十字架のろくにん

【十字架のろくにん80話ネタバレ】おじいちゃんの過去と修羅

【十字架のろくにんネタバレ最新話80話】太田が目撃する惨状

2022年4月21日(木)にマガポケ配信予定の十字架のろくにん80話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

十字架のろくにん前話79話では、刑事の太田が漆間家の祖父の山を訪れます。

太田は失踪した先輩安西が残したボイスレコーダーを見つけ、安西が俊に殺されたことを知ります。

それから太田は署に戻って俊の逮捕を進めようとしますが、俊の母校である橋田小学校から騒音苦情が入ったと聞き、飛び出しました。

俊を止めるために走る太田が目撃するものとは!?

十字架のろくにん80話以降どうなっていくのか考察、十字架のろくにん80話の内容がわかり次第ネタバレしていきます。す。

今回は「【十字架のろくにん80話ネタバレ】おじいちゃんの過去と修羅」と題し紹介していきます。

>>十字架のろくにんの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

十字架のろくにん80話ネタバレ考察


今後の十字架のろくにんはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になる十字架のろくにんの今後を考察して参りたいと思います。

十字架のろくにん79話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

十字架のろくにん80話ネタバレ考察|翔の覚醒はある?

意識不明の重体から4年越しに目覚めた翔。

痛覚を失ってしまったようで、足がなくなっても動じません。

終始きょとんとしている感じで感情はほとんど表しません。

ただ俊や祖父のことは覚えていましたので、何らかのきっかけで感情を取り戻すという可能性はあるのではないでしょうか。

俊の弟、あの祖父の孫である翔。

覚醒したあとの動きに注目です。

 

十字架のろくにん80話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下が十字架のろくにん80話にまつわる感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

十字架のろくにん80話ネタバレ

十字架のろくにん80話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

十字架のろくにん80話ネタバレ|北山部隊の最高傑作

祖父の過去が描かれます。

祖父は戦時中「北山部隊」に所属し、他の隊員よりも人を殺めることに秀でていました。

1943年の満州で祖父は任務達成を評価され、上長からは部隊の最高傑作だと言われます。

祖父は血に染まった手で敬礼、上長はそんな祖父の目をのぞき込んだあと、祖父のことを「修羅」と呼びます。

ただ祖父はそれを誉め言葉と受け取りました。

 

十字架のろくにん80話ネタバレ|戦後の祖父

祖父は終戦後に結婚、子も授かりました。

ただ子や周囲の子たちは祖父を怖がって敬遠します。

祖父は戦争によって人間らしさを奪われたという自覚があり、だから祖父は仕方ないと受け入れます。

それからさらに時は経ち、孫が二人生まれました。

俊と翔です。

 

十字架のろくにん80話ネタバレ|俊と翔という救い

あるとき少し離れた場所に住む孫たちが二人だけで祖父の家を訪れました。

祖父は父に怒られるからと早く帰るよう促しますが、俊たちは帰りません。

祖父は仕方なしに庭に生えているみかんをもぎって投げます。

すると俊たちは受け取って喜んで食べ、おいしい、おじいちゃんはみかん屋さんだったんだ、ありがとうと屈託のない笑顔で言いました。

祖父は孫たちのお礼と笑顔に衝撃を受けます。

それまで息子夫婦や世間と距離があり、胸には穴が空いたように感じていた祖父。

しかし孫たちはその穴を一言で埋めてくれたと思いました。

 

十字架のろくにん80話ネタバレ|存在理由

数年後、悲劇が起きます。

息子夫婦は亡くなり、翔も昏睡状態となったのです。

そして俊は祖父の銃を握りしめ復讐を誓います。

俊のその姿を見た祖父は、若き頃の自分と俊を重ね、それから自分の存在理由を理解しました。

孫を慰めるためではない、寄り添うためでもない、修羅を与える存在なのだと…。

ここで十字架のろくにん80話は終了です。

 

十字架のろくにん80話ネタバレまとめ

十字架のろくにん79話では、失踪した先輩刑事安西を追う太田が漆間家の祖父の山に辿り着きました。

太田は小屋に隠されていた安西のボイスレコーダーを見つけ、安西の最期、俊に殺されたという事実を知ります。

そして俊の逮捕状を取ろうと署に戻ると、廃校となった橋田小学校から騒音がすると聞き、走り出しました。

最新話速報として十字架のろくにん80話のネタバレを紹介してきました。

十字架のろくにん80話では、祖父のこれまでの人生が描かれました。

戦時中北山部隊で評価されたものの、戦後は息子にまで敬遠された祖父ですが、俊と翔という孫たちの何気ない一言が心の穴を埋めてくれました。

しかし至極の手によって何気ない日常は永遠に失われ、俊は復讐に憑りつかれます。

祖父は自分のこれまでの道程は孫を修羅にすることに繋がっていたのだと理解しました。

漆間家の修羅は、至極を超えることができるのでしょうか?

今後の十字架のろくにんの展開も気になります。

以上「【十字架のろくにん80話ネタバレ】おじいちゃんの過去と修羅」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/

>>十字架のろくにん最新刊を無料で読む方法はこちら<<