十字架のろくにん80話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

十字架のろくにん81話ネタバレ考察|漆間家の反抗とは?

太田の追跡、祖父の過去を経てようやく廃小学校での戦いに戻るようです。

予告にあったのは「漆間家の反抗」。

つまり俊と祖父が大暴れしてくれる展開となるのでしょう。

懸念としては北山部隊の最高傑作もすでに高齢、片足はなく守るべき子たちもいるということ。

若干ハンデ多めですよね。

ただ祖父のことです。

きっと俊や至極、読者の度肝を抜くような大技が展開されるのではないでしょうか。

これまで俊との共闘という展開はありませんでしたが、復讐に備えてあらゆる想定をしてきたことでしょう。

連携プレーというのもあるかもしれませんよね。

 

十字架のろくにん81話ネタバレ考察|太田は俊をどう裁く?

安西が残したボイスレコーダーの音声を聞いた太田刑事が安西失踪の理由を知りました。

やはりショックだったようです。

それは安西が殺されたという事実だけでなく、俊の「まだ殺さないといけない奴がいるんだ」を聞いたからでもあると感じます。

太田は以前、火事で家をなくした俊を自宅に何日か泊めていたことがあります。

その際、安西の指示で俊を尾行したことはあってもあまり警戒はしていないようでした。

俊が仮住まいに引っ越すときに寂しくなると言っていたことからも、それなりに仲良く暮らしていたことが窺えます。

情が沸いていることは間違いないでしょう。

この情が俊の復讐を止める方に働くのか、それとも見逃す方に動くのか、気になりますね。

 

十字架のろくにん81話ネタバレ考察|俊と祖父の攻勢

革命俱楽部研究者の一人、美下留を一撃で仕留めた俊の祖父。

まさか美下留から倒すとは!

復讐済みの4人の内一番大きく暴力的だった久我は最後だったので、同じような特徴を持つ美下留も後回しになるかと思っていました。

ちなみに美下留を仕留めたとき俊は、祖父が何をしたのかは見えなかったようです。

これらのことから俊と祖父ではやはり祖父が上だと分かります。

ただ研究者たちが全員腕力一辺倒ということはないでしょう。

武器や毒などによる攻撃もあるかもしれませんし、純や翔といった人質を盾にする可能性もあります。

また、安堂は北山部隊のことを知っていたので、祖父を侮らず、きっと最大限警戒しますよね。

武力だけでは押し切れない場面は訪れそうです。

 

十字架のろくにん81話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下が十字架のろくにん81話にまつわる感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

十字架のろくにん81話ネタバレ

十字架のろくにん81話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

十字架のろくにん81話ネタバレ|北山部隊の噂

祖父の「脈取り」で倒れた美外留を見た能義は驚愕、何者なのだと怒鳴ります。

隣にいる安堂も多少驚いてはいますが、祖父の所属していた北山部隊について冷静に説明。

北山部隊は太平洋戦争で目覚ましい活躍をした特殊部隊であり、残虐行為に長けていたために恐れられていたと言います。

能義は言葉を探せなかったのか、気持ち悪いと一言。

 

十字架のろくにん81話ネタバレ|百木が動く

俊は敵から目を背けず、祖父に足は平気かと尋ねます。

祖父も前を向いたまま引きずれば動かせると答えます。

つづけて俊は翔を守りながらここを出ようと言いますが、そのとき純が俊を呼びます。

俊は純も助けなければいけないと思って隙ができてしまいました。

そこで百木が動きます。

百木は音もなく静かに素早く、翔をかかえていってしまいました。

 

十字架のろくにん81話ネタバレ|楽しんだもの勝ち

俊は慌てて翔を取り戻そうとします。

しかし至極が俊の前に立ちはだかりました。

至極はゲームをつづけようと微笑み、百木は翔の首にナイフを突きつけました。

俊は怒りに震えます。

すると至極は口を抑え笑い出します。

俊に何がおかしいと聞かれると、俊の甘さが面白い、目標を達成するためには全てを捨てなくてはいけない、人殺しなのだからと言います。

つづけて俊はもっと楽しむべきだと指摘。

人生は楽しさがなくてはいけない、スポーツや仕事、殺人、レイプ、楽しければいいのだと言います。

そしてそれを見つけられるよう手伝うと言い、次のゲームで勝ったら翔と純を解放すると約束しました。

 

十字架のろくにん81話ネタバレ|おじいちゃんvs安堂

至極はどんなゲームにしようかと思案。

すると安堂が「京ちゃん」と呼び、自分がやると言います。

それから祖父に向かって相手するよう言いました。

至極の顔がぱあっと明るくなり、面白いと賛同。

ただすぐに祖父には足がないからなと困り顔になり、ある提案をしました。

そしてゲーム開始前、チェンソーを持った安堂は至極を再び「京ちゃん」と呼び、こうすればいいのかと問いました。

ここで十字架のろくにん81話は終了です。

 

十字架のろくにん81話ネタバレまとめ

十字架のろくにん80話では、祖父が北山部隊で修羅となったところから俊の復讐に手を貸すと決めたところまで描かれました。

戦時中に人を殺め続けた祖父は戦後も人らしさを取り戻せませんでしたが、孫たちとの関わりで救われます。

そして俊が修羅の目をしたとき、祖父は鍛え上げることが自分の使命だと確信しました。

最新話速報として十字架のろくにん81話のネタバレを紹介してきました。

十字架のろくにん81話では、翔が再び至極サイドに囚われてしまいます。

至極はゲームをつづけると言い、俊には目的を達成するために全てを捨てるべきだし、もっと楽しむべきだと言いました。

その後、安堂は祖父と戦うと言い出し、至極の提案でチェンソーを手にしました。

まさか安堂も足を切るのでしょうか?

それとも!?

今後の十字架のろくにんの展開も気になります。

以上「【十字架のろくにん81話ネタバレ】京ちゃんの楽しんだら勝ち論」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/

>>十字架のろくにん最新刊を無料で読む方法はこちら<<